Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • I know that Michael Jackson was real hero of yours.

    マイケル・ジャクソンがあなたの本当のヒーローだったことを知っています。

  • You...Did you meet him, or you didn't meet him?

    あなた...会ったのか、会ってないのか、どっちですか?

  • No, No...I never. I talked to him on the phone.

    いえいえ、そんなことはありません。電話で話しました。

  • Yes. How did that happen?

    ええ、どうしてそうなったの?

  • Uh...How did that happen...

    あー...どうしてこうなったんだろう...。

  • I was in Paris, and I was with Kenny Ortega.

    パリでケニー・オルテガと一緒だったんだ。

  • We were promoting High School Musical 3.

    ハイスクールミュージカル3の宣伝をしていました。

  • I was probably 20, maybe 21 at the time.

    当時20歳、多分21歳だったと思います。

  • And we were at dinner.

    そして、夕食時には

  • And somehow I got at the head of the table, and Kenny was on the another side of the table,

    そしてなぜか私はテーブルの先頭に立ち、ケニーはテーブルの反対側にいた。

  • our director Kenny Ortega.

    ディレクターのケニー・オルテガです

  • And his phone rang.

    そして、彼の携帯が鳴った。

  • I remembered I got this look like-

    こんな風に見えたのを思い出した

  • "You want this phone call."

    "この電話が欲しいんだろ?"

  • I was like, "Okay," so I came over and, "What's going on?"

    "わかった "って感じだったから来てみたら "どうしたの?"って。

  • He goes," It's Michael Jackson."

    "マイケル・ジャクソンだ "って言ってた

  • I am like, "What?"

    私は "何?"って感じです。

  • He answered me the phone, and I was like,

    電話に出てくれたのは

  • "Uh...Hello?" And I heard, "Hi, who's this?"

    "えっと...もしもし?"と聞くと "こんにちは、誰ですか?"

  • I was like, "Hmm...This is Zac Efron. I am a massive fan, and I am an actor. And you're like my hero..."

    私は「うーん、これがザック・エフロンです。私は大ファンで、俳優なんだ。そして、あなたは私のヒーローのようなものです...」

  • I didn't know what to say.

    何を言っていいかわからなかった。

  • I was like...kind of...I was just at a loss for words, and rambling on.

    なんだか...言葉が出ずに途方に暮れて、ゴロゴロしてしまいました。

  • And then he said, "That's really nice. Can you hang the phone back to Kenny?"

    そして、"本当にいいね "と言ってくれました。"ケニーに電話をかけてくれないか?"

  • So, I did.

    だから、そうしました。

  • And I was freaking out. I just talked to Michael Jackson. He is my hero. I was tripping.

    そして、私はパニックになっていました。マイケル・ジャクソンと話した彼は私のヒーローです。私はトリップしていた。

  • And I set back down, just a little dizzy.

    そして、少し目眩がしただけで、後ろに下がった。

  • All of a sudden, the phone rang again.

    突然、また電話が鳴った。

  • And Kenny answered. I saw him kind of confused cross the table.

    とケニーは答えた。私は、彼が少し混乱してテーブルを横切っているのを見ました。

  • And, he like...looked at me again he's like, "You want to get the phone."

    そして、彼は...また私を見て、"電話を取りたいんだろう "と言った。

  • I was like, "Okay." And he hang the phone to me. He goes, "It's Michael Jackson again."

    私は "わかった "と思ったそしたら、彼は私に電話をかけてきたの彼は「またマイケル・ジャクソンだ」と言った。

  • I was like, "What? Okay."

    "えっ?"ってなったって感じだった。"オーケー"

  • And I picked up the phone I was like, "Hello?"

    電話に出た時は "もしもし?"って感じだったわ

  • He goes, "Oh this is Zac from High School Musical?"

    "ハイスクール・ミュージカルのザックか?"って

  • And I was like, "Uh...Yeah."

    私は "あー...うん "って感じだった。

  • And He was like, "Oh, I love what you do. I am a huge fan. I love what you do."

    そして彼は「ああ、あなたのやっていることが大好きなんだ。大ファンなんだ"あなたの仕事が大好きです"

  • And I've lost it. I just lost it.

    そして、私はそれを失った。失ってしまったんです

  • I lost my balance. I think I fell over into the wall.

    バランスを崩した壁に落ちたんだと思う。

  • I was like, "You know who I am?"

    私は「私が誰か知っているのか?

  • I just started crying. I was a mess. Literally, I was making a fool out of myself.

    泣き出してしまいました。私は混乱していました。文字通り、自分をバカにしていました。

  • I was like slipped down to the floor pathetically.

    哀れにも床に滑り落ちたような感じでした。

  • And professed how much I love him.

    そして、私がどれだけ彼を愛しているかを公言した。

  • Like, "You are my hero. You are the reason I do what I do.

    "あなたは私のヒーローです。あなたがいるからこそ、私は自分の仕事をしているのです。

  • Thank you so much Michael for everything.

    マイケルさん、本当にありがとうございました。

  • Thanks for show me how to dance. How to be...you know...How to believe in myself.

    踊り方を教えてくれてありがとう。どうすればいいのか...どうすれば自分を信じることができるのか。

  • How to...I don't know...How to shine.

    どうやって...どうやって輝けばいいのか...。

  • And...that made him cry.

    そして...泣いてしまいました。

  • Both crying for each other on the phone.

    二人とも電話で泣き合っていました。

  • And he ended whole the whole phone call conversation with something along the lines of,

    彼は電話での会話を全部終わらせたのよ

  • "Hey Zac." and I was like stop crying for a second.

    "やあザック "と言って泣き止んだわ

  • "Isn't it awesome?" and I was like, "What?"

    "スゴくない?"って言ったら "えっ?"ってなった。

  • And he goes, "Dream really do come true, don't they?"

    "夢は本当に叶うんだな?"って

  • And I was like, "Michael you can't say things like that. You're killing me man. You're killing me."

    私は「マイケル...そんなこと言わないでよ。俺を殺す気か?"俺を殺す気か?"

I know that Michael Jackson was real hero of yours.

マイケル・ジャクソンがあなたの本当のヒーローだったことを知っています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 ケニー マイケル 電話 ジャクソン ヒーロー ザック

ザック・エフロンがマイケル・ジャクソンを泣かせた!?| グラハム・ノートン・ショー

  • 2408 326
    林恩立 に公開 2018 年 01 月 17 日
動画の中の単語