Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • -BOOK FOURTH. CHAPTER V.

    第四BOOK。 CHAPTER V.

  • MORE ABOUT CLAUDE FROLLO.

    CLAUDEフロロについての詳細。

  • In 1482, Quasimodo was about twenty years of age; Claude Frollo, about thirty-six.

    1482年、カジモドは年齢の二十年程度であった。クロードフロロ、36について。

  • One had grown up, the other had grown old.

    一つは、他の古い成長していた、育っていた。

  • Claude Frollo was no longer the simple scholar of the college of Torch, the tender

    クロードフロロは、もはや入札トーチの大学のシンプルな学者でした

  • protector of a little child, the young and dreamy philosopher who knew many things and

    小さな子供の保護者、多くのことを知っていたし、若くて夢のような哲学者

  • was ignorant of many.

    多くの無知だった。

  • He was a priest, austere, grave, morose; one charged with souls; monsieur the

    魂に充電さ;彼は緊縮司祭、、墓、不機嫌だったムッシュー

  • archdeacon of Josas, the bishop's second acolyte, having charge of the two deaneries

    Josasの、司教の第二アコライトの助祭は、2つのdeaneriesの電荷を有する

  • of Montlhery, and Chateaufort, and one hundred and seventy-four country curacies.

    Montlheryの、そしてChateaufortの、と百七十から四国curacies。

  • He was an imposing and sombre personage, before whom the choir boys in alb and in

    彼は、堂々と陰気な人物であり、誰の前にALBのとで聖歌隊の少年

  • jacket trembled, as well as the machicots, and the brothers of Saint-Augustine and the

    ジャケットが震えただけでなく、machicots、およびサンアウグスティヌスとの兄弟

  • matutinal clerks of Notre-Dame, when he

    ノートルダム寺院の朝の店員、彼

  • passed slowly beneath the lofty arches of the choir, majestic, thoughtful, with arms

    腕で、思慮深く、雄大な、聖歌隊の高尚なアーチの下に徐々に渡さ

  • folded and his head so bent upon his breast that all one saw of his face was his large,

    折り畳まと彼の頭はそのいずれかが彼の顔を見たすべてが、彼の大規模だったこと彼の胸に曲がって

  • bald brow.

    はげ額。

  • Dom Claude Frollo had, however, abandoned neither science nor the education of his

    ドムクロードフロロは、しかし、科学も彼の教育のどちらを放棄していた

  • young brother, those two occupations of his life.

    若い兄弟、彼の人生のこれら二つの職業。

  • But as time went on, some bitterness had been mingled with these things which were

    しかし時間が進むにつれて、いくつか苦味があったこれらのものと混ざっていた

  • so sweet. In the long run, says Paul Diacre, the best

    そう甘い。長期的には、ポールDiacre、最高のは言う

  • lard turns rancid.

    ラードは悪臭になります。

  • Little Jehan Frollo, surnamed (du Moulin) "of the Mill" because of the place where he

    ための場所の"ミルの"リトルジャハーンフロロ、某(デュムーラン)ここで、彼

  • had been reared, had not grown up in the direction which Claude would have liked to

    クロードのために言っていた方向で育っていなかった、飼育されていた

  • impose upon him.

    彼に課す。

  • The big brother counted upon a pious, docile, learned, and honorable pupil.

    兄は、敬虔な従順、学習、そして立派な瞳によってカウント。

  • But the little brother, like those young trees which deceive the gardener's hopes

    庭師の希望を欺くそれらの若い木に似ているが、弟、

  • and turn obstinately to the quarter whence they receive sun and air, the little

    そして、彼らは太陽と空気を受け取る四半期でwhenceに執拗に少し回し

  • brother did not grow and did not multiply,

    兄弟は、成長しなかったと乗算していない

  • but only put forth fine bushy and luxuriant branches on the side of laziness,

    しかし唯一、怠惰の側面に微細なふさふさと茂った枝を出す

  • ignorance, and debauchery.

    無知、と放蕩。

  • He was a regular devil, and a very disorderly one, who made Dom Claude scowl;

    彼は定期的な悪魔、そしてドムクロードは顔をしかめる作られた非常に無秩序な一つであった。

  • but very droll and very subtle, which made the big brother smile.

    しかし、非常にひょうきんな、非常に微妙な、これは兄貴の笑顔を作った。

  • Claude had confided him to that same college of Torchi where he had passed his

    彼は彼を通過したところクロードはTorchiの同じ大学に彼に打ち明けていた

  • early years in study and meditation; and it was a grief to him that this sanctuary,

    初期の研究と瞑想の年、そしてそれは、彼の悲しみ、この聖域だった

  • formerly edified by the name of Frollo, should to-day be scandalized by it.

    以前はフロロの名前でedified、対日それによって憤慨されるべきである。

  • He sometimes preached Jehan very long and severe sermons, which the latter intrepidly

    彼は時々、ジャハーン非常に長く、厳しい説教を説教している勇敢に後者

  • endured.

    耐えた。

  • After all, the young scapegrace had a good heart, as can be seen in all comedies.

    結局、若い困り者は、すべての喜劇に見られるように、良い心を持っていた。

  • But the sermon over, he none the less tranquilly resumed his course of seditions

    しかし以上の説教、彼はどれもあまり慌てずにseditionsの彼のコースを再開

  • and enormities.

    とenormities。

  • Now it was a bejaune or yellow beak (as they called the new arrivals at the

    今では(彼らがで新しい到着を呼んだbejauneまたは黄色のくちばしだ

  • university), whom he had been mauling by way of welcome; a precious tradition which

    貴重な伝統、彼が歓迎の方法によって手痛い打撃をしていた大学)、

  • has been carefully preserved to our own day.

    慎重に私たち自身の日に保存されています。

  • Again, he had set in movement a band of scholars, who had flung themselves upon a

    再び、彼は運動の際に自分自身を投げつけたしていた学者、のバンドを設定していた

  • wine-shop in classic fashion, quasi classico excitati, had then beaten the

    古典的な方法でワインショップ、準クラッシコexcitatiは、その後、暴行していた

  • tavern-keeper "with offensive cudgels," and

    "攻撃cudgelsと、"居酒屋キーパーと

  • joyously pillaged the tavern, even to smashing in the hogsheads of wine in the

    嬉しくても、ワインのhogsheads in粉砕する、居酒屋を略奪

  • cellar.

    セラー。

  • And then it was a fine report in Latin, which the sub-monitor of Torchi carried

    そしてそれはTorchiのサブモニターが運ばラテン語で素晴らしいレポートだった

  • piteously to Dom Claude with this dolorous marginal comment,--Rixa; prima causa vinum

    プリマ死因vinumは、Rixa - 哀れこの痛ましいマージナルコメント、とドムクロードへ

  • optimum potatum.

    最適potatum。

  • Finally, it was said, a thing quite horrible in a boy of sixteen, that his

    最後に、それは彼のこと、16の男の子の事非常に恐ろしい、と言われた

  • debauchery often extended as far as the Rue de Glatigny.

    道楽では、しばしば限りリュデグラチニーとして延長。

  • Claude, saddened and discouraged in his human affections, by all this, had flung

    すべてこのことによって、彼の人間の愛情in悲しみと落胆クロードは、、投げつけたいた

  • himself eagerly into the arms of learning, that sister which, at least does not laugh

    自ら熱心に学習、少なくとも笑っていない、その妹の腕に

  • in your face, and which always pays you,

    あなたの顔に、そしてそれは常に、あなたを支払う

  • though in money that is sometimes a little hollow, for the attention which you have

    お金では時々あなたが持っている注目のために少し中空であり、そのかかわらず、

  • paid to her.

    彼女に支払った。

  • Hence, he became more and more learned, and, at the same time, as a natural

    したがって、彼はより多くなり、多くの学び、そして、同時に、自然と

  • consequence, more and more rigid as a priest, more and more sad as a man.

    その結果、より多くのそして司祭のような、より厳格な、より多くのそして人間としてもっと悲しい。

  • There are for each of us several parallelisms between our intelligence, our

    私たちは、私たちの知性の間に私達のそれぞれのいくつかのparallelismsためにあります。

  • habits, and our character, which develop without a break, and break only in the

    休憩なしで開発する、とだけで破る習慣、そして私たちのキャラクター、

  • great disturbances of life.

    人生の大きな障害。

  • As Claude Frollo had passed through nearly the entire circle of human learning--

    クロードフロロは、人間の学習のほぼ全体のサークルを通過していたとして -

  • positive, exterior, and permissible--since his youth, he was obliged, unless he came

    、正の外部、および許容 - 彼が来ていない限り、彼の若い頃から、彼は、義務付けられて

  • to a halt, ubi defuit orbis, to proceed

    停止するために、UBI defuitオルビスは、続行する

  • further and seek other aliments for the insatiable activity of his intelligence.

    さらに、彼の知性の飽くことのない活動のための他のalimentsを求める。

  • The antique symbol of the serpent biting its tail is, above all, applicable to

    尾を噛んで蛇のアンティークのシンボルは、何よりも、に適用さ

  • science.

    科学。

  • It would appear that Claude Frollo had experienced this.

    それは、クロードフロロがこれを経験していたようだ。

  • Many grave persons affirm that, after having exhausted the fas of human learning,

    多くの墓の人は、人間の学習のFASを尽くされた後に、ことを確認する

  • he had dared to penetrate into the nefas.

    彼はnefasに浸透してあえてしていた。

  • He had, they said, tasted in succession all the apples of the tree of knowledge, and,

    彼は、彼らによると、連続して知識の木のすべてのりんごを味わった、と、していた

  • whether from hunger or disgust, had ended by tasting the forbidden fruit.

    飢餓や嫌悪感からかどうか、禁断の果実を味わうことで終わった。

  • He had taken his place by turns, as the reader has seen, in the conferences of the

    彼はの会議では、読者が見ているように、交互に彼の場所を取っていた

  • theologians in Sorbonne,--in the assemblies of the doctors of art, after the manner of

    ソルボンヌin神学者、 - 芸術の医師のアセンブリ内の、の方法の後に

  • Saint-Hilaire,--in the disputes of the

    サン - チラールの、 - の紛争で

  • decretalists, after the manner of Saint- Martin,--in the congregations of physicians

    decretalists、サンマルタンの方法の後、 - 医師の信徒たちin

  • at the holy water font of Notre-Dame, ad cupam Nostroe-Dominoe.

    ノートルダム寺院の聖なる水フォント、広告cupam Nostroe - Dominoeで。

  • All the dishes permitted and approved, which those four great kitchens called the

    これら4つの偉大なキッチンと呼ばれる、許可され承認されたすべての料理

  • four faculties could elaborate and serve to the understanding, he had devoured, and had

    four学部は詳しく説明し、理解するのに役立つ可能性があると彼はとりこにし、持っていた

  • been satiated with them before his hunger was appeased.

    彼の空腹をなだめていた前に一緒に飽き飽きして。

  • Then he had penetrated further, lower, beneath all that finished, material,

    それから彼は、すべてその完成、材料の下に、さらに、低浸透していた

  • limited knowledge; he had, perhaps, risked his soul, and had seated himself in the

    限られた知識、彼が持っていたが、おそらく、彼の魂を危険にさらし、そして彼自身を装着していた

  • cavern at that mysterious table of the

    その神秘的なテーブルでの洞窟

  • alchemists, of the astrologers, of the hermetics, of which Averroes, Gillaume de

    占星術師の、ハーメチックの、Gillaumeデ、イブン=ルシュドの錬金術師、

  • Paris, and Nicolas Flamel hold the end in the Middle Ages; and which extends in the

    パリ、そしてニコラフラメルは中世に端を保持する、とした拡張

  • East, by the light of the seven-branched

    東、七枝状の光による

  • candlestick, to Solomon, Pythagoras, and Zoroaster.

    ソロモン、ピタゴラス、そしてゾロアスターの燭台、。

  • That is, at least, what was supposed, whether rightly or not.

    それは当然かどうか、はずだったか、少なくとも、である。

  • It is certain that the archdeacon often visited the cemetery of the Saints-

    助祭はしばしば聖人-の墓地を訪れたことが確実である

  • Innocents, where, it is true, his father and mother had been buried, with other

    他と彼の父と母が埋葬されていた、それがtrueの場合、罪のない、、

  • victims of the plague of 1466; but that he

    1466年のペストの犠牲者が、彼その

  • appeared far less devout before the cross of their grave than before the strange

    はるかに少ない信心深い彼らの墓の十字架の前に奇妙なまで以上に登場

  • figures with which the tomb of Nicolas Flamel and Claude Pernelle, erected just

    ニコラスフラメルとクロードPernelleの墓は、単に建設されるとの数値

  • beside it, was loaded.

    その横に、ロードされています。

  • It is certain that he had frequently been seen to pass along the Rue des Lombards,

    それは、彼が頻繁に通りデロンバルドに沿って渡すように見られていたことは確かである

  • and furtively enter a little house which formed the corner of the Rue des Ecrivans

    とひそかに通りデEcrivansのコーナーを形成小さな家を入力してください

  • and the Rue Marivault.

    と通りMarivault。

  • It was the house which Nicolas Flamel had built, where he had died about 1417, and

    それは彼が1417年については死亡していたニコラスフラメルが組み込まれていた家だった、と

  • which, constantly deserted since that time, had already begun to fall in ruins,--so

    これ、常にその時以来、捨てられたが、すでに、廃墟に落ち始めていた - など

  • greatly had the hermetics and the

    大幅ハーメチックといた

  • alchemists of all countries wasted away the walls, merely by carving their names upon

    すべての国の錬金術師は、単に時に自分の名前を彫ることで、壁を離れて無駄

  • them.

    それら。

  • Some neighbors even affirm that they had once seen, through an air-hole, Archdeacon

    いくつか近所の人にも空気穴、助祭を通して、彼らは一度見ていたことを確約

  • Claude excavating, turning over, digging up the earth in the two cellars, whose

    クロードは2つのセラーで地球を掘り、裏返して、切り開き、その

  • supports had been daubed with numberless

    支持体は、無数にdaubedされていた

  • couplets and hieroglyphics by Nicolas Flamel himself.

    カプレットとニコラスフラメル自身が象形文字。

  • It was supposed that Flamel had buried the philosopher's stone in the cellar; and the

    それは、フラメルはセラーで賢者の石を埋めていたことになっていた、と

  • alchemists, for the space of two centuries, from Magistri to Father Pacifique, never

    Magistriから父のパシフィックへの錬金術師、二世紀のスペースのため、、決して

  • ceased to worry the soil until the house,

    、家まで土を心配して中止

  • so cruelly ransacked and turned over, ended by falling into dust beneath their feet.

    そう残酷に略奪し、彼らの足の下に粉々に落ちることによって終了する、めくった。

  • Again, it is certain that the archdeacon had been seized with a singular passion for

    再び、それは、助祭がために特異情熱で押収されていたことは確かである

  • the symbolical door of Notre-Dame, that page of a conjuring book written in stone,

    ノートルダム寺院、石で書かれた手品ブックのそのページ、の象徴ドア

  • by Bishop Guillaume de Paris, who has, no

    持っている司教ギョームドパリ、、NOによる

  • doubt, been damned for having affixed so infernal a frontispiece to the sacred poem

    疑いは、神聖な詩にその地獄の口絵を貼付したことでのろわれて

  • chanted by the rest of the edifice.

    建物の残りの部分で叫んだ。

  • Archdeacon Claude had the credit also of having fathomed the mystery of the colossus

    助祭クロードは、巨像の謎をfathomedしたのも信用していた

  • of Saint Christopher, and of that lofty, enigmatical statue which then stood at the

    セントクリストファーの、そしてその後に立ってその高尚な、enigmatical像の

  • entrance of the vestibule, and which the

    前庭の入口、およびどの

  • people, in derision, called "Monsieur Legris."

    と呼ばれる人々、ばかにして、"ムッシュルグリ。"

  • But, what every one might have noticed was the interminable hours which he often

    しかし、何を一人一人が気づいているかもしれないと、果てしのない時間、彼がよくなった

  • employed, seated upon the parapet of the area in front of the church, in

    採用で、教会の前の領域の欄干によって座る

  • contemplating the sculptures of the front;

    正面の彫刻を検討中。

  • examining now the foolish virgins with their lamps reversed, now the wise virgins

    今調べて、そのランプと愚かな処女は賢い処女は今、逆に

  • with their lamps upright; again, calculating the angle of vision of that

    再び、そのビジョンの角度を計算し、直立そのランプ付

  • raven which belongs to the left front, and

    左前方に属している、とワタリガラス

  • which is looking at a mysterious point inside the church, where is concealed the

    これは、隠蔽されている場所、教会内部の神秘的なポイントを見ている

  • philosopher's stone, if it be not in the cellar of Nicolas Flamel.

    賢者の石、それはニコラフラメルのセラーではないことであれば。

  • It was, let us remark in passing, a singular fate for the Church of Notre-Dame

    それは、私たちはノートルダム教会のために、特異な運命を渡すことでリマークせていた

  • at that epoch to be so beloved, in two different degrees, and with so much

    その時代に二つの異なる角度で、その最愛のである、とするほどで

  • devotion, by two beings so dissimilar as Claude and Quasimodo.

    献身、クロードとカジモドほど異なるtwo人間によって。

  • Beloved by one, a sort of instinctive and savage half-man, for its beauty, for its

    そのため、その美しさのため、一つ、本能的と野蛮な半人間のようなものに愛さ

  • stature, for the harmonies which emanated from its magnificent ensemble; beloved by

    その壮大なアンサンブルから出たハーモニーのための身長、、最愛の

  • the other, a learned and passionate

    、他の学習と情熱

  • imagination, for its myth, for the sense which it contains, for the symbolism

    その神話のため、それに含まれる意味のため、象徴性のための想像力、

  • scattered beneath the sculptures of its front,--like the first text underneath the

    、その正面の彫刻の下に散らばって - の下に最初のテキストのような

  • second in a palimpsest,--in a word, for the

    、パリンプセスト第二 - ワードに、用

  • enigma which it is eternally propounding to the understanding.

    それは永遠に理解するpropoundingれる謎。

  • Furthermore, it is certain that the archdeacon had established himself in that

    さらに、それはそれで彼自身助祭が確立していたことは確かです

  • one of the two towers which looks upon the Greve, just beside the frame for the bells,

    ちょうど鐘のためのフレームの横にある、グレーヴェイン時に見える二つの塔の一つ、

  • a very secret little cell, into which no

    非常に秘密の少ない細胞、無に

  • one, not even the bishop, entered without his leave, it was said.

    一つは、彼の休暇なしで入力していないにも司教、、それは言われた。

  • This tiny cell had formerly been made almost at the summit of the tower, among

    この小さなセルは、以前の間で、ほぼ塔の頂上で行われていた

  • the ravens' nests, by Bishop Hugo de Besancon who had wrought sorcery there in

    ワタリガラスの巣、魔術そこに細工していたビショップヒューゴデブザンソンで

  • his day.

    彼の一日。

  • What that cell contained, no one knew; but from the strand of the Terrain, at night,

    何そのセルが含まれている、誰も知らなかった、、夜になるが、地形のストランドから

  • there was often seen to appear, disappear, and reappear at brief and regular

    頻繁に短いと定期的に、表示消え、そして再び表示するためにそこに見られた

  • intervals, at a little dormer window

    少しドーマーウインドーでの間隔、

  • opening upon the back of the tower, a certain red, intermittent, singular light

    特定の赤、断続的に、単数形の光が、塔の後ろに基づい開く

  • which seemed to follow the panting breaths of a bellows, and to proceed from a flame,

    これは、ベローズの喘ぐ呼吸に従うこと、および火炎から進むように見えた

  • rather than from a light.

    むしろ光からより。

  • In the darkness, at that height, it produced a singular effect; and the

    暗闇の中で、その高さで、それは特異な効果を発揮した、と

  • goodwives said: "There's the archdeacon blowing! hell is sparkling up yonder!"

    goodwivesは言った:"吹き助祭がある!地獄はあそこまで輝いている!"

  • .

  • There were no great proofs of sorcery in that, after all, but there was still enough

    魔術のない偉大な証拠はすべての後、という点ではなかったが、それでも十分にあった

  • smoke to warrant a surmise of fire, and the archdeacon bore a tolerably formidable

    火災の臆測を保証する煙、助祭は結構手ごわい穴

  • reputation.

    評判。

  • We ought to mention however, that the sciences of Egypt, that necromancy and

    しかし、我々は言及すべきだそのエジプトの科学、その降霊術と

  • magic, even the whitest, even the most innocent, had no more envenomed enemy, no

    マジック、さらにほとんどの無実であっても白くは、、これ以上の凶悪な敵、何もなかった

  • more pitiless denunciator before the gentlemen of the officialty of Notre-Dame.

    ノートルダム寺院のofficialtyの紳士の前にもっと情け容赦のない非難者。

  • Whether this was sincere horror, or the game played by the thief who shouts, "stop

    これは誠実な恐怖、または叫んで泥棒が演じるゲームであるかどうかを、"停止

  • thief!" at all events, it did not prevent the archdeacon from being considered by the

    泥棒!"すべてのイベントで、それはで検討されているから助祭を妨げなかった

  • learned heads of the chapter, as a soul who

    人の魂として、章の頭を学んだ

  • had ventured into the vestibule of hell, who was lost in the caves of the cabal,

    秘密結社の洞窟で失われた地獄の前庭、、にも進出していた

  • groping amid the shadows of the occult sciences.

    オカルト科学の影の中で模索。

  • Neither were the people deceived thereby; with any one who possessed any sagacity,

    どちらも、それによって欺か人だった;どんな聡明さを持っていたいずれかで、

  • Quasimodo passed for the demon; Claude Frollo, for the sorcerer.

    カジモドは、悪魔のために渡された、クロードフロロを、魔術師のために。

  • It was evident that the bellringer was to serve the archdeacon for a given time, at

    それは、ベルリンガーはで、一定時間助祭を提供することだったことが明らかになった

  • the end of which he would carry away the latter's soul, by way of payment.

    の終わりは彼が支払いの方法によって、後者の魂を運び去るでしょう。

  • Thus the archdeacon, in spite of the excessive austerity of his life, was in bad

    したがって、助祭は、彼の人生の過度の緊縮にもかかわらず、悪いにあった

  • odor among all pious souls; and there was no devout nose so inexperienced that it

    すべての敬虔な魂の中で臭気、およびそれよう、経験の浅いない敬虔な鼻はなかった

  • could not smell him out to be a magician.

    魔術師であることが彼を嗅ぎつけることができませんでした。

  • And if, as he grew older, abysses had formed in his science, they had also formed

    と彼は古い成長するにつれ、深淵が彼の科学に形成していた、場合、彼らはまた、形成していた

  • in his heart.

    彼の中心にある。

  • That at least, is what one had grounds for believing on scrutinizing that face upon

    少なくとも、いずれかの時にその顔を精査の信じる根拠を持っていたものであること

  • which the soul was only seen to shine through a sombre cloud.

    その魂だけ陰鬱な雲透けて見えるために見ていた。

  • Whence that large, bald brow? that head forever bent? that breast always heaving

    どこからその大規模な、はげ額?その頭は永遠に曲がって?その乳房がいつも膨れ上がり

  • with sighs?

    ため息と?

  • What secret thought caused his mouth to smile with so much bitterness, at the same

    どのような秘密と同じで、そんなに苦味で微笑む彼の口を引き起こしたと考え

  • moment that his scowling brows approached each other like two bulls on the point of

    彼のscowling眉はのポイントで2つ頭の雄牛のようにお互いに近づいている瞬間

  • fighting?

    戦って?

  • Why was what hair he had left already gray? What was that internal fire which sometimes

    なぜ、彼は既に灰色残っていた何毛でしたか?その内部の火災はどの時々何だったの

  • broke forth in his glance, to such a degree that his eye resembled a hole pierced in

    彼の目がINピアス穴に似ていたような程度に、彼の一目に記載壊した

  • the wall of a furnace?

    炉の壁?

  • These symptoms of a violent moral preoccupation, had acquired an especially

    暴力的な道徳的先入観のこれらの症状は、特に取得しています

  • high degree of intensity at the epoch when this story takes place.

    この話が行われる時代で強度の高い。

  • More than once a choir-boy had fled in terror at finding him alone in the church,

    複数回合唱団 - 少年は、教会に一人で彼を見つけることを恐怖で逃亡していた

  • so strange and dazzling was his look.

    その奇妙なとまばゆいばかりの彼を見ていた。

  • More than once, in the choir, at the hour of the offices, his neighbor in the stalls

    屋台での彼の隣人、オフィスの時間で、合唱団で、複数回

  • had heard him mingle with the plain song, ad omnem tonum, unintelligible parentheses.

    彼は普通の歌、広告omnem tonum、理解不能な括弧と交わる聞いていた。

  • More than once the laundress of the Terrain charged "with washing the chapter" had

    回以上"の章を洗うと"充電地形の洗濯を職業とする女性が持っていた

  • observed, not without affright, the marks of nails and clenched fingers on the

    上爪と握りしめた指のマークは、強烈な恐怖なしに、ではないが観察

  • surplice of monsieur the archdeacon of Josas.

    ムッシューJosasのの助祭の冥衣。

  • However, he redoubled his severity, and had never been more exemplary.

    しかし、彼は彼の重症度を倍加し、より多くの模範的なことはなかった。

  • By profession as well as by character, he had always held himself aloof from women;

    職業によってだけでなく、文字で、彼はいつも女性から自分が離れて開催していた。

  • he seemed to hate them more than ever. The mere rustling of a silken petticoat

    彼はこれまで以上に、それらを憎むように見えた。絹のペチコートの単なる擦れる音

  • caused his hood to fall over his eyes.

    彼のフードは、彼の目の上に落下していました。

  • Upon this score he was so jealous of austerity and reserve, that when the Dame

    このスコアに彼はその時ルダム、緊縮及び準備金のように嫉妬

  • de Beaujeu, the king's daughter, came to visit the cloister of Notre-Dame, in the

    デBeaujeu、王の娘で、ノートルダム寺院の回廊を訪れるようになった

  • month of December, 1481, he gravely opposed

    12月1481年の月、彼は重々しく反対して

  • her entrance, reminding the bishop of the statute of the Black Book, dating from the

    ブラックブックの法令の司教を思い出させる彼女の入り口は、、出会い系から

  • vigil of Saint-Barthelemy, 1334, which interdicts access to the cloister to "any

    "いずれかに回廊へのアクセスをinterdictsサン=バルテルミー、1334、の徹夜

  • woman whatever, old or young, mistress or maid."

    女性のどのような、古いまたは若い、愛人やメイド。"

  • Upon which the bishop had been constrained to recite to him the ordinance of Legate

    その時には司教は彼にルゲートの条例を暗唱するように制限されていた

  • Odo, which excepts certain great dames, aliquoe magnates mulieres, quoe sine

    特定の偉大な貴婦人をexceptsで小戸、、aliquoe magnates mulieres、quoe正弦

  • scandalo vitari non possunt.

    scandalo vitari非possunt。

  • And again the archdeacon had protested, objecting that the ordinance of the legate,

    そして再び助祭は反対し、抗議していたその使節の条例、

  • which dated back to 1207, was anterior by a hundred and twenty-seven years to the Black

    これは、ブラックに百二十七年で前方、1207年に戻っていた日付

  • Book, and consequently was abrogated in fact by it.

    したがって本、そして、それによって実際には廃止されました。

  • And he had refused to appear before the princess.

    と彼は王女の前に表示されることを拒否していた。

  • It was also noticed that his horror for Bohemian women and gypsies had seemed to

    また、ボヘミアン女性とジプシーのための彼の恐怖はに思われていたことがわかりました

  • redouble for some time past.

    ここしばらくの間リダブル。

  • He had petitioned the bishop for an edict which expressly forbade the Bohemian women

    彼は、明示的にボヘミアン女性を禁じる勅令のための司教を請願していた

  • to come and dance and beat their tambourines on the place of the Parvis; and

    来て、踊りとパルビスの場所に彼らのタンバリンを打つために、と

  • for about the same length of time, he had

    時間のほぼ同じ長さのために、彼がいた

  • been ransacking the mouldy placards of the officialty, in order to collect the cases

    事例を収集するために、officialtyのカビプラカードを略奪されて

  • of sorcerers and witches condemned to fire or the rope, for complicity in crimes with

    と犯罪の共犯については、火災やロープを宣告魔術師と魔女の

  • rams, sows, or goats.

    羊、豚、またはヤギ。

-BOOK FOURTH. CHAPTER V.

第四BOOK。 CHAPTER V.

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 助祭 クロード 司教 クロードフロロ ノートルダム 魔術

Book 04 第5章 ヴィクトル・ユーゴー著『ノートルダムのせむし男』クロード・フロロの詳細情報 (Book 04 - Chapter 5 - The Hunchback of Notre Dame by Victor Hugo - More about Claude Frollo)

  • 37 7
    阿多賓 に公開 2021 年 01 月 14 日