Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In 2019, the world's airlines carried 4.5 billion passengers

    2019年、世界の航空会社は45億人の乗客を運んだ

  • and released 920 million metric tons of CO2.

    で、9億2千万トンのCO2を放出しました。

  • Then COVID hit.

    そして、「COVID」のヒット。

  • Planes were grounded, borders were shut down, and the air temporarily cleared

    飛行機が着陸し、国境が封鎖され、一時的に空気が澄んだ状態になりました。

  • giving us time to contemplate all of the ways we're impacting Earth.

    私たちが地球に与えている影響について考える時間を与えてくれます。

  • So, when the airline industry does make its comeback, will it be able to do so in an environmentally friendly way?

    では、航空業界が復活したとき、環境に配慮した方法で復活できるのでしょうか?

  • Pre-COVID, aviation was one of the fastest-growing sources of greenhouse gas emissions,

    COVID以前は、航空機は温室効果ガスの排出源として最も急速に成長していたものの一つでした。

  • rising by about 2% every year since 2000.

    2000年以降、毎年約2%ずつ上昇しています。

  • If it were a country, global aviation would rank in the top 10 greenhouse gas emitters,

    世界の航空会社は、国に例えると、温室効果ガス排出量のトップ10に入っています。

  • ahead of Brazil, Mexico, and the UK.

    は、ブラジル、メキシコ、英国を上回りました。

  • And with its fuel consumption expected to triple over the next 25 years,

    また、燃料消費量は今後25年間で3倍になると予想されています。

  • some governments aren't waiting to take action.

    対策を講じるのを待っていない政府もあります。

  • In June of 2020, the UK government established the JetZero Council,

    2020年6月、英国政府は「ジェットゼロ・カウンシル」を設立しました。

  • part of a post-pandemic green recovery plan that includes the adoption of sustainable technologies

    持続可能な技術の採用を含む、パンデミック後のグリーン回復計画の一環として

  • to reach the goal of zero-emission flights by 2050.

    2050年までにゼロエミッションのフライトを実現するという目標を達成するため。

  • Meanwhile, the French and Dutch governments have tied COVID bailout money for Air France-KLM

    一方、フランスとオランダの政府は、COVIDの救済資金をエールフランス-KLMに結びつけた。

  • to a reduction in carbon emissions.

    は炭素排出量の削減に貢献しています。

  • But how will the global airline industry reach these sustainability goals

    しかし、世界の航空業界はどのようにしてこの持続可能性の目標を達成するのでしょうか。

  • while grappling with the massive financial hit from COVID?

    また、COVIDの大きな財務上の打撃に対処するためには?

  • Well, one of the easiest ways could be to re-think our fuel source.

    簡単な方法としては、燃料の供給源を見直すことが挙げられます。

  • Sustainable aviation fuel, also known as SAF, is a cleaner substitute for dirty fossil fuels.

    SAFと呼ばれる持続可能な航空燃料は、汚い化石燃料の代わりとなる、よりクリーンな燃料です。

  • Unlike traditional fuel like petroleum, SAF is made from waste

    石油のような従来の燃料とは異なり、SAFは廃棄物を原料として...

  • animal fats, sea scum, lawn clippings, even food scraps!

    動物性脂肪、海の藻屑、芝生の刈り取り、生ゴミまで。

  • These alternative fuels are chemically similar to petroleum-based jet fuel.

    これらの代替燃料は、石油由来のジェット燃料と化学的に類似しています。

  • Once SAF is combined with conventional fuel, it forms a “blend,” which can bedroppedright into the fuel tank

    SAFを従来の燃料と混合すると「ブレンド」となり、燃料タンクにそのまま入れることができます。

  • without making any adjustments to the aircraft.

    機体を調整することなく

  • Several pioneering companies are furthering SAFs adoption and helping airlines kick their fossil fuel habit for good.

    いくつかの先駆的な企業が、SAFの導入を促進し、航空会社が化石燃料の使用をやめるのを支援しています。

  • One contributor is Lanzatech, a Chicago-based biotech start-up.

    貢献しているのは、シカゴに拠点を置くバイオテックのスタートアップ企業、Lanzatechです。

  • In 2018, they began operating the world's first commercial plant converting industrial waste gases to fuel.

    2018年には、産業廃棄物のガスを燃料に変換する世界初の商業プラントを稼働させた。

  • Their secret sauce is genetically-modified microbes from rabbit poop.

    彼らの秘密のソースは、ウサギのウンチから遺伝子組み換えされた微生物です。

  • Lanzatech is also working with China's leading iron and steel company to ferment carbon monoxide from steel mills.

    また、ランザテック社は、中国の大手製鉄会社と協力して、製鉄所から出る一酸化炭素を発酵させています。

  • Microbes transform carbon monoxide to make ethanol, like yeast does with sugars when making beer.

    ビールを作るときに酵母が糖分を分解するように、微生物は一酸化炭素を分解してエタノールを作ります。

  • This ethanol is then heated in the presence of a catalyst, a substance that speeds-up a reaction,

    このエタノールを、反応を促進させる物質である触媒の存在下で加熱します。

  • and converted it into the same hydrogens and carbons that make up traditional fuel.

    を、従来の燃料と同じように水素と炭素に変換しています。

  • In 2018, Virgin Atlantic successfully used Lanzatech jet fuel on a commercial transatlantic flight.

    2018年、ヴァージンアトランティック航空は、ランザテックのジェット燃料を大西洋横断の商業フライトで使用することに成功しました。

  • In Sweden, another company, Renfuel, is tapping the forest for inspiration.

    スウェーデンでは、「Renfuel」という会社が森からインスピレーションを得ています。

  • Lignin is a natural polymer that gives trees their strength, but it's also considered a waste product in the paper industry.

    リグニンは、木の強さを生み出す天然のポリマーですが、製紙業界では廃棄物として扱われています。

  • Renfuel is converting this material into an oil called LIGNOL, to give it a second life as biofuel.

    Renfuel社は、この素材をLIGNOLと呼ばれるオイルに変換し、バイオ燃料としての第二の人生を歩ませようとしています。

  • One of the world's largest financiers of green business, is backing the development of a lignin plant

    世界最大級のグリーンビジネスへの出資者がリグニンプラントの開発を支援

  • that's expected to produce 185,000 tonnes of LIGNOL a year.

    を設立し、年間185,000トンのLIGNOLを生産することを予定しています。

  • It's going to go...you guessed it! Right next to a paper mill.

    その場所は......ご想像のとおりです。製紙工場のすぐ隣です。

  • The plant will be ready in 2021.

    工場は2021年に完成する予定です。

  • In the Netherlands, a sustainable fuel company, SkyNRG is taking carbon recycling to another level.

    オランダでは、持続可能な燃料会社であるSkyNRG社が、カーボンリサイクルをさらに進化させています。

  • As part of a study, they're working with Climeworks to take CO2 directly from the air and convert it into jet fuel.

    研究の一環として、Climeworks社と共同で、空気中から直接CO2を取り出してジェット燃料に変換する研究を行っています。

  • We've mentioned Climeworks on this channel before; at their Iceland pilot plant, they're capturing CO2 and injecting it into rock!

    アイスランドのパイロットプラントでは、CO2を回収して岩石に注入しています! 以前、このチャンネルでClimeworksを紹介しました。

  • So, if green aviation tech is here, why aren't we flying guilt-free and green?

    では、グリーン航空技術が登場したのに、なぜ私たちは罪悪感のないグリーンなフライトをしていないのでしょうか?

  • For starters, there's still not enough incentive for airlines to use new technologies.

    まず第一に、航空会社が新しい技術を利用するためのインセンティブがまだ十分ではありません。

  • Sustainable aviation fuel costs at least twice as much as traditional jet fuel.

    持続可能な航空燃料は、従来のジェット燃料に比べて少なくとも2倍のコストがかかります。

  • Fuel already accounts for up to 30 percent of an airline's operating cost.

    航空会社の運航コストのうち、燃料費はすでに30%を占めています。

  • So, for more airlines to use sustainable fuel, it'll need to become less expensive.

    そのため、より多くの航空会社が持続可能な燃料を使用するためには、燃料の価格を下げる必要があります。

  • Because issues like cost have hindered the adoption of SAF, governments are using policy to regulate aviation emissions.

    コストの問題からSAFの導入が進まないため、各国政府は政策的に航空機の排出量を規制しています。

  • They're introducing SAF mandates, considering fuel taxes, and promoting innovation.

    彼らは、SAF義務化の導入、燃料税の検討、イノベーションの推進などを行っています。

  • One thing that seems abundantly clear is we can't do business as usual.

    ひとつはっきりしているのは、いつも通りのやり方ではダメだということです。

  • One of the biggest factors in the adoption of sustainable aviation... is us.

    持続可能な航空技術を採用するための最大の要因のひとつは...私たちです。

  • By choosing to support companies and policies that encourage a low carbon footprint, we can all do our part to help save the planet.

    炭素排出量の少ない企業や政策を支持することで、私たちは地球を救うために自分の役割を果たすことができます。

  • Let me know if you liked this video down in the comments below.

    このビデオが気に入ったかどうか、以下のコメントで教えてください。

  • Be sure to subscribe and I'll see you next time on Seeker.

    ぜひ購読してみてください。次回のSeekerでお会いしましょう。

In 2019, the world's airlines carried 4.5 billion passengers

2019年、世界の航空会社は45億人の乗客を運んだ

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 燃料 航空 持続 会社 炭素 変換

グリーン燃料で空をきれいにしようとする航空会社の動き (How Airlines Are Racing to Clean Up the Skies With “Green” Fuels)

  • 13 1
    Summer に公開 2021 年 05 月 05 日
動画の中の単語