Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • For centuries, people have consumed bugs, everything from beetles to caterpillars, locusts, grasshoppers, termites, and dragonflies.

    何世紀もの間 人々は昆虫を食べてきました カブトムシからイモ虫、イナゴ、バッタ、シロアリ、トンボに至るまでです

  • The practice even has a name: entomophagy.

    この習慣には名前もあります 「エントモファジィ(=昆虫食)」です

  • Early hunter-gatherers probably learned from animals that foraged for protein-rich insects and followed suit.

    初期の狩猟採集民族は おそらく タンパク質が豊富な昆虫を探す動物から学び、それを真似たのでしょう

  • As we evolved and bugs became part of our dietary tradition, they fulfilled the role of both staple food and delicacy.

    僕たちが進化して、昆虫が伝統的な食の一部になるにつれ 虫たちは 主食と珍味の両方の役割を果たすようになりました

  • In ancient Greece, cicadas were considered luxury snacks.

    古代ギリシャでは セミは高級スナックとされていました

  • And even the Romans found beetle larvae to be scrumptious.

    ローマ人も カブトムシをの幼虫を美味だと感じたのです

  • Why have we lost our taste for bugs?

    なぜ 僕たちは 虫への嗜好を失ってしまったのでしょうか?

  • The reason for our rejection is historical, and the story probably begins around 10,000 BC in the Fertile Crescent, a place in the Middle East that was a major birthplace of agriculture.

    僕たちが拒否反応を示す理由には歴史的な背景があります その始まりは おそらく 紀元前 1 万年頃の肥沃な三日月地帯 中東にある、農耕の発祥の地です

  • Back then, our once-nomadic ancestors began to settle in the Crescent.

    その頃 かつて遊牧民であった 僕たちの祖先は 三日月地帯に定住し始めます

  • And as they learned to farm crops and domesticate animals there, attitudes changed, rippling outwards towards Europe and the rest of the western world.

    そして そこで作物を育て、動物を飼育するようになると 人々の感じ方は変わり、それがヨーロッパやその他の西の地域へと広まっていきます

  • As farming took off, people might have spurned bugs as mere pests that destroyed their crops.

    農耕が始まって 人々は虫を拒絶するようになったのかもしれません 農作物を台なしにする ただの害虫として です

  • Populations grew, and the West became urbanized, weakening connections with our foraging past.

    人口が増え、西ヨーロッパ地域の都会化が進みます 狩猟採集をしていた過去とのつながりは薄れていきました

  • People simply forgot their bug-rich history.

    人々は 虫が豊かだった過去を単純に忘れてしまったのです

  • Today, for people not accustomed to entomophagy, bugs are just an irritant.

    現在、昆虫食になれていない人々にとって 虫はとにかく不快なものです

  • They sting and bite and infest our food.

    虫は 刺したり、噛みついたり、僕たちの食料に群がるもの

  • We feel an "ick" factor associated with them and are disgusted by the prospect of cooking insects.

    僕たちは 虫にまつわる「不快な」要素を感じ取り、虫を調理するということに嫌悪感を抱いてしまうのです

  • Almost 2,000 insect species are turned into food, forming a big part of everyday diets for two billion people around the world.

    2,000 種近くの昆虫が食料になっています 世界の 20 億という人々の日々の食生活で重要な役割を果たしているのです

  • Countries in the tropics are the keenest consumers because culturally it's acceptable.

    熱帯地域の国々は 熱烈な消費者です (昆虫食を)受け入れられる文化だからです

  • Species in those regions are also large, diverse, and tend to congregate in groups or swarms that make them easy to harvest.

    そういった地域の虫は 大きく、種類も多く、集団や大群で群れる傾向にあるため 簡単に捕まえることができます

  • Take Cambodia in southeast Asia where huge tarantulas are gathered, fried, and sold in the marketplace.

    東南アジアのカンボジアを見てみると 巨大なタランチュラを採集し、油で揚げたものが市場で売られています

  • In southern Africa, the juicy mopane worm is a dietary staple, simmered in a spicy sauce or eaten dried and salted.

    アフリカ南部では ジューシーなモパネワーム ( ガの幼虫 ) が主食 スパイシーなソースで煮たり、乾燥させて塩味をつけたりしたものです

  • And in Mexico, chapulines are toasted with garlic, lemon, and salt.

    メキシコではチャプリネス ( バッタ ) を こんがりと焼いて ニンニク、レモン、塩で味付けをします

  • Bugs can be eaten whole to make up a meal or ground into flour, powder, and paste to add to food.

    虫はそのまま料理されたり、細かくして小麦粉や粉末類、ペーストなどに入れ、料理に加えられます

  • But it's not all about taste.

    重要なのは味だけではありません

  • They're also healthy.

    健康にも良いのです

  • In fact, scientists say entomophagy could be a cost-effective solution for developing countries that are food insecure.

    実は、研究者たちが言うには 食料供給が不安定な開発途上国にとって 昆虫食は 費用対効果の高い解決策となりうるとのこと

  • Insects can contain up to 80% protein, the body's vital building blocks, and are also high in energy-rich fat, fiber, and micronutrients like vitamins and minerals.

    昆虫は体の最大 80% が必須栄養素のタンパク質で、エネルギー豊富な脂質、食物繊維、ビタミンやミネラルなどの微量栄養素も多く含まれています

  • Did you know that most edible insects contain the same amount or even more mineral iron than beef?

    ご存知でしたか? 食べられる昆虫のほとんどに 牛肉と同等かそれ以上の鉄分が含まれているんです

  • Making them a huge, untapped resource when you consider that iron deficiency is currently the most common nutritional problem in the world.

    この事実によって虫は まだ活用されていない巨大な資源となります 鉄分不足が現在 世界で最もよくある栄養問題であることを考えた場合にです

  • The mealworm is another nutritious example.

    ミールワームも 栄養価の高いものの一例です

  • The yellow beetle larvae are native to America and easy to farm.

    カブトムシの黄色い幼虫は アメリカの固有種で養殖が簡単です

  • They have a high vitamin content, loads of healthy minerals, and can contain up to 50% protein, almost as much as in an equivalent amount of beef.

    ビタミンの含有量が高く、体に良いミネラルが豊富で、最大で体の 50% がタンパク質です これは牛肉とほぼ同等の量です

  • To cook, simply saute in butter and salt or roast and drizzle with chocolate for a crunchy snack.

    調理は シンプルにバターでソテーして塩味をつけるか ローストしてチョコレートをかけてカリカリのスナックにします

  • What you have to overcome in "ick" factor, you gain in nutrition and taste.

    克服しなければいけないのは "不快な" 要素です それで栄養も取れるし味わうこともできます

  • Indeed, bugs can be delicious.

    実際、虫は美味なものにもなりうるんです

  • Mealworms taste like roasted nuts.

    ミールワームはローストしたナッツのような味わい

  • Locusts are similar to shrimp.

    イナゴはエビに似ています

  • Crickets, some people say, have an aroma of popcorn.

    コオロギはポップコーンのような香りがするという人もいます

  • Farming insects for food also has less environmental impact than livestock farms do because insects emit far less greenhouse gas and use up less space, water, and food.

    昆虫を食料として養殖することは 家畜と比べて環境への影響も少ないです 昆虫なら温室効果ガスを大幅に減らすことができるし、スペースや水、エサなども少なくて済みます

  • Socioeconomically, bug production could uplift people in developing countries since insect farms can be small scale, highly productive, and yet relatively inexpensive to keep.

    社会経済的に 虫を生産することで 開発途上国の人々を より良い状況に導くことができるかもしれません 昆虫農家なら 小規模ながらも 高い生産性を維持し 比較的低コストで抑えられるからです

  • Insects can also be turned into more sustainable food for livestock and can be reared on organic waste, like vegetable peelings, that might otherwise just end up rotting in landfills.

    昆虫は 家畜にとっても より持続可能な飼料となることが可能です 野菜の皮のような有機廃棄物で育てられることもできます そうでもなければ 埋め立て地で ただ腐り果てていくだけかもしれません

  • Feeling hungry yet?

    お腹はすきましたか?

  • Faced with a plate of fried crickets, most people today would still recoil, imagining all those legs and feelers getting stuck between their teeth.

    油で揚げたコオロギがお皿に乗っていたら 現代のほとんどの人は まだひるんでしまうでしょう 脚や触角が歯に挟まっている様子を思い浮かべるのです

  • But think of a lobster.

    でも ロブスターを思い浮かべてください

  • It's pretty much just a giant insect with legs and feelers galore that was once regarded as an inferior, repulsive food.

    ロブスターだって 巨大な昆虫みたいなものです 脚や触角がたくさんあって かつては下等で気色の悪い食べ物だと思われていたんです

  • Now, lobster is a delicacy.

    今やロブスターは ごちそうです

  • Can the same paradigm shift happen for bugs?

    同じように 虫に関する定説が覆されることはあるのでしょうか?

  • So, give it a try!

    何せ 試してみてください!

  • Pop that insect into your mouth, and savor the crunch.

    その虫をポイっと口に放り込んで 食感を味わってみてくださいね

For centuries, people have consumed bugs, everything from beetles to caterpillars, locusts, grasshoppers, termites, and dragonflies.

何世紀もの間 人々は昆虫を食べてきました カブトムシからイモ虫、イナゴ、バッタ、シロアリ、トンボに至るまでです

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 昆虫 バグ ミネラル イナゴ コオロギ

【TED-Ed】食べてみたい?未来の食材 ”昆虫食”について

  • 7041 560
    Go Tutor に公開 2021 年 12 月 31 日
動画の中の単語