Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In this American English pronunciation video, we're going to over the pronunciation of the

    このアメリカ英語の発音のビデオでは、私たちはの発音の上に行くつもりです。

  • ordinal numbers 1-10: first, second, third, and so on.

    序数1~10:第1、第2、第3など。

  • I've made a series of videos on How to pronounce Cardinal numbers: 1, 2, 3. In this video we'll

    枢機卿の数字の発音の仕方についての動画シリーズを作りました。1, 2, 3.このビデオでは

  • go over ordinal numbers.

    序数の上を行く

  • First, first. It begins with the F consonant sound, where the bottom lip will come up and

    まず、最初に。下唇が上がってくるF子音から始まり

  • touch here, ff, ff, the bottom of the top front teeth. Then we have the UR vowel. The

    ここを触って、ff、ff、上の前歯の下の方です。それからUR母音がありますのような音が出てきます。

  • UR vowel gives some people trouble because they think there needs to be a vowel sound

    UR母音は母音が必要だと思っている人がいるから困る

  • before an R consonant. But think of the UR vowel as the vowel version of the R sound.

    はR子音の前にあります。しかし、UR母音はR音の母音版と考えてください。

  • It's always written in IPA with the R consonant sound coming after it, but it's just one sound,

    いつもIPAでRの子音の後にRの子音が来るように書かれていますが、1つの音だけです。

  • rrr, fir-. The tongue draws up and back for this, right up at the roof of the mouth, either

    rrr、fir-。舌はこのために上へ下へと引き上げるのです 口の中の屋根のすぐ上に、どちらかに

  • touching the roof of the mouth on the sides, or the bottom/insides of the top teeth. So

    横の口の屋根に触れたり 上の歯の下/内側に触れたりしています ということで

  • you want to go straight from the F sound to the R sound: fff-rrr. A good way to test this

    Fの音からRの音に直進したい場合は、ffff-rrとなります。これをテストするには、次のような方法があります。

  • is to make sure you're not doing a big jaw drop, that's a sign that you're trying to

    は、あなたが大きな顎のドロップをやっていないことを確認することです、それはあなたがしようとしていることのサインです。

  • put in a different kind of vowel sound, fir-. Then we end with the ST consonant cluster.

    を入れて、母音の違う種類の音、fir-を入れます。そして最後にST子音群で締めくくります

  • So the teeth come together, the tongue tip goes down, sss. A trick here is rather than

    だから歯がくっついて、舌先が下になるんだよ、スッス。ここでのコツは

  • raising your tongue tip up for the T, you can leave the tip down, then push the part

    Tのために舌先を上に上げて、先端を下にしたままにして、その部分をプッシュします。

  • of the tongue just behind the tip to the roof of the mouth, to cut off the air. To release

    舌の先端のすぐ後ろから口の屋根に向かって、空気を断ち切るようにします。解放するために

  • the T, and let the air flow continue, just pull the tongue back down, first, first. Let

    Tの部分を引っ張って、空気の流れを続けさせて、舌を下に引っ張るだけで、先に、先に、先に。させてください。

  • the teeth part a little bit for the air to release. First.

    空気を抜くために歯の部分を少し動かします。最初に

  • The word 'second' begins with the S consonant sound. Then the EH as in BED vowel, so the

    単語は 'second' のS子音から始まります。その後、BEDの母音のようにEHになるので

  • jaw has to drop a good bit, se-, se-. The next syllable is unstressed, so it will be

    顎が結構下がるんだよね、セ、セ次の音節にはストレスがかからないので

  • fast. SEH-knd, -knd, -knd. We have the K consonant sound, and the schwa/N sound, so the N takes

    速いです。SEH-knd、-knd、-knd。Kの子音とschwa/Nの音があるので、Nは

  • over the schwa. You don't need to worry about making it a separate sound, and finally

    スワの上に乗っかっています。 別の音にすることを心配する必要はありません。

  • the D sound. Second, second.

    Dの音。2つ目、2つ目。

  • Third. This begins with the unvoiced TH sound, so the tongue tip must come just through the

    3番目。これは、声にならないTH音から始まるので、舌先がちょうど

  • teeth. Th, th, third. Then we have the UR vowel / R consonant sounds, just like in the

    歯をth、th、3番目。それから、UR母音/R子音の音があります。

  • word FIRST. Fiiiiirst, thiiiiiird. So don't let your jaw drop. Then, a light D sound to

    ワード・ファースト第一、第二、第三だからアゴを落とさないように。そして、軽いDの音で

  • finish. Third, dd, third.

    終わった3人目、DD、3人目。

  • And now we're at the point where they all end in an unvoiced TH --- until we get up

    そして今、私たちは、それらがすべて声にならないTHで終わるところまで来ています......私たちが立ち上がるまで

  • to twenty-first. So, fourth begins with the F consonant, just

    から二十一番目まで。つまり、4番目はFの子音から始まります。

  • like 'first', where the bottom lip comes up and lightly touches the bottom of the top front

    のように、下のリップが上に上がってきて、トップフロントの下に軽く触れているところです。

  • teeth, ff. You have two options for the vowel sound, either the AW as in LAW, or the OH

    teeth, ff.母音には2つの選択肢があり、LAWのAWかOHのどちらかです。

  • as in NO diphthong, which is what I use. At any rate, unlike 'first', where we have the

    のように、私が使っているのはNO diphthongです。何はともあれ 'first' と違って、ここでは

  • UR vowel then the R sound, here we do need some jaw drop to make the shape of either

    UR母音は、R音は、ここで我々はどちらかの形を作るためにいくつかの顎のドロップを必要としています。

  • the AW as in LAW vowel, or the OH as in NO sound, before the tongue pulls back and up

    舌上

  • for the R consonant sound, fourth. And then, we finish with the unvoiced TH, where the

    をR子音の4番目の音にします。そして、最後は声にならないthで終わり、ここでは

  • front part of the tongue comes just out of the teeth, not too far, and air lightly passes

    舌出し

  • through. Fourth.

    通して第四に

  • Fifth -- we've got a lot of unvoiced consonants in this one. We again start with the F consonant,

    第五に、声の出ない子音がたくさん出てきました。再びFの子音から始まります

  • fff. Then the IH as in SIT vowel, where we have a little bit of jaw drop, fi-, and the

    fff.それから、SIT母音のIHのように、少し顎が下がったところで、fi-、そして

  • tongue tip says down while the front part of the tongue stretches up and forward towards

    舌先は下を向く

  • the front part of the roof of the mouth, fi-. Then we have the F and unvoiced TH sounds,

    口の屋根の前の部分、fi-です。それからfと声にならないthの音があります

  • fifth. This can be a little tricky. First, you need to bring the bottom lip up to the

    5つ目です。これは少し厄介なことがありますまず、一番下のリップを

  • top teeth, ff, then, while you continue to let air out, you drop the lip and let the

    上の歯、ff、そして、空気を出し続けている間に、リップを落として

  • tip of the tongue through the teeth. FFTHFFTH. Fifth, fifth. You might sometimes hear a native

    舌の先端を歯に通します。FFTFTHFTH。5つ目、5つ目。を聞くことがあるかもしれません。

  • speaker simplify this by dropping the F before the TH: 'fith', 'fith'.

    スピーカはTHの前にFを落とすことでこれを単純化します: 'fith'、 'fith'。

  • Sixth -- again, a lot of unvoiced consonants. We start with the S sound, tongue tip down,

    六つ目は...またしても、声にならない子音が多い。舌先を下にして Sの音から始めます

  • teeth together. SS. Then the IH as in SIT vowel with a little jaw drop. Si-. Now we

    歯を合わせてSSです。そしてSIT母音のようにIHを少し顎を落としてSi-です今、私たちは

  • have the K, S and TH sounds together. They are all unvoiced, so we're just passing air

    K、S、THの音を一緒にしています。これらはすべて声になっていないので、空気を通しているだけです。

  • through, no engagement of the vocal cords. The K: tongue tip stays where it was for the

    声帯の噛み合わせはありません。K:舌の先端は、以前の位置のままにしておきます。

  • IH, lightly touching behind the bottom front teeth. The back part of the tongue reaches

    IHで、下の前歯の裏側を軽く触る。舌の奥の部分が

  • up and touches the soft palate here, the back part of the roof of the mouth, and pulls away.

    上げて、ここの軟らかい口蓋、口の屋根の奥の部分に触れて、引き離す。

  • As it pulls away, the teeth come together, again the tongue tips stays where it is for

    それが離れて引っ張るように、歯が一緒に来ると、再び舌の先端は、それがどこにあるかのために滞在します。

  • the S. Then the tongue tip simply moves up a bit so that it can come just though the

    その後、舌先が少し上に移動するだけで、それがちょうど

  • teeth. ksth. ksth. Just practice that on its own, and don't rush it, ksth. Sixth, sixth.

    歯を削るんだよそれだけで練習して、急がないで、ksth。六つ目、六つ目。

  • Seventh. Just like 'second', stress in on the first syllable. So the second will shorter,

    セブンズちょうど 'second'のように、最初の音節にストレスをかけます。なので、2番目は短くなります。

  • flatter, and lower in pitch, seventh. We begin with the S consonant sound and EH vowel, just

    平たくして、音程を低くして、7番目。私たちは、Sの子音とEHの母音から始まり、ちょうど

  • like 'second', so make sure you're dropping your jaw enough for that EH vowel. Then we

    のような感じで、そのEH母音のために十分に顎を落としていることを確認してください。それから

  • have the V, which looks just like all these F's we've been talking about, only it's voiced,

    Vを持っていますが、それは私たちが話していたすべてのFに似ていますが、声だけが出ています。

  • so the vocal chords are engaged, making a sound. Sev-, seventh. Then we have the schwa/N sound,

    声帯が噛み合って音を出すようにセブ...セブ...セブそれから schwa/n という音が出てきます

  • And the N takes over the schwa, so you don't need to worry about making it a separate sound,

    そして、Nはschwaを引き継ぐので、別の音にすることを心配する必要はありません。

  • -ven, -ven, -ven. And finally, the unvoiced TH. Usually, the tongue tip lifts to the roof

    -ヴェン、ヴェン、ヴェン、ヴェン。そして最後に、声にならないthです。通常は、舌先が屋根の上に持ち上がる

  • of the mouth for the N. But, a shortcut: You can actually bring the tip of the tongue just

    しかし、近道としては、実際には舌の先端だけを持ってくることができます。

  • through the teeth and press the part just behind it to the roof of the mouth for the

    歯を通し、そのすぐ後ろの部分を口の中の屋根に押し付けて

  • N. So not the tip. That way your tongue doesn't really need to change positions between those

    N.先端ではありません。そうすれば、舌の位置を変える必要はありません。

  • two sounds. Seventh, seventh.

    2つの音七つ目、七つ目。

  • Eighth. -- This one's pretty simple. The AY diphthong and the unvoiced TH. Eighth. The

    8つ目だ-- これはとても簡単です。AYのディフォンと、声にならないTHです。8番目8番目の

  • biggest mistake my students make with the AY diphthong is that they don't drop their

    私の生徒たちがAYのジフォントンで犯している最大の間違いは、彼らが自分たちを落とさないことです。

  • jaw enough for the first sound. Eighth. And of course, the unvoiced TH, where the tongue

    最初の音のために十分な顎。8番目の音です。そして、もちろん、声の出ないTHは、舌が

  • tip comes through the teeth. Eighth, eighth.

    先端が歯を貫通してくる八つ目、八つ目。

  • Ninth. This begins with the N consonant sound. The flat, top part of the tongue is up at

    第九です。これはnの子音から始まります。のところで、舌の平らな上の部分が上になっています。

  • the roof of the mouth. NN. Then we have the AI as in BUY diphthong, again a common issue

    口の中の屋根。nnです。それから私たちは AI を持っています BUY diphthong のように 再び一般的な問題です

  • is not to drop the jaw enough. So make sure you do, ni-. Then for the second half of the

    は十分にアゴを落とさないことですだから確実にしてください ニ-。では、後半の

  • diphthong, the tongue tip stays down while the front part of the tongue stretches up

    舌先垂れ

  • towards the front part of the roof of the mouth, ni-, ni-. Then again the N / TH sound

    口の屋根の前の部分に向かって、に、に、に。その後、再びn / th音

  • just as in 'seventh'. Ninth, ninth.

    のように '7th'。第九、第九。

  • Tenth. We start here with a True T sound: ttt. Tongue tip is at the roof of the mouth,

    10番目。私たちはここからトゥルーTの音:tttから始めます。舌の先端は口の屋根の上にあります。

  • teeth are together, the air is stopped. Then the tongue tip pulls down, the teeth part,

    歯が一緒になると空気が止まります。そして舌先が下に引っ張られて歯が分かれます。

  • and the air is released. TTeh -- the EH vowel, just as in 'second' and 'seventh', we need

    と空気が抜けていきます。TTeh -- EH母音は、 'second' と '7th' のように、私たちは

  • jaw drop, te-, te-. And then again, the NTH ending. Tenth, tenth.

    顎が落ちる、テ、テ。そして再び、NTHエンディング。10番目、10番目。

  • So there you have it, ordinal numbers 1-10. We had a lot of consonant clusters, lots of

    序数1から10までがありましたね子音のクラスターがたくさんありました

  • ending TH to practice. I hope this helps.

    練習にTHを終わらせる参考になれば幸いです。

  • Practice your English. Make up a sentence that includes an ordinal number. Record yourself

    英語の練習をしましょう。序数を含む文を作りましょう。自分自身を記録する

  • saying it, and post it as a video response to this video on YouTube. I can't wait to watch.

    と言って、この動画への反応としてYouTubeに投稿してみてください。見るのが待ち遠しいです。

  • That's it, and thanks so much for using Rachel's English!

    以上、レイチェルの英語を使ってくれてありがとうございました

In this American English pronunciation video, we're going to over the pronunciation of the

このアメリカ英語の発音のビデオでは、私たちはの発音の上に行くつもりです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 子音 母音 舌先 屋根 先端 空気

普通の数字の発音 - アメリカ英語

  • 2071 191
    Shelby Lai に公開 2013 年 12 月 08 日
動画の中の単語