Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Alright. So, today I'll talk about the Yin-Yang of dyslexia and creativity,

    さてさて、今日は失読症と創造性の陰陽についてお話します。今日は失読症と創造性の陰陽についてお話します。

  • and the relationship between these two, from the neuroscientific perspective.

    とその関係性を、神経科学的な視点から見てみましょう。

  • But I want to start with a story,

    でも、まずはネタから始めたいと思います。

  • the story of Jack Horner, a boy who struggled in school.

    学校で奮闘した少年ジャック・ホーナーの物語。

  • He graduated from high school with a D-minus average

    Dマイナス平均で高校を卒業した。

  • and he failed college seven times.

    彼は大学に7回も落ちた

  • He had a GPA 0.06, and he never graduated.

    彼はGPAが0.06で、卒業することはなかった。

  • He was severely dyslexic.

    彼は重度の失読症だった

  • How is he like now?

    今の彼はどんな感じ?

  • He is one of the most influential paleontologists of all time.

    史上最も影響力のある古生物学者の一人です。

  • He is a [technical] advisor of Jurassic Park movies,

    ジュラシックパーク映画の[技術]アドバイザー。

  • and also he is a winner of the MacArthur Genius Award.

    また、マッカーサー・ジーニアス賞を受賞しています。

  • So, what does this tell us?

    では、これは何を物語っているのでしょうか?

  • It tells us first that he is remarkably resilient and perseverant.

    それはまず、彼が驚くほどの回復力と忍耐力を持っていることを教えてくれます。

  • And also, it tells us that he is probably extremely creative.

    そして、それはまた、彼がおそらく非常に創造的であることを教えてくれます。

  • It also teaches us three possibilities of why there might be a link

    また、なぜリンクがあるかもしれないのか、3つの可能性を教えてくれます。

  • between dyslexia and creativity.

    ディスレクシアと創造性の間に

  • 1) it could be that it is just a sheer coincidence,

    1) それは単なる偶然かもしれません。

  • that he was a lucky person that happened to be creative and had dyslexia;

    彼はたまたまクリエイティブでディスレクシアを持っていた幸運な人だったのだと。

  • 2) it could be that his long repeated failure of having dyslexia

    2) それは彼が失読症を持っていることの長い間繰り返された失敗の可能性があります。

  • has led to this ultimate success;

    が、この究極の成功につながっています。

  • 3) it might be that there is a direct and causal link

    3) 直接的で因果関係があるのかもしれない

  • between dyslexia and creativity.

    ディスレクシアと創造性の間に

  • So, the first evidence that I want to present,

    そこで、最初に提示したい証拠。

  • is a research study by Professor Julie Logan

    は、ジュリー・ローガン教授の研究

  • from the Cass Business School in London.

    ロンドンのキャス・ビジネス・スクールから

  • And what she has found in her survey,

    そして、彼女の調査でわかったこと。

  • is that over a third of the entrepreneurs

    起業家の3分の1以上が

  • had dyslexic traits.

    失読症の特徴を持っていた

  • And this is particularly striking given that the prevalence of dyslexia

    ディスレクシアの有病率を考えると、これは特に顕著です。

  • is about 5-10% in the general population.

    は一般人口の5~10%程度です。

  • So, it seems like, statistically,

    だから、統計的には、そんな感じです。

  • there is a relationship between dyslexia and innovators.

    ディスレクシアとイノベーターには関係があります。

  • An example that we saw from Jack Horner;

    ジャック・ホーナーから見た例。

  • it could be Chuck Schwab,

    チャック・シュワブかもしれない

  • it could be Richard Branson.

    リチャード・ブランソンかもしれない

  • So there are a lot of these examples.

    このような例が多いんですね。

  • And I want to call this the Yin-Yang of dyslexia.

    そして、これを失読症の陰陽と呼びたい。

  • The Yin-Yang because the relationship

    陰陽の関係なので

  • between dyslexia and increased incidence in entrepreneurs

    失読症と起業家の罹患率増加との関係

  • is not that obvious at first sight.

    は、一見しただけではわかりません。

  • But also, at the same time,

    しかし、同時に。

  • the relationship between dyslexia and creativity

    ディスレクシアと創造性の関係

  • may have complementary relationships.

    補完的な関係を持っている可能性があります。

  • So we'll take a look at this next.

    ということで、次はこれを見てみましょう。

  • The second evidence that we want to address

    2つ目の証拠として取り上げたいのは

  • is that individuals with dyslexia may have a unique brain organization.

    というのは、失読症の人には独特の脳の組織があるのではないかということです。

  • When we typically look at damaged or dysfunctional brains,

    一般的に損傷した脳や機能不全の脳を見ると

  • - in this case the example here is the reading network -

    - この場合、ここでの例は、読み取りネットワークです。

  • typically what happens is that the region surrounding it,

    一般的に何が起こるかというと、その周辺の地域です。

  • or the opposite hemisphere,

    または反対側の半球。

  • - in this case it might be the right hemisphere -

    - この場合は右半球かもしれません。

  • will show some compensation.

    は何らかの補償を示すでしょう。

  • And it might take over or rescue the function

    そして、それは機能を引き継ぐか、機能を救出するかもしれません。

  • that the dysfunctional brain was carrying.

    機能不全の脳が抱えていた

  • For example, a good example is the stroke patient.

    例えば、脳卒中の患者さんが良い例です。

  • And also what we might see is that skills that these regions host,

    また、私たちが見ることができるかもしれないのは、これらの地域がホストするスキルです。

  • in the orange region, the compensatory regions,

    オレンジ色の領域、代償領域では

  • might actually be enhanced.

    が実際に強化されているかもしれません。

  • And we might see this case in dementia patients;

    そして、認知症の患者さんにもこのようなケースが見られるかもしれません。

  • we often see enhanced creativity.

    創造性を高めたものをよく目にします。

  • So, we might think that individuals with dyslexia,

    だから、ディスレクシアの個人は、と考えるかもしれません。

  • also that there might be some kind of enhanced performance going on,

    また、ある種の強化されたパフォーマンスが行われているかもしれません。

  • and this is exactly what we see.

    そして、これはまさに我々が見ているものです。

  • In our study, we looked at...

    私たちの研究では、私たちは...

  • we had individuals who looked at these impossible figures,

    このありえない数字を見た個人がいました。

  • and they had to judge whether they were possible and impossible figures.

    と、可能な数字か不可能な数字かを判断しなければならなかった。

  • And while there is large individual variability,

    そして、個人差は大きいですが

  • we see this strong correlation

    このような強い相関関係が見られます。

  • between reading abilities and visual-spatial abilities.

    読解力と視覚空間能力の間にある

  • In other words, the poorer the performance in reading,

    つまり、読解力が低いほど、読解力が低いということになります。

  • or more dyslexic you were,

    それとももっと失読症だったのか

  • the higher performance in visual-spatial abilities.

    視空間能力が高いほど高いパフォーマンスを発揮します。

  • And interestingly, we saw a parallel pattern

    そして興味深いことに、私たちは平行したパターンを見ました。

  • in brain activation patterns as well.

    脳の活性化パターンにも

  • So we see this Yin-Yang relationship

    だから、この陰陽の関係を見ると

  • between reading and visual-spatial abilities,

    読書能力と視覚空間能力の間にある

  • in behavior as well as brain patterns.

    脳のパターンだけでなく、行動にも。

  • This is also consistent with evolutionary advantage hypothesis of dyslexia,

    これは、失読症の進化的優位性の仮説とも一致している。

  • which was proposed over 30 years ago by a neurologist called Norman Geschwind.

    これは30年以上前にノーマン・ゲシュウィンドという神経学者によって提案されたものです。

  • He speculated that dyslexic individuals have remarkable abilities,

    彼は、失読症の人には驚くべき能力があると推測した。

  • despite difficulties in reading.

    読解力に難があるにもかかわらず

  • And it's also interesting

    そして、それもまた面白い。

  • that reading is such a critical skill in the modern society,

    現代社会では読書がそれだけ重要なスキルであるということ。

  • but yet the dyslexics hadn't died out in human evolution.

    しかし、失読症の人たちは人類の進化の中で絶滅したわけではありませんでした。

  • So there must be some evolutionary advantage of having dyslexia.

    だから、失読症であることには、何か進化的な利点があるに違いない。

  • So now new emerging technologies,

    だから今、新しい新技術が登場した。

  • such as the one we use, will allow us to address

    私たちが使用しているようなものは、私たちが対処することができます

  • and examine the relationship between dyslexia and creativity.

    と、ディスレクシアと創造性の関係を検討する。

  • So to conclude: is dyslexia a reading curse or a creative blessing?

    結論から言うと、ディスレクシアは読書の呪いなのか、それとも創造的な祝福なのか?

  • Until more research is done, we don't have an exact answer.

    より多くの研究が行われるまで、我々は正確な答えを持っていません。

  • But based on the stories of Jake Horner, and others,

    しかし、ジェイク・ホーナーなどの話を元にして

  • as well as the recent neuroimaging findings,

    最近の神経画像学的知見と同様に。

  • we believe that the answer is "Yes" to both.

    私たちは、その答えは両方とも"Yes"であると信じています。

  • Thank you very much.

    ありがとうございました。

  • (Applause)

    (拍手)

Alright. So, today I'll talk about the Yin-Yang of dyslexia and creativity,

さてさて、今日は失読症と創造性の陰陽についてお話します。今日は失読症と創造性の陰陽についてお話します。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 創造 関係 読解 しれ 能力 読書

TEDx】「ディスレクシア、学習の違い、そしてイノベーション」|フミコ・ホフト|TEDxSausalito

  • 1729 105
    Sam Yemen に公開 2017 年 07 月 25 日
動画の中の単語