Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • this week, we're going to look at a puzzle of how a vaccine that was hailed as a vital achievement finds itself in a scientific and political storm.

    今週は、重要な成果として歓迎されたワクチンが、科学的・政治的な嵐に巻き込まれるというパズルを見てみましょう。

  • I think it's some kind of social or fear based contagion.

    社会的な、あるいは恐怖に基づく伝染のようなものだと思います。

  • I mean, there's no rational basis to this.

    つまり、合理的な根拠がないのです。

  • This is a perfectly safe vaccine, and this is what Natasha Loader is talking about.

    これは完全に安全なワクチンであり、ナターシャ・ローダーが言っているのはこのことです。

  • France, Germany and Italy are among several countries to suspend the use of the AstraZeneca vaccine over safety fears.

    フランス、ドイツ、イタリアは、安全性への懸念からアストラゼネカ社のワクチンの使用を中止する数カ国のうちの一つです。

  • In the last 10 days, these European countries have all restricted the use of AstraZeneca's vaccine.

    この10日間で、これらの欧州諸国はすべてアストラゼネカ社のワクチンの使用を制限しました。

  • Many have completely suspended it, and all have acted on concerns about blood clotting, despite there being no evidence to link this vaccine and blood clotting.

    多くの人が完全に中止しており、すべての人が、このワクチンと血液凝固との関連性を示す証拠がないにもかかわらず、血液凝固に関する懸念に対処しています。

  • And this is the latest message from the use medicines regulator.

    これは、医薬品の規制機関からの最新のメッセージです。

  • This vaccine is safe and effective in preventing Covid 19, and its benefits continue to be far greater than its risks.

    このワクチンは、コビッド19の予防に安全で効果的であり、その利点はそのリスクをはるかに上回るものであり続けています。

  • But these are the first issues that AstraZeneca has faced far from it.

    しかし、これはアストラゼネカが直面した最初の問題であり、決してそうではありません。

  • First of all, there was the initial information that the company released.

    まず、会社が発表した最初の情報があります。

  • One headline read, Why Oxfords?

    ある見出しには「Why Oxfords?

  • Positive covid Vaccine results are puzzling scientists Here's another.

    Positive covid ワクチンの結果は科学者を悩ませている ここにもある。

  • After admitting mistake, AstraZeneca faces difficult questions about its vaccine, the article goes on to say, experts said the company's spotty disclosures have eroded confidence.

    記事によると、アストラゼネカ社はミスを認めた後、ワクチンに関する難しい質問に直面しており、専門家は同社の曖昧な情報開示が信頼性を損ねていると述べています。

  • In other words, it wasn't clear enough about its data.

    つまり、データの明確さが足りなかったのです。

  • Also back in January, Emmanuel Macron said, The real problem on AstraZeneca is that it doesn't work the way we were expecting it to today.

    また、1月にはエマニュエル・マクロン氏が「アストラゼネカの本当の問題は、今日、我々が期待していた通りには働かないということだ。

  • Everything points to thinking it's cozy, ineffective on people older than 65.

    すべては、65歳以上の人に効果のない、居心地の良いものだと考えています。

  • Mr Macron was wrong, though.

    しかし、マクロン氏は間違っていました。

  • There was a shortage of data for the over 65 but everything suggested the vaccine would be effective.

    65歳以上のデータが不足していましたが、すべてのデータがワクチンの有効性を示唆していました。

  • But by this point, a perception was developing.

    しかし、この時点で、ある認識が生まれていた。

  • Is the BBC's Europe correspondent Jean McKenzie reporting the Belgians medical advisers told me that people here have nicknamed it the AL the vaccine after the supermarket because they see it as the budget option.

    BBCのヨーロッパ特派員、ジャン・マッケンジーが伝えたところによると、ベルギーの医療アドバイザーは、このワクチンをスーパーマーケットにちなんで「ALワクチン」と呼んでいるそうです。

  • And this evidence isn't just anecdotal.

    そして、この証拠は単なる逸話ではありません。

  • This recent poll found 20% of people in France have confidence in the AstraZeneca vaccine.

    この最近の世論調査では、フランスでは20%の人がアストラゼネカ社のワクチンに自信を持っています。

  • For Pfizer, it's 52%.

    ファイザーの場合は52%です。

  • And while confidence in AstraZeneca falls in Europe, infections of covid rise.

    また、ヨーロッパではアストラゼネカに対する信頼が低下する一方で、コビドの感染が増加しています。

  • This is my colleague Nick Peak in Prague, in Paris and once again in Bergamo in northern Italy, Covid patients gasp for air.

    同僚のニック・ピークがプラハ、パリ、そして再びイタリア北部のベルガモで、Covid患者が息を切らしている様子をお伝えします。

  • The nightmare prospect of a third wave in Europe is now real.

    欧州における第三の波という悪夢のような見通しが現実のものとなった。

  • There's also the speed of Europe's vaccine rollout.

    また、ヨーロッパのワクチン展開の速さもあります。

  • It's far slower than the UK and the US, as you can see, so infection rates, hospitalizations, vaccination speed.

    イギリスやアメリカに比べて圧倒的に遅いのはご覧の通りで、感染率、入院率、ワクチン接種のスピードなどが挙げられます。

  • The AstraZeneca job could help address all of these.

    アストラゼネカの仕事は、これらすべてを解決してくれるかもしれません。

  • But there are at least four reasons why things have become complicated.

    しかし、事態が複雑化した理由は少なくとも4つあります。

  • PR process politics at first patients, Norwegian patients.

    最初の患者さん、ノルウェーの患者さんでのPRプロセスの政治。

  • The clusters of patients that we are talking about are not the more common cloths like the brain thrombosis.

    私たちが話している患者のクラスターは、脳血栓症のような一般的な布陣ではありません。

  • These are very rare in severe cases, with critical outcome in a very young population where this is not common lysine and Norway's decision has influenced other countries.

    これらは非常に稀な重症例で、リジンが一般的ではない非常に若い人々に重篤な結果をもたらすものであり、ノルウェーの決定は他国にも影響を与えています。

  • As this expert explains, once one of them starts doing it, then they get a collective anxiety.

    この専門家の説明によると、一人がやり始めると、集団的な不安を感じるようになるそうです。

  • They don't want to be standing out.

    目立たないようにしているのです。

  • They don't want to be the only ones going on delivering it.

    彼らは、自分たちだけが配信することを望んでいません。

  • And if Norway's decision is the first factor, the second is politics.

    そして、ノルウェーの決断が第一の要因だとすると、第二の要因は政治です。

  • AstraZeneca finds itself in the middle of broader political tensions between the UK and the EU.

    アストラゼネカは、英国とEUの間の広範な政治的緊張の中に身を置いています。

  • This was the use warning this week.

    これが今週の使用警告でした。

  • We want to see reciprocity and proportionality in exports, and we are ready to use whatever tools we need to deliver on that and this is all about AstraZeneca and whether doses produced in the UK are being fairly distributed to the EU.

    私たちは、輸出における互恵性と比例性を求めており、それを実現するために必要なあらゆる手段を講じる用意があります。これは、アストラゼネカと、英国で製造された用量がEUに公平に分配されているかどうかに関わる問題です。

  • And the threat to restrict vaccine exports was greeted this way by one UK Cabinet minister who told Politico, It's got to the stage where this has become naked jingoism from the EU against Britain.

    ワクチンの輸出を制限するという脅迫は、英国のある閣僚がPoliticoに語ったところによると、「これは、EUが英国に対して行っている赤裸々なジンゴイズムのような段階になっている」とのことです。

  • They hate Brexit.

    彼らはBrexitを嫌っている。

  • They hate that are vaccine rollout has gone so well now the EU would dismiss that, but the performance of every vaccine rollout is political.

    彼らは、ワクチン展開がうまくいったことを嫌っていますが、EUはそれを否定するでしょう。しかし、すべてのワクチン展開のパフォーマンスは政治的なものです。

  • And because AstraZeneca is one of the main vaccines in Europe and the U.

    また、アストラゼネカは欧米では主要なワクチンの一つであるため

  • K, it's become politicized, there is another explanation for this vaccine situation.

    Kさん、政治的な話になってしまいましたが、このワクチンの状況には別の説明があります。

  • It's a third factor process.

    それは第3の要素のプロセスです。

  • Tom Nuttall is the economists Berlin correspondent.

    Tom Nuttall氏は、エコノミストのベルリン特派員です。

  • He tweets.

    とツイートしています。

  • You don't need to conjure Baroque theories to explain why European regulators, steeped in precautionary principles ill suited to a pandemic, are following their usual bureaucratic logic.

    パンデミックに適していない予防原則に染まったヨーロッパの規制当局が、いつもの官僚的な論理に従っている理由を説明するのに、バロック様式の理論を持ち出す必要はありません。

  • Keep Tom's comments in mind as we listen to Emmanuel Macron.

    トムさんのコメントを頭に入れながら、エマニュエル・マクロン氏の話を聞いてみましょう。

  • We are led here by a simple guide informed by science and the relevant authorities also doing so within the framework of a European strategy.

    私たちは、科学と関連当局の情報に基づいたシンプルなガイドに導かれ、欧州戦略の枠組みの中でこれを行っています。

  • That word framework is crucial.

    このフレームワークという言葉が重要です。

  • The issue with AstraZeneca is whether those frameworks have led to a decision out of step with the urgency of the moment.

    アストラゼネカの問題は、こうした枠組みが、その時々の緊急性にそぐわない判断につながったかどうかということです。

  • And if those frameworks have stopped countries addressing 1/4 factor PR because once questions exist about a vaccine they can spread rapidly.

    そして、そのような枠組みがあることで、各国が1/4ファクターPRに取り組むのを止めているとしたら、それは、ワクチンに関する疑問が一旦発生すると、それが急速に広がる可能性があるからです。

  • This is a senior US epidemiologist.

    これは、米国のシニア疫学者です。

  • This is part of the challenge.

    これも挑戦のひとつです。

  • We have a vaccine confidence.

    ワクチンの自信があります。

  • If I tell you that Vaccine A or drug A is involved with something and it gets, for example, on the Internet, suddenly you'll have a number of people saying, Look at I took that same drug or I took that same vaccine.

    もし私がワクチンAや薬剤Aが何かに関係していると言って、それが例えばインターネット上で話題になると、突然、多くの人が「私も同じ薬を飲んだ」「私も同じワクチンを飲んだ」と言うことになります。

  • And now look what happened to me.

    そして、私に起こったことを見てください。

  • Because regulators, politicians and AstraZeneca aren't just taking decisions about science, they're taking decisions about information.

    なぜなら、規制当局、政治家、アストラゼネカは、科学についての判断だけではなく、情報についての判断も行っているからです。

  • And, as AstraZeneca acknowledges, the pressure that brings is enormous.

    そして、アストラゼネカ社も認めているように、それがもたらすプレッシャーは非常に大きいものです。

  • This has been for me, probably the toughest thing I've ever worked on in terms of the goldfish bowl environment that you're in, where every single thing is scrutinized, politicized, turned around, misrepresented.

    この仕事は私にとって、これまでに取り組んだ中で最も困難なものでした。

  • That was probably inevitable.

    それは仕方のないことかもしれない。

  • Faced with a vast global problem, AstraZeneca was built as a key part of the solution.

    世界的な大問題に直面したアストラゼネカは、解決のための重要な役割を担う企業として設立されました。

  • It still is now, though, this vaccine is becoming a real time lesson in how our systems and our politics are struggling to cope with this pandemic and without doubt and suspicion are easily created and very hard to arrays.

    しかし、このワクチンは、我々のシステムや政治がこのパンデミックにいかに対処しようとしているかをリアルタイムで教えてくれている。

  • It's a lesson being learned the hard way.

    苦労して得た教訓です。

this week, we're going to look at a puzzle of how a vaccine that was hailed as a vital achievement finds itself in a scientific and political storm.

今週は、重要な成果として歓迎されたワクチンが、科学的・政治的な嵐に巻き込まれるというパズルを見てみましょう。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ワクチン アストラ 政治 マクロン eu ノルウェー

アストラゼネカ社のワクチンで何が起こったのか?- BBCニュース (What happened with the AstraZeneca vaccine? - BBC News)

  • 7 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 20 日
動画の中の単語