Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • BOOK ELEVENTH. CHAPTER I - PART 1.

    第十BOOK。第一章 - 第1部。

  • THE LITTLE SHOE.

    リトルシュー。

  • La Esmeralda was sleeping at the moment when the outcasts assailed the church.

    ラエスメラルダはのけ者は教会を攻撃するときに瞬間に​​眠っていた。

  • Soon the ever-increasing uproar around the edifice, and the uneasy bleating of her

    すぐに建物の周りますます騒ぎ、そして彼女の不安bleating

  • goat which had been awakened, had roused her from her slumbers.

    起こされていたヤギは、彼女の眠りから彼女を発奮していた。

  • She had sat up, she had listened, she had looked; then, terrified by the light and

    彼女は、彼女が聞いていた、彼女は見ていた上に座っていた、そして、光が恐怖と

  • noise, she had rushed from her cell to see.

    ノイズ、彼女は見て彼女の携帯から急いでいた。

  • The aspect of the Place, the vision which was moving in it, the disorder of that

    場所の面、その中に動いていたのビジョン、その障害

  • nocturnal assault, that hideous crowd, leaping like a cloud of frogs, half seen in

    半分に見られるカエルの雲のように跳躍夜襲、その恐ろしい群衆、、

  • the gloom, the croaking of that hoarse

    暗がり、そのしわがれofハスキー

  • multitude, those few red torches running and crossing each other in the darkness

    多く、それらのいくつかの赤いたいまつが実行され、暗闇の中で互いに交差

  • like the meteors which streak the misty surfaces of marshes, this whole scene

    流星のようなその筋湿地の霧の表面に、このシーン全体

  • produced upon her the effect of a

    の効果は、彼女に生産

  • mysterious battle between the phantoms of the witches' sabbath and the stone monsters

    魔女の安息日と石のモンスターのファントムの間に神秘的な戦い

  • of the church.

    教会の。

  • Imbued from her very infancy with the superstitions of the Bohemian tribe, her

    彼女は、ボヘミアン族の迷信と彼女の非常に幼児期から吹き込ま

  • first thought was that she had caught the strange beings peculiar to the night, in

    最初に考えたのは彼女が、夜特有の奇妙な生き物をキャッチしたことだった

  • their deeds of witchcraft.

    魔法の彼らの行為。

  • Then she ran in terror to cower in her cell, asking of her pallet some less

    それから、彼女はパレットからいくつかのあまりを求めて、彼女のセルに萎縮してテロに走った

  • terrible nightmare.

    ひどい悪夢。

  • But little by little the first vapors of terror had been dissipated; from the

    しかし、少しずつ恐怖の最初の蒸気を消費していた。から

  • constantly increasing noise, and from many other signs of reality, she felt herself

    絶えず増加し、ノイズ、および現実の他の多くの兆候から、彼女は自分を感じた

  • besieged not by spectres, but by human beings.

    ない幽霊で、しかし人間によって包囲。

  • Then her fear, though it did not increase, changed its character.

    その後、彼女の恐怖は、それは増加しなかったものの、その文字を変更。

  • She had dreamed of the possibility of a popular mutiny to tear her from her asylum.

    彼女は亡命から彼女を引き裂くために人気の反乱の可能性を夢見ていた。

  • The idea of once more recovering life, hope, Phoebus, who was ever present in her

    もう一度回復する生活のアイデア、希望、これまで彼女に存在していたポイボス、

  • future, the extreme helplessness of her condition, flight cut off, no support, her

    将来、彼女の状態の極端な無力は、飛行には、、彼女にはサポートを切り落としていない

  • abandonment, her isolation,--these thoughts and a thousand others overwhelmed her.

    放棄、彼女の分離、 - これらの思考と彼女を圧倒千他人。

  • She fell upon her knees, with her head on her bed, her hands clasped over her head,

    彼女は、彼女の手は彼女の頭の上握りしめ、彼女のベッドに彼女の頭を、彼女の膝に落ちた

  • full of anxiety and tremors, and, although a gypsy, an idolater, and a pagan, she

    彼女は、不安と震え、及び、ジプシーものの、心酔者、および異教のフル

  • began to entreat with sobs, mercy from the

    から、すすり泣きwith慈悲を懇願し始めた

  • good Christian God, and to pray to our Lady, her hostess.

    良いキリスト教の神、そして聖母は、彼女のホステスに祈るために。

  • For even if one believes in nothing, there are moments in life when one is always of

    1台は何を信じる場合でも、一ついつものときは、瞬間は人生でもあります

  • the religion of the temple which is nearest at hand.

    手元に最も近い寺院の宗教。

  • She remained thus prostrate for a very long time, trembling in truth, more than

    彼女は、以上の、真実に震え、非常に長い時間のため、前立腺のまま

  • praying, chilled by the ever-closer breath of that furious multitude, understanding

    祈ること、理解し、その猛烈な多数のますます緊密な呼吸による冷却

  • nothing of this outburst, ignorant of what

    何を知らないこの爆発については何もない、

  • was being plotted, what was being done, what they wanted, but foreseeing a terrible

    彼らが何を望むか、行われていたものを、プロットしたが、ひどいを予見されていた

  • issue. In the midst of this anguish, she heard

    問題。この苦悩の真っ只中に、彼女は聞いた

  • some one walking near her.

    彼女の近くで歩いて誰か。

  • She turned round. Two men, one of whom carried a lantern, had

    彼女はラウンドなった。ランタンを運んだそのうちの一人二人の男が、持っていた

  • just entered her cell. She uttered a feeble cry.

    ちょうど彼女の携帯に入った。彼女は弱々しい叫びを言った。

  • "Fear nothing," said a voice which was not unknown to her, "it is I."

    "恐怖の何も、"彼女に未知のではない声が言ったない、"それはIです。"

  • "Who are you?" she asked. "Pierre Gringoire."

    "あなたは誰?"と彼​​女は尋ねた。 "ピエールGringoire。"

  • This name reassured her.

    この名前は彼女を安心させた。

  • She raised her eyes once more, and recognized the poet in very fact.

    彼女は再び彼女の目を上げ、そして非常に実際に詩人を認識した。

  • But there stood beside him a black figure veiled from head to foot, which struck her

    しかし、彼女を襲った頭から足までベールブラックの図は、彼のそばに立っていた

  • by its silence.

    その沈黙によって。

  • "Oh!" continued Gringoire in a tone of reproach, "Djali recognized me before you!"

    "ああ!"非難の口調でGringoireを続け、"Djaliはあなたの前に私を認識した!"

  • The little goat had not, in fact, waited for Gringoire to announce his name.

    小さなヤギは、実際には、彼の名前を発表するGringoireを待っていなかった。

  • No sooner had he entered than it rubbed itself gently against his knees, covering

    それがカバーする、彼の膝に軽く自体をこすりやいなや、彼が入力されていませんしていた

  • the poet with caresses and with white hairs, for it was shedding its hair.

    それのための愛撫とと白髪と詩人は、その髪を流していた。

  • Gringoire returned the caresses.

    Gringoireは愛撫を返しました。

  • "Who is this with you?" said the gypsy, in a low voice.

    "あなたとこの誰ですか?"ジプシーは低い声で、言った。

  • "Be at ease," replied Gringoire. "'Tis one of my friends."

    "使いやすさにあると、"Gringoireは答えた。 ""は私の友人の一人をあわ。"

  • Then the philosopher setting his lantern on the ground, crouched upon the stones, and

    その後、地面に彼のランタンを設定する哲学者は、石によってうずくまって、

  • exclaimed enthusiastically, as he pressed Djali in his arms,--

    彼は彼の腕の中でDjaliを押すと、、熱狂的に叫んだ -

  • "Oh! 'tis a graceful beast, more considerable no doubt, for it's neatness

    "ああ! "それは整然グレースフル獣、より多くのかなりの疑いを、TIS

  • than for its size, but ingenious, subtle, and lettered as a grammarian!

    そのサイズよりも、しかし独創的な、微妙な、そして文法と文字入りの!

  • Let us see, my Djali, hast thou forgotten any of thy pretty tricks?

    私たちは見てみましょう、私のDjaliは、汝は汝のかなりトリックのどれかを忘れなた?

  • How does Master Jacques Charmolue?..." The man in black did not allow him to

    どのようにマスタージャックCharmolue ?..."黒の男は、彼がすることができませんでしたありません

  • finish.

    仕上げ。

  • He approached Gringoire and shook him roughly by the shoulder.

    彼はGringoireに近づき、肩でほぼ彼を横に振った。

  • Gringoire rose. "'Tis true," said he: "I forgot that we are

    Gringoireが上昇した。 ""は真のTIS、"彼は言った:"私たちがいることを忘れ

  • in haste.

    急いインチ

  • But that is no reason master, for getting furious with people in this manner.

    しかし、それはこの方法で人々との激烈な取得のために、理由のマスターではありません。

  • My dear and lovely child, your life is in danger, and Djali's also.

    私の愛すると素敵な子供は、あなたの人生は、危機に直面しています、そしてDjaliのも。

  • They want to hang you again.

    彼らは再びあなたをハングアップする。

  • We are your friends, and we have come to save you.

    私達はあなたの友人であり、私たちはあなたを救うようになっている。

  • Follow us." "Is it true?" she exclaimed in dismay.

    フォロー。""それは本当ですか?"彼女は失望して叫んだ。

  • "Yes, perfectly true.

    "はい、完全に真。

  • Come quickly!" "I am willing," she stammered.

    すぐに来て!""私は喜んで、"彼女はどもりながら。

  • "But why does not your friend speak?"

    "しかし、なぜあなたの友人は話すことはありません?"

  • "Ah!" said Gringoire, "'tis because his father and mother were fantastic people who

    "ああ!"Gringoireは、TISは、彼の父と母が誰素晴らしい人だったから""、言った

  • made him of a taciturn temperament." She was obliged to content herself with

    無口なの気質の彼を作った。"彼女が関連付け彼女自身をコンテンツに義務付けられ

  • this explanation.

    この説明。

  • Gringoire took her by the hand; his companion picked up the lantern and walked

    Gringoireは手で彼女を取った、彼の仲間は、ランタンをピックアップして歩いて

  • on in front. Fear stunned the young girl.

    前にしてください。恐怖は、若い女の子を驚かせた。

  • She allowed herself to be led away.

    彼女は自分が離れて主導することができました。

  • The goat followed them, frisking, so joyous at seeing Gringoire again that it made him

    ヤギは、それが彼を作ったということを再Gringoireを見てで行って楽しい、所持品検査、それらに続いた

  • stumble every moment by thrusting its horns between his legs.

    彼の足の間にその角を突き出すことで一瞬一瞬をつまずく。

  • "Such is life," said the philosopher, every time that he came near falling down; "'tis

    "このようなが生命に、"哲学者は彼が落下近くにきた時に毎回は、言った。"'TIS

  • often our best friends who cause us to be overthrown."

    私達が打ち倒される原因となる多くの場合、私たちの親友。"

  • They rapidly descended the staircase of the towers, crossed the church, full of shadows

    彼らは急速に、塔の階段を降りて教会を越えて、影のフル

  • and solitude, and all reverberating with uproar, which formed a frightful contrast,

    と孤独、そしてすべての恐ろしいコントラストを形成uproarで反響、

  • and emerged into the courtyard of the cloister by the red door.

    と赤いドアが回廊の中庭に出現した。

  • The cloister was deserted; the canons had fled to the bishop's palace in order to

    回廊は、捨てられた、規範目的のためには、司教の宮殿に逃亡していた

  • pray together; the courtyard was empty, a few frightened lackeys were crouching in

    一緒に祈り、中庭には空いていた、いくつか驚いたlackeysがでしゃがんでいた

  • dark corners.

    暗いコーナー。

  • They directed their steps towards the door which opened from this court upon the

    彼らがもって本裁判所から開いたドアに向かって、その手順を指示

  • Terrain. The man in black opened it with a key which

    地形。黒の男は、どのキーでそれをオープン

  • he had about him.

    彼は彼についていました。

  • Our readers are aware that the Terrain was a tongue of land enclosed by walls on the

    我々の読者は、地形が、壁で囲まれた土地の舌であることを認識しています

  • side of the City and belonging to the chapter of Notre-Dame, which terminated the

    市の側と終端ノートルダム寺院、の章に属する

  • island on the east, behind the church.

    教会の後ろ東側の島、。

  • They found this enclosure perfectly deserted.

    彼らは、この筐体は完全に捨てています。

  • There was here less tumult in the air. The roar of the outcasts' assault reached

    空気中の以下の騒動は、ここにあった。のけ者"攻撃の轟音に達しました

  • them more confusedly and less clamorously.

    それより慌てて少ないわいわい。

  • The fresh breeze which follows the current of a stream, rustled the leaves of the only

    ストリームの現在を、以下の新鮮なそよ風、rustledだけの葉

  • tree planted on the point of the Terrain, with a noise that was already perceptible.

    ツリーは、既に知覚wasノイズで、地形の点に植えた。

  • But they were still very close to danger.

    しかし、彼らは依然として危険に非常に近かった。

  • The nearest edifices to them were the bishop's palace and the church.

    それらに最も近い建物は司教の宮殿や教会であった。

  • It was plainly evident that there was great internal commotion in the bishop's palace.

    それは司教の宮殿に大きな内部騒ぎがあったことを明らかに明白であった。

  • Its shadowy mass was all furrowed with lights which flitted from window to window;

    その謎に包まれた塊は、すべてのウィンドウからウィンドウへflittedライトで耕されたされた。

  • as, when one has just burned paper, there remains a sombre edifice of ashes in which

    として、1つは単に紙を燃やしているとき、に遺骨の陰鬱な​​建物が残っている

  • bright sparks run a thousand eccentric courses.

    明るい火花は千偏心コースを実行する。

  • Beside them, the enormous towers of Notre- Dame, thus viewed from behind, with the

    それらの横にある、ノートルダム寺院の巨大な塔は、このようにして、後ろから見た

  • long nave above which they rise cut out in black against the red and vast light which

    それらがどの赤と広大な光の反対は黒で切り出した上がるそれより上の長廊

  • filled the Parvis, resembled two gigantic andirons of some cyclopean fire-grate.

    パルビスを埋め、いくつかの巨大な火床の二つの巨大な薪が似ていた。

  • What was to be seen of Paris on all sides wavered before the eye in a gloom mingled

    すべての辺でパリを見られることは何だったの入り交じった暗がりで目の前に揺らいだ

  • with light.

    ライトが付いている。

  • Rembrandt has such backgrounds to his pictures.

    レンブラントは彼の絵にそのような背景を持っています。

  • The man with the lantern walked straight to the point of the Terrain.

    ランタンを持つ男は、地形のポイントにまっすぐ歩いた。

  • There, at the very brink of the water, stood the wormeaten remains of a fence of

    そこに、水の非常に危機にひんして、のフェンスのwormea​​tenの遺跡に立っていた

  • posts latticed with laths, whereon a low vine spread out a few thin branches like

    ラスwith格子造りの投稿、するところのようないくつかの細い枝に広がる低つる

  • the fingers of an outspread hand.

    広げられた手の指。

  • Behind, in the shadow cast by this trellis, a little boat lay concealed.

    背後にある、このトレリスの影で、小さなボートが隠され横たわっていた。

  • The man made a sign to Gringoire and his companion to enter.

    男はGringoireと入力するように彼の仲間にサインをしました。

  • The goat followed them.

    ヤギは彼らを追った。

  • The man was the last to step in.

    男性25.40ステップに最後だった

  • Then he cut the boat's moorings, pushed it from the shore with a long boat-hook, and,

    それから彼は、長いボートフックで岸からそれをプッシュ、そして、ボートの係留を切る

  • seizing two oars, seated himself in the bow, rowing with all his might towards

    弓で自分自身を座ったtwoオール、、すべて彼の武勇に向かってwithローイングをつかん

  • midstream.

    中流。

  • The Seine is very rapid at this point, and he had a good deal of trouble in leaving

    セーヌ川は、この時点で非常に急速であり、そして彼が去るのトラブルの良い取引を持っていた

  • the point of the island. Gringoire's first care on entering the boat

    島のポイント。ボートに入る上でGringoire初のケア

  • was to place the goat on his knees.

    彼の膝の上にヤギを配置することでした。

  • He took a position in the stern; and the young girl, whom the stranger inspired with

    彼は、船尾の位置を取った、と見知らぬ人がでインスピレーション若い女の子、

  • an indefinable uneasiness, seated herself close to the poet.

    漠然とした不安は、彼女自身は詩人に近い装着。

  • When our philosopher felt the boat sway, he clapped his hands and kissed Djali between

    私たちの哲学者は、ボートの揺れを感じたとき、彼は拍手との間でDjaliにキスをした

  • the horns. "Oh!" said he, "now we are safe, all four

    ホーン。 "ああ!"彼は今我々は、すべての4つの安全である"と言った。

  • of us."

    私たちの。"

  • He added with the air of a profound thinker, "One is indebted sometimes to

    彼は深遠な思想家の空気で追加された、"ひとつは、時々お世話になっ

  • fortune, sometimes to ruse, for the happy issue of great enterprises."

    偉大な企業の幸せな問題のための幸運、時には策略に、。"

  • The boat made its way slowly towards the right shore.

    ボートは右側の岸に向かって徐々にその方法を作った。

  • The young girl watched the unknown man with secret terror.

    若い女の子は、秘密の恐怖、未知の男を見た。

  • He had carefully turned off the light of his dark lantern.

    彼は慎重に彼の暗いランタンの光をオフにしていた。

  • A glimpse could be caught of him in the obscurity, in the bow of the boat, like a

    一見は同じように、ボートの船首に、ひっそりと彼の巻き込まれる可能性

  • spectre.

    妖怪。

  • His cowl, which was still lowered, formed a sort of mask; and every time that he spread

    彼はまだマスクのようなものを形成し、低下した、カウル、そして彼が広がるたびに

  • his arms, upon which hung large black sleeves, as he rowed, one would have said

    彼がこいとして、一つの大きな黒い袖を掛けている時に彼の腕は、言ったでしょう

  • they were two huge bat's wings.

    彼らは2つの巨大なコウモリの羽だった。

  • Moreover, he had not yet uttered a word or breathed a syllable.

    また、彼はまだ単語を発声や音節を呼吸していなかった。

  • No other noise was heard in the boat than the splashing of the oars, mingled with the

    それ以外のノイズが混じり、オールのしぶきよりも船に乗って聞こえていなかった

  • rippling of the water along her sides.

    彼女の側面に沿って水のさざ波が立っている。

  • "On my soul!" exclaimed Gringoire suddenly, "we are as cheerful and joyous as young

    "私の魂に!"はGringoireは我々が若いほど陽気で楽しいです"、突然叫んだ

  • owls! We preserve the silence of Pythagoreans or

    フクロウ!我々は、ピタゴラス学派の沈黙を保持するか、または

  • fishes!

    魚!

  • Pasque-Dieu! my friends, I should greatly like to have some one speak to me.

    オキナグサデュー!私の友人は、私は非常にいくつかのいずれかが私に話を持ってしたいと思います。

  • The human voice is music to the human ear. 'Tis not I who say that, but Didymus of

    人間の声は、人間の耳で音楽です。 "ということを言って私はないTIS、しかしの双子

  • Alexandria, and they are illustrious words.

    アレクサンドリア、そして彼らは輝かしい言葉です。

  • Assuredly, Didymus of Alexandria is no mediocre philosopher.--One word, my lovely

    確かに、アレクサンドリアの双子は平凡な哲学者.--一単語、私の美しいです

  • child! say but one word to me, I entreat you.

    子!と言うが、私に一言、私はあなたを懇願する。

  • By the way, you had a droll and peculiar little pout; do you still make it?

    ところで、あなたはひょうきんな、独特の少しふくれっ面を持っていた。あなたはまだそれを作るのですか?

  • Do you know, my dear, that parliament hath full jurisdiction over all places of

    あなたが知っていますか、私の愛するは、議会はすべての場所を介して完全な管轄権をかれら

  • asylum, and that you were running a great risk in your little chamber at Notre-Dame?

    亡命し、ノートルダム寺院のご小さなチャンバー内の大きなリスクを実行していた?

  • Alas! the little bird trochylus maketh its nest in the jaws of the crocodile.--Master,

    悲しいかな!小鳥のtrochylusは、ワニのあごの巣.--マスターを、maketh

  • here is the moon re-appearing. If only they do not perceive us.

    ここに月に再登場するのです。場合にのみ、彼らは我々を認識しません。

  • We are doing a laudable thing in saving mademoiselle, and yet we should be hung by

    我々は、マドモアゼルを救うことに称賛に値することをやっている、と、まだ我々がでハングアップしてください

  • order of the king if we were caught. Alas! human actions are taken by two

    王のため我々は、摘発された場合。悲しいかな!人間の行動は2つで取られる

  • handles.

    ハンドル。

  • That is branded with disgrace in one which is crowned in another.

    それはまた別で戴冠されているもので不名誉を使ってブランド名がされています。

  • He admires Cicero who blames Catiline. Is it not so, master?

    彼はカティリーナせいで誰がキケロに感嘆。それは、そう、マスターではない?