Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hello and welcome to News Review from BBC Learning English.

    こんにちは、BBC Learning EnglishのNews Reviewへようこそ。

  • I'm Neil. Joining me today is Tom. Hi there, Tom.

    私はニールです。今日の参加者はトムです。こんにちは、トム。

  • Hello Neil and hello to our audience.

    ニールさん、そして視聴者の皆さん、こんにちは。

  • Good news for Italy; bad news for England. Italy have won Euro 2020.

    イタリアには良いニュース、イングランドには悪いニュース。イタリアがユーロ2020を制覇。

  • If you want to test yourself on the vocabulary you hear in this

    ここで聞いた語彙を自分で試してみたい人は

  • programme, there's a quiz on our website at bbclearningenglish.com.

    番組では、bbclearningenglish.comというウェブサイトでクイズをやっています。

  • Now, let's hear some more about the story from this BBC News report:

    では、このBBCニュースの報道から、もう少し話を聞いてみましょう。

  • So, Euro 2020 has finished.

    というわけで、Euro 2020は終了しました。

  • Sunday evening was the final, the final match here in London.

    日曜日の夜は、ここロンドンでの最終戦、ファイナルでした。

  • Italy woncongratulations to Italyand England lost on penalties.

    イタリアが勝ち、おめでとうございます。イングランドはPK戦で負けました。

  • That's the end of the story, Neil, unfortunately.

    残念ながらこれで終わりです、ニールさん。

  • Yes... yeah. Difficult one for us isn't it, Tom?

    はい...そうですね。難しい問題だね、トム?

  • But congratulations to Italy. You've been looking around the

    しかし、イタリアはおめでとうございます。を見て回っていますね。

  • various news websites at this story and what have you got?

    この記事を見て、いろいろなニュースサイトを見て、何がわかったか?

  • I have: 'erupts', 'shoulders blame' and 'broke into'.

    持っています。erupts」、「shoulders blame」、「break into」。

  • 'Erupts', 'shoulders blame' and 'broke into'.

    Erupts」「shoulders blame」「break into」などがあります。

  • Let's have a look then at your first headline.

    それでは、最初のヘッドラインを見てみましょう。

  • My first headline, Neil, is from Reutersit says:

    私の最初の見出し、ニールは、ロイターの記事です。

  • 'Erupts' – expresses something suddenly and with force.

    Erupts」...何かを急に、力強く表現する。

  • Now Tom, 'erupt' – that's got something to do with a volcano,

    トムの「erupt」は、火山に関係しています。

  • hasn't it? Is that what we're talking aboutvolcanoes?

    でしょうか。それは火山の話ですか?

  • It does, yeah. If you think about what the volcano does:

    そうですね。火山が何をしているのか考えてみると

  • it explodes and the lava comes out.

    が爆発して溶岩が出てきます。

  • The verb that we would use for this is 'erupt'. It's very dramatic.

    この時に使う動詞は「erupt」です。とてもドラマチックですね。

  • Yeah. So, why are we talking about a football match and this word?

    うん。では、なぜサッカーの試合とこの言葉の話をしているのでしょうか?

  • I think it's... it's very dramatic, the imagery,

    とてもドラマチックな映像だと思います。

  • when we use 'erupt' like this in a figurative way.

    このように「erupt」を比喩的に使う場合。

  • If you think of a volcano and everything goes bang!

    火山を思い浮かべれば、すべてがバン!となる。

  • It happens very quickly and it's very intense.

    あっという間の出来事で、とても激しいものです。

  • I imagine when Italy scored their final penalty last night

    昨晩、イタリアが最後のPKを決めたときのことを想像すると

  • that a lot of celebrations 'erupted' in the country.

    国内では多くの祝賀行事が「勃発」したという。

  • They came suddenly and quickly, and they were very strong and dramatic.

    それは突然に、そして素早くやってきて、とても強く、ドラマチックなものでした。

  • Yeah. Now what words do we use around this word 'erupt'?

    そうですね。さて、この「噴火」という言葉の周りには、どんな言葉があるでしょうか。

  • So, we would actually normally use this with a preposition 'in'

    ですから、実際には通常、前置詞「in」と一緒に使います。

  • or 'into', like 'in' is in the headline. If we say, 'The Italians erupted,'

    や'into'のように、'in'がヘッドラインに入っている。イタリア人が噴火した」と言えば、「イタリア人が噴火した。

  • it's not very specificcould actually mean they exploded.

    あまり具体的ではありませんが、実際には爆発したということかもしれません。

  • So, if you 'erupt in' celebration or 'erupt into' celebration,

    だから、お祝いを「erupt in」したり、お祝いを「erupt into」したりすると。

  • it tells you the state that you enter quickly.

    は、素早く入力した状態を教えてくれます。

  • Yeah. And as you've already said, it's dramatic

    そうですね。そして、あなたがすでにおっしゃったように、それはドラマチックなものです。

  • and we use this to talk about extreme emotions, don't we?

    と、極端な感情を語るときに使うのではないでしょうか?

  • So, joy but also the negative side of thingsviolence.

    つまり、喜びと同時に、暴力という負の側面もあるのです。

  • Yeah. Yeah, precisely. It can have a negative use as well.

    うん。ええ、正確にはね。否定的な使い方もできる。

  • It's very common to see the expression 'erupt into violence'.

    erupt into violence」という表現をよく目にします。

  • So, if you think about violence that happens very quickly and is

    だから、あっという間に起こってしまう暴力について考えてみると

  • intense and dramatic, we would also use this expression 'erupt'.

    激しい、ドラマチックな、という意味で、この「erupt」という表現も使います。

  • Yeah. And we've been looking at it here as a verb,

    そうですね。そして、ここでは動詞として見てきました。

  • but it also exists as a noun: 'eruption'.

    が、「eruption」という名詞としても存在します。

  • Yeah. 'Eruption' – E-R-U-P-T-I-O-N – is the noun form.

    E-R-U-P-T-I-O-N」は名詞の形です。

  • OK. Let's get a summary:

    OKです。要約してみましょう。

  • Well, things change quickly in football, don't they?

    まあ、サッカーはすぐに状況が変わりますからね。

  • It seems like only a couple of years ago, we were talking about the

    という話をしていたのは、ほんの数年前のことのようです。

  • fact that Italy hadn't qualified for the 2018 World Cup and now

    イタリアが2018年W杯の出場権を得られなかったという事実と、今

  • they're European champions. Where can our viewers find that story?

    彼らはヨーロッパのチャンピオンです。視聴者はその記事をどこで見ることができますか?

  • They can find it by clicking the link in the description of the video.

    動画の説明文にあるリンクをクリックするとご覧になれます。

  • OK. Let's have a look at your next headline.

    よし。次のヘッドラインを見てみましょう。

  • Sure. My next headline, Neil, is from here in the UK.

    次のヘッドラインは、イギリスのニールさんです。

  • It's from the Independentit says:  

    インディペンデント紙に掲載されたもので、こう書かれている。

  • And that language is 'shoulders blame'.

    そして、その言葉は「肩の力を抜いて」。

  • 'shoulders blame' – accepts responsibility.

    shoulders blame」-責任を受け入れる。

  • 'Shoulders blame'. 'Shoulders blame' is a fixed expression

    'shoulders blame' です。'shoulders blame'は、固定された表現です。

  • means accept responsibility. 'Blame' is negative responsibility.

    は責任を受け入れることを意味します。Blame」はネガティブな責任。

  • So, the headline is saying that Gareth Southgate,

    見出しは、ガレス・サウスゲートということですね。

  • the manager of England, accepts the 'blame': he 'shoulders'

    イングランドの監督は、「責任」を受け入れ、「肩代わり」しています。

  • or takes the negative responsibility for the defeat of his country's team.

    とか、自分の国のチームの敗北の負の責任を取るとか。

  • Yeah. Now, I know what a 'shoulder' is.

    そうですね。さて、「肩」の意味がわかりました。

  • That's this thing hereit's part of the body.

    これはここにあるもので、体の一部です。

  • So, why are we talking about a part of the body and this 'blame'.

    では、なぜ体の一部であるこの「責め」の話になるのか。

  • We did a News Review recently, Neil, about a word 'burden'

    先日、ニールさんのニュースレビューで、「負担」という言葉について取り上げました。

  • and 'burden' is kind of, like, a heavy negative responsibility.

    負担」は、重くてネガティブな責任のようなものです。

  • And if you 'shoulder a burden', it means that you carry it.

    また、『shoulder a burden』ならば、重荷を背負うということです。

  • You kind of carry it and it weighs heavily around your 'shoulders'.

    あなたはそれを背負っているようなもので、あなたの「肩」に重くのしかかっています。

  • So, you've got this sort of... the imagery

    つまり、このような......イメージがあるのですね。

  • makes it as if you've got a weight around you

    まるで自分の周りに重りがあるような感覚になります。

  • that's uncomfortable, you know.

    それは不快なことですよね。

  • Yeah. It's a kind of figurative weight.

    ええ、それは一種の比喩的な重さです。

  • You know, if you ever go backpacking or something,

    バックパッカーになることがあったら、とか。

  • you carry the rucksack on your 'shoulders' and there's a weight.

    リュックサックを「肩」で背負うと、重さがありますよね。

  • This is a figurative weight: the weight of 'blame'.

    これは比喩的な重さで、「非難」の重さです。

  • It is and actually we have another expression in English, Neil,

    それはそうと、実は英語にはニールという別の表現があります。

  • which is if... you know, if you feel relief, if you lose responsibility,

    というのは、もしも...つまり、安心感を得られれば、責任感がなくなるということです。

  • you can say, 'That's a weight off my shoulders.' So,

    と言えば、「これで肩の荷が下りた」と言えるでしょう。だからね。

  • you don't have to carry it any more, yeah.

    これでもう持ち歩かなくてもよくなりましたね。

  • So, 'shoulders the blame' is accepts or carries responsibility

    つまり、「shoulders the blame」は責任を引き受ける、または背負うこと。

  • We can use 'shoulder' also as a verb in another sense.

    また、「shoulder」は別の意味で動詞としても使えます。

  • We can. This is a bit more literal – a bit more, kind of,

    We can.これはもう少し、文字通りの意味があります。

  • practical if you will. Imagine if someone...

    もし、あなたがそうするなら、実用的です。もし誰かが...と想像してみてください。

  • if you go shopping and someone bangs into you with the shoulderbang!

    買い物に行ったときに、肩で人がぶつかってきたら......バン!です。

  • And they push you out of the waythey 'shoulder you' or they 'shoulder

    そして、彼らはあなたを押しのけて、あなたを「肩車」したり

  • into you'. If you push someone with your shoulder, you 'shoulder' them.

    into you』です。肩で誰かを押すと『肩車』になります。

  • OK. Let's get a summary:

    OKです。要約してみましょう。

  • So, we've been talking about the use of 'shoulder' and we mentioned a

    ということで、「肩」の使い方の話をしてきましたが、ある

  • previous News Review about overwork. Where can our viewers find that, Tom?

    previous News Review 過労死について。視聴者はそれをどこで見ることができますか、トム?

  • Same as ever, Neil: please go in the video description and click the link.

    いつもと同じ、Neil: ビデオの説明に入って、リンクをクリックしてください。

  • OK. Let's have our next headline please.

    わかりました。次のヘッドラインをお願いします。

  • Our next headline is from at home, the BBCit says:

    次の見出しは、母国のBBCからです。

  • 'Broke into' – entered without permission.

    Broke into」・・・許可なく入ったこと。

  • 'Broke into' – the phrasal verb.

    Broke into」- 句動詞です。

  • The phrasal verb in the present is 'break into'.

    現在の句動詞は「break into」。

  • And if you 'break into' somewhere, you enter without permission.

    また、どこかに「侵入」する場合は、勝手に入ることになります。

  • The headline uses 'broke' because it's in the past;

    ヘッドラインでは、過去のことなので「broken」を使っています。

  • the final has finished. The headline is referring to

    the final has finished.ヘッドラインが指しているのは

  • some England fans who entered Wembley Arena illegally.

    ウェンブリー・アリーナに違法に入場したイングランドのファンがいた。

  • They didn't have a ticket. They didn't have permission to be there.

    彼らはチケットを持っていなかった。彼らはそこにいることを許可されていませんでした。

  • So, we use this phrasal verb 'break into'.

    そこで、この句動詞「break into」を使います。

  • Yeah. And it starts with the word 'break'.

    うん。そして、「break」という言葉で始まる。

  • Are they actually 'breaking' something?

    実際に何かを「壊して」いるのでしょうか?

  • Is it helpful to think in those terms?

    そのように考えることは参考になりますか?

  • Hmmm... kind of.

    うーん、ちょっとね。

  • We often use 'break into' with crime, especially kind of stealing or

    break into」は犯罪、特に窃盗や窃盗団などの犯罪によく使われます。

  • thievery, and if you think... if you enter someone's house without

    盗みをしたり、考えてみると...人の家に勝手に入ってしまうと

  • permission, you might 'break' the window to get into the house.

    の許可を得ると、窓を壊して家に入ることができるかもしれません。

  • So, you would often see it in a context of crime.

    そのため、犯罪の文脈で見られることが多いです。

  • Yeahalso exists as a noun:

    名詞としても存在します。

  • we can describe when someone 'breaks into' a property

    誰かが物件に「侵入」したときのことを説明することができます。

  • as 'a break-in'.

    as 'a break-in'.

  • A 'break-in', yeah. Spelt the same: a 'break-in' is an act

    A 'break-in', yeah.同じスペル:「break-in」は「行為」です。

  • or an instance of entering someone's property without permission,

    または、許可なく人の所有物に入ることを言います。

  • probably to steal things.

    おそらく物を盗むためだと思います。

  • Yeah. Be careful though:

    そうですね。でも気をつけてね。

  • the verb is 'break into', but the noun is 'break-in' without 'into'.

    の場合、動詞は「break into」ですが、名詞は「into」のない「break-in」です。

  • Yeah, and we have other meanings as well that we can use 'break

    そうですね、他の意味でも「break」を使うことができます。

  • into' for, kind of similar to 'eruption' that we were talking

    先ほどの「噴火」と同じような意味で、「into」の意味があります。

  • about at the start, actually. So, we could say that last

    のことを、実は最初から考えていました。だから、最後に言えば

  • night the Italian supporters 'broke into celebration'.

    夜になると、イタリアのサポーターが「祝杯をあげた」という。

  • It means they started to celebrate very quickly. It happened like that.

    それは、彼らがとても早くお祝いを始めたということです。そのようになったのです。

  • Yeah and people can 'break into song' as well. They... if people are in a

    そう、そして人々は「歌い出す」こともできるのです。彼ら...もし人々が

  • good mood or something at a party, they might 'break into song'.

    パーティーで気分がいいときなどに、「歌い出す」ことがあります。

  • I'm sure there were a lot of Italians in Rome and all round Italy

    ローマをはじめとするイタリア各地には、たくさんのイタリア人がいたはずだ。

  • 'breaking into song' last night when they won the football, Neil.

    昨晩、サッカーに勝ったときに「歌い出した」というニールさん。

  • Yes. Whereas here, there was total and utter silence.

    そうですね。一方、ここでは全くの無音であった。

  • Yeah. I went to bed straight afterwards actually.

    ええ、実はその後すぐに寝ました。

  • OK. Let's get a summary:

    OKです。要約してみましょう。

  • OK. Tom, time now just to recap the vocabulary please.

    わかりました。トム、今のうちに語彙のおさらいをしておいてください。

  • Of course. Today's vocabulary:  

    もちろんです。今日のボキャブラリー。

  • we have 'erupts' – expresses something suddenly and with force.

    私たちは「erupts」を持っています。「erupts」は何かを突然、力強く表現します。

  • 'Shoulders blame' – accepts responsibility.

    Shoulders blame」-責任を受け入れる。

  • And 'broke into' – entered without permission.

    そして「break into」-許可なく入った。

  • If you want to test yourself on the vocabulary,

    自分の語彙力を試してみたい人は

  • there's a quiz on our website at bbclearningenglish.com.

    bbclearningenglish.comのサイトでクイズをやっています。

  • And you can find us all over social media.

    また、ソーシャルメディアでも私たちを見つけることができます。

  • Thanks for joining us and goodbye.

    参加してくれてありがとう、そしてさようなら。

  • Bye!

    じゃあね!(笑

Hello and welcome to News Review from BBC Learning English.

こんにちは、BBC Learning EnglishのNews Reviewへようこそ。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 イタリア ニール ヘッドライン 動詞 責任 break

イタリア、ユーロ2020で優勝 - ニュース・レビュー (Italy win Euro 2020 - News Review)

  • 18 0
    林宜悉 に公開 2021 年 07 月 13 日
動画の中の単語