Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • ♪ ♪ ♪ >> Stephen: HEY, EVERYBODY,

    スティーブン:HEY, EVERYBODY

  • WELCOME BACK TO "A LATE SHOW."

    おかえりなさい、"a late show "へ。

  • HE IS THE NEW YORK TIMES BESTSELLING AUTHOR OF

    ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー作家である。

  • "UNCOMFORTABLE CONVERSATIONS WITH A BLACK MAN."

    "uncomfortable conversations with a black man" (黒人との気まずい会話)

  • ON MONDAY NIGHT, HE WILL BE HOSTING "THE BACHELOR: AFTER THE

    月曜の夜には、「The Bachelor: After The」のホストを務めます。

  • FINAL ROSE."

    FINAL ROSE」です。

  • PLEASE WELCOME BACK TO "A LATE SHOW," EMMANUEL ACHO!

    Please welcome back to "a late show", emmanuel acho!

  • EMMANUEL, GOOD TO SEE YOU AGAIN.

    emmanuelさん、またお会いできて嬉しいです。

  • >> MY BROTHER, SO GOOD TO SEE YOU, MY FRIEND.

    >> my brother, so good to see you, my friend.

  • SO GOOD TO SEE YOU.

    お会いできて嬉しいです。

  • >> Stephen: YOU'RE ONE OF THE FEW GUESTS WE HAVE ACTUALLY HAD

    >> スティーブン:あなたは、私たちが実際に経験した数少ないゲストの一人です。

  • TWICE IN COVID.

    コビトで2回。

  • THIS IS HOW LONG IT'S BEEN GOING ON.

    これだけの期間が経過しているのです。

  • THE LAST TIME YOU WERE HERE, WE WERE TALKING ABOUT

    前回、あなたがここに来たとき、私たちは次のことについて話していました。

  • "UNCOMFORTABLE CONVERSATIONS WITH A BLACK MAN" AND

    "黒人との居心地の悪い会話 "や

  • UNCOMFORTABLE CONVERSATIONS IN GENERAL.

    一般的には、不快な会話をすることはありません。

  • AND WHILE TALKING ABOUT SYSTEMIC RACISM AS A WHITE MAN CAN BE

    そして、白人として体系的な人種差別について語ることは

  • UNCOMFORTABLE, I DON'T MEAN TO DISAPPOINT YOU, BUT YOU'RE

    uncomfortable, I'm not mean to disappointing you, but you're

  • ACTUALLY VERY COMFORTABLE TO TALK TO.

    実際に話してみると、とても快適でした。

  • I HOPE THAT DOESN'T SEEM LIKE A FAILURE TO YOU.

    それが失敗だと思われないといいのですが。

  • >> OH, IT'S A CATCH-22.

    >>ああ、キャッチボールですね。

  • I LURE YOU IN BY SAYING IT WILL BE UNCOMFORTABLE, BUT ONCE

    不快な思いをすると言って誘うが、一度

  • YOU'RE HERE, STEPHEN, IT'S ALL COMFORT, MY FRIEND.

    あなたはここにいる、ステファン、それはすべての快適さ、私の友人です。

  • >> Stephen: THIS SUMMER, YOU LAUNCHED A WEB SERIES TO TALK

    >> スティーブン:今年の夏、あなたはウェブ・シリーズを立ち上げて話をしました。

  • ABOUT RACE IN AMERICA.

    アメリカの人種について

  • AT THAT POINT, WHEN WE WERE TALKING THIS SUMMER, DID YOU, IN

    その時点で、今年の夏に話をしていた時に、あなたは、その時に

  • YOUR WILDEST DREAMS, THINK YOU WOULD BE HOSTING "THE BACHELOR"

    夢のような話ですが、自分が "The Bachelor "の司会をしていると思うと

  • THE NEXT TIME WE TALKED?

    次に話をするときは?

  • >> ABSOLUTELY NOT.

    >>絶対にない。

  • THAT IS THE CRAZIEST OF STORIES THAT "UNCOMFORTABLE

    それは、「違和感」という物語の中で最もクレイジーなものです。

  • CONVERSATIONS WITH A BLACK MAN" A BOOK ABOUT RACIAL

    人種についての本「黒人男性との会話

  • RECONCILIATION WILL LEAD YOU-- LEAD ME-- TO NOW HOSTING THE

    和解は、あなたを、私を、今、ホストしていることに導いてくれます。

  • MOST-UNCOMFORTABLE EPISODE OF ONE OF THE MOST-WATCHED SHOWS IN

    世界で最も視聴されている番組の一つで、最も不快なエピソード。

  • OUR RECENT HISTORY.

    私たちの最近の歴史です。

  • MIND BLOWING.

    MIND BLOWING。

  • >> Stephen: IT IS ABSOLUTELY INCREDIBLE.

    >> Stephen: IT IS ABSOLUTELY INCREDIBLE。

  • LET'S GET TO THAT.

    では、早速ご紹介しましょう。

  • "THE BACHELOR" IS ALWAYS FULL OF DRAMA, OBVIOUSLY.

    "The Bachelor "は常にドラマに満ちているのは明らかです。

  • BUT THIS SEASON WAS PARTICULARLY DRAMATIC.

    しかし、このシーズンは特に劇的でした。

  • THERE WAS CONTROVERSY OFF SCREEN.

    画面外での論争があった。

  • FOR THOSE WHO DO NOT KNOW, CAN YOU EXPLAIN WHAT HAPPENED, AND

    知らない人のために、何が起こったのかを説明してください。

  • WHY PEOPLE WERE SO UPSET?

    なぜ人々はこんなにも動揺したのか?

  • >> TWO-FOLD.

    >> TWO-FOLD

  • FIRST AND FOREMOST, THIS SEASON WAS THE FIRST BLACK BACHELOR,

    まず何よりも、今シーズンは黒人初のバチェラーが誕生しました。

  • MATT JAMES.

    MATT JAMES.

  • THAT'S NO SMALL FEAT.

    それは簡単なことではありません。

  • 20 SEASONS AND WE NOW HAVE OUR FIRST BLACK BACHELOR-- OVER 20

    20シーズン目にして、初の黒人独身者が誕生しました。

  • SEASONS, IN FACT.

    実際には、シーズンごとに

  • BUT ALSO, ONE OF HIS FINAL THREE FRONT-RUNNERS, RACHEL, SHE WAS

    また、彼の最終的な3人の候補者の一人であるレイチェルは、彼女は

  • PICTURED AT AN ANTEBELLUM-STYLE PLANTATION ON SOCIAL MEDIA IN

    アンテベラム様式のプランテーションで撮影された写真を、SNSでは

  • 2018.

    2018.

  • AND THOSE PICTURES RESURFACED.

    と、その写真が蘇ってきました。

  • SHE IS A WHITE WOMAN, OBVIOUSLY, AND SO YOU HAVE MATT JAMES, A

    彼女は明らかに白人女性であり、マット・ジェームスがいます。

  • BLACK MAN, ONE OF HIS FINAL FRONT-RUNNERS, RACHEL, HAS THESE

    黒人男性、最終候補者の一人であるレイチェルは、これらの

  • PICTURES SURFACE, THESE RACIALLY INSENSITIVE PICTURES.

    の写真は、このような人種差別的な写真を表面化させます。

  • IMAGINE HOW CONVOLUTED AND VOLATILE THIS TOPIC IS BECAUSE

    このテーマがどれほど複雑で不安定なものであるかを想像してみてください。

  • YOU'RE DEALING WITH LOVE AND YOU'RE ALSO DEALING WITH RACE

    あなたは愛を扱っていますが、人種も扱っています。

  • AND RACIAL INSENSITIVITY.

    と人種的な無神経さを指摘されました。

  • >> Stephen: OKAY, AND THIS IS-- AND I BELIEVE, IF I'M NOT

    >> Stephen: さて、これは...私は信じています。

  • MISTAKEN, THESE ARE LIKE A-- QUOTE, UNQUOTE-- OLD SOUTH DAYS.

    霧の中、これはまるで......引用、非引用......古い南の時代のようだ。

  • IT'S PEOPLE IN HOOP SKIRTS.

    それはフープスカートを履いた人々です。

  • IT'S ACTUALLY RCREATING THE LOOK, IF NOT THE ENVIRONMENT

    環境とまではいかなくても、実際に見た目を作っています。

  • OF-- OF AN OLD SOUTH PLANTATION.

    南部の古い農園の...。

  • >> CORRECT.

    >> 正解です。

  • ANTEBELLUM SOUTH PLANTATION IS THE PROPER TERM.

    antebellum south plantationが適切な表現です。

  • FOR THOSE AT HOME WONDERING, REMEMBER ANTEBELLUM IN LATIN

    自宅で疑問に思っている人は、ラテン語でアンテベラムと覚えてください。

  • MEANS "BEFORE THE WAR," THE WAR IN QUESTION, THE CIVIL WAR THAT

    は「戦前」という意味で、問題となっている戦争、つまり内戦は

  • FREED THE SLAVES.

    奴隷を解放した。

  • SHE IS PICTURED IN ATTIRE CELEBRATING, IF YOU WILL, BACK

    彼女の写真は、言ってみれば、バックナンバーを祝う装いです。

  • IN 2018, FOR WHICH SHE HAS SINCE APOLOGIZED, BUT SHE IS PICTURED

    を2018年に発表し、その後謝罪していますが、写真は

  • IN ATTIRE OF OLD SOUTH ANTEBELLUM PLANTATION, A

    南部開拓時代のプランテーションをイメージした

  • CELEBRATION, IF YOU.

    のお祝いをしてくれたら。

  • THAT'S AT LEAST HOW IT LOOKS.

    少なくとも見た目はそうですね。

  • >> Stephen: AND, YOU KNOW, A CELEBRATION AND, ALSO, AT THE

    >> スティーブン:そして、祝賀会、さらには、その場での

  • VERY LEAST, A WILLFUL IGNORANCE ABOUT THE TRAGEDY ASSOCIATED

    少なくても、このような悲惨な状況になっていることについては、故意に無知なのです。

  • WITH THAT ENTIRE CULTURE.

    その文化全体で

  • OKAY, SO, THERE'S THE ORIGINAL SCANDAL, OR THERE'S THE ORIGINAL

    つまり、オリジナルのスキャンダルがあるのか、それともオリジナルの

  • PROBLEM.

    PROBLEM.

  • NOW LET'S TALK ABOUT CHRIS HARRISON.

    では、クリス・ハリソンの話をしましょう。

  • HOW DID THAT COME ABOUT?

    それはどのようにして生まれたのですか?

  • FOR THE PEOPLE WHO DON'T KNOW THAT STORY, WHAT HAPPENED THERE

    その物語を知らない人のために、そこで何が起こったのかを

  • THAT HAS NOW PUT YOU IN THE HOSTING POSITION?

    その結果、今ではホストの立場になっているのですね。

  • >> YEAH, SO CHRIS HARRISON, WHO HAS BEEN THE HOST FOR 20 YEARS

    >> そう、20年間ホストを務めてきたクリス・ハリソンが

  • AND HAS RECENTLY STEPPED ASIDE DURING THIS MOMENT, HE TRIED TO

    と言って、最近は身を引いていますが、この間、彼は

  • GO TO THE DEFENSE OF RACHEL IN AN INTERVIEW WITH RACHEL

    レイチェルとのインタビューでのレイチェルの弁護に行く

  • LINDSEY, AND CHRIS HARRISON, HE WAS-- AS HE WOULD ADMIT-- WAS

    リンジーとクリス・ハリソンは、彼が認めているように、彼は

  • IGNORANT AND WAS ARROGANT IN SAYING THAT, WELL, IN 2018, WHAT

    無知であり、2018年には何と言っても傲慢であった。

  • RACHEL DID WASN'T THAT BAD."

    レイチェルがやったことはそんなに悪くない」。

  • CHRIS HARRISON'S WORDS, NOT NECESSARILY MY OWN.

    chris harrisonの言葉であり、必ずしも私の言葉ではありません。

  • AND "WE'VE ALL KIND OF ACKNOWLEDGED AND CALLED TO THE

    そして、「私たちは皆、ある種の認知をし、呼びかけをしてきました。

  • ATTENTION."

    ATTENTION」です。

  • NO, NO, NO, IN 2018, IT WAS JUST AS BAD.

    いやいや、2018年は、同じように酷かったですよ。

  • WE ARE MORE AWARE NOW, BUT 2018, ACKNOWLEDGING AND DRESSING IN

    今はもっと意識していますが、2018年は、認めて、着こなす

  • THE ATTIRE OF AN ANTEBELLUM SOUTH PLANTATION IS JUST AS BAD

    南北朝時代のプランテーションの装いも同じくらい悪い

  • AS IT IS RIGHT NOW TODAY.

    今日の今の状態で

  • >> Stephen: I THINK THAT IS SAFE TO SAY, THOSE ARE HIS WORDS

    >> スティーブン:彼の言葉だからこそ、安心して言えるのだと思います。

  • NOT YOURS.

    NOT YOURS。

  • >> VERY SAFE TO SAY.

    >>非常に安心感があります。

  • >> Stephen: HERE WE ARE.

    >> Stephen: HERE WE ARE。

  • SO HE STEPS ASIDE TEMPORARILY FROM THOSE DUTIES.

    そのため、一時的にその任を退くことになる。

  • DO YOU HAVE AN OPINION ABOUT WHETHER HE SHOULD BE DISMISSED

    彼が解雇されるべきかどうかについて、あなたの意見はありますか?

  • FOR GOOD FOR THIS?

    は、このために良いのか?

  • OR IS THIS AN OPPORTUNITY FOR EDUCATION AND REDEMPTION FOR

    の教育と贖罪の機会なのか。

  • SOMEONE?

    SOMEONE?

  • >> YEAH, I DON'T BELIEVE IN CANCEL CULTURE.

    >> そう、私はキャンセル・カルチャーを信じていないのです。

  • I DO BELIEVE IN ACCOUNTABILITY.

    私は説明責任を信じています。

  • AND SO, I THINK THAT RIGHT NOW, HE IS TAKING ACCOUNTABILITY FOR

    だから、今、彼は自分の責任を果たしていると思うのです。

  • HIS ACTIONS.

    HIS ACTIONS.

  • FOR EVERY ACTION THERE'S AN EQUAL AND OPPOSITE REACTION.

    すべての行動には、同じで反対の反応があります。

  • THAT CAN BE A LAW OF NEWTON OR BASIC COMMON SENSE.

    それはニュートンの法則であったり、基本的な常識であったりします。

  • HE HAD AN ACTION AND IS CURRENTLY DEALING WITH THE

    彼はアクションを起こし、現在は

  • REACTION FROM THAT.

    そこからの反応。

  • SHOULD HE RETURN TO THAT ROLE?

    彼はその役割に戻るべきでしょうか?

  • YOU HAVE TO DECIDE WHAT'S IN THE BEST INTEREST OF CHRIS HARRISON?

    クリス・ハリソンのために何をすべきか 判断しなければなりません。

  • WHAT'S IN THE BEST OF THE SHOW AND THE EXECUTIVE PRODUCERS.

    番組とエグゼクティブ・プロデューサーのためになること。

  • BUT, ALSO, WHAT'S IN THE BEST INTEREST OF THE CAST?

    しかし、それだけではなく、キャストのためになることは何か?

  • YOU KNOW, THEY'RE TRYING TO COMMIT TO DIVERSITY.

    彼らは多様性にコミットしようとしているのです。

  • YOU HAD YOUR FIRST BLACK BACHELOR.

    初の黒人のバチェラーが誕生しましたね。

  • WHAT'S IN THE BEST INTEREST OF ALL THREE OF THOSE PRIMARY

    これら3つの主要な要素の最善の利益になるものは何か?

  • PARTIES AT PLAY AND MAKE THE DECISION THAT SERVES THE MOST

    このような状況下で、私たちは最も効果的な判断を下すことができます。

  • GOOD.

    GOODです。

  • >> Stephen: AS YOU SAID, IT WAS AFTER 20 SEASONS-- 23

    >> スティーブン:あなたが言ったように、それは20シーズン後のことでした--23

  • SEASONS, SOMETHING LIKE, THAT BEFORE YOU HAD THE FIRST BLACK

    季のようなもので、最初の黒人を迎える前に

  • BACHELOR, AND WHEN YOU HAD THE FIRST BACHELORETTE.

    独身者、そして最初の独身者を迎えたとき。

  • DO YOU THINK THESE SHOWS SHOULD MORE ACCURATELY REFLECT REALITY

    これらの番組は、より現実を反映したものであるべきだと思いますか?

  • IN AMERICA?

    IN AMERICA?

  • YOU KNOW, THE REALITY THAT WE ALL LIVE OF-- OF A DIVERSE

    つまり、私たちが生きている現実は、多様性のある

  • CULTURE OF 20 DRUNK WOMEN LIVING IN ONE HOUSE TRYING TO GET ONE

    酔っぱらった20人の女性が一つの家に住んでいて、一人を捕まえようとする文化

  • GUY TO MARRY THEM-- YOU KNOW, THE REALITY OF AMERICA

    の人が結婚してくれるというのが、アメリカの現実なんですね。

  • ( LAUGHS ) >> OH, YOU ARE A FOOL, MY

    ( 笑 ) >> ああ、あなたは馬鹿ですね、私の

  • FRIEND.

    FRIENDです。

  • >> Stephen: I TAKE THAT AS A COMPLIMENT.

    >> スティーブン:それは褒められたことだと思います。

  • BUT-- YOU KNOW, IT IS-- BECAUSE THE REASON I ASK IS THAT

    しかし...それは...私が尋ねる理由は

  • DIVERSITY IS A WONDERFUL THING.

    多様性は素晴らしいものです。

  • ARE THESE SHOWS ESSENTIALLY FANTASY TO BEGIN WITH?

    そもそも、これらの番組は本質的にファンタジーなのでしょうか?

  • ARE WE PUTTING TOO MUCH WEIGHT ON A REALITY SHOW?

    私たちは、リアリティショーに重きを置きすぎていないだろうか?

  • >> SO, HERE IS THE ISSUE AT HAND.

    >> では、ここで問題です。

  • THIS SHOW, "THE BACHELOR" AND "THE BACHELORETTE," THEY ARE

    この番組、「ザ・バチェラー」と「ザ・バチェラー」は、彼らが

  • SUPPOSED TO BE THE UTOPIAN RELATIONSHIP IN AMERICA.

    アメリカでは理想的な関係であるとされています。

  • BUT IF FOR 20 SEASONS ALL WE SEE IS A WHITE MALE LEAD, IF FOR 13

    しかし、もし20シーズンが白人男性の主役ばかりだったら、もし13シーズンが

  • SEASONS ALL WE SEE IS A WHITE FEMALE LEAD, THEN WHAT IS A

    の季節には、白人女性の主人公ばかりが目につきますが、では、何のために

  • UTOPIAN DEPICTION OF LOVE IN AMERICA?

    アメリカにおける愛のユートピア的描写?

  • AS ME, AS A BLACK PERSON, I'M LOOKING AT THAT SHOW AND SAYING,

    黒人の私としては、あの番組を見てこう言いたい。

  • "WHERE DO I FIT IN?

    "自分はどこにフィットするのか?

  • WHERE I DO BELONG?" SO I THINK WE ALL HAVE TO COMMIT

    自分の居場所はどこにあるのか」。だから、私たちは皆、コミットしなければならないと思います

  • BOTH IN SHOWS LIKE "THE BACHELOR" AND "THE

    ザ・バチェラー」や「ザ・バチェラー」などの番組でも

  • BACHELORETTE," AND IN OUR SOCIETY OF MORE ACCURATELY

    bachelorette」と、より正確な社会の中では

  • REPRESENTING THE WHOLE, MORE ACCURATELY SERVING EVERYONE.

    全体を代表して、より正確に全員に奉仕する。

  • HOW DO YOU DO THAT?

    どうやってやるんだ?

  • YOU DON'T JUST DO IT BY WHO YOUR LEAD CHARACTER IS, BUT WHO IS

    主人公が誰かということだけではなく、誰が

  • CASTING?

    CASTING?

  • WHO ARE YOUR PRODUCERS?

    プロデューサーは誰ですか?

  • IS THERE DIVERSITY ACROSS EVERY BOARD, MY FRIEND.

    は、すべてのボードに多様性がある、と私の友人は言います。

  • >> Stephen: OKAY, LET'S TALK ABOUT THE "AFTER THE ROSE" SHOW

    >> スティーブン:よし、「アフター・ザ・ローズ」ショーについて話そう。

  • THAT YOU'RE HOSTING.

    あなたがホストしていること。

  • I KNOW YOU CAN'T TELL US WHO GOT PICKED OR ANYTHING LIKE THAT.

    誰が選ばれたかとか、そういうことは言えないのはわかっています。

  • I'M NOT TRYING TO, LIKE, SQUEEZE THAT OUT OF YOU--

    私は、あなたからそれを搾り取ろうとしているわけではありません。

  • >> IT SOUNDS LIKE YOU ARE.

    >>そうみたいですね。

  • IT SOUNDS LIKE YOU ARE.

    のように聞こえます。

  • >> Stephen: JUST GIVE ME A SCALE OF THE DRAMA.

    >> Stephen: JUST GIVE ME THE SCALE OF THE DRAMA.

  • ON A SCALE OF ONE TO 10, WHERE IS THE DRAMA ON THIS ONE?

    10段階評価で、このドラマのどこがいいのか?

  • >> I CAN FERVENTLY SAY THIS WILL BE THE MOST UNCOMFORTABLE

    >> これは最も不快なものになると断言できます。

  • CONVERSATION IN BACHELOR FRANCHISE HISTORY.

    という会話がありました。

  • WHY?

    WHY?

  • BECAUSE YOU HAVE TO UNDERSTAND --

    を理解する必要があるからです。

  • >> Stephen: BECAUSE EMMANUEL ACHO IS WILLING TO HAVE THAT

    >> Stephen: BECAUSE EMMANUEL ACHO IS WILLING TO HAVE THAT

  • UNCOMFORTABLE CONVERSATION.

    違和感のある会話

  • >> LOOK, THOUGH, STEPHEN, YOU HAVE TO UNDERSTAND.

    >> いいかい、ステファン、君は理解しなければならない。

  • YOU'RE NOW MIXING LOVE-- WHICH IS ONE OF THE STRONGEST

    あなたは今、愛を混ぜています......それは最強の

  • EMOTIONS-- ALONG WITH RACIAL TENSION, WHICH IS ONE OF THE

    の一つである人種的な緊張感とともに、感情を

  • MOST TOXIC AND VOLATILE TOPICS OF OUR CURRENT DAY.

    現代の最も有害で揮発性の高いテーマです。

  • LIKE, YOU'RE MIXING TWO INCREDIBLY STRONG AND VOLATILE

    のように、非常に強力で揮発性の高い2つの要素を混ぜ合わせているのです。

  • SUBJECT MATTERS, AND WEAVING THEM TOGETHER IN ONE FINAL

    テーマに沿って、最終的に1つの作品にまとめ上げます。

  • HOUR-LONG EPISODE AFTER THE CULMINATION OF THE SHOW.

    番組の集大成の後に1時間のエピソード。

  • IT BREEDS DISCOMFORT, AND I'M SO THRILLED TO BE A PART OF IT.

    それは不快感を生むものであり、私はその一部であることにとても感激しています。

  • >> Stephen: I'LL WATCH.

    >> Stephen: I'LL WATCH.

  • I'LL WATCH.

    I'LL WATCH」です。

  • OKAY.

    OKAY。

  • JUST AS A FAN, I'VE GOT TO KNOW, ARE YOU A BACHELOR GUY OR A

    ファンとして知りたいのですが、あなたは独身主義者ですか?

  • "BACHELORETTE" GUY?

    "bachelorette" guy?

  • BECAUSE I-- "BACHELOR," QUALITY SHOW.

    なぜなら、私は...「バチェラー」という質の高い番組があるからです。

  • "BACHELORETTE," I REALLY ENJOY, LIKE, THE 20, YOU KNOW,

    "bachelorette "の20人は本当に楽しいですよ。

  • GREASED-UP MEAT SLABS FLEXING ON EACH OTHER.

    脂の乗った肉塊がお互いに絡み合っている。

  • THAT'S WHAT I REALLY LIKE.

    それがとても気に入っています。

  • THAT'S MY FAVORITE.

    それが私のお気に入りです。

  • I-- I'M HERE FOR IT.

    私...私はそのためにここにいる

  • >> I'M GOING TO SAY I'M A "BACHELORETTE" GUY BECAUSE I

    >>私が「独身貴族」だと言うのは、私が

  • LIKE SEEING THE MEN HAVE TO COMPETE AND SEEING ALL THEIR

    男性が競争しなければならないのを見て、彼らのすべての

  • EGOS GET INVOLVED.

    エゴが絡む。

  • >> Stephen: SURE.

    >> Stephen: SURE。

  • >> THEY GET SENSITIVE AND ALL THESE MACHO MEN GET THEIR HEARTS

    >> 敏感になって、マッチョな男たちが心を奪われる。

  • BROKEN AND WHATNOT.

    壊れたりしてね。

  • I PREFER IT THAT WAY.

    私はその方が好きです。

  • >> Stephen: NOW, YOU WOULD MAKE A GREAT BACHELOR ON "THE

    >> Stephen: さて、あなたは「THE」の立派なバックラーになれるかもしれませんね。

  • BACHELORETTE" COMPETING WITH THE OTHER GUYS.

    他の男たちと競い合う「bachelorette」。

  • HAVE YOU-- HAVE YOU-- WOULD YOU DO THE SHOW?

    あなたは...あなたは...あなたは...この番組をやりますか?

  • >> DUDE, TRUE STORY, TRUE STORY.

    >>おいおい、実話、実話。

  • I'VE SAID IT BUT NEVER THIS PUBLICLY.

    これまでも言ってきましたが、ここまで公にしたことはありませんでした。

  • I WAS ASKED TO DO THE SHOW THREE TIMES NOW.

    私はこれまでに3回、この番組の依頼を受けました。

  • IN 2018, THEN LATER IN 2018 FOR WHAT WOULD HAVE BEEN HANNAH

    を2018年に、そして2018年後半にはハンナになっていたであろうものを

  • BROWN SEASON, AND THE BEGINNING OF 2020, I WAS AGAIN APPROACHED

    茶色い季節、そして2020年の初めに、私は再び声をかけられました。

  • ABOUT DOING THE SHOW.

    ショーをすることについて

  • AND I TURNED IT DOWN ALL THREE TIMES.

    と言われ、3回とも断ってしまいました。

  • AND LOOK -- >> Stephen: WHY!

    そして見てみると... >> Stephen: WHY!

  • YOU WOULD HAVE BEEN AN AUDIENCE FAVORITE!

    あなたは観客の人気者になっていたでしょう。

  • >> I'D LIKE TO KEEP MY PUBLIC LIFE PUBLIC, AND MY PRIVATE LIFE

    >> 公私ともに充実させたい

  • PRIVATE.

    PRIVATE.

  • >> Stephen: ALL RIGHT, OKAY.

    >> Stephen:ALL RIGHT, OKAY。

  • SO ONE OTHER THING YOU'RE NOT GOING TO TELL ME ABOUT IS YOU'RE

    もうひとつ、あなたが私に話してくれないことがあります。

  • NOT GOING TO TELL ME WHO GOT PICKED.

    誰が選ばれたかを教えてくれるわけではありません。

  • AND I WON'T EVEN SAY...

    とは言いませんが・・・。

  • WHO YOU WOULD PICK BETWEEN THE TWO FINALISTS, WHICH ARE RACHEL

    最終選考に残った2人のうち、あなたなら誰を選びますか?

  • AND MICHELLE.

    そしてMICHELLE。

  • BUT DO YOU HAVE AN OPINION?

    が、自分の意見を持っているか?

  • DO YOU HAVE A CHOICE IN YOUR MIND IF YOU HAD TO PICK?

    あなたの頭の中には、選ぶとしたらどのような選択肢がありますか?

  • >> I MEAN, IT'S INTERESTING, RIGHT, RACHEL IS CURRENTLY

    >> つまり、興味深いのは、レイチェルは現在

  • DEALING WITH ALL OF THIS RACIALLY TENSE CONTROVERSY.

    このような人種的に緊迫した論争に対処するために。

  • SO THAT WOULD KIND OF, OBVIOUSLY, SKEW MY DECISION AS A

    そのため、当然ながら、私の判断を狂わせることになります。

  • BLACK MAN, IF I ALREADY KNEW ABOUT SAID CONTROVERSY.

    もし私がその論争についてすでに知っていたならば、黒人の方。

  • BUT I THINK WHAT'S SO INTERESTING IS WATCHING BOTH OF

    しかし、私が思うに、とても面白いのは、この2人を見ていることです。

  • THE LOVE CONNECTIONS PLAY OUT.

    愛のつながりが再生されます。

  • I THINK MATT AND RACHEL HAVE AN INCREDIBLE CONNECTION, JUST

    私はマットとレイチェルは信じられないほどのつながりがあると思っています。

  • INFECTION.

    INFECTION.

  • MATT ADMITTED HE WAS FALLING FOR RACHEL FIRST.

    マットは最初にレイチェルを好きになったことを認めた。

  • AND MICHELLE AND MATT THEY REALLY VIBE AND WE SAW IT AND

    ミッシェルとマットの二人はとてもいい雰囲気で、私たちはそれを見て

  • CONTINUE TO SEE IT OVER THE COURSE OF THE SEASON.

    シーズンを通して見続けることができます。

  • I CAN'T SPEAK FOR MICHELLE-- FOR MATT, RATHER.

    私はミシェルのことを言えない...むしろマットのことを。

  • BUT I'M EXCITED TO WATCH IT PLAY OUT.

    でも、これからの展開に期待しています。

  • >> Stephen: ME, TOO.

    >> Stephen: ME, TOO。

  • AND I'M ALSO EXCITING ABOUT YOUR NEW BOOK.

    そして、あなたの新刊についても楽しみにしています。

  • IT'S A-- IT'S A FOLLOW-UP TO "UNCOMFORTABLE CONVERSATIONS

    これは、「不快な会話」に続くものです。

  • WITH A BLACK MAN."

    with a black man"

  • AND IT'S "UNCOMFORTABLE CONVERSATIONS WITH A BLACK BOY."

    で、"黒人少年との不快な会話 "です。

  • WHO IS THIS BOOK FOR?

    この本は誰のためのものですか?

  • >> STEPHEN WHEN I WAS AN ADOLESCENT, I ALWAYS HEARD,

    >> stephen 私が思春期の頃、いつも聞いていた言葉があります。

  • "EMMANUEL YOU'RE LIKE AN OREO-- WHITE ON THE INSIDE, BLACK ON

    "エマニュエル、君はオレオのようだ...内側は白く、外側は黒い。

  • THE OUTSIDE."

    THE OUTSIDE」です。

  • I DIDN'T REALIZE HOW OFFENSIVE THAT WAS BECAUSE MY WHITE

    私の白人のせいで、それがどれほど不快なことかわかりませんでした。

  • FRIEND, WHEN I WAS YOUNG WERE SAYING, "EMMANUEL, YOU'RE TOO

    私が若い頃の友人は、「エマニュエル、君はあまりにも......」と言っていました。

  • SMART TO BE BLACK."

    smart to be black」。

  • OR "YOU DRESS TOO WELL TO BE BLACK."

    とか、"黒人にしては格好良すぎる服を着ている "とか

  • SM I HAD AN IDENTITY COMPLEX.

    sm 私はアイデンティティ・コンプレックスを抱えていました。

  • SO THIS BOOK IS FOR OUR YOUNG ADULTS.

    ということで、この本は私たち若い世代のためのものです。

  • THINK AGES 12-16, 10-14, BECAUSE IF WE CAN FIX THE NEXT

    12歳から16歳、10歳から14歳と考えると、次の固定化ができれば

  • GENERATION OF IGNORANCE, IF WE CAN FIX THE NEXT GENERATION OF

    世代の無知を治すことができれば、次の世代の

  • INSENSITIVITY, THEN