Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • One of the great problems in the world is also one of the most invisible,

    世界で最も大きな問題のひとつは、目に見えにくい物でもあります。

  • because by its nature, it asks to be hidden and saps our ability to spot its symptoms.

    性質として隠されてしまうものですし、症状を検出するのも難しいからです。

  • But, to generalize grossly, few things so undermine human well-being as the sickness of shame.

    しかし、大まかに一般化すると、自分を恥じるという心の病ほど人間の心の健康を蝕むものはありません。

  • The guilty feel bad for something specific they have done; the shamed feel wretched simply for being.

    してしまった事に対する罪の意識、恥じの感覚が自分の存在をも根底から揺るがし、

  • The affliction lacks borders.

    苦しみに支配されてしまいます。

  • As shamed people, we don't connect the myriad ways in which our behavior and feelings are driven by a base conviction of our own abhorrence.

    恥を抱えて生きる人は、自己嫌悪から来る意識を行動や感情に基づいた形で色々と表には出しません。

  • We just take it as a given that we are disgusting. We lack the capacity to imagine that our shame has a history,

    ただ単に、自分はくだらない人間だと考えるのです。恥の気持ちにはそれまでの経緯があると想像することもできず、

  • and therefore, perhaps, a future that could be curtailed.

    ですから、将来が奪い取られるということも考えつきません。

  • A first step in untangling ourselves is to get enough distance to spot and name the problem.

    そのような状況から脱するための最初のステップは、問題点を特定してそこから距離を置くことです。

  • We might make use of a little questionnaire. Out of 10, rate how true the following statements feel:

    質問事項を活用してもいいでしょう。1から10段階で、次の文章はどれほど自分に当てはまるでしょうか:

  • I don't deserve to exist. I am defective. I am unworthy of being known and loved.

    自分は存在する価値がない。自分はできそこないだ。自分には知られたり愛される価値がない。

  • I am a mistake. I deserve to be abandoned. I should not be.

    自分は間違って生まれた。自分は見捨てられてしかるべきだ。自分は意味がない。

  • Anything over an eight starts to indicate the problem, but if there were an option,

    8点以上付けた場合にはかなり問題ありですが、もしオプションがあるなら

  • most of us in the shamed camp would want to award ourselves a hundred or more.

    恥を抱えて生きている人というのは、100点以上付けたくなるものです。

  • This is the windswept barren land of shame, where many of us have been living all our lives,

    そういう人たちが人生をずっと送ってきている世界というのは、草木1本も生えない強風にさらされた死の世界です。

  • often without enough mental well being to know that this is where we've been relegated. We should probe at where our shame collects.

    そのことにすら気付くことができない精神状態であることも珍しくありません。ですから恥がどこから来るのか調べてみる必要があります。

  • Take the outline of a human figure. What are we ashamed of? Our mind?

    人体を図形にして考えてみましょう。何を恥に感じているのでしょうか?考えでしょうか?

  • Facial appearance? Physique? Genitals? Anus? We were not born ashamed.

    顔の見た目?体形?性器?オシリの穴?生まれた時には恥なんて感じていません。

  • We should summon up the voices that gave us our legacy and which we have then internalized and blended with our own:

    心に語り掛けてくる声を吸収して自分の中に取り込み、自分の一部にしていくのです。

  • You'll never amount to anything. You're the family idiot. You disgust me.

    お前は何も達成することなんかできない。家族の恥さらしめ。むかつくんだよ。

  • Others may wonder why people around us behave this way. The answer is clear enough to the shamed: because we deserved it.

    何で周りの人はそんな風に言ってくるんだろうと悩む人もいるでしょう。その結果恥じる心が芽生えてしまうのです。自分はそれにふさわしいんだ、と。

  • We wouldn't be truly shamed people if all it took was a few simple questions to shake us from our conviction of our detestable identity.

    いくつか質問するだけで自分に貼ったレッテルが取れるようなら、恥を抱えて生きる人なんていません。

  • We were shamed because we were and are defective. Our caregivers weren't mean.

    できそこないだったし今でもそうだから恥ずかしいと思うのです。面倒を見てくれた人たちがひどかったわけではなく、

  • They were, above anything else, perceptive, even brilliant. They could spot things that later, kinder people cannot.

    何と言っても彼らは敏感で、よく出来た人とも言えます。誰にも先駆けて、親切な人よりも自分の難点を見つけ出してくれたのですから。

  • They had the true measure of us. Shamed children don't blame their guardians.

    この人たちは自分の本来の性質を見抜いてくれるから、というわけで、恥を抱えて生きる子どもたちは親を責めたりしません。

  • We protect them for a weird but logical reason: so as not to feel entirely alone.

    むしろ変な感じでも理論的な理由で守ろうとするのです。そうすれば自分が完全に孤独にはなりませんから。

  • We prefer to think well of our caregivers than to take on board how badly we have been let down,

    面倒を見てくれる人が自分をひどく傷つけたと思うよりも、好意的に考えたがるのです。

  • with all the convulsive rage and sadness that would entail.

    その結果衝動的な怒りや悲しみに駆られることになるのですが。

  • The consequences of shame are written across our lives.

    恥を抱えて生きる結果は、人生のあちこちに現れてきます。

  • We don't allow other people to get too close to us.

    他人をあまり近くに寄らせませんし、

  • They would only be appalled if they knew the true us. We're not so good on physical intimacy.

    本当の自分を知ったらがっかりするだろうというのがその理由です。体を接するコミュニケーションにも向いていないし、

  • We get scared all the time. Bad things happen to bad people.

    いつもびくびくしていて、悪いことは悪い人間に起こるというのが理論。

  • We don't like parties. Why would anyone be pleased to see us? We have a lot of secrets, for most of what we are is unacceptable to other eyes.

    パーティーも嫌いで、誰も自分に会いたくなんかないだろうし、自分には秘密がたくさんあって、自分の性格の大半は他人には受け入れられない物だから。

  • We go in for addictive behavior to escape our self-hatred,

    自己嫌悪から逃れるために中毒的行動を取り、

  • then feel even more ashamed of ourselves for the unholy things we've done. What is the way out of shame?

    汚らわしい事をすることでますます自分の事が嫌いになる。恥のサイクルから抜け出す方法なんてあるのか?

  • The same popular answer is to tell ourselves that we are beautiful and good. But that won't easily convince us.

    ありがちな答えは、自分は美しくて素敵だと言い聞かせることだけど、あまり効果はないものですし

  • There may be a better, more oblique strategy to bypass the defenses of the shamed.

    もっと効果的で何気ない方法で恥をやり過ごすことができるはずです。

  • We should stress not that we are wonderful, but that every human being, who has ever walked the planet

    自分は素晴らしいんだと刷り込むのではなく、この地球上で生きた人間なら誰でも

  • is, in their own way, radically imperfect and broken when observed from close up.

    よく見ればそれぞれが根本的に不完全で、壊れた存在なんだというわけです。

  • We may be a bit wrong, but so, blessedly, is everyone else who is and has ever been.

    自分はちょっとヤバいヤツかも知れないけど、ありがたいことに、今までの人全員そうなんです。

  • We can be stupid, perverted and uncouth, but that is wholly normal.

    バカでエロくて下品かもしれないけど、それは全然普通の事。

  • Rather than implicitly upholding an ideal of goodness by telling ourselves that we do, after all, measure up to it,

    善き人間のイメージにしがみついて、そこからずれないように自分に言い聞かせるよりは、

  • far better to throw away ideals and all notions of achievable purity and goodness.

    理想や純粋や善良を達成しようとする意識を捨てた方がはるかにマシです。

  • That's where the problem started. Better to accept that we are, as a group,

    ここに問題の根本があるのですから。人間というのは皆まとめて

  • entirely crazy and ill-tempered, wicked and odd,

    全く持って変態で、感情的で残忍で普通じゃなく

  • but then to stress just how much this is a reason for mercy and kindness, rather than censure and condemnation.

    でも、そんな人間だからこそ慈悲の心や親切心が必要なのです。批判や咎めたりするのではなく。

  • Let's stop judging ourselves and others by unreal standards, that's how we made ourselves ill.

    現実的ではない尺度で自分や他人をさばくのはやめましょう。それが原因で心が病んでいるわけですから。

  • Let's laugh and comfort each other for the absurdity and horror of existing in human form.

    お互いに笑いあって足りなさや人間として生きることの醜さをいたわりあいましょう。

  • The primary sin of those who made us feel ashamed was not so much that they spotted our flaws,

    自分を恥さらしと思わせた人の最大の罪は、彼らがこちらの足りない点を指摘したからではなく、

  • it's that they forgot their own awfulness, and then, had the gall to blame us for our own.

    彼ら自身の足りなさを棚に上げて、こちらの非難ばかりしてきたことにあるのです。

  • We should give up on fascistic perfectionism

    ファシズムの完璧主義なんて考えは捨てましょう。

  • in order to make a generous home for our cracked reality in our own and in the collective imagination.

    壊れかけの現実や想像の世界において、心の休まる居場所を作るためにも。

  • That'll be the start of our way out of the problem of shame.

    ここに恥に苛まれて生きることからの脱出の一歩があるのです。

  • At The School of Life, we believe that confidence is a skill we can all learn. Click now to learn more.

    School of Lifeでは、自信を持つことは学ぶことのできるスキルだと教えていますので、ここをクリックしてみて下さい。

One of the great problems in the world is also one of the most invisible,

世界で最も大きな問題のひとつは、目に見えにくい物でもあります。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 欠陥 恥ずかしい 自身 聞かせる 非難 嫌悪

自分に自信を持つ!自己嫌悪から抜け出す方法

  • 12101 827
    Evangeline に公開 2021 年 06 月 23 日
動画の中の単語