Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • all the way to prehistoric times when dinosaurs ruled the earth.

    恐竜が地球を支配していた太古の時代まで。

  • Welcome to watch Mojo and today we're counting down our picks for the top 10 funniest Jim Carrey Bloopers.

    ようこそ、Mojoへ!今日は、私たちが選んだ「ジム・キャリー Bloopers」のトップ10をカウントダウンしてみましょう。

  • You would for this list.

    このリストのためでしょう。

  • We're looking at the goofiest and most uproarious movie bloopers involving Jim Carey.

    ジム・キャリーが出演した映画の中で、最もおバカで最も笑える失敗談を紹介します。

  • Did any of these make you break out in a grin?

    この中に、思わずニヤリとしてしまうようなものはありましたか?

  • Let us know in the comments below number 10.

    10番以下のコメントで教えてください。

  • Paper goose liar, liar, A brilliant comedy liar, liar, puts the erratic jim Carrey in an Uber professional setting and allows him to run wild.

    Paper goose liar, liar, A brilliant comedy liar, liar, errorable jim Carrey in Uber professional setting and allow him to run wild.

  • The results are comedic brilliance.

    その結果、コメディの輝きを放つことになった。

  • In fact, the outtakes are just as funny as the movie itself.

    実は、このアウトテイクも、映画と同じくらい面白いんです。

  • Goodbye Mr eat, no wait Kerry stumbling over his line and turning it into some bizarre fishing performance is a notable highlight.

    さよならミスターイート、いや待てよケリーが釣り糸につまずき、奇妙な釣りのパフォーマンスにしてしまったのは特筆すべきハイライトだ。

  • The goose is another Kerry approaches the stand holding a paper document and crumples it up into the shape of a goose.

    ガチョウは、もう一人のケリーが紙の書類を持ちながらスタンドに近づき、ガチョウの形にくしゃくしゃにする。

  • A goose.

    ガチョウです。

  • The goose's surprisingly impressive considering Kerry made it in about five seconds.

    ケリーが5秒程度で作ったことを考えると、ガチョウは意外と立派なんですね。

  • Is there anything this man can't do number nine catching the phone fun with dick and jane for this scene, Kerry was tasked with throwing a phone into the air, making it spin a couple of times and then catching it.

    この男にできないことはないだろう 第9話 電話のキャッチボール ディックとジェーンの楽しみ このシーンでケリーは、電話を空中に投げ、2回ほど回転させてからキャッチすることを命じられた。

  • It's the type of thing you reserve a few takes for because you just know there are going to be some accidents sure enough carry bungles the trick on a couple of occasions in two takes.

    これは、2回の撮影で何度も失敗するアクシデントがあることを想定して、何度かテイクを重ねるタイプのものです。

  • He is successful at spinning the phone but accidentally knocks it away when he tries to catch it in the third.

    携帯電話を回転させることには成功したが、3つ目でキャッチしようとしたときに誤って倒してしまう。

  • He makes a sloppy throw and is forced to reach, It really makes you wonder how many takes these sort of prop tricks usually take number eight, can't remember his name, Anchorman two.

    このような小道具のトリックは通常何回かかるのか不思議に思うほどです。

  • The legend continues the over the top fight sequence from the first anchorman was widely acclaimed.

    初代『アンカーマン』のオーバー・ザ・トップ・ファイト・シークエンスは広く賞賛され、伝説は続いている。

  • So they brought the concept back for this long awaited sequel.

    そこで、このコンセプトを復活させ、満を持しての続編となったわけです。

  • There's not gonna be any fight without scott riles and the incredibly polite Canadian news team.

    スコット・ライズと、信じられないほど礼儀正しいカナダの報道陣がいなければ、戦いはできないだろう。

  • What about the french speaking Quebec News, the real voice of Canada.

    カナダの真の声であるフランス語圏のケベック・ニュースについてはどうでしょうか。

  • Give it a rest a jim Carey cameos as scott riles who is a part of the incredibly polite Canadian news team only he keeps forgetting all of that without what the hell is my name, Scott scott Riley.

    仝囮囮々は仝囮囮々は仝囮囮々は仝囮々は仝囮々は仝囮々は仝囮々は仝囮々は仝囮々は仝囮々は仝囮々は仝囮々は囮々という吭龍で冱っている。

  • There's not gonna be a fight without Ron, what's my name?

    ロン無しでは戦えないよ、僕の名前は?

  • My name is not Ron scott riles and the incredibly polite Canadian fart Kerry continuously stumbles over his character's name and asks someone offscreen to lend him a hand.

    My name is not Ron scott rilesと、信じられないほど礼儀正しいカナダ人のおならケリーは、自分の役の名前につまずき続け、画面の外の人に手を貸してくれるように頼む。

  • On one occasion he even calls himself Ron, confusing himself with Ron burgundy.

    あるときは、自分のことをロンバーガンディと間違えてロンと呼ぶこともある。

  • Those of you who are bad with names take solace.

    名前の苦手な方はご安心ください。

  • So is the legendary jim Carey, we're gonna mop the floor with you, we're gonna put the boots to you, Sorry, we're gonna gouge your eyes up and kick your head in.

    伝説のジム・キャリーもそうだ、俺たちはお前と一緒に床を掃除するんだ、ブーツを履かせるんだ、ごめん、目をえぐり出して頭を蹴ってやるんだ。

  • Sorry, number seven, playing with a penguin Mr Popper's penguins.

    すみません、7番、ペンギンと遊ぶ ミスター・ポッパーのペンギンです。

  • This movie is based on Richard and Florence.

    この映画は、リチャードとフローレンスを題材にしています。

  • Atwater's beloved book of the same name.

    アトウォーターの愛読書である同名の本。

  • Real penguins were used for filming many scenes and judging by the bloopers, Kerry attempted to bond with them.

    撮影には本物のペンギンが使われ、撮影中の失敗談を見ると、ケリーさんはペンギンと絆を深めようとしたようです。

  • He sits on the floor and tries shaking the penguin's flipper, but to no avail like a wheel, I'll introduce you.

    床に座ってペンギンのヒレを振ってみるが、車輪のように無駄だ、紹介しよう。

  • Somebody wants to talk, Can I say hi to Pippi.

    誰かが話したいそうです、ピッピに挨拶していいですか。

  • Feeling a little more adventurous.

    少し冒険している気分。

  • He offers his phone to the penguin who attempts to snatch it with its bill.

    携帯電話を差し出すと、ペンギンは嘴で携帯電話を奪い取ろうとする。

  • It's quite an adorable little rapport and it proves that Cary is always willing to entertain, even if it means offering a board penguin his phone number six.

    これは非常に愛らしい小さな関係であり、カリーがボードペンギンに自分の電話番号6を提供することで、常に楽しませることを望んでいることを証明しています。

  • People who dig you.

    あなたを掘ってくれる人たち。

  • The cable guy.

    ケーブルテレビの人。

  • In this dark comedy, Jim Carey plays an unhinged cable installer who stalks his customers including poor steven kovacs.

    このダークコメディでは、ジム・キャリーが、貧しいスティーブン・コバックスを含む顧客につきまとう、異常なケーブル設置業者を演じています。

  • At one point in the movie, he taught Stephen by attending a family dinner.

    映画の中では、家族の夕食会に参加してスティーブンを教える場面もあった。

  • When Stephen snaps the cable guy slowly rises and tells him that he's in a safe place with people who love him.

    スティーブンがキレると、ケーブルの男はゆっくりと立ち上がり、自分を愛してくれる人たちがいる安全な場所にいることを告げるのです。

  • Stephen, this is a safe place.

    スティーブン、ここは安全な場所なんだ。

  • You're with people who love you, right?

    愛してくれる人たちと一緒にいるんでしょ?

  • Everyone.

    みんな

  • This was at least the second take of the scene as Kerry ruined it once before.

    このシーンは、ケリーさんが一度ダメ出しをしているので、少なくとも2回目のテイクとなります。

  • Not only does he fumble the structure of the line, but he also says, you're with people who dig you instead of love you.

    セリフの構成をあやふやにするだけでなく、愛しているのではなく、掘ってくれる人たちと一緒にいるんだ、と。

  • This is a loving place and a safe place.

    ここは愛のある場所であり、安全な場所なのです。

  • You're with people who dig you completely.

    完全に自分を掘り下げてくれる人たちと一緒にいるんですね。

  • The goof causes the other actors to break out laughing and Kerry playfully collapses back into the couch.

    このおふざけで他の出演者は爆笑し、ケリーはおちゃめにソファに倒れこんでしまった。

  • Number five.

    5番

  • You want to get laid.

    ヤリたいんでしょう。

  • Yes, man, that's the best wedding shower ever, man.

    そうだよ、最高のウェディングシャワーだぜ。

  • You deserve this blooper doesn't come from jim Carey himself, but Bradley Cooper, however Carey plays an integral role in its hilarity.

    このブローパーはジム・キャリー自身ではなく、ブラッドリー・クーパーのものだが、キャリーはその面白さに不可欠な役割を担っている。

  • You wanna get dinner tomorrow night?

    明日の夜、食事に行かないか?

  • Yes, but not because I have to.

    はい、でも、そうしなければならないからではありません。

  • Well you do have to.

    そうですね......必要ですね。

  • What do you want?

    何がしたいんだ?

  • Oh yeah.

    そうそう。

  • Cooper is supposed to ask harry if he wants to get dinner, but instead of saying dinner, he begins a word that starts with L he stops himself and does say dinner.

    クーパーはハリーに夕食を取るかどうか尋ねることになっているが、夕食と言わず、Lで始まる単語を始めてしまい、自分で止めて夕食と言う。

  • But Carrie is quick and catches the mistake.

    しかし、キャリーは素早く、そのミスをキャッチする。

  • You want to get dinner tomorrow night late, you're gonna stay late.

    明日の夕食を遅くまで食べたいんだろう?

  • That's always it, isn't it?

    いつもそうなんですよね。

  • To have dinner with you though, shouldn't we?

    でも、一緒に食事をするには、そうすべきなのでしょう?

  • Can you get me laid?

    ヤレるか?

  • He asks Cooper if he was going to say late and cooper basically admits it.

    彼はクーパーに「遅刻と言うつもりだったのか」と尋ね、クーパーは基本的にそれを認める。

  • He was probably hoping that no one would notice or call him on it, but Carrie doesn't care about his hopes.

    彼は誰にも気づかれず、声をかけられないことを望んでいたのだろうが、キャリーは彼の希望など気にも留めていない。

  • He proudly throws the mistake back in cooper's face and it makes for a great blooper.

    彼は堂々とミスをクーパーの顔に投げ返し、素晴らしいブループを作り上げるのです。

  • Number four goofing with James Marsden sonic the hedgehog.

    4位 ジェームズ・マースデン ソニック・ザ・ヘッジホッグとおふざけ。

  • Many people thought that sonic the hedgehog was a great comeback for Kerry as he hadn't starred in a major movie since 2014 is dumb and dumber to his energy was at an all time high and it's obvious from the bloopers that he had a ton of fun filming the movie robot nick While filming this scene, Kerry and James Marsden are riffing and standing uncomfortably close to each other.

    2014 is dumb and dumber to以来のメジャー映画主演だったケリーにとって、ソニック・ザ・ヘッジホッグは素晴らしいカムバックだと多くの人が思った。彼のエネルギーは過去最高で、映画ロボットニックの撮影をとても楽しんでいたことは、ブループーから明らかだ。 このシーンの撮影中、ケリーとジェームズ・マースデンはリフティングしながら違和感のない距離で立ち続けている。

  • They can only get through a few lines of dialogue before breaking out and smiles and giggles.

    彼らは数行の台詞を言い終わるだけで、笑顔と笑いに包まれる。

  • 20 minutes ago I tracked a sour sour patch kid.

    20分前にサワーパッチキッドを追跡しました。

  • It must be a dream to work alongside Jim Carey in Marsden's giddiness can practically be felt through the screen.

    ジム・キャリーと一緒に仕事をするのは夢のようでしょう。

  • You better check and meet yourself before you get yourself.

    自分を手に入れる前に、自分で確認して会った方がいい。

  • Word huh?

    言葉か?

  • You can cut after that right?

    その後カットしていいんですよね?

  • Number three time machine, Lemony Snicket's a series of unfortunate events when one thinks of Jim Carey, they typically think of his stick high energy, loud noises, exaggerated body movements and maybe even some inane ramblings.

    第3位 タイムマシン、レモニー・スニケットの不幸な出来事 ジム・キャリーといえば、一般的には彼の棒読み、大音量、大げさな体の動き、そして多分、意味不明な戯言などを思い浮かべるだろう。

  • Well those are all here, but enough of recent historian, let's go back in a time machine time machine time machine two o'clock Kerry strolls his way into the shot, singing about a time machine and it only gets weirder from there.

    さて、これらはすべてここにありますが、最近の歴史家はもう十分です。タイムマシンで戻りましょう。タイムマシンのタイムマシン2時ケリーがタイムマシンのことを歌いながら歩いて登場し、そこからさらに奇妙な展開になります。

  • We've got Carrie making a clock out of his arms conjuring funny noises with his mouth and screeching like a wrapped er As a dinosaur.

    キャリーは腕で時計を作り、口で変な音を出し、恐竜のように金切り声をあげます。

  • He mimes eating a co stars head and even licks one on the ear.

    星を食べる真似をしたり、耳を舐めたりもしています。

  • Okay now you're just ignoring me, The actors crack up and we don't blame them.

    役者さんたちは、みんな笑っていますしね。

  • It's impossible to keep a straight face when Carrie is in top form.

    キャリーが絶好調のときは、真顔になるのは無理ですね。

  • Number two speeding away Bruce almighty.

    2番スピード違反 ブルース・オールマイティ

  • It's very rare that an actor actually drives a vehicle while shooting the car is typically pulled along by another for safety reasons or in this case pushed from behind by a member of the crew, you need these more than I do.

    撮影中、俳優が実際に車を運転することは非常にまれで、安全のために他の人に車を引っ張ってもらうか、スタッフの一人が後ろから押すのが一般的ですが、私以上にこれが必要なんですね。

  • What is these?

    これは何でしょうか?

  • Prayer beats the kids made them for me.

    祈りのビートは子供たちが作ってくれました。

  • They will keep you safe.

    あなたの安全を守ってくれる。

  • I hope they're powerful.

    パワフルであってほしい。

  • I'm gonna need a freaking miracle to get to work on time.

    奇跡でも起きなきゃ間に合わんよ

  • Shortly after saying his line and tying the beads to the mirror, jim Carey breaks the illusion and pretends to be speeding away.

    セリフを言い、ビーズを鏡に結びつけた直後、ジム・キャリーは錯覚を起こし、スピードを上げて走り去るふりをする。

  • Instead the car slowly and hilariously moves out of frame and the man pushing it is revealed a freaking miracle to get to work on time.

    その代わり、車はゆっくりと陽気にフレームの外に移動し、それを押す男は、時間通りに出勤するための異常な奇跡を明らかにされる。

  • I'm sorry, you can even faintly hear Kerry apologizing for ruining the take, but hey, when you see an opportunity for goofiness, you gotta take it before we continue.

    ケリーがテイクを台無しにしたことを謝る声もかすかに聞こえるが、まあ、おふざけのチャンスと思えば、その前に受け止めなければならないのだ。

  • Be sure to subscribe to our channel and ring the bell to get notified about our latest videos.

    チャンネル登録とベルを鳴らすと、最新の動画が通知されますので、ぜひご登録ください。

  • You have the option to be notified for occasional videos or all of them.

    時々、またはすべてのビデオについて通知されるようにするオプションがあります。

  • If you're on your phone, make sure you go into your settings and switch on notifications.

    スマホの場合は、設定から通知をオンにするようにしてください。

  • Number one biting off the prop knows how the grinch stole christmas acclaimed makeup artist rick baker was brought in to create both the grinch and the whose and once again jim Carey spoils the illusion and reveals the movie magic.

    その1 小道具を噛み切る 「グリンチはクリスマスを盗んだ」 メイクアップアーティストのリック・ベイカーがグリンチとその仲間を作るために連れてこられ、またしてもジム・キャリーがその幻想を台無しにして映画のマジックを暴露してしまったのです。

  • Have you ever kissed a man who lost his tonsils twice?

    扁桃腺を2回無くした男とキスしたことある?

  • No, silly, but it's an experience that I've always longed for, Kerry embraces Jeffrey Tambor who is playing Mayor Augustus May who it looks like he's going in for a kiss, but instead he clasps the prop nose with his teeth and tears it from Tambor's face.

    いや、ばかばかしいけど、ずっと憧れていた経験なんだ」オーガスタス・メイ市長役のジェフリー・タンバーに抱きついたケリーは、キスをしようとしたように見えたが、代わりに歯でプロップの鼻をはさみ、タンバーの顔から引き剥がしたのだった。

  • It's actually kind of gross and disturbing.

    実際、ちょっとグロくて邪魔なんですけどね。

  • Then again, that is a testament to baker's brilliant work.

    そしてまた、それはベイカーの見事な仕事ぶりを物語るものでもあるのです。

  • Everyone laughs in shocked surprise, proving the farcical unpredictability of working with the iconic comedian cheer up dude.

    誰もが驚きのあまり笑い、コメディアンの代表格であるチアアップ・デューとの共同作業の予測不可能な茶番劇が証明されたのです。

  • It's christmas.

    クリスマスですからね。

  • Did you enjoy this video?

    この映像はいかがでしたか?

  • Check out these other clips from watch Mojo and be sure to subscribe and ring the bell to be notified about our latest videos.

    また、最新映像の配信を希望される方は、購読とベルを鳴らしてください。

all the way to prehistoric times when dinosaurs ruled the earth.

恐竜が地球を支配していた太古の時代まで。

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語

ジム・キャリーの笑えるNG集トップ10 (Top 10 Funniest Jim Carrey Bloopers)

  • 2 0
    林宜悉 に公開 2022 年 08 月 04 日
動画の中の単語