Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Do you want to watch American TV and movies without subtitles?

    アメリカのテレビや映画を字幕なしで見たい?

  • Today you're studying fast English, conversational English, with the movie Shazam.

    今日は映画「シャザム」を見ながら、速攻の英語、会話の勉強をしていますね。

  • All the linking and reductions that Americans do can make it pretty hard to understand them.

    アメリカ人がやっているリンクや削減は全て理解するのがかなり困難になります。

  • When you study American English the way we will in this video,

    あなたがアメリカ英語を勉強するときに、私たちはこのビデオの方法で行います。

  • your listening comprehension and your ability to sound natural speaking English

    リスニング力と英語を自然に話せるようになること

  • is going to improve dramatically.

    は劇的に改善されそうです。

  • Study like this and you're going to be able to understand American movies and TV without subtitles.

    このように勉強すれば、アメリカの映画やテレビを字幕なしで理解できるようになります。

  • It's time someone looked you in the eye and told it to you straight.

    誰かがあなたの目を見てストレートに言う時が来ました。

  • We're doing this all summer. We started in June and we're going through August. Stick with me

    夏の間ずっとやっています。6月から始めて 8月までやっています私と一緒にスティック

  • every Tuesday, they're all great scenes, and there's going to be so much to learn

    毎週火曜、どれも素敵なシーンばかりで、学ぶことがたくさんありそうです。

  • that can transform the way you understand and speak English.

    英語の理解と話し方を変えることができます。

  • And as always, if you like this video or you learned something new, please like and subscribe with notifications.

    そして、いつものように、このビデオが気に入った場合、または新しいことを学んだ場合は、「いいね!」と通知で購読してください。

  • You're going to watch the clip, then we're going to do a full pronunciation analysis together.

    クリップを見てから一緒に発音分析をしましょう

  • This is going to help so much with your listening comprehension

    これはあなたの聴解力を向上させます。

  • when it comes to watching English movies and TV.

    英語の映画やテレビを見ることになると

  • But there's going to be a training section.

    でも、研修課がありそうですね。

  • You're going to take what you've just learned and practice repeating it, doing a reduction, flapping a T,

    今習ったことを繰り返して練習するんだリダクションをしたり、Tをバタバタさせたり。

  • just like you learned in the analysis.

    分析で学んだように

  • Okay, here's the scene.

    よし、ここからが本番だ。

  • Foster home in Pittsburgh reported you missing two weeks ago.

    ピッツバーグのフォスターホームから 2週間前に失踪届が出てる

  • You're sending me back?

    私を送り返してくれるの?

  • No, they don't want you.

    いいえ、彼らはあなたを必要としていません。

  • Harsh.

    厳しそう。

  • You laugh, but you've run from foster homes in six counties, Mr. Batson.

    笑うけど、6郡の里親から逃げてきたんだよね、バトソンさん。

  • From good people who want you.

    あなたを欲しがる良い人たちから

  • All in pursuit of someone who arguably does not.

    議論の余地なく誰かを追求している。

  • It's time someone looked you in the eye and told it to you straight.

    誰かがあなたの目を見てストレートに言う時が来ました。

  • And now, the analysis.

    そして、次は分析です。

  • Foster home in Pittsburgh reported you missing two weeks ago.

    ピッツバーグのフォスターホームから 2週間前に失踪届が出てる

  • You're sending me back?

    私を送り返してくれるの?

  • In this scene, they're discussing how this boy keeps running away from foster homes.

    このシーンでは、この少年がいかに里親から逃げ続けているかを話し合っています。

  • And his first question for her is, are they going to make him go back to the foster home?

    そして、彼の最初の質問は、彼を里親に戻させるつもりなのか?

  • You're sending me back?

    私を送り返してくれるの?

  • You're sending me back?

    私を送り返してくれるの?

  • You're sending me back?

    私を送り返してくれるの?

  • So we start out with an unstressed word, You're becomes: yer yer yer, don't put a vowel in there.

    だから、最初は強調されていない単語から始めて、You'reは次のようになります: yer yer yer yer, don't put the vowel in there.

  • Yer yer yer, you're sending me-- sending me--

    ヤーヤーヤーヤー 送りつけてきたのは...

  • We have a stressed syllable on sen-- and then the unstressed syllables, --ding me,

    センにはストレスのかかった音節があります...そしてストレスのかかっていない音節は...ディングミーです。

  • all come down in pitch after that peak. Sending me back?

    そのピークの後、すべてのピッチで降りてくる。私を送り返してくれるのか?

  • And then this word is stressed but it goes down and up, because he's making it a question, a yes no question.

    そして、この言葉は強調されていますが、下に行ったり上に行ったりします。彼はそれを質問にしているからです。

  • Back? Back? You're sending me back?

    後ろ?戻る?私を送り返してくれるの?

  • You're sending me back?

    私を送り返してくれるの?

  • You're sending me back?

    私を送り返してくれるの?

  • You're sending me back?

    私を送り返してくれるの?

  • He's really making this unstressed word very quiet, isn't he?

    このストレスのない言葉を本当に静かにしてくれていますよね。

  • Make sure you're imitating that. We want it to feel unstressed. Yer yer yer yer yer you're sending me back?

    それを真似しているかどうかを確認してストレスを感じさせないようにしたいのです。

  • You're sending me back?

    私を送り返してくれるの?

  • You're sending me back?

    私を送り返してくれるの?

  • You're sending me back?

    私を送り返してくれるの?

  • Back? This has the aa vowel.

    後ろ?これはaa母音を持っています。

  • Ah ah-- might help you to make this sound if you just raise your upper lip a little bit: back, back.

    上唇を少し上げれば、この音を出すのに役立つかもしれません。

  • Back?

    戻る?

  • No.

    駄目だ

  • No. No. I love this very clear, up down shape statement. No. No.

    No.No.No.私は、この非常に明確なアップダウンの形のステートメントが大好きです。いやいや

  • No.

    駄目だ

  • They don't want you.

    彼らはあなたを必要としていない

  • They don't want you. They and want, are two most stressed words there.

    彼らはあなたを必要としていない"彼ら "と "欲しい "は最も強調された言葉だ

  • They don't-- what happens with our two T's here?

    彼らは...ここの2つのTはどうなるの?

  • They don't want you. That's not what we hear. What do we hear?

    彼らはあなたを必要としていないそうは聞いていない何を聞くんだ?

  • They don't want you.

    彼らはあなたを必要としていない

  • They don't want you.

    彼らはあなたを必要としていない

  • They don't want you.

    彼らはあなたを必要としていない

  • They don't want you. Nt. Nt. Nt.

    彼らはあなたを必要としていないNt.Nt.Nt.

  • That sound is an NT ending, stop.

    その音はNTの語尾だ、やめろ。

  • So the T is a stop consonant usually when the next word begins with a consonant.

    そのため、Tは通常、次の単語が子音で始まるときの停止子音です。

  • Here, it's W, here, it's the Y consonant,

    ここではW、ここではY子音です。

  • don't want-- do you hear that little nasal squeak, and then I stop?

    嫌だ... 鼻を鳴らす音が聞こえただろ?

  • Don't want, don't want, they don't want you, they don't want you.

    欲しがるな、欲しがられるな、欲しがられるな。

  • I'm exaggerating those breaks a little bit, those stops, but that's the feeling.

    ちょっと大げさに言うと、あの休憩時間、あの停止時間、あの感じですね。

  • Don't want. Don't want. It's certainly not don't want, don't want.

    欲しくない。欲しくない。確かに don't want, don't wantではない。

  • Very often in American English, our Ts do not have that full release.

    アメリカ英語では、Tsが完全にリリースされていないことがよくあります。

  • This helps us make things more smooth, and we really like smooth, linked together speech in American English.

    これは物事をよりスムーズにするのに役立ちますし、私たちはアメリカ英語のスムーズでリンクされたスピーチが本当に好きです。

  • They don't want you.

    彼らはあなたを必要としていない

  • They don't want you.

    彼らはあなたを必要としていない

  • They don't want you.

    彼らはあなたを必要としていない

  • They don't want you.

    彼らはあなたを必要としていない

  • They don't want you.

    彼らはあなたを必要としていない

  • See if you can do that and move your hand up and down on 'they don't want you', on they, and don't,

    それができるかどうかを見て、'彼らはあなたを必要としていない'上で手を上下に動かして、彼らの上で、そして、しないでください。

  • and see if that can help you get that feeling of stress.

    で、そのストレス感が解消されるかどうかを見てみてください。

  • I think it's always a good thing to bring in our bodies to help with this. They don't want you.

    これに協力するために体を持ち込むのはいつものことだと思います。求められていないのです。

  • They don't want you.

    彼らはあなたを必要としていない

  • They don't want you.

    彼らはあなたを必要としていない

  • They don't want you.

    彼らはあなたを必要としていない

  • You coming down in pitch off of the peak of stress. You, you, you, you.

    ストレスのピークからピッチで降りてくるあなた。あなた、あなた、あなた、あなた、あなた。

  • You.

    お前だ

  • It's quiet, it's subtle, don't make it more than that. We want it to have that unstressed feeling.

    静かだし、微妙だし、それ以上にしないでほしい。あのストレスのない感じにしてほしいです。

  • You.

    お前だ

  • Harsh.

    厳しそう。

  • Harsh. Harsh. Harsh. Up down shape. Harsh means wow, that's a little bit hurtful

    ハーシュハーシュハーシュアップ・ダウン・シェイプ。Harshはちょっと傷つくという意味で

  • that someone doesn't want him back.

    誰かが彼に戻って欲しくないと

  • Of course, he doesn't seem hurt by it. He didn't want to be there, he ran away.

    もちろん、彼はそれで傷ついているようには見えません。彼はその場にいたくなくて逃げ出した。

  • But it's still a bit harsh for the family not to want him.

    それにしても、家族が彼を欲しがらないのはちょっとキツイですね。

  • Harsh.

    厳しそう。

  • You laugh--

    笑って...

  • You laugh-- And then she puts a little break here.

    笑って... そして彼女はここで少し休憩を入れた

  • Breaking it up into a different thought group. So for you and laugh, which word is more stressed?

    別の思考グループに分解するでは、あなたと笑いのために、どちらの言葉がストレスになるのでしょうか?

  • You laugh--

    笑って...

  • You laugh-- you has a little bit of its own up down shape.

    笑--あなたは、少しだけ自分のアップダウンの形をしています。

  • You laugh-- but laugh definitely has more.

    笑うんだな...でも、笑う方が絶対に多い。

  • Laugh, pronounced with a light L, the AA as in bat vowel, just like back, and an F consonant.

    笑う、発音は軽いL、背中と同じようにバット母音のAA、子音のFで発音します。

  • Laugh. You laugh-- you laugh--

    笑う。笑って...笑って...

  • You laugh--

    笑って...

  • You laugh, but you've run from foster homes in six counties, Mr. Batson.

    笑うけど、6郡の里親から逃げてきたんだよね、バトソンさん。

  • Okay now a little bit of a longer thought group. What are her most stressed syllables?

    さて、今は少し長い考えのグループになります。彼女が最もストレスを感じた音節は?

  • But you've run from foster homes in six counties, Mr. Batson.

    でも あなたは 6つの郡の児童養護施設から逃げてきたんですよ バトソンさん

  • But you've run from foster homes in six counties, Mr. Batson.

    でも あなたは 6つの郡の児童養護施設から逃げてきたんですよ バトソンさん

  • But you've run from foster homes in six counties, Mr. Batson.

    でも あなたは 6つの郡の児童養護施設から逃げてきたんですよ バトソンさん

  • But you've run-- a lot of stress there. But you've run from foster-- a little bit of stress there.

    でも君は逃げてきた...そこには大きなストレスがあったでもあなたは里親から逃げてきた...そこには少しのストレスがあった

  • Foster homes, a little bit of stress there.

    養父の家、そこには少しストレスがあります。

  • But you've run from foster homes--

    でもあなたは里親の家から逃げてきた...

  • But you've run from foster homes--

    でもあなたは里親の家から逃げてきた...

  • But you've run from foster homes in six counties, Mr. Batson.

    でも あなたは 6つの郡の児童養護施設から逃げてきたんですよ バトソンさん

  • In six counties, and then that word, six counties, gets a lot of stress, she really holds on to that S, in six counties.

    6つの郡で、そして、その言葉、6つの郡は、多くのストレスを得る、彼女は本当に6つの郡で、そのSにしがみついている。

  • In six counties--

    6つの郡では...

  • Mr. Batson.

    バトソンさん

  • Mr. Batson. Mr. Batson. His name, gets a little bit of stress. Stress is on the first syllable there.

    バトソンさんバトソンさん彼の名前には少しストレスがある最初の音節にストレスがある

  • Mr. Batson.

    バトソンさん

  • But you've run-- we have a stop T in but, next word begins with a consonant, but you've run--

    しかし、あなたは走った...ストップTがあるが、次の単語は子音で始まる、しかし、あなたは走った...

  • But you've run-

    でも、あなたは...

  • from foster homes

    児童養護施設から

  • Run from-- both lower in pitch, you've run from-from-what? From, yes, from, not from,

    走ってきた...両方とも音程が低い、あなたは何から走ってきたの?そうだ、そうだ、からだ、からじゃない

  • that word is reduced, F consonant, R consonant, schwa M. From, from, not from, that's stressed.

    that word is reduced, F consonant, R consonant, schwa M. from, from, not from, that's stressed.

  • This word is unstressed, it's: from, from, from, from foster, from foster.

    この言葉はストレスを感じさせない、それは:から、から、里親から、里親から。

  • O letter there makes the AH as in father vowel.

    そこにO文字を入れると父母音のようにAHになります。

  • From foster--

    フォスターから...

  • From foster homes in six counties--

    6つの郡の児童養護施設から--

  • Foster homes-- foster homes in six counties--

    里親の家 -- 6つの郡の里親の家 --

  • Make sure everything's linking together. We don't want breaks. Foster homes. Right from the R into the H.

    すべてがリンクしていることを確認してください。休みは要らない養護施設だRからHに向かって

  • Foster homes in-- homes in-- homes in--

    里親の家の...家の...家の...家の...家の...

  • that ending Z sound links right into the IH vowel for in.

    末尾のZ音は IH母音にリンクしています。

  • Homes in six counties-- and then I love how she holds that out.

    6つの郡に家があるんだが...それをどうやって持ち出すかが好きなんだ。

  • Holding out a beginning consonant can really stress a word. I mean, these are a lot of homes,

    冒頭の子音を出すことで、単語にストレスを与えることができます。つまり、ここにはたくさんの家があります。

  • a lot of places that he's run away from. Six counties.

    彼が逃げ出した場所の多くは6つの郡。

  • Foster homes in six counties--

    6つの郡にある養護施設--

  • Foster homes in six counties--

    6つの郡にある養護施設--

  • Foster homes in six counties--

    6つの郡にある養護施設--

  • The letter X makes the KS sounds. Six counties.

    Xの字がKSの音を出す。6つの郡がある

  • Six counties--

    6つの郡...

  • Counties. Counties. What's happening with this word?

    郡。郡。この言葉はどうなってるの?

  • Counties. Well, she's dropping the T, isn't she?

    郡だ彼女はTを落としたんだろ?

  • This is pretty common in NT words like: internet, interview, and so on. Counties.

    これは、インターネット、インタビューなどのNT語ではかなり一般的です。郡。

  • Very often pronounced counties with no T.

    非常によく発音される郡で、Tのない郡。

  • Counties.

    郡。

  • Counties--

    郡...

  • Mr. Batson.

    バトソンさん

  • Mr. Batson. Batson. Stop T, next sound is an S. Batson.

    バトソンさん バトソンです。ストップT、次の音はS、バトソンさん。

  • And this also has the AA vowel. I hope you're comfortable with that vowel because

    そしてこれにもAA母音がついています。 その母音に違和感がなければいいのですが

  • we've run into it a couple times, haven't we? Mr. Batson.

    何度か遭遇したことがあるだろう?バトソンさん

  • Mr. Batson.

    バトソンさん

  • We have a lot of names that end in s-o-n,

    s-o-nで終わる名前がたくさんあります。

  • but it's not pronounced like the word sun.

    でも、太陽のような発音ではありません。

  • They're pronounced sun, sun, you can think of it as being a schwa, or an IH.

    彼らの発音はサン、サン、シュワ、IHだと思ってください。

  • Either sound is okay. Just make sure you're thinking of it being very unstressed.

    どちらの音でも良いです。ただ、非常にストレスを感じさせないように考えてください。

  • Son, son, son, son, Batson.

    息子、息子、息子、息子、バトソン。

  • Batson.

    バトソン

  • From--

    から...

  • Okay this is great. She breaks out the word from while she's thinking and even though it's by itself,

    オーケー、これは素晴らしい。彼女は考えている間に、そしてそれ自体がそうであるにもかかわらず、その言葉を打ち破ってしまう。

  • not in the context of a whole sentence, even though she doesn't stress it, it's not: from, it's: from from from.

    文章全体の文脈ではなく、彼女が強調していないにもかかわらず、それはではなく、それは:から、それは:からから。

  • from--

    から

  • good people--

    善良な人たち...

  • Good people. Another little break. So she's breaking this up in two thought groups while she's thinking,

    いい人たちだもう一つの小休憩。彼女はこれを2つの思考グループに分けて考えています

  • she can't believe that this boy would continue to run away

    こどもが逃げ続けるとは思えない

  • from homes of people who want to take care of him.

    世話をしたい人の家から

  • from good people--

    善良な人々から...

  • good people--

    善良な人たち...

  • from good people--

    善良な人々から...

  • from good people--

    善良な人々から...

  • from good people-

    良い人から

  • The D is not released, that would be: good people, good people, but it's good people.

    Dがリリースされていないということは、つまり:良い人、良い人だけど、良い人だということだろう。

  • I do make the D sound in my vocal cords.

    声帯にDの音を出しています。

  • Good. But I don't release it, it's a stop.

    いいね。でもリリースはしない、ストップです。

  • Good people. I just go right into the P sound. Good people.

    いい人たちだ。P音の中に入っていくだけです。いい人たちだ

  • Good people--

    良い人たち...

  • Now, I know this word is tricky. People. People.

    さて、この言葉が厄介なのは知っています。人だ人

  • So it's P consonant, EE vowel in the stressed syllable. People.

    つまりストレス音節のP子音、EE母音なんですね。人だよ。

  • And then we have P, schwa, L. This is going to be a dark L.

    あとはP、シュワ、L、これは暗黒Lになりそうですね。

  • And a lot of people confuse that with a sound that's sort of like OH

    多くの人はそれをOHのような音と混同してしまいます。

  • and a lot of my non-native speakers will say peepo.

    と、私の非ネイティブスピーカーの多くはピーポーと言います。

  • A lot of my students will say that: pepo, pepo, or something like that.

    私の生徒の多くはこう言うだろう:ペポ、ペポ、とか。

  • OH is made with the front of the mouth,

    OHは口の前を使って作られています。

  • OHL is made at the back of the mouth. And that's what we want. People ohl ohl.

    OHLは口の奥で作られています。そしてそれは私たちが望んでいることです人々はOHL OHL OHL。

  • Don't lift your tongue tip for this. Keep your tongue tip down. People ohl ohl.

    このために舌先を持ち上げてはいけません。舌先を下げたままにしておきましょう。人はオーラルオーラル。

  • The way to make that sound is tongue tip down, back of the tongue presses down and back a little bit.

    その音の出し方は、舌先を下にして、舌の裏が少し押し下げて、後ろから

  • Try that now. Ohl ohl.

    今すぐ試してみてオー・オー・オー・オー・オー・オー・オー・オー・オー・オー・オー・オー・オー・オー・オー・オー・オー・オー・オー・オー・オー・オー

  • It's a strange feeling, but we just touch it really briefly. People ohl ohl ohl ohl.

    不思議な感覚ですが、本当に短く触れているだけです。人のオーラルオーラルオーラルオーラル。

  • It's very short, so not: people people people people.

    それは非常に短いので、そうではありません:人々の人々の人々の人々の人々。

  • People.

    人だよ

  • People who want you.

    あなたを欲しがっている人

  • Who want you. Who want you. Again, peak of stress,

    誰があなたを望んでいるのか誰があなたを望んでいるのか。またしてもストレスのピーク。

  • and the words that are not stressed lead up to that peak or fall away from it.

    と、ストレスを感じさせない言葉がそのピークにつながるか、そこから落ちていくのです。

  • Who want you.

    誰があなたを必要としているのか

  • Another stop there. Who want you. Who want you.

    もう一つの停留所だ誰が欲しいの?誰があなたを望んでいるのか。

  • Who want you.

    誰があなたを必要としているのか

  • Who want you.

    誰があなたを必要としているのか

  • Who want you all in pursuit--

    誰があなた方を追跡したいのか...

  • All in pursuit-- she stresses that by really drawing it out, all in pursuit-- pursuit--

    すべてを追求して... 彼女は強調している 本当にそれを引き出すことで すべてを追求して...追求して...

  • A little bit of stress there with a stop T. All in pursuit.

    ストップTで少しストレスを感じていましたが、全てを追求しています。

  • All in pursuit--

    すべてを追求して...

  • All in pursuit of someone who arguably does not.

    議論の余地なく誰かを追求している。

  • All in pursuit of someone-- a little bit of stress there, who arguably does not.

    誰かを追いかけている時は・・・少しストレスを感じたが、その人は 間違いなくそうではない。

  • Does not want him. This would be his birth mother.

    彼は望んでいないこれは彼の生みの親だろう。

  • All in pursuit of someone who arguably does not.

    議論の余地なく誰かを追求している。

  • All in pursuit of someone who arguably does not.

    議論の余地なく誰かを追求している。

  • All in pursuit of someone who arguably does not.

    議論の余地なく誰かを追求している。

  • All in pursuit- all in pursuit- Try that. Just that little phrase.

    追いかけて追いかけて...それを試してみてくれちょっとしたフレーズだ

  • All in pursuit--

    すべてを追求して...

  • All in pursuit-- Everything links together pretty smoothly, doesn't it?

    すべてを追跡中...すべてがスムーズにリンクしていると思いませんか?

  • There's a little bit, all in pursuit,

    少しはある、すべてを追求している。

  • a little bit of a feeling of separation here to help bring even more stress to the word all.

    ここで少しだけ分離感を持たせることで、allという言葉にさらにストレスを与えることができます。

  • All in pursuit-- pursuit-- per per per-- make that P, schwa, R, per per per pursuit, pursuit.

    すべてを追求して...追求して...追求して...追求して...追求して...P、シュワ、R、追求して...追求して...追求して...

  • All in pursuit--

    すべてを追求して...

  • of someone who arguably does not.

    議論の余地なくそうでない人の

  • Of someone, of someone, of of of.

    誰かの、誰かの、誰かの、誰かの。

  • This is not ov, it's of of of.

    これはovではなくてof of ofです。

  • It's the unstressed pronunciation. She doesn't drop the V sound that can happen,

    強調されていない発音です。彼女は起こりうるV音を落とさない。

  • but it's still very unstressed, very quick: of of of, of someone, of someone, of someone.

    が、それでも非常にストレスがなく、とても早い:of of of, of someone, of someone, of someone, of someone, of someone.

  • Of someone, of someone.

    誰かの、誰かの、誰かの。

  • Of someone who arguably does not.

    議論の余地なくそうでない人の

  • Someone who arguably--

    誰かが、おそらく...

  • So everything very smooth, right from N into W, oh sorry, into H. Who, who, in IPA, it's just H consonant, OO vowel.

    全てがとてもスムーズで、NからW、あ、ごめんね、Hになってます。 IPAではHの子音とOOの母音です。

  • Someone who arguably-- guably-- unstressed syllables. Ar-- guably-- guably-- guably-- guably--

    議論の余地なく--guably-- guably-- 強調されていない音節を持つ人。Ar--guably--guably--guably--guably--guably--guably--guably--

  • Try to make those quickly,

    それを早く作るようにしてください。

  • and without a lot of mouth movement, really simplify. Guably-- guably-- guably-- guably--

    口を動かすことなく、本当にシンプルに。確信を持って...確信を持って...確信を持って...確信を持って...確信を持って...確信を持って...

  • because they're unstressed, they're gonna have that easier, faster, less work feeling.

    ストレスを感じないから、楽に、早く、仕事が減る。

  • Ar-- we have more jaw drop, we put more length into it, guably-- guably-- guably--

    顎の高さを増やして、長さを増やしたんだよ。

  • we say those quickly. We need to simplify. Arguably. Arguably.

    私たちはそれらをすぐに言います。私たちは単純化する必要があります。おそらく。有利にも。

  • Of someone who arguably--

    議論の余地なく...

  • Of someone who arguably--

    議論の余地なく...

  • Of someone who arguably--

    議論の余地なく...

  • I'll write out the IPA here. Ar-- first syllable stress, gu-- JU diphthong there, argu-a-bly. Arguably.

    ここでIPAを書き出してみる。Ar... 最初の音節の強調、gu... JUの二重音がそこにある、argu-a-blly。arguably.

  • Arguably--

    おそらく...

  • does not.

    そうではありません。

  • Our last two words, we have one that's unstressed, and one that's stressed. Does not.

    最後の2つの言葉は、ストレスのないものとストレスのあるものがあります。そうではありません。

  • Does not--

    そうじゃなくて...

  • Not. She does release that with a light true T. That brings more emphasis to that word,

    そうじゃない彼女はそれを軽や