Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • We live on a human-dominated planet,

    翻訳: Hikari Fukuda 校正: Natsuhiko Mizutani

  • putting unprecedented pressure

    我々が住む地球は人類が支配しており

  • on the systems on Earth.

    前例のない負担を

  • This is bad news, but perhaps surprising to you,

    地球というシステムに与えています

  • it's also part of the good news.

    これは悪いニュースですが 驚いたことに

  • We're the first generation -- thanks to science --

    良いニュースでもあります

  • to be informed that we may be

    科学のおかげで 我々は人類が発展のために

  • undermining the stability and the ability

    地球の安定と能力を

  • of planet Earth

    犠牲にしていると

  • to support human development as we know it.

    気づくことになった

  • It's also good news, because the planetary risks we're facing

    初めての世代なのです

  • are so large,

    もうひとつの朗報は 直面している地球の危機が

  • that business as usual is not an option.

    あまりにも深刻なので 今までのやり方は

  • In fact, we're in a phase

    もう続けられないことです

  • where transformative change is necessary,

    実際 我々は革新的変化を

  • which opens the window for innovation,

    必要とする時期にあり

  • for new ideas and new paradigms.

    革新性や新しいアイディアや方法論を

  • This is a scientific journey on the challenges facing humanity

    取り入れなければならないのです

  • in the global phase of sustainability.

    これは人類が 持続可能な地球の実現という 課題に挑む

  • On this journey, I'd like to bring, apart from yourselves,

    科学的な旅路なのです

  • a good friend,

    この旅路に 皆さんの他にも お招きしたい人がいます

  • a stakeholder, who's always absent

    良き友であり

  • when we deal with the negotiations on environmental issues,

    環境の会議では いつも欠席でしたが

  • a stakeholder who refuses to compromise --

    利害関係者であり

  • planet Earth.

    しかも妥協を許さない利害関係者でもある

  • So I thought I'd bring her with me today on stage,

    惑星 地球です

  • to have her as a witness

    そこで今日は地球を

  • of a remarkable journey,

    素晴らしい旅路の

  • which humbly reminds us

    証人としてステージにお招きし

  • of the period of grace we've had

    過去一万年の間

  • over the past 10,000 years.

    我々が享受した素晴らしい時間を

  • This is the living conditions on the planet over the last 100,000 years.

    振り返りたいと思います

  • It's a very important period --

    これは過去10万年間における 地球の環境を示しています

  • it's roughly half the period when we've been fully modern humans on the planet.

    とても重要な時期です

  • We've had the same, roughly, abilities

    グラフの中央辺りの時期に 現代と変わらない人類が現れました

  • that developed civilizations as we know it.

    その当時 文明を発展させた人類と

  • This is the environmental conditions on the planet.

    私たちの能力はほぼ同等です

  • Here, used as a proxy, temperature variability.

    これは地球の環境条件です

  • It was a jumpy ride. 80,000 years back in a crisis,

    気温変化の激しさを指標としたグラフです

  • we leave Africa, we colonize Australia

    変化が激しいですね 8万年前の危機で

  • in another crisis, 60,000 years back,

    人類はアフリカを離れ 6万年前の危機で

  • we leave Asia for Europe

    オーストラリアに移住し

  • in another crisis, 40,000 years back,

    4万年前の危機では

  • and then we enter

    アジアを離れヨーロッパへ向かいました

  • the remarkably stable Holocene phase,

    そして人類は

  • the only period in the whole history of the planet,

    とても安定した完新世に突入します

  • that we know of, that can support human development.

    地球の歴史上で知りうる限り唯一の安定期で

  • A thousand years into this period,

    この年代が人類の発展を支えました

  • we abandon our hunting and gathering patterns.

    この年代に入って1千年後

  • We go from a couple of million people

    人類は狩猟採集による生活を止めました

  • to the seven billion people we are today.

    200万人程度だった人口も

  • The Mesopotamian culture: we invent agriculture,

    今では70億人になりました

  • we domesticate animals and plants.

    メソポタミア文化で農耕を発明して

  • You have the Roman, the Greek and the story as you know it.

    動物を家畜にし 植物を栽培しました

  • The only phase, as we know it

    ローマやギリシャ その先はご存じですね

  • that can support humanity.

    我々の知る限りこの時期だけが

  • The trouble is we're putting a quadruple sqeeze

    ここで問題は 地球に対して

  • on this poor planet,

    4つの重圧がかかっているということです

  • a quadruple sqeeze, which, as its first squeeze,

    まず 第1に

  • has population growth of course.

    もちろん 人口増加が挙げられます

  • Now, this is not only about numbers;

    さて人数だけが問題なのではありません

  • this is not only about the fact that we're seven billion people

    70億人から確実に90億人に増加する―

  • committed to nine billion people, it's an equity issue as well.

    というだけでなく 公平性の問題でもあるのです

  • The majority of the environmental impacts on the planet

    地球が抱えている環境問題のほとんどは

  • have been caused by the rich minority,

    少数の豊かな国が原因です

  • the 20 percent that jumped onto the industrial bandwagon

    18世紀中ごろから産業革命の波に乗った

  • in the mid-18th century.

    20パーセントの国のことです

  • The majority of the planet,

    地球上の大半の人々は

  • aspiring for development, having the right for development,

    発展を望み 発展する権利を持ち

  • are in large aspiring for an unsustainable lifestyle,

    持続不可能な生活に大いに憧れ

  • a momentous pressure.

    地球に大きな負担をかけることになります

  • The second pressure on the planet is, of course the climate agenda --

    地球への第2の重圧は ご存じ 気候変動です

  • the big issue -- where the policy interpretation of science

    大きな論点は

  • is that it would be enough

    科学の政治的解釈で

  • to stabilize greenhouse gases at 450 ppm

    温室効果ガスを 450 ppm で安定させれば

  • to avoid average temperatures

    平均気温が2度以上

  • exceeding two degrees,

    上昇することを回避し

  • to avoid the risk that we may be destabilizing

    西南極氷床が溶けることにより起こる

  • the West Antarctic Ice Sheet,

    海面の6m上昇の危機を

  • holding six meters -- level rising,

    回避するというのです

  • the risk of destabilizing the Greenland Ice Sheet,

    グリーンランド氷床の融解による

  • holding another seven meters -- sea level rising.

    海面の7m上昇も回避します

  • Now, you would have wished the climate pressure

    気候変動の圧力を受けたのが 頑丈で回復力のある惑星だったらと思うかもしれません

  • to hit a strong planet, a resilient planet,

    気候変動の圧力を受けたのが 頑丈で回復力のある惑星だったらと思うかもしれません

  • but unfortunately, the third pressure

    しかし 残念ながら第3の重圧として

  • is the ecosystem decline.

    エコシステムが衰退しています

  • Never have we seen, in the past 50 years,

    この50年間で 過去になかったような

  • such a sharp decline

    エコシステムの急激な衰退が

  • of ecosystem functions and services on the planet,

    地球上で起きています

  • one of them being the ability to regulate climate on the long term,

    その一つとして森林、大地、生物学的多様性を保つための

  • in our forests, land and biodiversity.

    長期的な気候の調整能力の衰退が挙げられます

  • The forth pressure is surprise,

    4つ目の重圧は突然の変化です

  • the notion and the evidence

    これまでの方法論では エコシステムは

  • that we need to abandon our old paradigm,

    線形で 予測可能で 制御できるものでした

  • that ecosystems behave linearly, predictably,

    しかしその方法論を捨てる必要があるという

  • controllably in our -- so to say -- linear systems,

    根拠を持った考え方があります

  • and that in fact, surprise is universal,

    実際に突然の変化は普遍的な現象で

  • as systems tip over very rapidly, abruptly

    システムが突然 限界を超えてしまい

  • and often irreversibly.

    元にもどらなくなることはよく起きます

  • This, dear friends, poses a human pressure on the planet

    皆さん この面からも 人類は地球に

  • of momentous scale.

    深刻な重圧を与えているのです

  • We may, in fact, have entered a new geological era --

    実際私たちは新しい地質学時代に入ったかもしれません

  • the Anthropocene,

    人類世 すなわち

  • where humans are the predominant driver of change

    惑星レベルの変化の主要因が

  • at a planetary level.

    人類である時代です

  • Now, as a scientist,

    今 科学者の立場から言えば

  • what's the evidence for this?

    証拠は何でしょうか

  • Well, the evidence is,

    証拠は

  • unfortunately, ample.

    残念ながら十分にあります

  • It's not only carbon dioxide

    ホッケースティックのように

  • that has this hockey stick pattern of accelerated change.

    変化が加速しているのは 二酸化炭素だけではありません

  • You can take virtually any parameter

    基本的に 人類の生存に関する

  • that matters for human well-being --

    どんなパラメータを選んでも当てはまります

  • nitrous oxide, methane,

    亜酸化窒素、メタン

  • deforestation, overfishing

    森林伐採、乱獲

  • land degredation, loss of species --

    土壌劣化、生物種減少など

  • they all show the same pattern

    これらは全て過去200年にわたって

  • over the past 200 years.

    同じパターンを見せています

  • Simultaneously, they branch off in the mid-50s,

    どれも揃って 50年代半ばから折れ曲がります

  • 10 years after the Second World War,

    第2次世界大戦から10年が過ぎた頃です

  • showing very clearly that the great acceleration of the human enterprise

    人類の活動は50年代半ばから大いに加速したことを

  • starts in the mid-50s.

    とても明確に示しています

  • You see, for the first time, an imprint on the global level.

    そこで初めて 地球規模での影響が見てとれます

  • And I can tell you,

    間違いなく言えることは

  • you enter the disciplinary research in each of these,

    どの分野で学術的研究をしても

  • you find something remarkably important,

    非常に重要な発見をするはずです

  • the conclusion that we may have come to the point

    それは人類がこの上昇を止めるべき時期に

  • where we have to bend the curves,

    到達しているかもしれないということ

  • that we may have entered the most challenging and exciting decade

    そして地球上の人類の歴史上

  • in the history humanity on the planet,

    最も挑戦的で興味深い10年に突入したかもしれないことです

  • the decade when we have to bend the curves.

    上昇を止めないといけない時代です

  • Now, as if this was not enough --

    しかしながら ただ上昇を止めて

  • to just bend the curves and understanding the accelerated pressure on the planet --

    地球への強まる重圧を認識するだけでは 不十分なのです

  • we also have to recognize the fact

    システムはある分岐点で分かれて

  • that systems do have multiple stable states,

    複数の安定状態があることを 認識しなければなりません

  • separated by thresholds -- illustrated here by this ball and cup diagram,

    このボールとくぼみの図に示した―

  • where the depth of the cup is the resilience of the system.

    くぼみの深さはシステムの回復力です

  • Now, the system may gradually --

    さて システムは

  • under pressure of climate change,

    気候変動、浸食

  • erosion, biodiversity loss --

    多様性喪失などの圧迫を受けると

  • lose the depth of the cup, the resilience,

    くぼみの深さ つまり回復力を失います

  • but appear to be healthy

    でも見かけは 平気に見えます

  • and appear to suddenly, under a threshold,

    すると突然 限界値を超えて

  • be tipping over. Upff.

    落ちるのです おっと

  • Sorry. Changing state

    失礼 状態が変化して

  • and literally ending up

    このように 望まないような状況に

  • in an undesired situation,

    至ることになるのです

  • where new biophysical logic takes over,

    生物物理学の新しいルールや新しい種が取って代わり

  • new species take over, and the system gets locked.

    システムはそこで捕らえられます

  • Do we have evidence of this? Yes, coral reef systems.

    この証拠としてサンゴ礁システムを見てみます

  • Biodiverse, low-nutrient, hard coral systems

    多様な生物が暮らし 低栄養の造礁サンゴは

  • under multiple pressures of overfishing,

    乱獲や持続可能でない観光や気候変動から

  • unsustainable tourism, climate change.

    圧力を受けています

  • A trigger and the system tips over,

    ちょっとしたきっかけでシステムは崩れ

  • loses its resilience,

    回復力を失って

  • soft corals take over,

    軟質サンゴが取って代わると

  • and we get undesired systems

    経済と社会発展を支えられない

  • that cannot support economic and social development.

    望ましくないシステムが残ります

  • The Arctic -- a beautiful system --

    北極圏の美しい生態系は

  • a regulating biome at the planetary level,

    地球レベルの生物群系であり

  • taking the knock after knock on climate change,

    気候変動の影響をずっと受けながらも

  • appearing to be in a good state.

    良い状態を維持していると思われてきました

  • No scientist could predict that in 2007,

    2007年の限界点を越えたかのような

  • suddenly, what could be crossing a threshold.

    突然の変化を予測できた科学者はいませんでした

  • The system suddenly, very surprisingly, loses 30 to 40 percent

    驚いたことに 夏期の北極圏で表層の氷が

  • of its summer ice cover.

    30-40パーセントも減少しました

  • And the drama is, of course, that

    システムにこのような激変が生じれば

  • when the system does this, the logic may change.

    ルールも変わったかもしれません

  • It may get locked in an undesired state,

    望ましくない状態に陥ったかもしれません

  • because it changes color, absorbs more energy,

    表面の色が変化して エネルギーの吸収が増え

  • and the system may get stuck.

    そこでシステムは立ち往生かもしれません

  • In my mind, the largest red flag warning for humanity

    これは人類が危険な状況にあるという

  • that we are in a precarious situation.

    最大の警告 レッドフラッグです

  • As a sideline, you know that the only red flag that popped up here

    ちなみにこの地に立ったレッドフラッグといえば

  • was a submarine from an unnamed country

    某国が派遣した潜水艦が

  • that planted a red flag at the bottom of the Arctic

    石油資源を支配するために北極海の海底に

  • to be able to control the oil resources.

    レッドフラッグを立てたものだけです

  • Now, if we have evidence, which we now have,

    さて 手元に集まった証拠によれば

  • that wetlands, forests,

    湿地、森

  • [unclear] monsoon system, the rainforests,

    モンスーンシステム、熱帯雨林の挙動は

  • behave in this nonlinear way.

    非線形なものです

  • 30 or so scientists around the world

    世界中の30名余りの科学者達が集まって

  • gathered and asked a question for the first time,

    初めての質問を投げかけました

  • "Do we have to put the planet into the the pot?"

    「地球はくぼみの中に留めるべきか」

  • So we have to ask ourselves:

    自分自身に問いかけなければなりません

  • are we threatening this extraordinarily stable Holocene state?

    我々はこの極めて安定した 完新世の状態を危うくしていないだろうか?

  • Are we in fact putting ourselves in a situation

    実際 人類が自ら招いた状況は

  • where we're coming too close

    限界点にあまりにも

  • to thresholds that could lead

    近付きすぎていないでしょうか

  • to deleterious and very undesired,

    それは我々が全く望まない

  • if now catastrophic, change

    人類発展における破滅的な変化を

  • for human development?

    もたらすかもしれないのです

  • You know, you don't want to stand there.

    誰もあんなとこに立ちたくないはずです

  • In fact, you're not even allowed to stand

    実際 彼が立っているところに

  • where this gentleman is standing,

    行くことすら許されていません

  • at the foaming, slippery waters at the threshold.

    水が泡立ち滑りやすい場所です

  • In fact, there's a fence

    この断崖の少し上流には

  • quite upstream of this threshold,

    フェンスがあって

  • beyond which you are in a danger zone.

    そこから先は危険地帯となっています

  • And this is the new paradigm,

    我々は過去2、3年で

  • which we gathered two, three years back,

    新しい方法論を獲得しました

  • recognizing that our old paradigm

    グラフや数値の変動を分析し 先を予測し

  • of just analyzing and pushing and predicting

    環境への負荷を

  • parameters into the future,

    最小限にしようとする方法論は

  • aiming at minimalizing environmental impacts, is of the past.

    過去のものになったのです

  • Now we to ask ourselves:

    さて自分自身に問いかけてください

  • which are the large environmental processes

    今 完新世の我々の安全のために

  • that we have to be stewards of

    維持しなければならない

  • to keep ourselves safe in the Holocene?

    最重要の環境プロセスとは何でしょうか?

  • And could we even,

    地球システム科学の発展により

  • thanks to major advancements in Earth systems science,

    非線形の変化が始まる限界点を

  • identify the thresholds,

    見出だすことは

  • the points where we may expect nonlinear change?

    可能になったのでしょうか?

  • And could we even define

    また 人類が安全に暮らせる

  • a planetary boundary, a fence,

    許容範囲 ―フェンスを

  • within which we then have a safe operating space for humanity?

    設定することができるのでしょうか?

  • This work, which was published in "Nature,"

    2009年末に『ネイチャー』に発表された

  • late 2009,

    長年の分析に基づく

  • after a number of years of analysis,

    研究では次のような

  • led to the final proposition

    結論を導いています

  • that we can only find

    わずか9種類の許容範囲について

  • nine planetary boundaries

    積極的に監督していくことで

  • with which, under active stewardship,

    我々が安心して活動していける

  • would allow ourselves to have a safe operating space.

    空間が確保できるのである

  • These include, of course, climate.

    この中の一つはもちろん気候です

  • It may surprise you that it's not only climate.

    気候だけでないことに驚いたかもしれません

  • But it shows that we are interconnected, among many systems on the planet,

    地球上の多くのシステムの中でも 特に重要なものが3つあります

  • with the three big systems, climate change,

    3つの主要なシステムとは 気候変動

  • stratospheric ozone depletion and ocean acidification

    成層圏オゾンの減少、海洋の酸性化です

  • being the three big systems,

    この3つの大きなシステムは

  • where the scientific evidence of large-scale thresholds

    地球の地質学史上の大きな変動の

  • in the paleo-record of the history of the planet.

    科学的証拠になっているものです

  • But we also include, what we call, the slow variables,

    これに加えて 変化の遅いシステムも取り上げました

  • the systems that, under the hood,

    地球の回復力を調整し保護する

  • regulate and buffer the capacity of the resilience of the planet --

    縁の下のシステムです

  • the interference of the big nitrogen and phosphorus cycles on the planet,

    地球上の窒素とリンの循環が妨害される

  • land use change, rate of biodiversity loss,

    土地利用の変化、生物多様性の減少速度

  • freshwater use,

    淡水使用など

  • functions which regulate

    地球上の生物量、炭素除去、多様性などを

  • biomass on the planet, carbon sequestration, diversity.

    調整しているシステムのことです

  • And then we have two parameters which we were not able to quantify --

    そして 定量化ができない要因が二つあります

  • air pollution,

    温室効果ガス、硫化物や窒化物などの汚染物質による大気汚染

  • including warming gases and air-polluting sulfates and nitrates,

    温室効果ガス、硫化物や窒化物などの汚染物質による大気汚染

  • but also chemical pollution.

    そして 化学汚染です

  • Together, these form an integrated whole

    これら全てが統合された全体として

  • for guiding human development in the Anthropocene,

    「人類世」の発展に対するガイドラインを示します

  • understanding that the planet

    地球は複雑で自己調節をする

  • is a complex self-regulating system.

    システムだと踏まえたものです

  • In fact, most evidence indicates

    実際に この9つの要素が

  • that these nine may behave as three Musketeers,

    「一人は皆のために 皆は一人のために」と 三銃士のように

  • "One for all. All for one."

    結び付いていることの証拠は多数あります