Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Everybody knows the Minions, the lovable little mischief-makers that star in the "Despicable Me" franchise.

    ミニオンズといえば、『怪盗グルーの月泥棒』シリーズに登場する愛すべきいたずら好きなキャラクターです。

  • The small yellow creatures live to be henchmen, trusted followers of the most villainous villain they can find.

    黄色い小さな生き物は、最も悪質な悪党の子分として、信頼されるように生きています。

  • That's why they serve anti-hero extraordinaire Gru.

    そのために、彼らは非凡なアンチヒーローであるグルーに仕えています。

  • Minions have a unique look, but what's even more unique is their language.

    ミニオンは見た目もユニークですが、さらにユニークなのはその言葉です。

  • On the surface, it sounds like they're speaking complete gibberish, but if you listen closely, it's really an intricate and nuanced vocabulary.

    一見、ちんぷんかんぷんなことを言っているように見えますが、よくよく聞いてみると、実に複雑なニュアンスの語彙を駆使しているのです。

  • Very nuanced.

    非常に微妙なニュアンスです。

  • Here's what it all means.

    その意味するところは、次のとおりです。

  • "Minionese", as it's known, is a constructed language created by "Despicable Me" co-directors Pierre Coffin and Chris Renaud.

    ミニオン語は、『怪盗グルーの月泥棒』の共同監督であるピエール・コフィンとクリス・ルノーによって作られた構築言語であることが知られています。

  • While it may sound like incoherent babbling, the practically indistinguishable words are actually a handcrafted dialect specifically designed for the Minions.

    一見、支離滅裂なことを言っているように見えますが、実はミニオンたちのために作られた手作りの方言なのです。

  • What?

    何?

  • Argh! What did I say?

    アーッ!俺、何言ったっけ?

  • Minionese is a combination of several real languages, including French, Italian, Spanish, Hindi, and Japanese, among others.

    ミニオン語は、フランス語、イタリア語、スペイン語、ヒンディー語、日本語など、実在する複数の言語を組み合わせたものです。

  • One example of how these words are blended together to create the jumbled language comes from "Despicable Me 2".

    これらの言葉が混ざり合って、ごちゃごちゃした言葉になっている一例が、『怪盗グルーのミニオン危機一発』の中で見られます。

  • Uh... poulet tikka masala?

    ええ...プーレ・ティッカ・マサラ?

  • Masala?

    マサラ?

  • The phrase he uses there is a combination of French and Hindi that describes the popular Indian-style chicken dish.

    そこで彼が使った言葉は、フランス語とヒンディー語を組み合わせたもので、インド風の人気チキン料理を表現しています。

  • A lot of what Minions say consists of silly-sounding words strung together from various different languages with some actual gibberish thrown in.

    ミニオンの言葉の多くは、さまざまな言語の単語をつなぎ合わせたもので、中には実際に使われている言葉も含まれています。

  • So, no matter where you are in the world, you probably recognize something that comes out of the Minions' mouths.

    だから、世界のどこにいても、ミニオンズの口から出てくるものには見覚えがあるかもしれません。

  • Thank you.

    サンキュー。

  • It's not inconceivable that the Minions would know so many languages, considering their origin movie, the aptly-titled "Minions", established that they've been traveling the world since the beginning of time in search of the perfect villain to serve.

    ミニオンたちの起源となった映画『ミニオンズ』では、ミニオンズは太古の昔から、仕えるにふさわしい悪役を探して世界中を旅していたことが立証されていることを考えると、これほど多くの言語を知っていることは想像に難くありません。

  • Why wouldn't they speak multiple dialects?

    なぜ、複数の方言を話さないのでしょうか?

  • In addition to all the foreign languages the Minions use to express themselves, English is also in there, loud and clear.

    ミニオンたちが自分を表現するために使う外国語に加えて、英語もはっきりと入っています。

  • In fact, "banana" is one of the Minions' favorite words.

    実は、「バナナ」はミニオンズの好きな言葉のひとつなんです。

  • Banana.

    バナナ。

  • Banana!

    バナナ!

  • There's usually a recognizable word or two thrown in every few sentences when Minions talk, which allows English-speaking viewers to feel as though they're following along.

    ミニオンたちが話すと、たいてい数センテンスごとにわかる単語が入るので、英語圏の視聴者は、まるでその単語についていっているかのような感覚を味わうことができます。

  • Minions...

    ミニオンたちよ!

  • But that feeling of "Ah, I understood that!" isn't just for American audiences.

    でも、その「ああ、わかった」という感覚は、アメリカの視聴者だけのものではありません。

  • The filmmakers make sure the movies are dubbed so particular words and phrases still stand out.

    映画製作者は、特定の言葉やフレーズを目立たせるために、映画の吹き替えをすることを心がけています。

  • That means that people all around the world can also have that "a-ha" moment when they watch the movie in their own languages.

    つまり、世界中の人が自分の国の言葉で映画を観たときに、「あっ」と思う瞬間もあるのです。

  • There's more to Minionese than just words.

    ミニオン語には、言葉だけではない魅力があります。

  • Like any other language, there's tone, body language, gestures, and expressions, among other things, that help convey a message.

    他の言語と同じように、メッセージを伝えるために、声の調子、身ぶり語、ジェスチャー、表情などがあります。

  • When a Minion is happy, he may squeal, smile, and excitedly jump up and down.

    ミニオンは嬉しいと、鳴いたり、笑ったり、興奮して飛び跳ねたりすることがあります。

  • When he's annoyed, he may mumble, cross his arms, and roll his eyes.

    イライラしているときは、つぶやいたり、腕を組んだり、目を丸くしたりすることもあります。

  • These are all pretty universal symbols of communication, so even the youngest kids in the audience can pick up on a Minion's feelings without trying too hard.

    これらのシンボルは、世界共通のコミュニケーション・シンボルなので、小さなお子さんでもミニオンの気持ちを察することができるのです。

  • Also, context is very important in the "Minions" movies, as it helps make the language easier to understand.

    また、「ミニオンズ」の映画では、言葉を理解しやすくするために、文脈が非常に重要です。

  • An example is when the Minions run to an ice cream truck, chanting "gelato" in "Despicable Me 2".

    例えば、『怪盗グルーのミニオン危機一発』でミニオンたちがアイスクリームトラックに駆け寄り、「ジェラート」と唱えるシーンです。

  • Gelato!

    ジェラート!

  • Gelato... gelato... gelato.

    ジェラート…ジェラート…ジェラート…

  • That's Italian for "ice cream", and it's also the kind of word that probably sounds like gibberish to young ears, especially since the Minions kind of mispronounce it, but it totally fits in context.

    イタリア語で「アイスクリーム」という意味なんですが、若い人の耳にはちんぷんかんぷんで、特にミニオンズは発音を間違えているように聞こえるかもしれませんが、文脈的にはまったく合っているんです。

  • As simple as it may seem, this helps you know what's going on without needing to fully understand what's being said.

    簡単なことですが、この方法を使えば、話の内容を完全に理解しなくても、何が起こっているのかを知ることができます。

  • Phonetics also comes into play.

    また、音声学も関係してきます。

  • Humans are wired to understand a word if it sounds similar to a word they're already familiar with.

    人間は、すでに知っている言葉と似た音があれば、その言葉を理解するようにできているのです。

  • When Gru orders some of his Minions to replace a toy unicorn for Agnes, the Minionese word they use rhymes with toy and conveys that they understand their mission.

    グルーがミニオンたちにユニコーンのおもちゃをアグネスのために交換するよう命じたとき、彼らが使うミニオン語はおもちゃと韻を踏んでおり、彼らが自分たちの使命を理解していることを伝えています。

  • Papoy?

    パポイ?

  • No, no, no, no, no. Papoy.

    いや、いや、パポイだ。

  • Ah, papoy!

    ああ、パポイだ!

  • There may be thousands of Minions, but for the most part, only one man voices themPierre Coffin, who also co-directed several of the movies.

    何千ものミニオンが登場しますが、その声を担当するのは、数作の共同監督を務めたピエール・コフィン一人だけです。

  • While Coffin and fellow director Chris Renaud both created the Minions' language and contributed voices to the characters at first, Coffin quickly became the go-to guy.

    当初はコフィンと監督のクリス・ルノーの2人がミニオンの言葉を作ったり、キャラクターの声を担当したが、すぐにコフィンが担当することになりました。

  • By the time "Minions" came out, he was the sole voice of the creatures.

    『ミニオンズ』が公開される頃には、クリーチャーの声を一手に引き受けるようになりました。

  • Coffin didn't originally intend to take on such a big role outside of directing.

    コフィンはもともと、監督以外でこれほどの大役を担うつもりはなかったです。

  • But the ball quickly started rolling when, during the early stages of the original film's production, he made a test voice-over to demonstrate how the Minions should sound and the producers immediately handed the job over to him.

    しかし、オリジナル映画の制作初期に、ミニオンズの鳴き声を実演するテストボイスを作ったところ、プロデューサーからすぐに仕事を任され、ボールはすぐに動き出しました。

  • The rest, of course, is Minion history.

    あとはもちろん、ミニオンの歴史です。

  • If things had gone differently, however, Coffin may not have had the chance to develop the Minions' bizarre language because the Minions weren't always supposed to be so cute.

    しかし、もしそうでなかったら、ミニオンの奇妙な言語を開発するチャンスはなかったかもしれないです。なぜなら、ミニオンはもともとそれほどかわいい存在ではないはずだからです。

  • In fact, during the early stages of the first film, they were supposed to be big, ugly brutes.

    実際、第 1 作の初期段階では、大きくて醜い獣のような存在だと思われていました。

  • Coffin told "The Guardian", "We quickly realized that they were very unappealing and made Gru a totally unsympathetic anti-hero."

    コフィンは『ガーディアン』誌に、「我々はすぐに、それらが非常に魅力的ではなく、グルーをまったく共感できないアンチヒーローにしていることに気づいた」と語りました。

  • "To make him charming, we had this idea that he'd know all of his little helpers by their forenames, even though there were hundreds, and suddenly, Gru was sympathetic."

    「彼を魅力的にするために、何百人もいる小さな助っ人たちをすべて名前で呼ぶというアイデアを思いついたのですが、突然、グルーが同情的になりました。」

  • "And from that first scene, we knew the Minions gave the other characters counter-balance, had great comedic potential, and were super cute."

    「そして、その最初のシーンから、ミニオンが他のキャラクターに対抗力を与え、コメディの可能性を秘め、そしてとてもキュートであることがわかりました」。

  • Alright, everygo, go, go to bed.

    よし、みんな、寝なさい。

  • Thanks for watching.

    ご視聴ありがとうございました。

  • Click the links in our video to watch more from Netflix Film Club.

    動画内のリンクをクリックすると、Netflix Film Club の他の作品を見ることができます。

  • Subscribe to our YouTube channel to get the latest exclusive videos.

    Youtube チャンネルに登録すると、最新の限定動画が見られます。

  • Plus, hit the bell so you don’t miss a single one.

    さらにベルを押して、1 本も見逃さないようにします。

Everybody knows the Minions, the lovable little mischief-makers that star in the "Despicable Me" franchise.

ミニオンズといえば、『怪盗グルーの月泥棒』シリーズに登場する愛すべきいたずら好きなキャラクターです。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語

ミニオン語は何語?かわいくて謎がいっぱい「ミニオン語」を徹底解説!

  • 875 43
    Elise Chuang に公開 2022 年 04 月 17 日
動画の中の単語