Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • - What up fruit lovers, welcome to The Juice.

    - フルーツ好きの皆さん、「The Juice」にようこそ。

  • Today, I wanna know two things and two things only.

    今日は、2つのことを知りたいと思います。

  • First, what's Marshmallow's gender?

    まず、マシュマロの性別を教えてください。

  • - No chance, Orange. (laughs)

    - No chance, Orange.(笑)

  • - Nah, it was worth a shot.

    - いや、やってみる価値はあった。

  • But the second thing I wanna know is: What's The Juice?

    でも、2番目に知りたいことはWhat's The Juice?

  • Sis, hit me with that sweet, sweet audience supplied prompt.

    姉ちゃん、その甘い甘い観客提供型のプロンプトを打ってくれよ。

  • - You've got it, Orange.

    - 持っていますね、オレンジ。

  • Today, PonyCentral 2.0 asks,

    今日、PonyCentral 2.0は問いかける。

  • "Do you have any childhood stories you'd like to share

    "子供の頃の話 "を聞かせてください。

  • with us?"

    with us?"

  • - Do I ever? Oh man, I got tons of these things.

    - そんなことあるの?困ったことに、これらのものを大量に手に入れました。

  • Super embarrassing ones too.

    超恥ずかしいやつも。

  • - Yay! Let's hear one Corey.

    - イェーイ!コリーの声を聞いてみよう。

  • - Yeah, okay. So one time when we were in high school,

    - うん、わかった。それで、ある時、私たちが高校生の時に

  • Little Apple got mistaken for a first grader. (laughs)

    リトルアップルは小学1年生と間違えられました。(笑)

  • - Oh, come on!

    - 勘弁してくれよ

  • - (laughs) Well, that kinda makes sense

    - (笑) なるほど、それなら納得ですね。

  • that someone so short wouldn't fit into at high school.

    高校では身長の低い人には似合わないと思います。

  • - Yeah. (laughs)

    - うん。(笑)

  • - Oh, it wasn't 'cause of his size.

    - ああ、体格のせいではない。

  • It's because he did so poorly at a Spelling Bee.

    スペリング・ビーでの成績が悪かったからです。

  • - Corey!

    - コリー!

  • - Oh, snap!

    - おお、スナップ!?

  • - Ugh! Corey's exaggerating, you guys. It wasn't that bad.

    - うっ!?コリーは大げさに言っているんだよ。そんなに悪くなかったよ。

  • - Bro, they kicked you out of the Spelling Bee

    - Bro, they kicked you out of the Spelling Bee

  • before it even started.

    始まる前から

  • You spelled it Spelling "Dee" on the poster.

    ポスターにはSpelling "Dee "と書かれていましたね。

  • (audience laughing)

    (会場笑)

  • - Oooh!

    - おーい。

  • - I'm not a wire it. I'm not okay?

    - I'm not a wire it.私は大丈夫なの?

  • Ugh! By the way, Corey, I think the audience wants us

    うっ!?ところで、コリー、観客は私たちを望んでいると思います。

  • to tell childhood stories about ourselves.

    を使って、子供の頃の自分の話をする。

  • - Really? 'Cause I didn't see that specified in the prompt.

    - 本当に?なぜなら、そのような指定はプロンプトにはなかったからです。

  • - Me neither. Let's hear another story, Corey. (laughs)

    - 私もです。別の話を聞かせてください、コリーさん。(笑)

  • - Okay, well, there was that one time,

    - そうか、まあ、そんなこともあったな。

  • that Little Apple got sued by Fox

    リトルアップルがフォックスに訴えられたこと

  • for doing a Marge Simpson impression.

    マージ・シンプソンの真似をしたことで

  • - For the last time, I wasn't doing an impression.

    - 今回は、印象操作ではありませんでした。

  • That's just my voice.

    それは私の声だけです。

  • - Awww, it doesn't seem fair to sue him.

    - 訴えるのは卑怯だと思うがwww

  • He doesn't sound that much like Marge Simpson.

    マージ・シンプソンとはそれほど似ていない。

  • - No, that's the point.

    - いや、そこがポイントだ。

  • They sued him 'cause the impression was so bad.

    あまりにも印象が悪かったので、彼を訴えたのです。

  • - Oooh!

    - おーい。

  • - Agh! Okay! Great! Thanks for sharing, Corey.

    - アッ!?OK!いいね!シェアしてくれてありがとう、コリー。

  • Now, let's go around and hear other people's stories!

    さあ、他の人の話を聞いて回りましょう!(笑

  • Please!

    お願いします。

  • - I mean, I want to, but my stories aren't nearly as good

    - つまり、私はそうしたいのですが、私のストーリーはそれほど良いものではありません。

  • as Corey's.

    コリーのように。

  • - Yeah, can I yield my time to Corey

    - ええ、私の時間をコリーに譲ってもいいですか?

  • so he can tell more embarrassing stories about Little Apple?

    そうすれば、彼はLittle Appleについてもっと恥ずかしい話をすることができるでしょう?

  • - No!

    - 駄目だ!

  • - Sounds good to me.

    - 私には良い響きです。

  • I wanna hear more about Little Apple growing up.

    リトルアップルの成長過程をもっと聞きたい。

  • - Or lack thereof. (laughs)

    - というか、ない。(笑)

  • (Orange laughs)

    (オレンジの笑い声)

  • (Little Apple screams)

    ((リトルアップルの悲鳴))

  • - I yield my time to Corey as well. Yay!

    - 私は自分の時間をコリーにもゆずる。イェーイ!

  • - Heck yeah, okay. Hmm, which one to tell?

    - Heck yeah, okay.うーん、どっちに言えばいいんだろう?

  • - Really, Corey?

    - 本当に、コリー?

  • You only have half a brain and somehow you've managed

    脳みそが半分しかないのに、なぜか

  • to remember every embarrassing story about me.

    は、私の恥ずかしい話をすべて覚えています。

  • - Well, I mean, yeah.

    - まあ、そうなんだけどね。

  • They're seared into my memory, Little Apple.

    私の記憶の中に焼き付いていますよ、リトルアップル。

  • They're that embarrassing.

    それほど恥ずかしいものなのです。

  • Like remember that time you piddled yourself.

    例えば、自分で自分の体を動かした時のことを思い出してみてください。

  • Oh wait, that was yesterday.

    待ってください、それは昨日のことです。

  • - Ooh!

    - おーっ!

  • - Agh! It wasn't my fault, okay? I got scared by something.

    - アッ!?僕のせいじゃないんだよ。何かに怯えてしまったんだ。

  • - [Corey] Bro, it was your own shadow.

    - 兄さん、それは自分の影だよ。

  • - Ooh!

    - おーっ!

  • - They didn't need to know that, Corey!

    - 知る必要はなかったんだよ、コリー!」。

  • - Oh no, Little Apple, what's that?

    - いやぁ、Little Apple、何だろう?

  • - Huh? (screams)

    - ハァ?((悲鳴))

  • (Orange, Marshmallow, and Sis laughing)

    (オレンジ、マシュマロ、お姉ちゃんの笑い声)

  • - I swear, you guys, shadows are scary!

    - 本当、皆さん、影って怖いですよね。

  • (Orange, Marshmallow and Sis laughing)

    (オレンジ、マシュマロ、お姉ちゃんの笑い声)

  • - They are!

    - そうです。

  • Oh my gosh, I swear, I'll tear this entire studio apart

    誓って、このスタジオをバラバラにするよ

  • if we don't start telling other people's

    他の人のことを話すようにならなければ、私たちは

  • embarrassing stories.

    恥ずかしい話です。

  • - Okay, okay. Maybe we should give Little Apple a break.

    - わかった、わかった。Little Appleを休ませてあげた方がいいかもしれませんね。

  • - Thank you!

    - ありがとうございました。

  • - Oh, I've got a childhood story.

    - あ、子供の頃の話が出てきました。

  • Once I met Steve Buscemi

    スティーブ・ブシェミとの出会い

  • and I accidentally called him "Sleeve" Buscemi.

    と、誤って「袖」ブシェミと呼んでしまいました。

  • (laughs) I was so embarrassing.

    (笑) 恥ずかしかったです。

  • - Uh, I guess.

    - ええと、そうですね。

  • - Nah, I'm sorry, Marshy,

    - Nah, I'm sorry, Marshy,

  • that wasn't quite as good as Corey's stories.

    とはいえ、コリーの話に比べればまだマシな方だ。

  • - It's okay, I appreciate the constructive feedback.

    - いいんです、建設的な意見に感謝します。

  • (laughs)

    (笑)

  • - Oh, here's one.

    - ああ、これだ。

  • I once sneezed at the lunch table

    給食の席でくしゃみをしたことがある

  • and some milk squirted straight out of my nostrils.

    と、鼻の穴からそのままミルクが噴き出してきた。

  • - Sis, you don't have nostrils.

    - 姉ちゃん、鼻の穴がないんだよね。

  • - I mean, ears.

    - つまり、耳です。

  • - You don't have ears either.

    - 耳もないんですね。

  • Sis, are you making up a story?

    姉さん、作り話ですか?

  • - You caught me.

    - あなたは私を捕まえました。

  • I don't have any real life embarrassing childhood stories,

    実際に恥ずかしい子供時代の話はありません。

  • 'cause I don't have any shame.

    恥ずかしくないのかな?

  • - Corey, I'd rather hear another one of your stories.

    - コリー、あなたの別の話を聞きたいわ。

  • - Agreed.

    - 同意する。

  • - Disagreed.

    - 不一致です。

  • - Alright, sounds like the eighth habit.

    - さてさて、第8の習慣のようですね。

  • Okay, so get this. Little Apple, had to use a booster seat

    さて、これを見てください。小さなアップル、ブースターシートを使用しなければならなかった

  • in seventh grade to see over the top of his desk. (laughs)

    中学1年生の時に、机の上を見るために。(笑)

  • - Ooh!

    - おーっ!

  • - Hey, wait a sec. So did Jill Coy!

    - ちょっと、待ってください。ジル・コイもそうだったのか!?

  • You needed a booster seat 'cause you didn't have a butt.

    お尻がないからブースターシートが必要だったんですね。

  • - Little Apple, how could you say that about me?

    - リトルアップル、どうして私のことをそんな風に言うの?

  • It really hurt my feelings.

    本当に心が痛みました。

  • - Oh, well I'm sorry Corey.

    - ああ、そうですか......ごめんなさい、コリーさん。

  • - That was so mean, you have no right.

    - それはとても意地悪で、あなたには権利がありません。

  • - Oh my gosh.

    - オーマイガー。

  • I thought we were swapping embarrassing stories.

    恥ずかしい話をしているのかと思った。

  • I got carried away.

    調子に乗ってしまいました。

  • - Ha! Just playin' with you.

    - ハッ!?ちょっとした遊び心です。

  • I totally need a booster seat in middle school.

    中学生になるとブースターシートが必要になってくるんですよね。

  • Still do in fact.

    今でもそうです。

  • Now who wants to hear about the time Little Apple

    今、誰がリトル・アップルの話を聞きたいのか?

  • told everyone he had a girlfriend who lived in Canada?

    カナダに住んでいるガールフレンドがいるとみんなに言っていました。

  • - Yeah!

    - そうなんです。

  • (Little Apple screams)

    ((リトルアップルの悲鳴))

  • (groovy music)

    (groovy music)

- What up fruit lovers, welcome to The Juice.

- フルーツ好きの皆さん、「The Juice」にようこそ。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 AnnoyingOrange アップル リトル 恥ずかしい 姉ちゃん マシュマロ

The Annoying Orange - The Juice #13: Embarrassing Childhood Stories! (The Annoying Orange - The Juice #13: Embarrassing Childhood Stories!)

  • 15 0
    Summer に公開 2021 年 07 月 20 日
動画の中の単語