Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • You know what I love?

    私が何を愛しているか知っていますか?

  • Myself!

    私自身!

  • Yes, but a year ago I finally admitted that I hate myself.

    そうなんですが、1年前にやっと自分が嫌いだと認めました。

  • I know that sounds super extreme, but the first time I had the revelation of like, "Wow, I think I DO hate myself!"

    極端な話に聞こえるかもしれないけど、最初は「うわー、自分が嫌いなんだ!」みたいな啓示があったんだ。

  • I really wanted to push it away and just deny it because it seemed so intense.

    あまりにも激しそうだったので、本当に押しのけて否定したかった。

  • But when you think about the way you talk to yourself, most often, we say things like...

    でも、自分への語りかけ方を考えてみると、たいていの場合、こんなことを言っていることが多いですよね...。

  • "You're so stupid, why did you say that?"

    "バカだな、なんでそんなこと言ったんだ?"

  • "You're terrible at everything you do, just stop, no one cares."

    "あなたは何をやっても下手だからやめて 誰も気にしない"

  • "Uh, of course he left you, why would anyone wanna be with you?"

    "彼はあなたを捨てたのよ なぜあなたと一緒にいたいと思うの?"

  • Which for some reason is totally acceptable coming from your head.

    あなたの頭の中では、何かの理由で、それは完全に受け入れられています。

  • But if you separated your mind and you, and you imagine that everything it was telling you is coming from a friend.

    しかし、あなたとあなたの心を分離して、それがあなたに伝えていたことがすべて友人から来ていると想像した場合。

  • That's probably the dumbest thing I've ever heard in my life.

    今までの人生で一番アホなことかもしれない。

  • Oh, your art is terrible, you're never gonna make it

    ああ、あなたの芸術はひどい、あなたはそれを作るつもりはありません

  • You should definitely get a day job!

    絶対に日雇いバイトした方がいいよ!

  • Yeah, I mean obviously you're single.

    ああ、明らかに独身だな

  • You have so many issues, who would want to deal with that?

    問題が多すぎて誰が相手にするんだ?

  • That friendship would not last.

    その友情は長くは続かない

  • You know when I became aware of how awful my self-talk was, I also realized how those messages drove parts of myself.

    自分のセルフトークがどれだけひどいものだったかに気付いた時、そのメッセージが自分の一部を動かしていたことにも気付いたんです。

  • I have been trying to change for years that I sacrifice my mental health in the name of work.

    仕事の名の下に自分のメンタルを犠牲にしていることを、何年も前から変えようとしてきました。

  • That I practiced poor boundaries because I'm afraid of speaking up.

    発言するのが怖いから 境界線の練習をしたのよ

  • That I tolerate disrespect in romantic relationships

    恋愛関係での無礼を容認していること

  • Because honestly, it's what I think I deserve.

    正直言って、それが私にふさわしいと思っているからだ。

  • So a year ago, I was like, "okay, well, how do I stop hating myself?"

    1年前は "よし、どうやって自分を嫌いになるのを止めようか?"って感じだったけど

  • Because that's not a good thing.

    それは良いことではないからです。

  • They say, "you can't love someone else if you don't love yourself."

    "自分を愛していないと 誰かを愛せない "と言われます

  • And I want to love someone else before I die!

    そして、死ぬ前に誰かを愛したい!

  • And self-love, in particular, seems like this like very abstract, rainbows and butterflies, intangible concept beyond achievement.

    そして、特に自己愛は、このように非常に抽象的で、虹と蝶のような、達成を超えた無形の概念のように思えます。

  • 'Cause there's no like physical measurement of success, just this deep internal certainty and self-assurance of one's worth that I have never had and I cannot tell you what it looks like.

    成功を物理的に測ることはできないからだ 自分の価値についての深い内的確信と自己肯定感は 私が持ったことがないからだ

  • Until now!

    今までは!

  • You know, everyone has their own way of working on themselves.

    自分への取り組み方は人それぞれですよね。

  • But I've found the single instrumental tool in changing my self-talk has been journaling.

    でも、自分のセルフトークを変えるための一つの道具として、ジャーナリングがあることに気がつきました。

  • Specifically, journaling affirmations that just emotionally resonate with me.

    具体的には、自分の心に響くアファメーションをジャーナリングすること。

  • Every single day for the last year, sometimes multiple times a day, I was in a bad place you guys.

    去年から毎日毎日、時には一日に何度も何度も、私はあなたたちの悪いところにいました。

  • I would journal and journal and journal to combat all the negative self-talk that runs on the default apps of my brain.

    私なら、脳内のデフォルトアプリで実行されるすべてのネガティブなセルフトークに対抗するために、ジャーナルや日記を書くだろう。

  • And the more I did this, the more aware I became of what I was saying to myself moment to moment.

    そして、これをやればやるほど、自分が自分に向かって言っていることが、刻々と意識されるようになりました。

  • So I would catch myself being self-deprecating as a joke, or beating myself up about a mistake I made 10 years ago, or judging other people for stuff that really was about my own insecurities.

    だから、冗談のように自己卑下したり、10年前に犯した過ちについて自分を責めたり、他人を批判したりしていましたが、それは本当に自分自身の不安についてのことでした。

  • And I thought there would be like 30 steps or something that I had to take in order to deal with this.

    そして、これに対処するためには、30歩とかあるんじゃないかと思っていました。

  • But honestly there was only one.

    でも正直一人しかいませんでした。

  • And that was changing my self-talk, so it reflected the way I wanted to feel about myself.

    そして、それは自分のセルフトークを変えていたので、自分が感じたいことが反映されていました。

  • And this is manifested very slowly over the course of a year.

    そして、これは一年の間に非常にゆっくりと顕在化します。

  • I want to stress this 'cause I don't want to act like it's some magical instant process, you know.

    私はこれを強調したいんだ魔法のような瞬間的なプロセスであるかのように行動したくないからね。

  • It took time and I'm still working on it a lot.

    時間がかかりましたが、今でも何度もやっています。

  • And I've been really surprised to find that self-love just means taking a bunch of really small steps to communicate that I care about you/me.

    そして、自己愛とは、私があなたや私を大切に思っていることを伝えるために、本当に小さな一歩を踏み出すことなのだと知って、本当に驚いています。

  • You know, like, walking away from unanswered emails so I can get a good night's sleep.

    メールの返信が来ないのを放置して 睡眠時間を確保するとか

  • Not being afraid to leave the party early.

    早々にパーティーを抜けることを恐れずに

  • Having a skincare routine.

    スキンケアの日課を持つこと。

  • Being sober

    しらふであること

  • That's a big one for me.

    それは私にとっては大きいですね。

  • And being as patient, kind and encouraging to myself as I would to any of my friends.

    そして、友人の誰にでもするように、自分自身にも忍耐強く、優しく、励ましの言葉をかけます。

  • I'm Anna Akana, I wish you luck on your journey because the world, and especially the internet, would be a better place if we all loved ourselves.

    私はアンナ・アカナです。世界、特にインターネットは、私たちが自分自身を愛していれば、より良い場所になるでしょう。

  • I want to say thank you to "care/of" for sponsoring today's video.

    今日の動画をスポンサーしてくれた「care/of」さんに感謝の気持ちを伝えたいです。

  • I am very grateful that I get to work with brands that I love to fund art that I love.

    自分の好きなアートに資金を提供するために、自分の好きなブランドと仕事をすることができて、とても感謝しています。

  • So because I'm both a vegetarian, and a little bit of a health nut, every day I take a multivitamin, a probiotic, fish oil and magnesium.

    だから、私はベジタリアンでもあり、ちょっとした健康オタクでもあるので、毎日マルチビタミン、プロバイオティクス、魚油、マグネシウムを摂取しています。

  • Vitamins have been explained to me by my doctor as just insurance.

    ビタミンは医師からただの保険だと説明を受けています。

  • In case I get too stressed out that day, and I haven't eaten what I needed to.

    その日のうちにストレスが溜まりすぎて、必要なものを食べていない場合に備えて

  • Or if I'm not paying attention to my protein sources and being a junk food vegetarian that just eats pasta and potato chips.

    あるいは、タンパク質源に注意を払わず、パスタやポテトチップスだけを食べるジャンクフードのベジタリアンである場合。

  • And I definitely do notice that there's a difference in both my sleep quality and my mood when I'm getting everything that my body needs.

    睡眠の質と気分の両方に違いがあることに気がつきました。

  • But I know that figuring out what your body needs can be very annoying and overwhelming.

    でも、自分の体に必要なものを見つけるのは、非常に厄介で圧倒されることだと知っています。

  • So "care/of" makes vitamins easy.

    だから「ケア・服」はビタミンを簡単にしてくれるのです。

  • You take a five-minute quiz, and they suggest which ones you need based on your dietary requirements and lifestyle.

    5分間のクイズを受けて、自分の食生活や生活習慣に基づいて必要なものを提案してくれます。

  • Prices start at just $20 a month and vary depending on your personalised pack.

    料金は月20ドルからとなっており、パックの内容によって異なります。

  • The first 200 people to click the link in the description can use my code and get 25% off their first month.

    説明のリンクをクリックして最初の200人は私のコードを使用して、彼らの最初の月の25%オフを得ることができます。

You know what I love?

私が何を愛しているか知っていますか?

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 セルフ トーク 自己 ビタミン 愛し ジャーナリング

自己愛への一歩

  • 25702 1148
    Annie Chien に公開 2019 年 09 月 18 日
動画の中の単語