Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • How will you remember Kobe?

    神戸のことはどうやって覚えていますか?

  • Well, as a person, to the extent that I knew him and I knew him a little bit when I was in L.

    まあ、人としては、彼のことを知っている範囲で、Lにいた時に少しだけ知っていました。

  • A.

    A.

  • I communicated with them pretty regularly.

    かなり定期的に連絡を取り合っていました。

  • I was there for six years.

    私は6年間そこにいました。

  • He was the first thing I think is he loved his family like he loved his family on, and he was interested in trying to make the world a better place.

    彼が最初に思うのは、彼は家族を愛していたように家族をオンにして、世界をより良い場所にしようとしていることに興味を持っていたということです。

  • And what struck me about him is he was intellectually curious.

    そして、私が驚いたのは、彼は知的好奇心が旺盛だったということです。

  • Kobe was was extremely bright.

    神戸は非常に明るかった。

  • You know, when I think of the smartest athletes I've ever been around, Kobe's name pops to mind.

    今までで一番頭のいいアスリートといえば神戸の名前が頭に浮かぶな

  • But he was just forget about you know, of the smartest, and he's just a very bright guy.

    でも、頭のいい人の中では忘れていただけで、彼はとても明るい人です。

  • And though he didn't have a ton of formal education because he went right from high school to the pros, he had a worldly education and just he was a pleasure to talk to.

    そして、彼は高校からすぐにプロになったので、正式な教育を受けたわけではありませんが、彼は世俗的な教育を受けていて、ただただ話をするのが楽しい人でした。

  • An interesting to talk to.

    話をするのが面白い人。

  • But Stephen A.

    しかし、スティーブン・A.

  • The reason we're interested in Kobe Bryant.

    コービー・ブライアントに注目している理由

  • The reason we got to know him is because he's one of the greatest basketball players who ever lived, and his position in the American and even worldwide sports landscape.

    なぜ彼を知ることができたかというと、彼は史上最高のバスケットボール選手の一人であり、アメリカ、さらには世界的なスポーツ界での地位を確立しているからです。

  • I think, is this in a world where everyone wanted to be like Mike and I brought this up after his tragic passing, there's only one man who dared to try to do it.

    私が思うに、これは誰もがマイクのようになりたいと思っていた世界で、私は彼の悲劇的な死の後にこれを持ち出したのですが、それをしようとする勇気のある男は一人しかいませんでした。

  • He didn't He didn't try to some kind of asymmetrical approach like LeBron James, who clearly idolized Jordan but did something different.

    彼はしなかった 彼は明らかにジョーダンをアイドル化したレブロン・ジェームズのように、ある種の非対称的なアプローチをしようとはしなかったが、何か違うことをした。

  • Ah, hybrid of Michael Jordan and Magic Johnson.

    ああ、マイケル・ジョーダンとマジック・ジョンソンのハイブリッド。

  • He wasn't a big like shack or someone like that, or he didn't try to do it some other way, he said.

    シャックのような大物でもないし、別の方法でやろうとしたわけでもないと言っていた。

  • It seemed when he looked at Jordan as a little kid.

    ジョーダンを子供の頃に見ていた時のような気がします。

  • That's my spirit animal right there.

    それは私の霊獣だ

  • I want to do that.

    したいと思っています。

  • I wanna be a better version off that turned out to be the same size, same game, kind of dressed and talked similarly and tried to do it better than Mike even wore 24.

    私は、同じサイズであることが判明したオフより良いバージョンになりたい、同じゲーム、種類の服を着て、似たような話をして、マイクも24を着ているよりも良いそれをしようとしました。

  • He was the Onley guy in the whole world that wanted to be like Mike, who was basically playing one on one with Michael Jordan his entire career because Jordan set the standard and Kobe said I want to do that and I want to do it by doing the same thing, but better that level of competitiveness.

    彼は、基本的にマイケル・ジョーダンと1対1でプレーしていたマイクのようになりたいと思っていた全世界のオンリーの人で、ジョーダンがスタンダードを設定していて、コービーがそれをやりたいと言ったので、同じことをやって、同じことをやりたいけど、そのレベルの競争力をもっと上げたいと思っていました。

  • That level of Dr Um is what I'll always remember about Kobe Bryant.

    あのレベルのDr Umは、コービー・ブライアントのことをずっと覚えています。

  • And when people talk about Mamba mentality, that's what it is.

    マンバのメンタリティと言われたらそれまでだが

  • No matter what your grasp, no matter what.

    何を掴んでも、何を掴んでも。

  • Sorry, no matter what your reach may reach, always exceed your grasp.

    申し訳ありませんが、どんな手が届いても、常に自分の掴んでいるものを超えてください。

  • That was Kobe Bryant, and it seemed, in fact, that nothing could exceed his grasp and that he had the world in his hands even after his career.

    それがコービー・ブライアントであり、実際には彼の掴みどころを超えるものはなく、キャリアを経ても世界を手にしているように見えた。

  • Stephen A.

    スティーブン・A・・・

  • Where he immediately wins an Academy Award and I always believed, was eventually going to own the Los Angeles Lakers.

    彼はすぐにアカデミー賞を獲得し、私は常に信じていたところで、最終的にはロサンゼルス・レイカーズを所有することになりました。

  • He was so vital and present it was it is still shocking to think that he's no longer in the world and those are my thoughts.

    彼はとても生き生きとしていて、存在していました。彼がもうこの世にいないことを考えると、今でもショックです。

How will you remember Kobe?

神戸のことはどうやって覚えていますか?

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 NBA ジョーダン コービー ブライアント 掴ん 神戸

マックス・ケラーマンがコービー・ブライアントを偲ぶ|ファーストテイク (Max Kellerman remembers Kobe Bryant | First take)

  • 2 0
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 28 日
動画の中の単語