Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • We all know the story of Alice in Wonderland.

    『不思議の国のアリス』の物語、皆さん知っていますよね。

  • A little girl in a blue dress follows a white rabbit down a hole and is suddenly thrown into this psychedelic world.

    青いドレスを着た小さな女の子が、白いウサギを追って穴に落ち、突如、幻覚的な世界に入り込みます。

  • She shrinks and grows, sings with flowers, meets the world's creepiest cat, and explodes out of a house.

    小さくなったり大きくなったり、花と歌ったり、世界一不気味な猫に会ったり、家から飛び出たりします。

  • No one can really agree on what Lewis Carroll was getting at when he wrote theAlice in Wonderlandstory, but some believe he had a condition that literally makes people see life like this.

    ルイス・キャロルが『不思議の国のアリス』を書いた時、何を目指していたのか、様々な説があります。しかし、ルイスは、世界をこのように感じてしまう症状を患っていた、と考える人もいます。

  • It can manifest in a bunch of mind-boggling ways, but it's not about hallucinations.

    この症状は、驚くような様々な形で現れることがありますが、幻覚ではありません。

  • It's about your perception of the world around you.

    身の周りの世界の感じ方なのです。

  • People with this rare condition experience temporary episodes where they perceive the world very differently than the average person.

    この稀な症状を持つ人たちは、一時的に、普通の人とは大きく異なる世界を感じます。

  • Typically, they last anywhere from a few minutes to a few days.

    通常、数分から数日間続きます。

  • Vision, hearing, feeling of touch, and understanding of time can all be affected in various ways.

    視覚、聴覚、触覚、時間の理解も、様々な影響を受ける可能性があります。

  • Say someone's hanging out in their kitchen and an Alice in Wonderland episode suddenly comes on.

    台所にいて、『不思議の国のアリス』のエピソードが急に始まるとしましょう。

  • Something like the clock hanging on their wall could become so huge it takes up half the wall (this is called macropsia).

    壁に掛かっている時計がすごく巨大になって、壁の半分を占めてしまったり(大視症)

  • You could suddenly see 25 clocks, like you're seeing the world from a bug's eye view (entomopia).

    まるで虫の目で見ているかのように、突如、25個の時計が見えたり(昆虫眼)、

  • Or one of your body parts might shrink in size dramatically (partial microsomatognosia).

    体の一部が劇的に小さくなったり(マクロ身体認知)、

  • Time can even speed up (quick-motion phenomenon) or slow down (protracted duration).

    時間が早まったり(クイックモーション現象)、遅くなったりします(長期持続)。

  • You might even feel like you're floating in mid-air (illusory feeling of levitation).

    空中で浮いているような感覚にも陥るかもしれません(浮揚錯覚)。

  • Half the time, this Alice in Wonderland Syndrome happens on its own and it isn't linked with any other conditions.

    大体の場合、不思議の国のアリス症候群は単独で発生し、他の症状とは関連していません。

  • But sometimes, it's connected to physical disorders like migraines, epilepsy, infections, depression, or encephalitis, which is inflammation of the brain.

    しかし、偏頭痛やてんかん、感染症、鬱、脳炎(脳の炎症)などの身体症状につながっていることもあります。

  • Scientific understanding of this phenomenon is still in its very early stages.

    この現象を科学的に解明する試みは、まだ初期段階です。

  • It's thought to be very under-reported, making it even harder to study.

    報告不足状態にあるとされており、研究がいっそう難しくなっているのです。

  • It's not clear how many people have it and it's not currently recognized as a neurological disorder or a psychiatric illness.

    どれだけの人がこの症状を持っているのかは明らかでなく、現在は、神経疾患や精神疾患として認識されています。

  • It's kind of in a grey area.

    グレーゾーンにあるのです。

  • It seems to be more prevalent in children, but this condition doesn't appear to be particularly dangerous or painful.

    この症状は、子どもにより多く見られるようですが、とりわけ危険だとか、苦痛だとかいうことはないようです。

  • Granted, if the symptoms are followed by migraines, which they often are in about 15% of people with this phenomenon,

    約15%の人は、この症状の後に偏頭痛が起きることがあるようですが、確かにその場合は

  • then they may be proceeded by pain, but the Alice in Wonderland experience itself doesn't really seem to be alarming scientists at this point in time.

    痛みが続くかもしれません。しかし、現段階で科学者らは、不思議の国のアリス症候群を警戒していないようです。

  • Studies on this phenomenon are few and far between, but what have they found out?

    この現象に関する研究はきわめて稀ですが、何が分かっているのでしょうか?

  • Scientists know that this syndrome is based in processing perception.

    科学者らが把握しているのは、この症候群が、認知プロセスに基づいているということです。

  • Parts of the brain involved in this mechanism are thought to be the temporo-parietal junction, and the occipital, frontal and temporal lobes.

    このメカニズムに関連しているのは、脳の側頭頭頂接合部、後頭葉、前頭葉、側頭葉と考えられています。

  • Some of these areas experience decreased blood flow in people with Alice in Wonderland Syndrome,

    不思議の国のアリス症候群を持つ人たちの中には、この部分で血流減少が起きる人がいます。

  • and at least one study of an MRI during an episode showed electrical activity create abnormal blood flow in the specific parts of the brain that process texture, shape, size, and that control vision.

    症状の発生中のMRIを検証した研究が、少なくとも1つあるのですが、それによると、電気活動により、脳の中で触感、形、大きさを処理したり、視覚を制御する部分の血流に異常が起きていました。

  • There aren't any treatments or cures for this condition, but if it's accompanied by another more serious condition,

    この症状の処置法や治療法はないのですが、より深刻な症状を併発している場合、

  • your doctor may suggest treating that to see if your perception goes back to normal.

    医者は、それを治療して、知覚が通常状態に戻るか確かめるよう推奨するかもしれません。

  • Are there any other phenomenon you want us to look into?

    私たちに調べてほしい現象は、他にありますか?

  • Let us know in the comment section below.

    下のコメント欄で教えてください。

  • If you enjoy this video, check out the video we did on what's it like to have PTSD.

    このビデオを楽しんでいただけたら、PTSDを発症するとどうなるかに関するビデオを見てみてください。

  • These experiences seemingly bring the individual back to moment of the trauma.

    PTSDの症状を経験すると、人は、トラウマが起きた瞬間に戻ってしまうようです。

  • While they may not visually see what they experienced, they feel it all over again.

    経験したことを目では見えないかもしれませんが、再び感じてしまうのです。

  • These flashes back can come out of nowhere, or be brought on by a trigger.

    こういったフラッシュバックは突如発生したり、ある要因によって引き起こされる可能性があります。

We all know the story of Alice in Wonderland.

『不思議の国のアリス』の物語、皆さん知っていますよね。

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語 症状 アリス 不思議 現象 血流 治療

この珍しい症候群は、あなたの現実を台無しにする

  • 4402 479
    Evangeline に公開 2018 年 05 月 10 日
動画の中の単語