Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Were a month into 2015, and a lot of us are probably struggling with our New Years diet resolutions.

    2015年も残すところ1ヶ月となりましたが、お正月のダイエットの決意に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

  • But if you find yourself staring at the half-eaten donut in your hand saying,

    しかし、手に持った半分食べられたドーナツをじっと見つめている自分に気がついたら......と言います。

  • " Why can't I quit you?”, don’t beat yourself up too much.

    "なぜ私は<a href='#post_comment_1'>quit<i class="icon-star"></i>あなたを辞められないのか」と、あまり自分を責めないようにしましょう。

  • New research out this week suggests that our brains are hardwired to love that donut.

    今週の新しい研究では、私たちの脳はドーナツを愛するように仕組まれていることが示唆されています。

  • Writing in the publication Cell, scientists at MIT say that theyve discovered the neural circuits

    マサチューセッツ工科大学(MIT)の科学者たちは、「Cell」という論文で、神経回路を発見したと述べています。

  • that controls sugar and food addictions.

    糖分や食中毒をコントロールする

  • It’s called the LH-VTA Loop, and it’s like a highway between the lateral hypothalamus,or LH,

    LH-VTAループと呼ばれていて、側方視床下部(LH)とLHの間の高速道路のようなものです。

  • which controls how hungry you feel, and the eventual tegmental area, or VTA,

    空腹を感じるかどうかをコントロールし、最終的にはセグメント領域、またはVTAを制御します。

  • which is the center of the brain’s reward circuit.

    脳の報酬回路の中心となる

  • Scientists knew that the LH-VTA Loop existed --

    科学者たちはLH-VTAループの存在を知っていました。

  • problems in this area have been linked to some sexual and drug addictions.

    このあたりの問題は、いくつかの性的・薬物依存症とリンクしています。

  • But they didn’t know if it was responsible for food addiction, as well.

    しかし、それが食中毒の原因にもなっているかどうかはわからなかったそうです。

  • So to test its role in eating behavior, they used a technique called optogenetics, on mice.

    そこで、摂食行動におけるその役割をテストするために、彼らはマウスで、オプトジェネティクスと呼ばれる技術を使用しました。

  • They genetically modified certain neurons in the mice’s brains,

    彼らはマウスの脳内の特定のニューロンを 遺伝子組み換えしたんだ

  • so that those cells could be basically turned on or off by exposing them to light.

    そのため、それらの細胞は、基本的には光を当てることによって、オンまたはオフにすることができます。

  • By delivering a yellow light through a small, implanted fiber optic,

    埋め込まれた小型の光ファイバーを介して黄色の光を提供することによって。

  • the scientists could turn those neurons on and activate the LH-VTA Loop.

    科学者たちはニューロンをオンにして LH-VTAループを活性化させることができました

  • They could also turn those same neurons off by delivering a blue light.

    ブルーライトを照射することで、同じニューロンをオフにすることもできます。

  • With these modifications in place, healthy, well-fed mice were put into two stations.

    このような変更を加えて、健康で十分に栄養のあるマウスを2つのステーションに入れました。

  • The first had a cup full of food pellets, and the second had a sugar dispenser.

    一人目にはフードペレットが入ったカップがあり、二人目にはシュガーディスペンサーがありました。

  • The scientists then activated the yellow light.

    その後、科学者たちは黄色の光を起動させた。

  • With their reward circuits stuck in theonposition, the mice ate for longer periods of time in the first station,

    報酬回路が「オン」の位置に固定されている状態で、マウスは最初のステーションでより長い時間食べていました。

  • and kept going back to the sugar dispenser, repeatedly, at the second station.

    と、二合目で何度も何度もシュガーディスペンサーに戻っていました。

  • The mice at the second station would even walk across a platform that delivered electrical shocks

    2つ目の駅のネズミは、電気ショックを与えるホームを横切って歩くことさえありました。

  • just to get more of that sweet stuff.

    甘いものをもっと食べたくて

  • But when the scientists used the blue light to turn off the LH-VTA Loop,

    しかし、科学者が青色の光を使ってLH-VTAループをオフにした時には

  • the mice wouldn’t walk across the electrified platform, and they wouldn’t eat if they were full.

    ネズミは電化されたホームを歩いて渡ろうとしないし、満腹になっても食べようとしない。

  • Now, we humans also have this same Loop in our brains, and it’s likely there for a reason.

    私たち人間も同じループを 脳内に持っています それには理由があります

  • Many scientists believe that our taste for what we now think of as junk food

    多くの科学者は、私たちが今ジャンクフードだと思っているものに対する私たちの味覚は、ジャンクフードではないと考えています。

  • evolved as a way to reward us for finding palatable, high-energy food when food was scarce.

    食べ物が不足していたときに、おいしくて高エネルギーの食べ物を見つけるために私たちに報いるための方法として進化しました。

  • But, because we now live in a world with a Krispy Kreme on every corner,

    でも今はクリスピークリームのある世界に住んでいるので

  • our desire for sugar has become more of a hindrance than a help.

    砂糖のための私たちの欲望は、<a href='#post_comment_2'>hindrance<i class="icon-star"></i>ヘルプよりも、<a href='#post_comment_2'>hindrance<i class="icon-star"></i></a>の多くとなっています。

  • So, the scientists say that finding the part of our brain that regulates these cravings.

    だから、科学者たちは、これらの<a href='#post_comment_3'>欲求<i class="icon-star"></i>を調節する私たちの脳の一部を見つけることを言う</a>。

  • can help in developing treatments for often-debilitating food addictions.

    は、しばしば衰弱する食物依存症の治療法を開発するのに役立ちます。

  • But, besides our brain’s reward system, what else makes us love food?

    しかし、私たちの脳の報酬システムの他に、何が私たちを食べ物が好きにさせるのでしょうか?

  • Well, taste, of course.

    まあ、味はもちろん。

  • There’s bitter, sweet, salty, sour and what’s sometimes called thefifthtaste,

    苦味、甘味、塩味、酸味、そして「第五の味」と呼ばれるものがあります。

  • known as umami.

    うま味として知られています。

  • It’s best described as a savory -- but not salty -- flavor that you can’t quite put your finger on.

    塩辛くはないが塩辛いと表現するのが一番だが、自分の指ではどうしようもない味だ。

  • Umami flavor comes predominantly from high levels of the amino acid glutamated

    うまみの風味は、主にグルタミン酸アミノ酸の高レベルに由来しています。

  • and was discovered by a Japanese scientist in 1908.

    と1908年に日本の科学者によって発見されました。

  • It’s found in cheeses, shiitake mushrooms, ham, and monosodium glutamate,

    チーズ、しいたけ、ハム、グルタミン酸一ナトリウムなどに含まれています。

  • a food additive that was developed in 1909 to enhance the umami flavor of food.

    1909年に食品のうま味を高めるために開発された食品添加物。

  • Now, according to a new study in Japan, tasting umami might be important to our health.

    今、日本の新しい研究によると、うま味を味わうことは私たちの健康に重要なのかもしれません。

  • Scientists performed what’s known as a paper filter disk test on 44 elderly patients.

    科学者たちは44人の高齢者を対象に、ペーパーフィルターディスクとして知られているテストを行った。

  • The test uses a small piece of paper soaked in different concentrations of a tasty solution,

    このテストでは、異なる濃度のおいしい溶液に浸した小さな紙を使用します。

  • place on the parts of the tongue responsible for each taste.

    舌の各部分の味を担当しています。

  • And 16 percent of those tested turned out to have unusually high thresholds for umami,

    そのうち16%はうま味の閾値が異常に高いことが判明しました。

  • meaning that they could barely taste it.

    辛うじて味わうことができたという意味です。

  • And those same patients were also ones who stated that food in general just wasn’t palatable to them anymore.

    そして、同じ患者たちは、一般的な食べ物はもう口に合わないと言っていました。

  • As a result, they had suffered from loss of appetite and weight loss.

    その結果、<a href='#post_comment_4'>食欲<i class="icon-star"></i>や体重減少に悩まされていました。

  • Part of their problem, it turned out, was hyposalivation, or the inability to produce enough saliva.

    彼らの問題の一部は、低唾液分泌、または十分な唾液が出ないことだと判明しました。

  • You have to produce saliva in order to taste anything,

    唾液を出さないと何も味わえません。

  • because food needs to be partially dissolved by saliva for our taste buds to register them.

    なぜなら、私たちの味覚がそれらを登録するためには、食べ物が唾液によって部分的に溶解される必要があるからです。

  • And you know what actually stimulates saliva production? Foods with umami in it!

    そして、実際に唾液の分泌を刺激するものを知っていますか?うま味が含まれている食品!

  • So in a weird kind of catch-22, the patients needed to eat more umami in order to taste umami,

    だから、患者はうま味を味わうために、より多くのうま味を食べる必要がありました。

  • to get their appetites back.

    食欲を取り戻すために

  • So the scientists prescribed a daily regime of konbu-cha, a tea made from kelp that’s rich in glutamate

    そこで科学者たちは、グルタミン酸が豊富な昆布から作られた昆布茶を毎日摂取するように処方した。

  • The tea began stimulating their umami receptors, which caused them to slowly increase saliva production.

    お茶は彼らのうま味受容体を刺激し始め、唾液の分泌量をゆっくりと増やしていった。

  • And as they started to produce more saliva, they began to taste foods more strongly.

    そして、唾液を多く出すようになると、食べ物をより強く味わうようになりました。

  • Eventually, food became more palatable and they regained their appetite.

    やがて食べ物が口に合うようになり、彼らは食欲を取り戻した。

  • Thank you for watching this particularly delicious episode of SciShow News.

    SciShow Newsの中でも特に美味しそうなエピソードをご覧いただきありがとうございます。

  • If you want to help us share science with the world, you can become a supporting subscriber at Subbable.com/scishow.

    科学を世界と共有したい方は、Subbable.com/scishowでサポート購読者になることができます。

  • And don’t forget to go to youtube.com/scishow and subscribe!

    youtube.com/scishowを忘れずに購読してください。

Were a month into 2015, and a lot of us are probably struggling with our New Years diet resolutions.

2015年も残すところ1ヶ月となりましたが、お正月のダイエットの決意に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 うま ループ 食べ物 マウス 昆布 分泌

砂糖中毒の科学と第五の味

  • 15554 1255
    SylviaQQ に公開 2015 年 09 月 26 日
動画の中の単語