Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Globally, about 10% of people will experience an eating disorder during their lifetime.

    世界では、約10%の人がは一生の間に摂食障害を経験すると言われています。

  • And yet, eating disorders are profoundly misunderstood.

    しかし、摂食障害には大きな誤解があります。

  • Misconceptions about everything from symptoms to treatment make it difficult to navigate an eating disorder or support someone you love as they do so.

    症状から治療法まで、あらゆることに対する誤解が、摂食障害との付き合い方や、愛する人がそうなってしまったときのサポートを難しくしているのです。

  • So let's walk through what is and isn't true about eating disorders.

    では、摂食障害について、何が真実で、何が真実でないかを説明しましょう。

  • First, what is an eating disorder?

    まず、摂食障害とは何でしょうか。

  • Eating disorders are a range of psychiatric conditions characterized by these main patterns of behavior:

    摂食障害は、これらの主な行動パターンを特徴とする一連の精神疾患です。

  • Restricting food intake, bingeing or rapidly consuming large amounts of food, and purging or eliminating calories through vomiting, laxatives, excessive exercise, and other harmful means.

    食事制限、暴飲暴食や急激な大量摂取、嘔吐や下剤、過度の運動、その他の有害な手段によるカロリー除去を行うことです。

  • An eating disorder can involve any one or any combination of these behaviors.

    摂食障害には、これらの行動のいずれか、または組み合わせが含まれる可能性があります。

  • For example, people living with anorexia usually restrict the amount of food they eat, while bulimia nervosa is an eating disorder characterized by recurrent binges and purges.

    例えば、拒食症は食べる量を制限し、過食症は過食と嘔吐を繰り返す摂食障害です。

  • Importantly, these behaviors determine whether someone has an eating disorder.

    重要なのは、これらの行動によって摂食障害であるかどうかが決まるということです。

  • You can't tell whether someone has an eating disorder from their weight alone.

    体重だけでは、摂食障害かどうかはわかりません。

  • People who weigh what medical professionals might consider a "healthy range" can have eating disorders,

    医療関係者が「健康的な範囲」と考えるような体重の人でも、摂食障害になることがあるのです。

  • including severe ones that damage their long-term health in invisible ways, including osteoporosis, anemia, heart damage, and kidney damage.

    その中には、骨粗しょう症、貧血、心臓障害、腎臓障害など、目に見えない形で長期的な健康を損なう深刻なものも含まれます。

  • Just as we can't tell whether someone has an eating disorder based on their weight alone, we can't get rid of these disorders simply by eating differently.

    体重だけでは摂食障害かどうかわからないように、食べ方を変えるだけでは摂食障害は治らないのです。

  • That's because eating disorders are, at their core, psychiatric illnesses.

    それは、摂食障害が根っからの精神疾患であるからです。

  • From what we understand, they involve a disruption to someone's self-perception.

    私たちが理解するところでは、それらは誰かの自己認識の崩壊を伴うものです。

  • Most people who experience them are severely critical of themselves and report many self-perceived flaws.

    経験者の多くは、自分自身に対してひどく批判的で、自分自身が認識している多くの欠点を報告します。

  • They may use eating to try to regain some control over an internal sense of chaos.

    食べることで、内なる混沌を少しでもコントロールしようとするのかもしれません。

  • We still don't know exactly what causes eating disorders.

    摂食障害の原因については、まだ正確には分かっていません。

  • There likely isn't a single cause, but a combination of genetic and environmental risk factors that contribute.

    原因は1つではなく、遺伝的、環境的なリスク要因が複合的に絡んでいると思われます。

  • Sometimes, other mental illnesses, like depression or anxiety, can cause symptoms of eating disorders.

    うつ病や不安症など、他の精神疾患が摂食障害の症状を引き起こすこともあります。

  • In addition, certain psychological factors, such as perfectionism and body image dissatisfaction, are risk factors for eating disorders.

    また、完璧主義や身体イメージの不満など、ある種の心理的要因は摂食障害の危険因子とされています。

  • Several social factors contribute, too, including internalized weight stigma, exposure to bullying, racial and ethnic assimilation, and limited social networks.

    内面化された体重の偏見、いじめへの暴露、人種や民族の同化、限られた社会的ネットワークなど、いくつかの社会的要因も寄与しています。

  • Although there is a common misconception that only women experience eating disorders, people of all genders can be affected.

    摂食障害は女性だけが経験するという誤解がありますが、性別に関係なく発症する可能性があります。

  • As these disorders intimately affect the development of one's identity and self-esteem, people are particularly vulnerable to developing them during adolescence.

    これらの障害は、自分のアイデンティティや自尊心の形成に深く関わっているため、特に思春期に発症しやすいと言われています。

  • Although these are among the most challenging psychiatric disorders to treat, effective therapies and interventions exist, and many people who receive treatment make a full recovery.

    これらの精神疾患は治療が最も難しいものの一つですが、効果的な治療法や介入方法が存在し、治療を受けた多くの人々が完全に回復しています。

  • Treatment has a higher chance of success the earlier it starts after someone develops disordered eating behaviors.

    食行動の乱れが生じてから早期に治療を開始するほど、成功する確率は高くなります。

  • But unfortunately, less than half of people with an eating disorder will seek and receive treatment.

    しかし、残念ながら、摂食障害のある人のうち、治療を受けている人は半数以下です。

  • Because of the complex effects of eating disorders on both the body and the mind, treatment usually includes a combination of nutritional counseling and monitoring, psychotherapy, and in some cases, medications.

    摂食障害は身体と心の両方に複雑な影響を及ぼすため、治療には通常、栄養に関するカウンセリングとモニタリング、心理療法、そして場合によっては薬物療法が組み合わされます。

  • Evidence-based psychotherapies exist as treatments for most eating disorders, including cognitive-behavioral therapy and family-based therapy.

    ほとんどの摂食障害の治療法として、認知行動療法や家族療法など、エビデンスに基づいた精神療法が存在します。

  • These are talk therapies that help people gain the skills to deal with underlying psychological problems that drive eating disorder symptoms.

    これらは、摂食障害の症状を引き起こす根本的な心理的問題に対処するためのスキルを身につけるためのトークセラピーです。

  • Because not all patients will respond to these treatments, researchers are also investigating treatments outside of psychotherapy, such as transcranial magnetic stimulation.

    すべての患者さんがこれらの治療に反応するわけではないので、研究者は経頭蓋磁気刺激など、心理療法以外の治療法も研究しています。

  • Proper treatment can reduce the chances of dying from a severe eating disorder.

    適切な治療を受ければ、重度の摂食障害で死亡する可能性を低くすることができます。

  • Eating disorders can provoke a powerful sense of powerlessness.

    摂食障害は、強い無力感を引き起こします。

  • But education for individuals, families, and communities helps erode the stigma and improve access to treatment.

    しかし、個人、家族、コミュニティに対する教育は、スティグマを払拭し、治療へのアクセスを向上させるのに役立ちます。

Globally, about 10% of people will experience an eating disorder during their lifetime.

世界では、約10%の人がは一生の間に摂食障害を経験すると言われています。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B2 中上級 日本語

【TED-Ed】なぜ「摂食障害」は治療が難しいのか?

  • 3546 195
    林宜悉 に公開 2022 年 06 月 10 日
動画の中の単語