Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • Medha Imam: When you think of brunch,

    メダ・イマーム:ブランチといえば。

  • you think of pancake houses or waffle houses,

    パンケーキハウスやワッフルハウスを思い浮かべますよね。

  • but this one spot in Chicago

    でもシカゴのこの場所は

  • has people waiting hours in line

    並んで待つ人がいる

  • to try their French toast.

    フレンチトーストを食べてみましょう。

  • It's called Batter & Berries.

    バッター&ベリーと呼ばれています。

  • Batter & Berries' French toast flavors

    バッター&ベリーのフレンチトースト味

  • include blueberry, lemon, and caramel,

    ブルーベリー、レモン、キャラメルなどがあります。

  • along with weekly special flavors

    毎週のスペシャルフレーバーとともに

  • like peach cobbler, Oreo, and banana pudding.

    ピーチコブラーやオレオ、バナナプリンのように。

  • So, we decided to go with French toast

    ということで、フレンチトーストで行くことにしました。

  • because we felt like we could do

    ができると感じたからです。

  • a lot more different flavors,

    他にも色々な味がある

  • a lot different more varieties with the French toast

    フレンチトーストで多くの異なるより多くの品種

  • than what you could probably do with a pancake or a waffle.

    パンケーキやワッフルよりも

  • We stepped inside the kitchen

    私たちはキッチンに入りました

  • with chef Ken Polk, who showed us

    を見せてくれたシェフのケン・ポークさんと

  • how he makes some of the signature flavors.

    彼がどのようにしてシグネチャーフレーバーのいくつかを作っているのか。

  • All right, chef, what are we gonna start with today?

    よし、シェフ、今日は何から始めようかな?

  • Ken Polk: All right, so we gonna start off with our

    ケン・ポークよし、それではまず最初に

  • caramel toast. We use brioche bread.

    キャラメルトーストにブリオッシュパンを使用しています。

  • Nobody else gets this cut;

    誰もこのカットを受けない

  • it's strictly cut just for us from Turano.

    厳密にはトゥラーノから私たちのためだけにカットされています。

  • Medha: How do you make your French toast

    メダフレンチトーストはどうやって作るの?

  • differently than other restaurants?

    他の飲食店とは違う?

  • Ken: In this caramel one, we actually use real caramel.

    ケン:このキャラメルの方は、実際に本物のキャラメルを使っています。

  • The caramel is actually in the batter.

    実はカラメルは生地の中に入っています。

  • And then my spice mix goes in.

    スパイスミックスを入れて

  • Medha: What, maybe besides cinnamon, is in that spice mix?

    メダシナモンの他に、スパイスミックスには何が入っているの?

  • Ken: Then I would tell you the secret!

    健:それならば、秘密を教えてあげようと思います!(笑)。

  • [both laughing]

    [二人とも笑う]

  • Medha: Can I guess nutmeg? Ken: So, the basics are

    メダナツメグを当ててもいいですか?ケン:では、基本は

  • cinnamon and nutmeg. Medha: OK.

    シナモンとナツメグメダOK。

  • Ken: After that, I can't tell you anything else.

    健:それ以降は何も言えないんですよ。

  • Medha: What are we trying to taste?

    メダ私たちは何を味わおうとしているの?

  • Ken: So, what you're gonna taste is

    ケン:で、これから味わうものは

  • you're gonna taste depth and vibrance.

    深みと躍動感を味わうことができます。

  • So it's gonna go deep, and it's gonna be very, very bright.

    だから深みにはまって、とても、とても明るいものになりそうです。

  • A lot of people don't like French toast,

    フレンチトーストが苦手な人も多いですよね。

  • but they love ours because the texture is so buttery.

    でも、バターの食感がたまらなく好きなんだそうです。

  • Most French toasts are very egg-based,

    フレンチトーストは卵を使ったものが多いです。

  • so it's a lot more egg,

    ということで、卵が多くなってしまいました。

  • where ours is a lot more fat-based.

    私たちのはもっと脂肪をベースにしています。

  • People like fat.

    人はデブが好きです。

  • What makes it a little special, obviously,

    何が特別なのかというと、明らかに

  • is the amount of caramel that we put in it.

    はキャラメルを入れる量です。

  • The different caramel that goes on the toast,

    トーストにかける一味違うキャラメル。

  • we put a dulce de leche.

    私たちはファッジを入れました。

  • Medha: A lot of customers said that

    メダ多くのお客様がそうおっしゃっていました

  • this one is their favorite.

    これは彼らのお気に入りです。

  • I'm gonna give it a go.

    やってみようかなと思っています。

  • So, you can 100% taste the spice mix,

    なので、スパイスミックスを100%味わえます。

  • but the best part of the caramel French toast

    キャラメルフレンチトーストの醍醐味

  • is the crunch that comes from the caramelized pecans.

    は、キャラメリゼしたピーカンからくるクランチです。

  • And let me talk about the bread for a second.

    そして、ちょっとパンの話をさせてください。

  • The bread here is brioche bread,

    ここのパンはブリオッシュパンです。

  • and it's super light and super fluffy.

    で、超軽くて超ふわふわなんです。

  • I don't think I've ever had French toast

    フレンチトーストは食べたことないな

  • this fluffy, but at the same time so filling.

    このふわふわとした食感が、同時にとても美味しいです。

  • It's not soggy, like a lot of French toast

    フレンチトーストのように、ぐにゃぐにゃにならない。

  • I've eaten in the past.

    過去に食べたことがあります。

  • It's really, really well done.

    本当に、本当によくできています。

  • If you're into chocolate chip pancakes

    チョコチップパンケーキにハマっている人は

  • and you like that kind of route for your brunch,

    とあなたのブランチのために、そのようなルートが好きなのですね。

  • I would go with the caramel French toast.

    私ならキャラメルフレンチトーストにします。

  • But the surprise choosing of the day was the lemon.

    しかし、この日のサプライズチョイスはレモンでした。

  • Ken: Well, the lemon one's gonna have a little bit of

    Ken: そうですね、レモンの方はちょっとだけ

  • sumac in it, which most people don't know.

    ほとんどの人が知らないサマックが入っています。

  • Medha: Usually, I never imagined

    メダ普段は想像もしていなかった

  • sumac would be in French toast.

    櫨はフレンチトーストに入っているだろう。

  • Ken: It's a tart spice.

    ケン:タルトスパイスですね。

  • So I decided to put sumac in

    ということで、サマックを入れることにしました。

  • because it goes really, really well with citrus things.

    柑橘系のものとの相性は抜群です。

  • It makes citrus things taste more citrusy.

    柑橘系のものをより柑橘系の味にしてくれます。

  • Lemon zest, we use lemon juice,

    レモンの皮、私たちはレモン汁を使用しています。

  • we use lemon extract, we use...

    レモンエキスを使用していますが、私たちは...

  • we use a lot of lemon.

    レモンをふんだんに使っています。

  • And you need enough lemon to cut through

    そして、あなたは切り抜けるのに十分なレモンを必要としています。

  • all of the cream.

    クリームを全部

  • Medha: I don't know, I'm not a fan of those acidic French,

    メダあの酸味のあるフレンチが苦手なんです。

  • like the tart-y ones,

    タルトみたいな

  • but I'm excited to try yours [Ken laughs]

    でも、あなたのを試してみたいと思っています。

  • to see if I like it.

    を見て気に入ったかどうかを確認します。

  • Ken: Tell you what it's gonna taste like.

    ケン:どんな味になるか教えて。

  • You ever had lemon cream pie?

    レモンクリームパイを食べたことは?

  • Medha: Yes.

    メダ:はい。

  • Ken: It's almost gonna have the texture

    ケン:ほぼ質感が出てきますね

  • of a lemon curd, almost.

    レモン豆腐のような

  • Medha: Aah.

    メダ:あー。

  • Ken: Right, and here's another trick for this one.

    ケン:そうですね、そしてこれにはもう一つコツがあります。

  • It's turmeric.

    ウコンです。

  • Medha: Turmeric?

    メダウコン?

  • Ken: We don't use any artificial flavorings

    ケン:人工的な香料は一切使用していません。

  • or whatever around here,

    この辺でも何でもいいんですけどね。

  • so turmeric is a way for me to make the lemon look lemony.

    なので、ウコンは私にとってはレモンをレモンっぽく見せるための方法なんです。

  • Medha: The lemon look lemony?

    メダ。レモンがレモンに見える?

  • So it adds color?

    それが彩りを添えるのか?

  • Ken: So it adds color.

    ケン:それが彩りを添えているんですね。

  • When the heat hits this,

    これが熱を帯びてくると

  • it's gonna brighten up and get really bright.

    明るくなって本当に明るくなりそうです。

  • Medha: You really thought this through.

    メダあなたは本当によく考えてくれたわね

  • Ken: Yeah, I'm a —

    ケン:そうですね、僕は...。

  • Medha: It's amazing.

    メダ素晴らしいですね。

  • Ken: Borderline mad scientist. [both laughing]

    ケン:境界線上のマッドサイエンティスト[二人とも笑う]

  • All right, last thing this needs.

    これが最後に必要なのは

  • Medha: Yes. Salt.

    メダ:はい。ジャンプしてください。

  • Ken: Salt.

    ケンです。塩だ

  • I add in all the batters, believe it or not.

    信じられないかもしれませんが、私はすべての打者を追加します。

  • Medha: Wow.

    メダうわー

  • You just get hit with a punch of lemon.

    レモンのパンチで殴られるだけ。

  • Lemon French toast, for sure,

    確かにレモンのフレンチトースト。

  • it's something that I didn't expect to like,

    意外と好きなものです。

  • and I really like it.

    と、とても気に入っています。

  • I think it has the most depth and flavor.

    一番深みと味わいがあると思います。

  • The pecans with the lemon-flavored French toast

    ピーカンとレモン風味のフレンチトースト

  • adds kind of, like, a smokiness to it.

    燻しのようなものを加えています。

  • So you don't need any sauce.

    だからソースはいらないんだよ。

  • You don't need any syrup.

    シロップは必要ない。

  • You can just eat this on its own.

    これをそのまま食べればいいんだよ。

  • Ken: On to the blueberry!

    ケン:ブルーベリーの上に!(笑)。

  • Medha: All right, now I'm —

    メダわかったわ、今から私は...

  • Ken: I need to get another little

    Ken: もう一回、少しだけ...

  • Medha: I see all these spices already.

    メダもう全部のスパイスが見えてきたわ。

  • Ginger.

    ジンジャー

  • Coriander?

    コリアンダー?

  • Whole anise.

    ホールアニス。

  • And what's the last one?

    で、最後の一枚は?

  • Ken: Clove.

    ケンです。クローブ

  • Medha: And these are all going into the blueberry batter?

    メダこれが全部ブルーベリーの生地に入るの?

  • Ken: Mm-hmm.

    ケンです。ふむふむ。

  • Medha: I would have never expected

    メダ予想もしていなかった

  • whole anise and coriander and ginger.

    ホールアニスとコリアンダーとショウガ

  • Ken: Believe it or not,

    ケン:信じるか信じないか。

  • it's to make the blueberries more blueberry-y. [laughs]

    ブルーベリーをよりブルーベリーっぽくするためです[笑]

  • So, the whole trick for me

    だから、私のための全体のトリックは

  • is to give things natural complement

    は、物事に自然な補完を与えることです。

  • so that they pop more.

    もっと弾けるように

  • And so the flavors of the blueberries can change

    それで、ブルーベリーの味が変わることがあります。

  • from season to season, like we said,

    言ったように季節ごとに

  • but we use them all year long.

    でも、一年中使っています。

  • So what I try to add with the spices

    そこで、私がスパイスと一緒に入れようとしているのは

  • is a little consistency to kind of mellow out

    は少しの一貫性を持っているので、まろやかになります。

  • the acidity of the blueberries,

    ブルーベリーの酸味。

  • the acidity and the sweetness of them,

    その酸味と甘みが

  • and I do that with spices.

    とスパイスと一緒にやっています。

  • So the spice level kind of stays the same

    だから、スパイスのレベルは変わらない。

  • when the blueberries go a little crazy,

    ブルーベリーがちょっとおかしくなったら

  • so it kind of evens it out.

    だから、それを均等にしてくれるんだ

  • I'm adding lemon to the blueberries.

    ブルーベリーにレモンを入れています。

  • Medha: And why is that?

    メダそれはなぜですか?

  • Ken: Tart! Medha: Tart.

    ケン:タルト!?メダ:タルト。

  • Ken: Secret, for lack of better words,

    ケン:シークレット。

  • to this batter.

    このバッターに

  • Medha: The lemon? Ken: The lemon.

    メダレモン?ケン:レモンだよ。

  • Medha: Wow. It's like a punch of flavor.

    メダうわー。味のパンチが効いている感じですね。

  • It's so tasty.

    めちゃくちゃ美味しいです。

  • I love that they put fresh berries on top,

    新鮮なベリーをのせてくれるのがいいですね。

  • because not only do you taste the blueberry

    なぜなら、ブルーベリーの味だけでなく

  • in the batter and in the toast itself,

    衣の中とトースト自体の中に。

  • but you get literally a burst of blueberry flavor

    でも、文字通りブルーベリーの風味が炸裂します。

  • in your mouth as soon as you take a bite.

    一口食べたらすぐに口の中に。

  • And the sauce is also really, really good.

    そして、ソースも本当に本当に美味しいです。

  • It pairs so well with the toast.

    トーストとの相性は抜群です。

  • But Ken's favorite are the specials.

    でもケンちゃんのお気に入りは特番です。

  • With a new flavor every week,

    毎週新しい味で

  • Batter & Berries has made over 200 variations.

    バッター&ベリーは200種類以上のバリエーションを作っています。

  • Ken: I like the specials.

    ケン:特番が好きなんですよ。

  • They're whimsical. They're seasonal and cultural.

    彼らは気まぐれだ。季節と文化を感じさせる

  • Like, this week, we're doing Super Donut.

    今週はスーパードーナツとか

  • Last week we did a lunchroom butter cookie.

    先週はランチルームのバタークッキーをやりました。

  • So, this is a Chicago public schools lunchroom favorite

    ということで、シカゴの公立学校の給食室のお気に入りです。

  • back when I was growing up.

    大人になってから

  • So this is one of those back-to-school