Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • The sight of mistletoe may either send you scurrying, or if you have your eye on someone, awaiting an opportunity beneath its snow white berries.

    ヤドリギを見ると、そそくさと逃げ出してしまうでしょうか。もしくは、誰か気になっている相手がいるのなら、雪のように白い実の下で、チャンスをうかがうかもしれませんね。

  • But how did the festive Christmas tradition of kissing under mistletoe come about?

    でも、ヤドリギの下でキスをするという、クリスマスのおめでたい伝統は、どのように始まったのでしょうか?

  • The long-lived custom intertwines the mythology and biology of this intriguing plant.

    長く伝わるこの慣習には、ヤドリギという興味深い植物にまつわる、神話と生物学が関わっています。

  • There are more than 1,000 species of mistletoe, which grows the world over.

    ヤドリギは、世界中で1000種以上存在します。

  • In fact, the ancient Europeans were so captivated by the plant's unusual growth habits that they included it in their legends and myths.

    実は、古代ヨーロッパ人たちは、この植物の珍しい生育習性に魅了され、それを伝説や神話に含めて記していました。

  • In ancient Rome, Pliny the Elder described how the Druid priesthood in ancient England believed that mistletoe was a plant dropped down from heaven by the gods.

    古代ローマでは、大プリニウスが次のように記しました―古代イングランドのドルイドの聖職者たちは、ヤドリギが神によって、天国から落とされた植物だと信じていた、と。

  • That explained its unlikely position amongst the high branches of certain trees.

    特定の木の、高い位置にある枝に不自然に実がなることも、これで説明されました。

  • They also believed it had powers of healing and bestowing fertility.

    また、ヤドリギには治癒力や、繁殖力を授ける力もあると信じられていました。

  • Meanwhile, Scandinavian legend told of the plant's mystical qualities in the story of the god Baldr and his adoring mother Frigg, goddess of love, marriage, and fertility.

    一方、スカンジナビアの伝説では、ヤドリギの不思議な力について、バルドルという神と、その彼を崇拝する母のフリッグ(愛、結婚、繁殖の女神)の話の中で触れられました。

  • Frigg loved her son so much that she commanded every plant, animal, and inanimate object to vow they'd never harm him.

    フリッグは息子を愛するあまり、あらゆる植物、動物、無生物に対し、彼を傷つけないことを誓わせました。

  • In her fervor, however, she overlooked the mistletoe.

    しかし、その熱意の中、彼女はヤドリギを見落としてしまいました。

  • The mischievous god Loki realized this oversight and pierced Baldr's heart with an arrow carved from a mistletoe branch.

    いたずらな神、ロキは、この見落としに気づき、バルドルの心臓を、ヤドリギの枝で彫った矢で刺したのです。

  • Frigg cried tears of such sadness that they formed the mistletoe's pearly berries, making the other gods pity her and agree to resurrect Baldr.

    フリッグは大きな悲しみを抱いて泣き、その涙がヤドリギの真珠のような実となって、他の神々は彼女を哀れみました。そして、バルドルを生き返らせることにしたのです。

  • Hearing the news, Frigg became so overjoyed that she transformed the mistletoe from a symbol of death into one of peace and love.

    その知らせを聞き、フリッグは大いに喜び、ヤドリギを氏の象徴から、平和と愛の象徴へと変えました。

  • She mandated a one-day truce for all fights, and that everyone embrace beneath its branches when they passed to spread more love into the world.

    そして、全ての争いに1日の停戦を命じました。さらに、愛をより世界に広めるために、ヤドリギの側を通る時には、その枝の下で抱擁するようにも命じました。

  • In the 17th century, British colonists arriving in the New World found a different, but very similar looking, species of mistletoe.

    17世紀、新世界に到達したイギリスの植民者たちは、異なってはいるけれど、非常に類似したヤドリギを発見しました。

  • They applied it to these tales of magic, fertility, and love, spreading the mistletoe-hanging tradition from Europe into America.

    彼らは、ヤドリギを魔法、繁殖、愛の物語に当てはめ、ヤドリギをぶら下げる伝統を、ヨーロッパからアメリカへと広めていきました。

  • By the 18th century, people in Britain had turned this into a Christmas tradition, but this custom comes down to more than just human imagination.

    18世紀までに、イギリスの人々は、これをクリスマスの伝統にしましたが、この慣習は、単に人間の想像以上のものとなっています。

  • All of it was inspired by the plant's intriguing biology.

    それは全て、ヤドリギという植物の、興味深い生物学に着想を得たものでした。

  • We see mistletoe as a festive decoration, but draped on tree boughs in the wild, it's known as a partly parasitic plant.

    ヤドリギは、おめでたい飾りとして考えられていますが、野生では木の枝にかかって、部分的に寄生的な植物として知られています。

  • Mistletoe relies on modified roots called haustoria that penetrate the tree bark and siphon off the water and minerals trees carry up their trunks.

    ヤドリギは、吸根という変性の根を持ち、それが樹皮を突き破って、木の幹の中を運ばれていく、水分やミネラルを吸い取ります。

  • To colonize nearby trees with its seeds, mistletoe depends on birds and other creatures to do the dispersing.

    種を使って、近くにある木に移っていくために、鳥やその他の動物を活用して、種を拡散させます。

  • Birds that eat the mistletoe's sticky white berries sometimes get rid of the gluey seeds by wiping them off onto tree bark.

    ヤドリギの粘り気のある、白い実を食べた鳥は、ねばねばした種を取り除くために、樹皮におしりをこすりつけることがあります。

  • Or with a bit of luck, they excrete the indigestible seed onto a tree where it germinates and starts to grow.

    幸運な場合は、鳥が消化されなかった種を木の上に排泄し、それが芽を出して、育ち始めます。

  • With its resilience and foliage that stays lush, even while the surrounding trees lose their leaves, you can see why mistletoe captivated our superstitious ancestors.

    ヤドリギには回復力があり、周りの木が葉を落としても、葉が青々と茂っています。ヤドリギが、迷信を信じる先祖たちを魅了した理由が、分かりますね。

  • They saw these as signs of the plant's magical qualities and fertility.

    これは、ヤドリギの魔法のような性質と、繁殖力のしるしだと考えられたのです。

  • Even today, the mistletoe inspires wonder with the diversity of wildlife it supports.

    今日でも、ヤドリギは多様な野生動物を支えており、人々を感嘆させています。

  • More than just a parasite, it's also known as a keystone species.

    寄生するだけではなく、キーストーン種としても知られます。

  • It's eaten by a diversity of animals, including deer, elk, squirrels, chipmunks, porcupines, robins, bluebirds, mourning doves, and the butterfly genus, Delias.

    鹿、アメリカアカシカ、リス、シマリス、ハリネズミ、ロビン、ブルーバード、ナゲキバト、チョウの属であるデリアスなど、多様な動物に食されています。

  • Some mistletoe species produce dense bushes, which are excellent nesting locations for a variety of birds.

    ヤドリギの中には、茂みを密集させるものもあり、様々な鳥にとって、巣作りに良く適した場所になります。

  • And despite their parasitic relationship with trees, mistletoes can also help other plants.

    ヤドリギは、木とは寄生関係にありますが、他の植物を助けることもあります。

  • For instance, juniper sprouts near mistletoe to benefit from the visiting berry-eating birds.

    例えば、ジュニパーは、実を食べる鳥を活用できるように、ヤドリギの側に芽を出します。

  • Through the many benefits it provides, mistletoe influences diversity, and allows ecosystems to flourish.

    ヤドリギは多くの利益をもたらし、多様性に影響を与え、生態系の繁栄が実現します。

  • You might even say that for this iconic plant, life imitates legend.

    この象徴的な植物については、「人生が伝説を模倣する」とも言えるかもしれません。

  • In the wild, mistletoe has the power to bring things together, and in our own traditions, we see that happening, too.

    野生において、ヤドリギには物事を引き寄せる力があります。そして、私たち自身の伝統の中で、私たちはそれを目の当たりにしているのです。

The sight of mistletoe may either send you scurrying, or if you have your eye on someone, awaiting an opportunity beneath its snow white berries.

ヤドリギを見ると、そそくさと逃げ出してしまうでしょうか。もしくは、誰か気になっている相手がいるのなら、雪のように白い実の下で、チャンスをうかがうかもしれませんね。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

C1 上級 日本語 TED-Ed 植物 寄生 繁殖 伝説 野生

TED-ED】なぜヤドリギの下でキスをするのか?- カルロス・レイフ (【TED-Ed】Why do we kiss under mistletoe? - Carlos Reif)

  • 2313 134
    Zoey に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語