Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • want to be really clear about this.

    このことを明確にしておきたいと思います。

  • I've never had to phone Welcome to watch Mojo.

    Mojoを見るためにWelcomeに電話したことはありません。

  • And today we're counting down our picks for the top 10 reasons why people hate Pierce Morgan.

    そして今日は、ピアース・モーガンが嫌われる理由トップ10を選んでみました。

  • That's pretty good tracking.

    これはかなり良いトラッキングですね。

  • Maybe not.

    そうではないかもしれない。

  • No, no, no.

    いやいや、そうじゃない。

  • I've been sick.

    体調を崩してしまいました。

  • Sorry, because you wore those deliberately so people would notice, right?

    申し訳ありませんが、それはわざと人目を引くように着ていたからですよね?

  • We'll never accepted their fate for this list.

    このリストのために彼らの運命を受け入れることはないだろう。

  • We're looking at the biggest ways this English provocateur has gotten on people's nerves.

    今回は、このイギリスの挑発者が人々の神経を逆なでする最大の方法をご紹介します。

  • What does Pierce Morgan said that most peed you off?

    ピアス・モーガンの発言で最も腹が立ったのは?

  • Let us know in the comments.

    コメントで教えてください。

  • Number 10, His campaign against Megan Markle, along with the tabloids he used to write for and run Morgan has been relentless in his attacks of Duchess Megan Markle.

    Number 10, 彼がかつて執筆し、運営していたタブロイド紙とともに、モーガンはメーガン・マークル公爵夫人に対するキャンペーンを執拗に展開している。

  • Discussing his animosity, he's bitterly recounted that he and Marco had a few drinks at a pub one night but that she ghosted him after meeting Prince Harry.

    マルコとはある夜、パブで何杯か飲んだが、ハリー王子と出会った後、彼女にゴーストにされてしまったと、敵意について苦々しく語っています。

  • This vendetta came to a head when Marco told Oprah that she'd had thoughts about taking her own life and had experienced racism, he won't be given security.

    この恨みは、マルコがオプラに「自ら命を絶とうと考えたことがある」「人種差別を経験したことがある」と語ったことで、頭をもたげた。彼にはセキュリティが与えられないのだ。

  • It's not going to be given a title and also concerns and conversations about how dark his skin might be when he's born.

    タイトルがつけられない上に、生まれた時に肌がどれくらい黒いかという心配や会話も出てきます。

  • Morgan's response on Good Morning Britain was that Markle was making it all up.

    グッドモーニング・ブリテン』でのモーガンの反応は、マークルがすべてをでっち上げているというものでした。

  • I don't believe a word she says.

    彼女の言うことは信じられません。

  • Meghan Markle.

    Meghan Markle(メーガン・マークル)。

  • I wouldn't believe it if you read the weather report.

    天気予報を読んでも信じられませんね。

  • He offered no real reasons and later stormed off set when he got called out by a colleague.

    彼は特に理由もなく、その後、同僚に呼び出されてセットを離れてしまいました。

  • She's entitled to cut you off if she wants to.

    彼女が望むなら、あなたを切り捨てる権利があります。

  • Has she said anything about you since she cut you off?

    あなたを切った後、彼女はあなたのことを何か言っていましたか?

  • I don't think she has, But yet you continue to trash her under pressure.

    私は彼女がそうであるとは思わないが、あなたはプレッシャーの中で彼女をゴミ箱に入れ続けている。

  • Morgan left the program citing quote, freedom of speech in a tweet, which is funny because he once banned Hugh Grant from his shows for speaking against tabloids attractive.

    モーガンは、ツイートで「言論の自由」を理由に番組を降板しましたが、かつてヒュー・グラントがタブロイド紙に対して魅力的な発言をしたことを理由に番組を降板させたことがあるので、面白いですね。

  • I think Sorry causes Number nine his dismissive remarks about Olympians While watching the 2016 Rio Olympics, Pierce was disappointed in how poorly he felt Team Great Britain was doing so.

    I think Sorry causes Number nine his dismissive remarks about Olympians 2016年のリオ・オリンピックを観戦していたピアースは、チーム・グレート・ブリテンの出来の悪さに失望していた。

  • He took to Twitter to express his feelings, saying quote, gold is all that matters.

    彼はツイッターで、引用しながら「金こそがすべてだ」と心情を吐露した。

  • Always remember, if you ain't first.

    あなたが最初でなければ、常に覚えておいてください。

  • Your last tweet was not well received online, especially by Olympians who accused him of being dismissive of the talent and determination it takes to qualify in the Olympics.

    あなたの最後のツイートはネット上ではあまり評判が良くなく、特にオリンピアンからは、彼がオリンピックの予選通過に必要な才能と決意を否定していると非難されました。

  • let alone take home a bronze or silver medal.

    銅や銀のメダルを獲得することはおろか

  • Putting his world class trolling skills on display, Morgan tried to discredit the respondents by firing back that none of them had ever won gold.

    モーガンは、世界レベルの荒らしスキルを発揮して、回答者たちの信用を落とそうと、「彼らは誰も金メダルを取ったことがない」と反論しました。

  • You can be second, you can be 3rd, 4th Hell, you can even be fifth number eight.

    あなたは2番目になれるし、3番目にも4番目にもなれるし、5番目の8番にだってなれる。

  • The Janet Mock interview.

    ジャネット・モックのインタビュー

  • In 2014, Morgan had transgender activist Janet Mock on his CNN show to talk about her memoir, Redefining Real Nous.

    2014年、モーガンはトランスジェンダー活動家のジャネット・モックをCNNの番組に出演させ、彼女の回顧録『Redefining Real Nous』について語らせた。

  • Tell me how you felt when you when you Actually we're approaching the operation.

    実際に操作に近づいたとき、どのように感じたか教えてください。

  • Well, that was That was a big step in a long journey.

    それは、長い旅路の大きな一歩だった。

  • However, to publicize the interview, he made an extremely inappropriate and insensitive tweet.

    しかし、このインタビューを公表するために、彼は極めて不適切で無神経なツイートをしました。

  • Mock took issue with this responding quote.

    モックが問題にしたのは、この回答の引用です。

  • I was not formerly a man.

    私は元々男性ではありませんでした。

  • Please stop sensationalizing my life and Miss Jen Doring Trans women.

    私の人生やミス・ジェン・ドーリングのトランス女性をセンセーショナルに扱うのはやめてください。

  • Her followers also criticized Morgan.

    彼女のフォロワーもモルガンを批判した。

  • In response, Morgan apologized and just getting he laid into mock, calling her disgraceful and portraying himself as a victim.

    これに対し、モーガンは謝罪した上で、モックに向かって「恥ずかしい」と言い、自分が被害者であるかのように表現しました。

  • The tweets last night ignited a firestorm of abuse and vilification my way because you said I had sensationalized your story.

    昨晩のツイートは、私があなたの話をセンセーショナルにしたと言ったために、私への罵詈雑言の嵐を巻き起こしました。

  • To his credit, he did bring her back on for another interview, asking what he did wrong, but insisted all the way that he'd been horribly wronged.

    彼の名誉のために言っておくと、彼は彼女を再びインタビューに連れてきて、何が悪かったのかを尋ねたが、彼はずっと「自分はひどい目に遭わされた」と主張していた。

  • People magazine who worked as an intern.

    インターンとして働いていた雑誌「People」。

  • I understand that.

    それは理解しています。

  • Sensationalizing our story, advertising Isis people to look in number seven.

    私たちの話をセンセーショナルにして、イシスの人たちに7番を見ろと宣伝する。

  • His comments on Trump's travel ban.

    トランプ大統領の渡航禁止令に対する彼のコメント。

  • Mr President, Great to see you.

    大統領閣下、お会いできて光栄です。

  • Good to see how it Morgan has had a long running relationship with Donald Trump, even winning the top spot in the 2000 and eight season of Celebrity Apprentice.

    モーガンは、2000年と8シーズンの「セレブリティ・アプレンティス」でトップを獲得したこともあり、ドナルド・トランプとの関係が長く続いているのが良い。

  • I'll pay 1000 8.

    1000 8を払います。

  • You're fantastic, man.

    あなたは素晴らしいですよ。

  • Thank you very much.

    どうもありがとうございました。

  • Despite Trump describing him as quote, ruthless, arrogant, evil and obnoxious, there's really something special.

    トランプ氏は、彼のことを「引用」「冷酷」「傲慢」「悪」「不愉快」と表現していますが、本当に特別な存在なのです。

  • During Trump's presidency, Morgan alternated between praise and criticism, ultimately deeming him quote mentally unfit, However, he did express sympathy with Trump's controversial travel ban, again playing Devil's Advocate here while running for office, Trump had called for a quote complete shutdown of Muslims entering the United States and his executive order, 13769 restricted travel from seven countries.

    トランプ大統領の任期中、モーガンは賞賛と批判を交互に繰り返し、最終的には彼を「精神的に不適格」とみなしました。しかし、彼はトランプ大統領の物議を醸した旅行禁止令に共感を示し、ここでも「悪魔の代弁者」を演じました。トランプ大統領は立候補時に、米国に入国するイスラム教徒を完全にシャットダウンするよう呼びかけ、大統領令13769号で7カ国からの渡航を制限しました。

  • There is no Muslim ban.

    ムスリム禁止令はありません。

  • If there was 80.

    80があったら

  • Sorry, hearing Morgan's reasoning.

    すみません、モーガンの推理を聞いて

  • Australia's Jim Jeffries had a visceral reaction, as did many at home.

    オーストラリアのジム・ジェフリーズは、国内の多くの人々と同様に、直感的な反応を示した。

  • Okay, Morgan would come under fire again in 2018 for an interview with Trump that viewers perceived as weak and sycophantic.

    なるほど、モーガンは2018年に、視聴者から弱腰でおべっかを使っていると受け取られるトランプとのインタビューで再び炎上することになる。

  • You like being president.

    あなたは大統領であることが好きなのですね。

  • I do.

    しています。

  • I'm really in just by all the aggro that gets poured on you.

    アグロの攻撃を受けているだけで、本当に困ってしまいます。

  • Well, some of which I have to say as someone who likes, you know, in a long time.

    そのうちのいくつかは、長い間、好きだった者として言わせてください。

  • Number six, he despises Harry Potter.

    その6、ハリー・ポッターを軽蔑している。

  • Piers Morgan's comments on the Muslim ban attracted criticism online, notably from Harry Potter author JK Rowling.

    ピアーズ・モーガン氏のイスラム教徒入国禁止令に関するコメントは、ネット上で批判を集め、特にハリー・ポッターの作者であるJKローリング氏からの批判が目立ちました。

  • Morgan retorted that that was why he'd never read the Harry Potter books.

    モーガンは、「だから、ハリー・ポッターの本を読んだことがないんだ」と言い返した。

  • Just try to make sense of that.

    その意味を考えてみてください。

  • Morgan hasn't read a series of books that started in 1997 because the author criticized him on Twitter in 2017.

    モーガンは、2017年に著者がツイッターで批判したため、1997年に始まった一連の本を読んでいない。

  • This escalated into a Twitter feud in which Morgan claimed his published diary, The Insider was better written.

    その結果、モーガンは自分が出版した日記「The Insider」の方が良い文章だと主張し、ツイッターでの反目に発展した。

  • Rolling arguably won the debate when she posted praise that Morgan had written about her, which he didn't seem to initially recognized as his own words.

    ローリングは、モーガンが自分について書いた賞賛の言葉を投稿したことで、議論を制したと言える。

  • But as if to rub salt in the wound, Morgan's son responded by tweeting out his love of Harry Potter.

    しかし、傷口に塩を塗るかのように、モーガンの息子は、ハリー・ポッターへの愛をツイートして応えました。

  • Oh my goodness, explain yourselves, both of you.

    おやおや、お二人とも説明してください。

  • Number five.

    5番です。

  • His response to black lives matter.

    ブラックライツマターへの対応。

  • Pierce Morgan has been a vocal critic of black lives matter and frequently inserted himself into the conversation.

    ピアス・モーガンは、ブラック・ライツ・マターを声高に批判し、頻繁に会話に自分を挿入してきました。

  • In 2015, when activist Marc Lamont Hill tweeted that quote all black lives matter, Morgan insisted that actually quote all lives matter and accused the hashtag of being divisive.

    2015年、活動家のマーク・ラモント・ヒルが「quote all black lives matter」とツイートした際、モーガンは実際には「quote all lives matter」だと主張し、ハッシュタグが分断的であると非難しました。

  • Later that year, he also rushed in to make room for quote whiteness.

    その年の後半には、見積書の白さのための部屋作りにも駆けつけた。

  • When activist DeRay McKesson expressed his love for blackness, you could practically hear Twitter users rolling their eyes at Morgan's desire to be included.

    活動家のデレイ・マッケソンが黒さへの愛を表明したとき、モーガンの仲間に入れてほしいという気持ちにツイッターユーザーが目を丸くするのが聞こえてきそうです。

  • The following year, Morgan penned a column condemning black lives matter as quote, a well intentioned idea that's gone bad.

    翌年、モーガンは「ブラック・ライツ・マター」を非難するコラムを書きました。

  • Finally, enough, though in 2020 when Black Lives Matter gained greater support.

    最終的には、ブラック・ライヴズ・マターがより大きな支持を得た2020年には十分ですが。

  • He struck out against critics of the movement, offering his own breakdown of the slogan Number four, The Iraq War Photo Scandal.

    彼はこの運動を批判する人たちに対抗して、スローガンの4番目、「イラク戦争の写真スキャンダル」を自分なりに分析してみせた。

  • Pierce Morgan's time as editor of The Daily Mirror from 1995 to 2000 and four saw the tabloid dive headfirst into a number of scandals.

    ピアス・モーガンが1995年から2000年まで『デイリー・ミラー』の編集長を務めた4年間は、タブロイド紙が数々のスキャンダルに真っ向からぶつかっていました。

  • The one that got him fired came when he decided to run alleged photos of British army soldiers abusing Iraqi prisoners.

    彼が解雇されたのは、イギリス軍兵士がイラク人捕虜を虐待しているという疑惑の写真を掲載したときだった。

  • The photos turned out to be fabricated, and the paper was accused of endangering British troops for nothing.

    この写真は捏造されたものであることが判明し、新聞社はイギリス軍を無意味に危険にさらしたと非難された。

  • Well, I've never accepted.

    まあ、受け入れたことはないけどね。

  • They were fake.

    偽物でした。

  • Despite this, Morgan refused to apologize, arguing that quote.

    それにもかかわらず、モーガンは謝罪をせず、「引用」を主張しました。

  • If nobody knows the provenance of these photographs, why should we apologize?

    誰もこの写真の出所を知らないのに、なぜ私たちが謝らなければならないのか。

  • Which, of course, begs the question.

    という疑問が湧いてきます。

  • Why publish the photos without knowing their provenance?

    写真の出所がわからないのに、なぜ公開するのか?

  • Much assertive limitations on wrongful dismissal for years?

    不当解雇の制限を何年も前から主張している?

  • I don't think it was wrongfully dismissed.

    不当に解雇されたわけではないと思います。

  • I think the mirror are perfectly entitled to do what they did.

    私は、鏡には彼らがしたことをする完全な権利があると思います。

  • Number three.

    3つ目。

  • His men's March idea.

    彼のメンズマーチのアイデア。

  • Troubled by what he saw as quote rabid feminists organizing a World wide women's march the day after President Trump's inauguration, Pierce Morgan mulled the idea of organizing a men's march.

    トランプ大統領の就任式の翌日に、引用狂のフェミニストたちが世界規模の女性の行進を組織していると見て悩んだピアース・モーガンは、男性の行進を組織するというアイデアを熟考しました。

  • He ended the tweet asking quote, Who's with me?

    最後には、「Who's with me?

  • Unfortunately, four piers.

    残念ながら4本の橋脚。

  • There weren't many takers, just people like Patton Oswalt waiting to troll him in a string of hilarious tweets.

    ただ、パットン・オズワルトのような人々が、一連の愉快なツイートで彼を荒らすのを待っていました。

  • After the backlash he received online, Morgan backed off his poorly thought out idea.

    ネット上での反発を受けて、モーガンはその考えなしのアイデアを撤回した。

  • But that didn't stop him from finding negative things to say about the more successful women's march Number two.

    しかし、それでも彼は、より成功した「ナンバー2」の女性行進について、否定的なことを言うのを止めませんでした。

  • His sexist remarks.

    彼の性差別的な発言。

  • The women's march wasn't the only time that Pierce Morgan has put his foot in his mouth when discussing women I love hot close right I love it because you can't wear something.

    ピアス・モーガンが女性について語るときに足を突っ込んだのは、女性行進だけではありませんでした。I love hot close right I love it because you can't wear something.

  • He seems especially preoccupied with how women dress his more uncomfortable moments on Good Morning Britain include fixations on Weather Girl Laura Tobin's pants.

    彼は特に女性の服装に関心があるようで、『Good Morning Britain』では、お天気お姉さんのローラ・トービンのパンツに執着するなど、不快感を与えていました。

  • You wore those deliberately so people would notice right and presenter Charlotte Hawkins dress.

    あなたは、人々が右とプレゼンターシャーロット-ホーキンスのドレスに気づくようにわざとそれらを着用した。

  • It's just address me address, is it?

    address me addressでいいんじゃないですか?

  • Yes, it is.

    そうですね。

  • That's not a dress that's just address.

    それはアドレスだけのドレスではありません。

  • But his attention has mostly been critical.

    しかし、その注目度はほとんどが批判的なものでした。

  • He's attacked celebrities like Susan Sarandon for what they choose to wear and called Jennifer Aniston a hypocrite for complaining about women being judged for their looks while appearing in photo shoots is actually sexist for the company to say to you, We'd like you to look fantastic as well and to look glamorous and to wear heels and really set a kind of whoa.

    彼は、スーザン・サランドンのような有名人が選んだ服を攻撃し、ジェニファー・アニストンが写真撮影の際に女性が容姿で判断されることに不満を持っていることを偽善者呼ばわりしましたが、会社があなたに「あなたにも素敵な容姿でグラマラスな格好をしてほしい」「ヒールを履いて、ちょっとした感動を与えてほしい」と言うのは、実は性差別です。

  • Morgan has also defended the right of workplaces to require women to wear high heels on the job, although he walked that statement back after trying on heels himself.

    モーガンは、女性がハイヒールを履いて仕事をすることを要求する職場の権利を擁護したこともありますが、自分でハイヒールを履いてみて、その発言を撤回しました。

  • Before we continue, be sure to subscribe to our channel and ring the bell to get notified about our latest videos.

    続ける前に、私たちのチャンネルを購読し、ベルを鳴らして最新のビデオについての通知を受けるようにしてください。

  • You have the option to be notified for occasional videos or all of them if you're on your phone, make sure you go into your settings and switch on notifications.

    時々の動画やすべての動画を通知するオプションがあるので、携帯電話をお使いの方は、設定で通知をオンにしてください。

  • Number one.

    ナンバーワン。

  • The phone hacking controversy There's a reason that tabloids are also known as rags.

    電話ハッキング問題 タブロイド紙がラグと呼ばれるのには理由がある。

  • But even given their reputation for inaccuracy, harassment and underhanded tactics, the phone hacking scandal that embroiled Rupert Murdoch's British papers in the two thousands ignited outrage.

    しかし、不正確な情報やハラスメント、卑怯な手口に定評があるとはいえ、ルパート・マードックの英国紙が2,000人規模で巻き起こしたテレフォンハッキング・スキャンダルは、怒りに火をつけた。

  • When investigations revealed that the papers had been hacking phones to get scoops, Morgan's Daily Mirror was exposed as one of the culprits.

    調査の結果、新聞社がスクープを得るために電話をハッキングしていたことが明らかになり、モーガンのデイリー・ミラーもその犯人の1人であることが判明した。

  • This is a complete nonevent.

    これは全くの杞憂に終わりました。

  • As far as I knew nothing about this, it was never going to be a huge story than there are.

    何も知らない限り、あるよりも大きな話題になることはありませんでした。

  • In response, Morgan has said that he never had to phone himself or told reporters to, but one of his own articles for The Daily Mail relied on information obtained from a private voicemail.

    これに対してモーガンは、自分が電話をかける必要があったことはないし、記者にそうするように言ったこともないが、「The Daily Mail」に掲載した自分の記事のひとつは、プライベートなボイスメールから得た情報に依拠したものだと述べている。

  • There's also a clip of him from 2000 and three explaining how the practice works.

    また、2000年と3年前の彼が練習の様子を説明している映像もあります。

  • This celebrity hadn't changed their pin code.

    この有名人は、ピンコードを変えていなかった。

  • Yeah, you can access the voice.

    ええ、音声にアクセスできますよ。

  • You can access the voice.

    音声にアクセスできます。

  • As a result, if you have been convinced by his denials, story never appeared, but yet you paid him £100 without him even asking for it several weeks later.

    その結果、彼の否定に納得していれば、ストーリーは登場しなかったのに、数週間後に彼が要求することもなく100ポンドを支払ってしまったのです。

  • And your point?

    そして、あなたの言いたいことは?

  • I ask the questions.

    私は質問をする。

  • Mr.

    さんです。

  • Morgan, do you agree with our picks?

    モーガン、私たちのピックに賛成ですか?

  • Check out this other recent clip from Watch Mojo and be sure to subscribe and ring the bell to be notified about our latest videos.

    この他にもWatch Mojoの最新クリップをチェックして、ぜひ購読してベルを鳴らして、最新のビデオについてお知らせしてください。

  • Yeah.

    うん。

want to be really clear about this.

このことを明確にしておきたいと思います。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 WatchMojo モーガン トランプ ツイート 批判 マター

トップ10 Times Piers Morgan Went Too Far (Top 10 Times Piers Morgan Went Too Far)

  • 5 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 12 日
動画の中の単語