Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Argentina was once one of the richest countries in the world.

    アルゼンチンはかつて世界で最も裕福な国の一つでした。

  • But over the last half century, it has been hit by a major economic crisis roughly once every decade.

    しかし、この半世紀の間、10年に一度は大規模な経済危機に見舞われてきました。

  • For citizens of South America's second-largest country,

    南米第二の国の市民のために。

  • this boom and bust cycle is a situation that is all too familiar.

    この好景気と不況のサイクルは、あまりにも身近な状況です。

  • So why does Argentina seem to be stuck in this pattern?

    では、なぜアルゼンチンはこのパターンに陥っているように見えるのでしょうか?

  • Argentina's most recent economic turmoil began in August 2019,

    アルゼンチンの直近の経済混乱は2019年8月に始まった。

  • after a surprising result in its primary elections set off a shockwave in financial markets.

    その主要な選挙で驚くべき結果を得た後、金融市場に衝撃波を起こしました。

  • That's because the sitting president, Mauricio Macri lost to his rival by a far bigger margin than expected.

    それは、現職のマウリシオ・マクリ大統領が、予想をはるかに上回る大差でライバルに敗れたからだ。

  • The business-friendly incumbent has since been ousted by the opposition ticket of centre-left

    ビジネスフレンドリーな現職は、それ以来、中道左派の野党切符によって追放されました。

  • candidate, Alberto Fernandez, and his running mate, former president Cristina Fernandez de Kirchner.

    候補者、アルベルト・フェルナンデス、そして彼のランニングメイト、元大統領クリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルヒネル。

  • A return of the left to power has set alarm bells ringing for international investors,

    左派の政権復帰は国際的な投資家に警鐘を鳴らしている。

  • with many concerned it could herald a new era of government intervention.

    多くの人が懸念しています 政府の介入の新時代の幕開けになるかもしれないと

  • The primaries on August 11 had a dramatic effect on Argentina's stock market, known as the Merval.

    8月11日に行われた選挙は、マーバルと呼ばれるアルゼンチンの株式市場に劇的な影響を与えました。

  • It collapsed by 48% in dollar terms the very next day.

    翌日にはドル換算で48%も暴落しました。

  • That marked the second-biggest one-day fall anywhere since 1950.

    1950年以降で2番目に大きな1日の落ち込みを記録しました。

  • The market chaos was so extreme that Argentina was estimated to

    市場の混乱があまりにもひどかったため、アルゼンチンは推定で

  • have lost $3 billion in reserves in just two days.

    わずか2日間で30億ドルの埋蔵金を失った。

  • The government has since restricted foreign currency purchases in an attempt to steady the ship,

    政府はその後、船を安定させようと外貨購入を制限している。

  • putting financial restrictions on companies as well as the country's citizens.

    国民だけでなく、企業にも金融規制をかける。

  • But unfortunately for Argentina, this kind of economic turbulence is all too familiar.

    しかし、アルゼンチンにとっては不幸なことに、この種の経済的混乱はあまりにも身近なものとなっている。

  • In addition to wine, steak and tango dancing, Argentina is known for enduring economic meltdown.

    ワイン、ステーキ、タンゴの踊りに加えて、アルゼンチンは経済的な混乱に耐えていることで知られています。

  • To understand why, we first need to look back at its long history.

    その理由を理解するためには、まずその長い歴史を振り返る必要があります。

  • A century ago, Argentina was one of the 10 richest countries in the world.

    一世紀前、アルゼンチンは世界10大富豪国の一つに数えられていました。

  • The resource-rich nation boasted vast amounts of highly fertile land and was able to capitalise on this

    資源に恵まれたこの国は、膨大な量の肥沃な土地を誇り、それを利用することができました。

  • to become one of the most important exporters of grain and meat.

    穀物と食肉の最も重要な輸出国の一つになるために。

  • By 1910, its trade amounted to 7% of the global total, making it the so-calledbreadbasket of the world."

    1910年には世界全体の7%の貿易額を占め、いわゆる "世界のパン大国 "と呼ばれています。

  • Then the Great Depression arrived in 1929 and global trade took a huge hit.

    そして1929年に世界大恐慌が到来し、世界貿易は大打撃を受けました。

  • Latin American trade declined by nearly 40%,

    ラテンアメリカの貿易は40%近く減少した。

  • and Argentina's meat exports to Europe fell by more than two-thirds.

    とアルゼンチンの欧州向け食肉輸出が3分の2以上減少した。

  • While its competitor, the United States tackled the problem with programs like the New Deal,

    競合する中、米国はニューディールのようなプログラムで問題に取り組んだ。

  • Argentina was paralyzed and began to move toward nationalism and protectionist policies.

    アルゼンチンは麻痺し、ナショナリズムや保護主義的な政策へと動き始めた。

  • Tariffs jumped in the 1930s, with the average import tariff increasing from 16.7% in 1930 to 28.7% in 1933.

    1930年代には関税が急増し、平均輸入関税は1930年の16.7%から1933年には28.7%に上昇した。

  • The government also began manipulating exchange rates in an attempt to protect the local industry.

    政府も地場産業を守ろうと為替操作を始めた。

  • The government deepened these policies during World War II and with General Juan Peron's rise to power.

    政府は第二次世界大戦中にこれらの政策を深化させ、ファン・ペロン将軍の台頭で政権を奪取した。

  • After a long history of policies that favored the rich, Peron and his second wife Eva became

    金持ちを優遇する政策を長く続けた後、ペロンと二番目の妻エヴァは

  • beloved figures among the country's urban workers, thanks to a wide range of new social welfare benefits.

    新たな社会福祉の充実により、都市部で働く人たちに愛されています。

  • And his legacy lives on, with many of Argentina's politicians throughout the years calling themselves

    そして、彼の遺産は、アルゼンチンの政治家の多くが、長年にわたって自分たちを

  • Peronists, including its newly elected leaders.

    新たに選出された指導者を含むペロニスト。

  • While the U.S. and Europe lowered the barriers to trade,

    欧米が貿易障壁を下げる一方で

  • Argentina sought industrialization within its borders.

    アルゼンチンは国境内の工業化を求めた。

  • Unfortunately, that wasn't enough to kickstart its economy,

    残念ながら、それは経済を活性化させるには十分ではありませんでした。

  • with industrial productivity increasing at an average of 2.6% between 1946 and 1963

    産業生産性は1946年から1963年まで平均2.6%上昇しています。

  • and then actually declining at an annual rate of half a percent until 1974.

    そして、実際には1974年まで年率5分の1の割合で減少しています。

  • The government was increasing spending and discouraging exports,

    政府は支出を増やし、輸出を抑制していた。

  • meaning it had to borrow more and more money to keep everything running.

    つまり、すべてを動かすためにはもっともっとお金を借りなければならなかったのです。

  • Gradually, what was once one of the world's most stable economies became one of the most volatile.

    徐々に、かつて世界で最も安定した経済の一つであったものが、最も不安定な経済の一つになりました。

  • To date, Argentina has defaulted on its debt eight times,

    これまでにアルゼンチンは8回も債務不履行をしている。

  • and on two separate occasions already this century.

    と、今世紀に入ってからすでに2回も別の機会に

  • In fact, over the last 70 years, Argentina has spent 33% of the time in recession.

    実際、過去70年間でアルゼンチンは33%の時間を不況に費やしている。

  • By comparison, its biggest neighbour Brazil has seen recession 12% of the time over the same period.

    それに比べて、最大の隣国であるブラジルは、同じ期間に12%の不況を経験しています。

  • The perennial tendency for Latin America's third-largest economy to slip into crisis-mode

    ラテンアメリカ第3位の経済が危機モードに陥りやすい傾向にある。

  • has made hyperinflation, currency devaluations and bailouts from the International Monetary Fund

    はハイパーインフレ、通貨切り下げ、国際通貨基金からの救済措置を行い

  • very much part of the routine.

    決まりきったことなんだ

  • This long series of economic crises has made Argentina the only nation in modern history

    この長い経済危機の連続により、アルゼンチンは近代史の中で唯一の国となった。

  • to regress to developing country status.

    途上国の地位に逆行する。

  • But, it was perhaps the historic economic collapse of 2001 that saw Argentina really hit rock bottom.

    しかし、アルゼンチンが本当にどん底に落ちたのは、2001年の歴史的な経済崩壊だったのかもしれません。

  • At that time, the country earned the dubious distinction of recording what was then

    その時、この国は、当時の録音の怪しげな区別を獲得しました。

  • the biggest debt default in history.

    史上最大の債務不履行

  • People were pulling out more money from the banks than they had,

    人々は銀行から自分たちが持っていた以上のお金を引き出していました。

  • and widespread civil unrest led to deadly street riots.

    と広範な市民の不安は、致命的な通りの暴動を引き起こしました。

  • The economic collapse famously led to the former head of state Fernando de la Rua

    経済崩壊で有名なのは、元国家元首のフェルナンド・デ・ラ・ルアが

  • escaping the presidential palace roof by helicopter, just moments after presenting his formal resignation.

    ヘリで大統領官邸の屋根を脱出した後、正式な辞表を提出した直後のことです。

  • Later that same year, Argentina proceeded to fall even deeper into crisis.

    その後、アルゼンチンはさらに深い危機に陥っていった。

  • The country had four presidents in two weeks and defaulted on nearly $100 billion in debt.

    この国は2週間で4人の大統領が誕生し、1000億ドル近い借金をデフォルトした。

  • Nearly a generation later and the warning signs on Argentina's economy are flashing red once again.

    ほぼ一世代後、アルゼンチン経済の警告の兆候は、再び赤く点滅しています。

  • And, in the spring of 2018, the IMF readily- stepped in to offer a record-breaking bailout.

    そして、2018年春、IMFは記録的な救済措置を提供するために容易に踏み込んだ。

  • Argentina's chequered past with the IMF stretches back more than six decades.

    アルゼンチンのIMFとの不完全な過去は60年以上も前にさかのぼる。

  • Since it first sought the fund's help back in 1958, Buenos Aires has signed 22 agreements

    ブエノスアイレスは、1958年に初めて基金の支援を求めて以来、22の協定を締結しています。

  • with the global crisis lender, most of which have ended with bad blood on both sides.

    世界的な危機の貸し手との間で、そのほとんどが双方の悪しき血で終わっています。

  • Nonetheless, in the midst of another economic storm and just a year before the 2019 election,

    それにもかかわらず、別の経済の嵐の中で、そして2019年の選挙のちょうど1年前に。

  • President Macri controversially signed Argentina up to the biggest loan package in the history of the fund.

    マクリ大統領は、物議を醸していたが、アルゼンチンでは基金の歴史上最大の融資パッケージに署名した。

  • The whole point of the bailout was to get investors to feel confident about putting money into the country

    救済の目的は、投資家に自信を持って国にお金を入れるようにしてもらうことだった。

  • and hopefully attract enough new funding from the private sector to continue spending on imports.

    そしてうまくいけば、輸入品への支出を継続するために、民間部門から十分な新規資金を集めることができます。

  • That program, and the austerity measures that came with it, was rejected at the primaries.

    そのプログラムと、それに伴う緊縮財政措置は、選挙区で却下された。

  • And the subsequent chaos in financial markets has forced the country to delay payments on

    そして、その後の金融市場の混乱は、国が支払いを遅らせることを余儀なくされています。

  • around $100 billion of local and foreign debt and restrict foreign currency purchases.

    約1,000億ドルの国内外の負債を抱え、外貨購入を制限している。

  • By the end of August, the super-sensitive peso, seen by some as a guide for Argentina's economy,

    8月末までに、超敏感なペソは、一部ではアルゼンチン経済の目安と見られています。

  • had tumbled more than 51% against the dollar since the start of the year.

    は、今年に入ってからドルに対して51%以上も急落していました。

  • Some analysts argue it is the twin mistakes of Argentina's government and the IMF

    一部のアナリストは、アルゼンチン政府とIMFの双子の過ちが原因だと主張している。

  • that are to blame for the country's current problems, others claim it has fallen back into crisis mode

    危機的状況に陥ったと言う人もいれば、国の現在の問題を非難する人もいる。

  • for the simple reason that it hasn't changed enough since the last debacle.

    前回の不祥事の時から十分に変わっていないという単純な理由からです。

  • The latest downturn has stoked fears that Argentina could soon register its ninth credit default,

    最近の景気後退は、アルゼンチンがまもなく9回目の債務不履行に陥るのではないかとの懸念を煽っている。

  • making it a pariah among global investors once more.

    世界的な投資家の間では、再び偏頗な存在となっています。

Argentina was once one of the richest countries in the world.

アルゼンチンはかつて世界で最も裕福な国の一つでした。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 アルゼンチン 経済 危機 政府 貿易 債務

アルゼンチンは再び経済危機に向かっているのか?| CNBCが解説

  • 12 3
    Summer に公開 2020 年 08 月 12 日
動画の中の単語