Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi, everybody.

    皆さん、こんにちは。

  • In this video, we're going to talk about the articles; 'a', 'an' and 'the'.

    このビデオでは、「a」、「an」、「the」という冠詞について説明しています。

  • Now this can be very confusing, so please make sure you pay careful attention.

    これは非常に分かりづらいので、よく注意してください。

  • We use articles in front of nouns.

    名詞の前に冠詞を使います。

  • Okay, so remember that and let's look at the board.

    さて、それでは覚えておいて、ボードを見てみましょう。

  • First, we use 'a' or 'an' when we're talking about any one thing.

    まず、「a」や「an」を使うのは、何か一つのものについて話すときです。

  • For example, let's say I say, “A banana is delicious.”

    例えば、私が "バナナはおいしい "と言ったとしましょう。

  • Okay, that means all bananas.

    そうか、つまりすべてのバナナだ。

  • Any banana is delicious.

    どんなバナナでも美味しいです。

  • “A banana is delicious.”

    "バナナがおいしい"

  • Okay, let's jump over here.

    よし、ここでジャンプしよう。

  • If I'm talking about a specific banana

    特定のバナナのことなら...。

  • maybe I have a banana in my hand.

    手にバナナを持っているかもしれません。

  • It's specific, not any banana, this one.

    具体的には、どのバナナでもなく、このバナナです。

  • I have to use 'the',

    私は「the」を使わなければなりません。

  • The banana is old.”

    "バナナは古い"

  • Okay. This one.

    なるほど。これですね。

  • I can't say, “A banana is old.”

    "バナナは古い "とは言えません。

  • Then that means all bananas are old.

    そうすると、すべてのバナナは古いということになる。

  • And that's not true. Just this one.

    そして、それは真実ではありません。ただ、これだけは。

  • So, I say, “The banana is old.”

    だから、"バナナは古い "と言う。

  • Okay, let's move over here.

    では、こちらに移動しましょう。

  • We also use 'a' or 'an' when we're talking about something for the first time.

    また、初めてのことを話すときには「a」や「an」を使います。

  • So, I have another example here.

    だから、ここにも例がある。

  • “I watched a movie.”

    "I watched a movie"

  • Okay.

    なるほど。

  • I'm talking about this movie for the first time, so I have to use “…a movie”.

    この映画のことを初めて話すので、「...a movie」を使わなければなりません。

  • But, if I want to talk about this movie again,

    でも、またこの映画のことを話したいと思ったら

  • for the second time, or the third time or fourth, fifth

    2回目、3回目、4回目、5回目...。

  • it doesn't matter.

    は関係ありません。

  • I have to use 'the'.

    私は「the」を使わなければなりません。

  • The movie was fun.”

    "映画は楽しかった"

  • I'm talking about this one. The specific.

    これのことだよ。具体的には

  • The movie was fun.”

    "映画は楽しかった"

  • I can't say, “A movie was fun.”

    "映画が面白かった "とは言えない。

  • That means all movies are fun.

    つまり、すべての映画が面白いということです。

  • That's not true.

    そんなことはありません。

  • The movie was fun.”

    "映画は楽しかった"

  • Okay, and I also use 'the'

    なるほど、「the」も使っています。

  • when I'm talking about a noun where there's only one and only.

    唯一無二の存在である名詞の話をしているときは

  • Okay.

    なるほど。

  • For example, there's only one sun.

    例えば、太陽は一つしかありません。

  • Okay, when I look at the sky, there's only one sun.

    そうか、空を見ると太陽はひとつしかないんだ。

  • So, I say, “The sun.”

    だから、"太陽 "と言うんです。

  • The sun is hot.”

    "太陽は熱い"

  • I cannot say, “A sun.”

    "A sun "とは言えない。

  • That's wrong.

    それは間違いです。

  • When there's one and only, we say, “The sun.”

    唯一無二の存在であるとき、私たちは「太陽」と言います。

  • Okay.

    なるほど。

  • Let's look at some more examples.

    さらにいくつかの例を見てみましょう。

  • The first example says, “A lion is dangerous.”

    最初の例では、"A lion is dangerous" と言っています。

  • I have to use 'a' because I'm talking about any one lion.

    私が「a」を使わなければならないのは、任意の1匹のライオンのことを言っているからです。

  • Any lion is dangerous.

    どんなライオンでも危険です。

  • All lions are dangerous.

    ライオンはすべて危険です。

  • So, I use 'a'.

    だから、「a」を使う。

  • The next sentence says, “It's a dog.”

    次の文章では、"It's a dog "と書いてあります。

  • I'm talking about this dog for the first time, so I use 'a'.

    私はこの犬のことを初めて話すので、「a」を使います。

  • Now, I'm talking about this dog for the second time.

    さて、2回目のこの犬の話です。

  • So, I say, “The dog is cute.”

    だから、"犬がかわいい "と言う。

  • Okay.

    なるほど。

  • Here's a similar example.

    似たような例を挙げてみましょう。

  • It's an ant.”

    "It's an ant"

  • Well, I used 'an' because we have 'ant', which start with a vowel.

    私が「an」を使ったのは、母音で始まる「ant」があるからです。

  • And I'm talking about this ant for the first time.

    そして、初めてこのアリのことを話します。

  • It's an ant.”

    "It's an ant"

  • Now, I'm talking about this ant again.

    さて、今回もこのアリの話です。

  • The ant is small.”

    "アリは小さい"

  • The ant…”, this one, “…is small.”

    "アリが..."、これは「...小さい」ですね。

  • Okay, and the last one.

    さて、最後の1枚。

  • It's the moon.”

    "月だから"

  • I have to say, “the moonbecause there's only one moon.

    月は一つしかないので、「月」と言わなければなりません。

  • I cannot say, “a moon”.

    私は「月」とは言えません。

  • It's the moon.

    "月 "だよ。

  • The moon…”, only one, “…is round.”

    月は...」、1つだけ、「...丸い」。

  • Okay.

    なるほど。

  • Let's look at some more examples.

    さらにいくつかの例を見てみましょう。

  • Okay, we have some more examples,

    さて、もう少し例を挙げてみましょう。

  • but this time I want you to think about whether we should put 'a', 'an' or 'the'.

    が、今回は、「a」、「an」、「the」のどれをつけるべきかを考えてほしいのです。

  • Okay.

    なるほど。

  • So, “I see ____ desk and ___ chair.”

    だから、"____ デスクと○○チェアが見えます。"

  • We don't know which desk and chair.

    どの机と椅子かはわかりません。

  • And it's the first time I'm talking about them.

    そして、彼らのことを話すのは初めてのことです。

  • So, we have to put 'a'.

    だから、『a』を入れなければならない。

  • “I see a desk and a chair.”

    "机と椅子が見えます"

  • The next one.

    次の作品です。

  • “I see ____ octopus.”

    "I see ____ octopus."

  • Okay, this is the same.

    なるほど、これは同じですね。

  • It's the first time I'm talking about this octopus.

    このタコの話をするのは初めてです。

  • So, do I put 'a' or 'an'?

    では、「a」をつけるか「an」をつけるか。

  • Well here we have the vowel 'o'.

    ここでは、母音の「o」が出てきます。

  • So we have to put “'an' octopus”.

    だから、「"an" octopus」を入れなければならない。

  • “I see an octopus.”

    "I see an octopus"

  • Okay, the next one.

    さて、次の作品です。

  • It's ___ pen.”

    "It's ___ pen"

  • Okay, it's the same.

    なるほど、同じですね。

  • It's the first time, so I say, “a pen”.

    初めてなので、「a pen」と言います。

  • Now, I'm talking about the pen for the second time.

    さて、2回目のペンの話です。

  • So I say, “The pen is red.”

    だから私は、"ペンは赤だ "と言う。

  • Okay, I'm talking about this one.

    さて、今回の話。

  • So I say, “the”.

    だから私は「the」と言う。

  • Okay, similarly

    なるほど、似たようなものか...。

  • She is ____ girl.”

    "She is ____ girl"

  • What do I say?

    何と言えばいいのか?

  • “a girl.”

    "a girl"

  • We're talking about her for the first time.

    私たちは初めて彼女のことを話します。

  • Okay.

    なるほど。

  • And now we're talking about this girl again, for the second time.

    そして今、私たちは2回目のこの女の子の話をしています。

  • So, I have to say, “The girl is pretty.”

    だから、"あの子は可愛い "と言わざるを得ない。

  • And the last example.

    そして最後の例です。

  • “I can see ___ sky.”

    "私は○○の空が見える"

  • Now, we only have one sky.

    今、私たちには1つの空しかありません。

  • Right

    そうですね...。

  • So, if there's only one and only, we have to put the article 'the'.

    つまり、唯一のものがある場合は、冠詞の「the」をつけなければならないのです。

  • “I can see the sky.”

    "空が見える"

  • Okay.

    なるほど。

  • So in this video, we talked about the articles 'a', 'an' and 'the'.

    このビデオでは、冠詞の「a」、「an」、「the」について説明しました。

  • I hope you understand, and I'll see you in the next video.

    ご理解いただけましたら、次のビデオでお会いしましょう。

  • Bye.

    じゃあね。

Hi, everybody.

皆さん、こんにちは。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 バナナ 映画 アリ 太陽 ライオン 話す

冠詞 a / an / theを学ぶ|基礎英文法講座|ベネッセコーポレーション (Learn Articles a / an / the | Basic English Grammar Course)

  • 16 5
    Summer に公開 2021 年 09 月 20 日
動画の中の単語