Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In May of 1822, Count Christian Ludwig von Bothmer

    1822年5月、クリスチャン・ルートヴィヒ・フォン・ボスマー伯爵は

  • shot down a stork over his castle grounds in North Germany.

    北ドイツの城の敷地内でコウノトリを撃墜しました。

  • However, he wasn't the first person to hunt that specific bird.

    しかし、その特定の鳥を狩ったのは彼が初めてではありませんでした。

  • Upon recovering the stork,

    コウノトリを回収したら

  • von Bothmer found it impaled by a yard long wooden spear.

    フォン・ボスマーは、それが1ヤードの長さの木の槍に突き刺さっているのを見つけた。

  • A local professor determined the weapon was African in origin,

    地元の教授がこの武器の起源はアフリカだと断定した。

  • suggesting that somehow, this stork was speared in Africa

    このコウノトリはなぜかアフリカで槍で刺されていたことを示唆しています

  • and then flew over 2,500 kilometers to the count's castle.

    と言って、2500キロ以上飛んで伯爵の城まで行ってしまいました。

  • This astonishing flight wasn't just evidence of the stork's resilience.

    この驚異的な飛行は、コウノトリの回復力の証拠だけではありませんでした。

  • It was an essential clue in a mystery that plagued scientists for centuries:

    それは何世紀にもわたって科学者を悩ませてきた謎の中で、重要な手がかりとなっていました。

  • the seasonal disappearance of birds.

    鳥類の季節的な消滅

  • Ancient naturalists had various theories to explain the annual vanishing act

    隠居行為を説明するために、古代の博物学者は様々な説を持っていました。

  • we now know as migration.

    今では移住として知られています。

  • Aristotle himself proposed three particularly popular ideas.

    アリストテレス自身が提唱したのは、特にポピュラーな3つのアイデアです。

  • One theory was that birds transformed into different bodies that suited the season.

    一説には、鳥は季節に合わせて体を変えて変身するというものがありました。

  • For example, summer time garden warblers

    例えば、サマータイムの庭のウグイス

  • were believed to transform into black caps every winter.

    は毎年冬になると黒帽子に変身すると信じられていました。

  • In reality these are two distinct speciessimilar in shape and size,

    実際には、これらは形状や大きさが似ている2つの異なる種です。

  • but never appearing at the same time.

    が、同時に現れることはありません。

  • Over the following centuries, birds were said to morph into humans,

    その後何世紀にもわたって、鳥は人間に変身すると言われていました。

  • plants, and even the timbers of ships.

    植物や船の材木までも。

  • This last transmutation was especially popular with many Christian clergy.

    この最後の変換は、特に多くのキリスト教聖職者に人気がありました。

  • If barnacle geese were truly made of wood,

    もしもフジツボガチョウが本当に木でできていたとしたら。

  • they could be deemed vegetarian and enjoyed during meatless fasts.

    菜食主義者とみなされ、肉のない断食の間に楽しむことができます。

  • Aristotle's second and even more enduring hypothesis was that birds hibernate.

    アリストテレスの2番目の、さらに永続的な仮説は、鳥は冬眠するというものでした。

  • This isn't so far-fetched.

    これは、そう遠くない。

  • Some species do enter short,

    種によってはショートに入るものもあります。

  • deep sleeps which lower their heart rates and metabolisms.

    心拍数や代謝を下げる深い眠り。

  • And there's at least one truly hibernating bird:

    そして、本当に冬眠している鳥が少なくとも一羽はいる。

  • the common poorwill sleeps out winters in the deserts of North America.

    一般的な貧乏人は北アメリカの砂漠で冬を寝過ごします。

  • But researchers were proposing much more outlandish forms of hibernation

    しかし、研究者たちはもっと奇抜な冬眠方法を提案していました。

  • well into the 19th century.

    19世紀になっても

  • Barn swallows were said to remove their feathers and hibernate in holes,

    オオツバメは羽を脱ぎ捨てて穴の中で冬眠すると言われていました。

  • or sleep through the winter at the bottom of lakes and rivers.

    あるいは、湖や川の底で冬を越して眠る。

  • Aristotle's final theory was much more reasonable,

    アリストテレスの最終論の方がはるかに合理的だった。

  • and resembled something like realistic migration.

    と、リアルな移住のようなものに似ていました。

  • However, this idea was also taken to extremes.

    しかし、この考えもまた極端なものになってしまった。

  • In 1666, the leading migration advocate was convinced that each winter,

    1666年、移住を提唱した第一人者は、毎年冬になると確信していた。

  • birds flew to the moon.

    鳥は月に飛んだ。

  • It might seem strange that prominent researchers considered such bizarre ideas.

    著名な研究者がこのような奇想天外な発想をしたのはおかしいと思われるかもしれません。

  • But to be fair, the true story of migration

    しかし、公正に言えば、移民の真実の物語

  • may be even harder to believe than their wildest theories.

    彼らの荒唐無稽な理論よりも信じがたいかもしれません。

  • Roughly 20% of all bird species migrate each year,

    全鳥類の約20%が毎年移動しています。

  • following warm weather and fresh food around the planet.

    温暖な気候と地球上の新鮮な食べ物を追いかけて

  • For birds who spend their summers in the northern hemisphere,

    北半球で夏を過ごす鳥たちのために。

  • this journey can span from 700 to over 17,000 kilometers,

    この旅は700キロから17,000キロ以上にもなります。

  • with some flights lasting as long as four months.

    4ヶ月にも及ぶフライトもあります。

  • Birds who migrate across oceans may soar without stopping for over 100 hours.

    大洋を渡り歩く鳥たちは、100時間以上も止まることなく舞い上がることがあります。

  • Sleeping and eating on the fly, they navigate the endless ocean

    眠ったり食べたりしながら、果てしなく続く大海原を駆け抜ける

  • by the stars, wind currents, and Earth's magnetic field.

    星、風の流れ、地球の磁場によるものです。

  • Tracking the specifics of these epic expeditions is notoriously difficult.

    これらの壮大な遠征の詳細を追跡することは、悪名高いほど困難です。

  • And while birds often take the most direct route possible,

    そして、鳥は多くの場合、可能な限り最も直接的なルートを取ることができます。

  • storms and human development can alter their paths,

    嵐と人間の発達は、その進路を変えることができます。

  • further complicating our attempts to chart migration.

    移行チャートの作成をさらに複雑にしています。

  • Fortunately, Count von Bothmer's stork offered physical proof

    幸いなことに、フォン・ボスマー伯爵のコウノトリは、物理的な証拠を提供してくれた。

  • not only that European storks were migrating south for the winter,

    ヨーロッパのコウノトリが冬に向けて南下していただけではありません。

  • but also where they were migrating to.

    だけでなく、どこに移住していたのか。

  • Ornithologists across the continent

    大陸の鳥類学者

  • were eager to map the trajectory of this flight,

    は、この飛行の軌跡を地図化することに躍起になっていました。

  • including Johannes Thienemann.

    ヨハネス・ティエネマンを含む

  • Owner of the world's first permanent bird observatory,

    世界初の常設鳥類観測所のオーナー。

  • Thienemann was a major public advocate for the study of birds.

    ティエネマンは鳥類の研究を公に提唱した人物である。

  • And to solve the field's biggest mystery,

    そして、フィールド最大の謎を解くために。

  • he wrangled an army of volunteers from across Germany.

    彼はドイツ全土から志願兵を集めた

  • His team used aluminum rings to tag the legs of two thousand storks

    彼のチームはアルミのリングを使って 二千羽のコウノトリの足にタグを付けた

  • with unique numbers and the address of his offices.

    固有の番号と彼のオフィスの住所を持っています。

  • Then he advertised the initiative as widely as possible.

    その後、彼はイニシアチブを可能な限り広く宣伝した。

  • His hope was that word of the experiment would find its way to Africa,

    彼の希望は、この実験の言葉がアフリカに届くことだった。

  • so people finding the tags would know to mail them back with more information.

    タグを見つけた人は、より多くの情報をメールで送り返すことを知っているはずです。

  • Sure enough, from 1908 to 1913,

    案の定、1908年から1913年まで。

  • Thienemann received 178 rings, 48 of which had been found in Africa.

    ティエネマンは178個の指輪を受け取り、そのうち48個はアフリカで発見された。

  • Using this data, he plotted the first migration route ever discovered,

    このデータを使って、彼はこれまでに発見された最初の移動ルートをプロットした。

  • and definitively established that storks were not, in fact, flying to the moon.

    と、コウノトリが実際には月に飛んでいなかったことを決定的に証明しました。

In May of 1822, Count Christian Ludwig von Bothmer

1822年5月、クリスチャン・ルートヴィヒ・フォン・ボスマー伯爵は

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 鳥類 冬眠 移住 伯爵 アフリカ

鳥の移動に関する3つの奇妙な(そして楽しい)古代の理論 - ルーシー・クック (3 bizarre (and delightful) ancient theories about bird migration - Lucy Cooke)

  • 13 0
    林宜悉 に公開 2020 年 12 月 17 日
動画の中の単語