Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • I'm also supposed to be wearing heels, but if you know me, you know, I'm not wearing heels and I am definitely wearing these bad boys right here.

    私もヒールを履くことになっているのですが、私のことを知っている方はご存知だと思いますが、私はヒールを履いておらず、絶対にこの不良少年たちを履いています。

  • Oh yeah, soak it in people.

    そうそう、みんなで浸りましょう。

  • Soak it in Hey, what's up Glamour?

    Soak it in Hey, what's up Glamour?

  • It's Bella thorne and today I'll be reviewing some of my most iconic looks from film and television.

    ベラ・ソーンです。今日は、映画やテレビでの私の最も象徴的なルックを振り返ってみましょう。

  • Mhm.

    ムムム。

  • Mhm.

    ムムム。

  • Well this look is from Shake It Up and man, is it just awful in between 2000 and 10 and 2000 and 13, fashion was just very different.

    このルックは「Shake It Up」からのものですが、2000年から10年、そして2000年から13年の間には、ファッションが大きく変化していたことがよくわかります。

  • So if you guys cannot blame me for this, let's see what we've got.

    だから、もし皆さんが私を責められないのであれば、私たちの力を見せてください。

  • I see brown sparkle vest, cute ripped jeans, knee high black boots, knee high stripe socks, gray and white striped shirt, and a black scarf, a black hardship clock necklace When Island is shaking up.

    茶色のキラキラしたベスト、キュートな破れたジーンズ、ニーハイの黒いブーツ、ニーハイのストライプの靴下、グレーと白のストライプのシャツ、そして黒いスカーフ、黒い苦難の時計のネックレスが見えます 島が揺れているとき。

  • I was 11 12 and my character style on the show was definitely really funky.

    私は11歳12歳で、番組での私のキャラクタースタイルは確かにとてもファンキーでした。

  • She is really this kind of very much a tomboy, but love still glitter and sparkles, which I think is a really perfect description of me and my style because I am a tomboy and then I love to just glitter shine.

    彼女は、とてもおてんばでありながら、キラキラしたものが大好きなんです。私はおてんばでありながら、キラキラしたものが大好きなので、私や私のスタイルを表すのにぴったりだと思います。

  • Actually, I did very much see eye to eye with C.

    実際、私はCと非常に意見が一致していました。

  • C.

    C.

  • I remember that our costume room was Awesome.

    衣装部屋がAwesomeだったのを覚えています。

  • Really crazy costumes, absolutely ridiculousness.

    本当にクレイジーなコスチューム、絶対にバカバカしい。

  • And the room was just packed just crowded, head to toe clothes everywhere means India would just race to get changed as fast as we could in the wardrobe room and run out for our next look that we did for a few years, I grew up in modeling, I started modeling at six weeks old, I think that by the time I was 11, I was so over fashion, if that makes sense.

    私はモデルとして育ち、生後6週間でモデルを始めたのですが、11歳になる頃にはファッションに夢中になっていたようです(笑)。

  • It took me until I was like 17, almost 18 to start really getting into like, okay, what do you like to wear?

    17歳から18歳くらいまでは、「じゃあ、どんな服が好きなのか」ということに興味を持ち始めました。

  • What is your style like?

    あなたのスタイルはどのようなものですか?

  • There was a few things I kept from the show when it entered and one of them was this pair of paint splattered jeans and paint splattered boots.

    このショーに参加した際、いくつか保管していたものがありますが、そのうちの一つがこのペンキが飛び散ったジーンズとペンキが飛び散ったブーツでした。

  • I was so obsessed with those booths.

    そのブースに夢中になっていました。

  • If you watch the show, you know what boots I'm talking about because I wore them almost in every scene.

    番組をご覧になっている方は、ほとんどすべてのシーンで履いていたので、どのブーツのことを言っているのかお分かりになると思います。

  • This is from blended girl was fine a f in this school, Adidas tracksuit, even though I didn't cut my hair this short, they wake me for the movie.

    これは、この学校でFをしていた女の子をブレンドしたもので、アディダスのトラックスーツ、髪をこんなに短く切っていないのに、映画のために起こしてくれました。

  • I still cut my hair really short.

    私は今でも髪を短く切っています。

  • I had to for the movie, which, if you ask me, it makes no sense.

    私はこの映画のために必要だったのですが、私に言わせれば、それは意味のないことです。

  • I mean, if girl is wearing a wig wise girl, gotta chop her hair off.

    つまり、女の子がカツラを被っていたら、髪の毛を切り落とさなければならないのです。

  • I play Hillary Adam calls me larry throughout the movie.

    私はヒラリー役で、アダムは映画の中で私をラリーと呼んでいます。

  • My character would like to blossom a little bit, but her father is really holding her back.

    私のキャラクターは少しずつ開花していきたいのですが、彼女の父親がそれを阻んでいます。

  • My character goes through a makeover.

    私のキャラクターは変身していきます。

  • I remember being inherent makeup and I'm curling my hair trying to get it with this look, I remember thinking I just put the wig back on again and the track soup, I had a lot of fun on this movie.

    メイクをしながら髪を巻いて、このスタイルにしようとしていたのを覚えています。ただ、ウィッグを元に戻して、トラックスープを作ったのを覚えています。

  • It was so motherly to me and Adam was the same way I got really close with the adam.

    私にとっては母親のような存在で、アダムも同じように、アダムとはとても仲良くなりました。

  • We would play basketball all the time.

    いつもバスケットボールをしていました。

  • I also had to learn to play basketball for the movie.

    また、映画のためにバスケットボールを習わなければなりませんでした。

  • That was really fond memories.

    それは本当に懐かしい思い出です。

  • That was really fun.

    あれは本当に楽しかった。

  • This look is from the duff and I was killing the game over here, very sexy.

    このルックはダフのもので、私はこちらのゲームを殺していました、とてもセクシーです。

  • I really liked this character's war drug, but throughout the whole movie, usually when you have a mean girl, they put you in, you know, tiny skirts and little tight tops and you know, it's a very girly aesthetic.

    私はこのキャラクターの戦闘薬がとても好きだったのですが、映画全体を通して、通常、意地悪な女の子が登場するときは、小さなスカートや小さなタイトなトップスを着せられたりして、とても女の子らしい美学を感じます。

  • But when I talked to our director, I wanted to go with the more kind of rock star aesthetic, just cool girl next door.

    しかし、監督と相談したところ、私はもっとロックスターのような美的感覚を持ち、クールなガールネクストドアを目指したいと考えました。

  • I just didn't want to make her your typical mean girl.

    ただ、典型的な意地悪女にはしたくありませんでした。

  • Very girly when I was having conversations with the director and our wardrobe stylist on the movie, I really just went hand in hand on picking out these looks on by one.

    監督やスタイリストと会話をしていると、とても女の子らしくて、私も一緒になって一つ一つのルックを選んでいきました。

  • It was very much a collaborative effort and I think it came out very well.

    非常に協力的な取り組みで、とても良い結果になったと思います。

  • I had so much fun filming this movie.

    この映画の撮影はとても楽しかったです。

  • I really got to get very close to me.

    本当に私との距離が縮まりました。

  • Whitman was amazing.

    ホイットマンは素晴らしかった。

  • She's believe I remember in my trailer, we were sitting at lunch and we're pretty much almost done with the movie.

    彼女が信じているのは、私のトレイラーで覚えているのは、昼食時に座っていて、映画をほとんど見終わっていたことです。

  • She was like, so you want to hang out after the movie and in my 15, 16 year old eyes, I was just like really, I've never really gotten very close to any actors on set, it meant so much to me that she thought I was cool enough to hang out with her.

    彼女は「映画が終わったら一緒に遊ぼうよ」と言ってくれたのですが、15~16歳の私は「本当にそうだな」と思いました。私は撮影現場で俳優とあまり親しくなったことがないのですが、彼女が私のことをクールだと思ってくれたことはとても意味のあることでした。

  • This is a look from Famous in Love.

    これは「Famous in Love」のルックです。

  • I am wearing a rock and red dress over here in the episode.

    こちらのエピソードでは、ロックと赤のドレスを着ています。

  • My costar, her character is Alexis, she's wearing the same dress in the episode but she wears it with gold, feels funny enough, I read this book when I was actually on shake it up and I loved the book and I brought it to Marlene King and said let's go make a shell and that is how Famous in Love got started on air.

    私の共演者であるアレクシスは、エピソードの中で同じドレスを着ていますが、金色のものを身につけています。面白いことに、「シェイク・イット・アップ」に出演していたときにこの本を読み、とても気に入ったので、マーリーン・キングにその本を持っていき、「シェルを作ろう」と言ったのが、「フェイマス・イン・ラブ」の放送開始のきっかけです。

  • I definitely related to the character in a few ways and the idea of getting to Hollywood in one day, everything changing.

    私はいくつかの点でキャラクターに共感しましたし、1日でハリウッドに行き、すべてが変わるというアイデアにも共感しました。

  • Not so much in the way that it happens to my character because hers happens in one instance but mine took many years of acting and struggling, but I related to the fact of all of a sudden having this kind of uncontrollable fandom in a blink of an eye.

    私のキャラクターに起こることではありません。彼女の場合は一度だけですが、私の場合は何年もかけて演じ、苦労しました。

  • It's actually very funny because I get Jessica rabbit a lot, a lot a lot people tell me that especially when I'm wearing red and I read a lot um I held bedroom is red and a little bit of black.

    私が赤い服を着ていると、ジェシカ・ラビットによく言われるんですよ。

  • So I was really with this red cow, I knew that when they pulled it out, I was like okay girl, we serve a body in this episode.

    私はこの赤い牛と一緒にいたので、彼らがそれを取り出したとき、私はOKガール、私たちはこのエピソードで体を提供しているように思った。

  • Yeah, yeah, I felt, I felt pretty good about it.

    ええ、ええ、感じました、かなりいい感じでした。

  • I definitely felt very sexy.

    確かにとてもセクシーに感じました。

  • That that is for sure.

    それは確かだ。

  • This is from a movie I did called infamous this character style is definitely very different than mine.

    これは私が出演したinfamousという映画のものですが、このキャラクターのスタイルは私とは全く違います。

  • I really wanted to for the character go with a very florida, fun, trashy loud, quite in your face for the character because it matches her personality.

    キャラクターには、彼女の個性に合わせて、フロリダらしい、楽しくて、ゴミゴミした派手で、かなり顔に出るものにしたいと思いました。

  • We actually brought some wigs to the movie.

    実はこの映画にはウィッグをいくつか持ってきています。

  • This pink wig is mine.

    このピンクのウィッグは私のものです。

  • There's another wig in the movie.

    映画の中にはもう一つのウィッグがあります。

  • That's mine gets the green one.

    それは、私の場合は緑色のものです。

  • I kept that snakeskin top and it's one of the only things that I kept from set.

    このスネークスキンのトップスは、セットの中で唯一残しておいたもののひとつです。

  • I got to do my own makeup on this movie, had a lot of fun with all the looks and kind of matching them to what I was wearing and what not had so much fun filming this movie.

    この映画では、自分でメイクをすることができ、すべての表情を楽しんだり、自分の服装に合わせたりすることができ、とても楽しく撮影することができました。

  • I loved this crew and I made so many lifelong friends.

    私はこのメンバーが大好きで、たくさんの生涯の友だちができました。

  • This is from a movie that I have coming out.

    これは、私が公開する映画の中の一場面です。

  • It's called habit.

    それが習慣というものです。

  • I'm really excited for everyone to see.

    皆さんに見ていただくのがとても楽しみです。

  • It really is a fun ride to watch this movie.

    この映画を見ると、本当に楽しい気分になります。

  • You definitely have a lot of fun while watching it, which I also had fun in the wardrobe room for this movie.

    この映画を見ている間は絶対に楽しいし、私もこの映画の衣装部屋では楽しかったです。

  • I'm wearing orange flare pants and green swimsuit bikini top, teal leather jacket, which was my character jacket throughout the whole movie.

    オレンジのフレアパンツにグリーンの水着のビキニトップ、ティールのレザージャケットを着ていますが、これは映画全体を通して私のキャラクターのジャケットでした。

  • It's her statement piece that she always wears.

    彼女がいつも身につけているステートメントピースです。

  • I'm wearing scuffed Converse sneakers, striped socks, jewelry, rings, pendant, necklace, red bracelet, the influences behind the character style is definitely our director general, she sees herself as the lead character and this is basically a page out of her closet and her closet is amazing.

    履いているのは、擦り切れたコンバースのスニーカー、ストライプの靴下、ジュエリー、指輪、ペンダント、ネックレス、赤いブレスレットです。キャラクターのスタイルに影響を与えているのは、間違いなくディレクター・ジェネラルで、彼女は自分が主役だと思っていて、これは基本的に彼女のクローゼットの1ページで、彼女のクローゼットは素晴らしいです。

  • It's loosely based off of some of her experiences.

    これは、彼女の経験をもとにしたものです。

  • I just wanted to bring that to life and you know, make her happy and make her feel like I did some justice while I never did a wardrobe fitting, we picked out my outfit every day on set and they would come to my trailer.

    衣装合わせをしたことはありませんが、毎日撮影現場で衣装を選び、私のトレーラーにも来てくれました。

  • I would ask them what options because I would be doing my own makeup and they have a few pieces and then I would choose a makeup look, try it on fitted on me, walk out the door shoot.

    私は自分でメイクをするので、どのようなオプションがあるのか聞くと、いくつかのアイテムが用意されていて、その中からメイクアップルックを選び、自分に合ったものを試して、ドアを開けて撮影します。

  • I remember specifically being like these sneakers have to be adult, we cannot get new sneakers, they have to be worn torn.

    具体的に覚えているのは、このスニーカーは大人のものでなければならない、新しいスニーカーは買えない、破れたものを履かなければならない、ということです。

  • This girl where the same pair of sneakers almost every day, it's got to look a certain way.

    この子は毎日のように同じスニーカーを履いているから、それなりに見えないといけない。

  • I'm also wearing a nun costume.

    尼僧の衣装も着ています。

  • I remember very specifically, you know, kind of going back and forth about the hair underneath.

    特に覚えているのは、下の毛のことで何度もやりとりをしたことです。

  • I was coming straight from another movie, check fights, film them back to back literally the next day my hair was already blue and I remember going very much back and forth on set about this blue hair sticking out.

    私は別の映画に出演した直後で、試合をチェックし、連続して撮影したため、翌日にはすでに髪が青くなっていました。

  • I have go go boots.

    私はゴーゴーブーツを持っています。

  • At one point, I mostly fought for my characters Converse and her striped socks to be underneath.

    ある時、私はほとんどキャラクターのコンバースと彼女のストライプの靴下を下にするために戦いました。

  • The movie is very much based in this artistic exaggerated realism, which makes the movie stylistically very fun.

    この映画は、この芸術的な誇張されたリアリズムをベースにしているので、スタイル的にも非常に楽しいものになっています。

  • And I think that that's why people will really like it because it's very, very different.

    だからこそ、この作品を気に入ってもらえるのだと思います。

  • The director general really wanted to go with oldies when it comes to style the seventies.

    局長は、70年代のスタイルについては、オールディーズで行きたいと考えていました。

  • I think there's some more sixties cut, some forties cuts in the movie.

    映画の中には、60年代のカットや40年代のカットもあると思います。

  • All the looks are definitely in the vintage realm.

    すべてのルックは、間違いなくヴィンテージの領域です。

  • And I thought that that was really fun because I never get to do that for a character and hopefully that's you know what people can also really appreciate about it.

    私は、このようなことをキャラクターに対して行うことは滅多にないので、それはとても楽しいことだと思いましたし、それが皆さんにも評価していただけることを願っています。

  • Well, thank you, Glamour.

    さて、Glamourさん、ありがとうございました。

  • It's been a lot of fun reviewing looks.

    見た目を確認するのはとても楽しかったです。

  • If we can call them that with you.

    あなたと一緒に彼らをそう呼べるなら。

  • I had fun.

    楽しかったです。

  • I hope you did too.

    あなたもそうだったでしょう?

I'm also supposed to be wearing heels, but if you know me, you know, I'm not wearing heels and I am definitely wearing these bad boys right here.

私もヒールを履くことになっているのですが、私のことを知っている方はご存知だと思いますが、私はヒールを履いておらず、絶対にこの不良少年たちを履いています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 映画 キャラクター ルック スタイル 衣装 ウィッグ

ベラソンの思い出に残る衣装&撮影エピソードは?|VOGUE JAPAN (ベラ・ソーンの思い出に残る衣装&撮影エピソードは? | VOGUE JAPAN)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 09 月 30 日
動画の中の単語