Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Having covered Israel's legal rights in the West Bank. We're now going to focus on the Peace Process.

    ヨルダン川西岸地区におけるイスラエルの法的権利について説明しましたので、 それでは和平プロセスについて注目してみましょう。

  • Many suggest that Israel's presence in the West Bankwhat some people call the "occupation", is the cause of Palestinian hostility towards Israel, and the reasonthere is no peace.

    多くの人が、イスラエルの西岸での駐留が―それを「占領」と呼ぶ人もいますが―パレスチナ人のイスラエルに対する敵意の原因であり、平和が実現できない理由であると言います。

  • But is that really true?

    でもそれは本当でしょうか?

  • If Israel’s presence    is the causeof the conflict…  then it follows that there was no conflictbefore 1967 -when Israel was not in the West BankRight?

    イスラエルの駐留が紛争の原因だとすると、 イスラエルがヨルダン川西岸にいなかった1967年以前には、紛争が無かったことになりますね?

  • Let's look at the facts

    事実を見てみましょう…

  • The PLOthe Palestinian Liberation Organization.. was created in 1964 

    PLO、パレスチナ「解放」機構は、1964年に設立しました、

  • -when the entire West Bank and Gaza was in Arab hands

    当時、西岸とガザの全てはアラブ人の手中にありました。

  • Why create the PLO in 1964… when Israel has no presence in the West Bank and Gaza

    なぜ、イスラエルが西岸とガザに駐留していない1964年にPLOを作るのでしょうか?

  • What "Palestine" were they liberating?

    どの「パレスチナ」を彼らは解放しようとしたのでしょうか?

  • The PLO emblem -gives us the answer.   0:01:04.00,0:01:10.000 The PLO was created to remove by forcethe entire state of Israel from the map of the Middle East

    PLOの紋章がその答えをくれます。

  • A goal clearly stated in their Charter.

    PLOは、中東の地図から全イスラエルを力ずくで取り除くために創られたのです。

  • This goal was not new.

    そのゴールは彼らの憲章に明記されています。

  • The PLO was continuing a long Arab history of sayingNo

    そのゴールは目新しいものではありませんでした。

  • No -to the national self-determination of the Jewish people

    PLOは「NO」を言う長いアラブの歴史を継承しました。

  • No -to recognizing the Jewish ancestral homeland

    ユダヤ人の民族自決権への「NO」

  • Let's take a look at the history:

    ユダヤの父祖の地を承認することへの「NO」

  • In 1937, the Peel Commission recommended a division of the land… a Jewish stateand -an Arab state.

    歴史を振り返ってみましょう。

  • The Arab portion would include 96% of the territory that the League of Nations had originally designatedfor the Jewish Homeland.

    1937年に、ピール委員会は土地の分割、ユダヤ国家とアラブ国家への分割案を提示しました。

  • This included far morethan just the West Bank

    アラブの割り当てには、国際連盟が当初ユダヤ人の祖国として認めた領土の96%が含まれていました。

  • Howeverinstead of accepting the Jews as peace partnersthe Palestinian leader Haj Amin Al-Husseini said… "NO" and found a partnerwhose vision was closer to his own

    ここには西岸よりずっと多くの領土が含まれていました。

  • In 1947, the United Nations recommended The Partition plan- which again, offered the Arabs far more than just the West Bank.

    けれど…ユダヤ人を和平のパートナーとして受け入れる代わりに、パレスチナの指導者ハジ・アミン・アルフセイニは言ったのです…「NO」 そして自分に近いビジョンを持ったパートナーを見つけました。

  • The Jews saidYES” 0:02:14.000,0:02:18.500 The Arab leaders again said "NO" and launched… a "war of extermination"

    1947年に、国連は分割案を推奨します、それは再び、 アラブ側に西岸地区よりずっと多くを提示していました。

  • Israel won that war, established the state, but did not know a day of peace despite the factthat its Arab neighbors held the entire West Bank.

    ユダヤ人は「YES」と言いました。

  • The Arabs continued saying "NO!"

    アラブの指導者達は再び「NO」と言い、「絶滅戦争」を始めたのです。

  • They attacked Israel relentlessly….using the West Bank as a launching paduntilIsrael took it over - in a war of self defense- in 1967

    イスラエルは戦争に勝利し、建国しましたが、一日たりとも平和はありませんでした…アラブの隣人が西岸地区全体を手にしているにもかかわらず。

  • After the warthe Arab League rejected all attempts at peace.   0:02:46.500,0:02:50.000 They continued to choose force over negotiation.

    アラブ人たちは「NO!」と言い続けました。

  • Andat a summit in the city of Khartoum - we again heard:  "NO, NO, NO".     

    彼らはイスラエルを容赦なく攻撃しました…西岸を発射台に使い…イスラエルが1967年に自衛の戦争でそこを掌握するまで。

  • Let's fast-forward to 1993… Israel and the Palestinians sign the Oslo Accords.

    戦後、アラブ連盟はあらゆる和平への試みを拒否しました。

  • Were the Palestinians finally saying "yes"?

    彼らは交渉でなく武力を選び続けました。

  • IT appeared soIsrael said "YES"… and gave territorial control to a Palestinian government it helped establish

    そして…ハルツームのアラブサミットでも、また「NO、NO、NO」を聞くことになったのです。

  • But despite signing agreementsthe Palestinian actionssaidNO”:

    1993年まで早送りしてみましょう…イスラエルとパレスチナはオスロ合意に調印します。

  • During the next five yearsIsrael saw a significant increase in terrorist attacksWhich killed hundreds of Israelis.

    パレスチナ人はとうとう「YES」と言ったのでしょうか?

  • In 1996, Yasser Arafat, the Palestinian leader declares: "...We plan to eliminate the State of Israel and establish a purely Palestinian State".

    そのように見えました。 イスラエルは「YES」と言い、その設立を助けたパレスチナ政府に自治を託しました。

  • But Israel didn't give up saying "YES"..

    けれど合意に署名したにも関わらず、パレスチナの行動は「NO」を示したのです。

  • In 2000, Israel's Prime Minister Barak -offers the Palestinians 93% of the West Bank.

    続く5年間… イスラエルはテロ攻撃の著しい増加に遭い、 何百人ものイスラエル人が殺されました。

  • Againthe answer isNO!” …together with increased terror.    

    1996年にパレスチナの指導者ヤセル・アラファトは宣言します 「…我々はイスラエル国家を排除し、純粋なパレスチナ国家を建設する計画である」と。

  • In 2005 Israel withdraws from the Gaza strip,  uprooting 8,500 Israeli citizenshoping  to advance peace.

    けれどイスラエルは「YES」と言うのをあきらめませんでした。

  • The Palestinians?? …Again say "NO".

    2000年に、イスラエルのバラク首相は西岸地区の93%をパレスチナ人に提示しました。

  • This time they increase rocket attacks -from Gaza- against Israeli civiliansby over 500%.

    再び、返答は「NO!」、テロも増加しました。

  • In 2008… another Israeli attempt at "YES"

    2005年には、イスラエルはガザ地区から撤退、和平の推進を期待し、8500名のイスラエル国民を退去させました。

  • Prime Minister Olmert accepts nearly all Palestinian demandsincluding handing over almost 100% of the West Bankwith minor land swaps.

    パレスチナ人は?? ふたたび「NO」と言ったのです。

  • The Palestinians?? ...Again say…“NO”.   

    今度はガザからイスラエル国民を狙ったロケット弾攻撃を、500%も増加させました。

  • So…. what can we conclude?

    2008年に、イスラエルは再度「YES」を試みました。

  • 1. The conflict was not caused by Israel's presence in the West Bank

    オルメルト首相が、ほぼ全てのパレスチナ側の要求を受け入れ、わずかな領土交換を伴う西岸地区の100%に近い部分を割譲するとしたのです。

  • The real cause of the conflict -until todayis the long-held Arab history of saying "NO":

    パレスチナ人は?? ふたたび「NO」と言いました。

  • "No to peace"… "No to the existence of Israel".

    それでは、どんな結論ができるでしょうか?

  • Because "NO" is consistent with Palestinian policyeducationand media.

    1.紛争はイスラエルの西岸地区での駐留が原因ではありません。

  • Political and religious leaders continuously promote Israel’s destruction.

    紛争の本当の原因は、今日に至るまで、「NO」といい続けるアラブの長い歴史にあります。

  • 2. Israel has said "Yes" for decades…. and has proven thatby signing peace with Jordan and Egypt.  

    「和平へのNO」「イスラエルの存在へのNO」

  • So……  Where do we go from here?

    「NO」はパレスチナの政策、教育、そしてメディアに一貫しています。

  • How do we achieve peace?

    政治的・宗教的指導者達は、絶え間なくイスラエルの破壊を奨励しています。

  • With some good willmutual recognition of the right -to self-determination, andreal compromises on both sides.

    2.イスラエルは何十年にもわたり「YES」を言い続け、それをヨルダンとエジプトとの和平条約の締結によって証明しました。

  • Israelfor its partwill continue saying "YES" to a real and enduring peace.  

    ですから…ここから私たちはどう進めば良いのでしょうか?

  • Butfor the peace process to succeed; The Palestinians…. will have to give up   their uncompromising choiceof forceover negotiation                                                          

    どうやって和平を実現するのでしょうか?

  • andof choosing …"NO"  - over "YES"

    いくらかの善意と… 互いの自決権を認め、そして… 両者の真の譲歩が必要です。

  • It is about time.

    イスラエルは、真の永続的な和平への「YES」を言い続けます。

Having covered Israel's legal rights in the West Bank. We're now going to focus on the Peace Process.

ヨルダン川西岸地区におけるイスラエルの法的権利について説明しましたので、 それでは和平プロセスについて注目してみましょう。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 イスラエル パレスチナ 西岸 アラブ yes 地区

イスラエル・パレスチナ紛争和平プロセスの真実 (Israel Palestinian Conflict: The Truth About the Peace Process)

  • 363 39
    姚易辰 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語