Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Improvement Pill here.

    精神向上のための特効薬をご紹介します。

  • Today I have a special guest on the channel the author of international best-selling books "The Happiness Equation" and "The Book of Awesome", Neil Pasricha, and he's gonna talk to you about how to become tougher.

    今日は、このチャンネルに特別ゲストをお迎えしています。世界的ベストセラー 『ハピネス・オブ・イクエージョン(幸せの方程式)』や、『ブック・オブ・オーサム(最高についての本)』の著者、ニール・パスリチャ氏です。今から、強くなるにはどうしたら良いかお話ししてくれます。

  • Take it away, Neil.

    では、お願いします。ニールさん。

  • In my late 20s my wife told me she didn't love me anymore and asked me for a divorce a few days later I lost one of my best friends from a suicide.

    実は僕、20代の終わり頃、(当時の)妻にもう愛していないと言われ、離婚して欲しいと頼まれたんです。それから数日後、今度は親友の一人を失いました。自殺でした。

  • I was in complete shock and ended up losing a lot of weight suddenly due to stress.

    僕は完全なショック状態に陥ってしまい、急激に体重が落ちていきました。ストレスのせいですね。

  • People at work would ask me what's your secret is this keto and I'd say no it's just no food no sleep.

    職場のみんなはダイエットの秘訣は何なのか聞いてきましたよ。低糖質ダイエット?とか。だから僕は、ただ食べれないし眠れないからだって否定していました。

  • I had the raccoon eyes and dazed zombie look to prove it too.

    目の周りにはクマができて、放心状態のゾンビみたいだったから、みんなも分かってくれたと思います。

  • My parents became very worried about me so they put me in touch with a therapist.

    それで、両親がものすごく心配して、セラピスト(心理療法士)に診てもらうように手配してくれました。

  • I had never seen a therapist before and I didn't want to start.

    僕はセラピストになんて会ったこともなかったし、乗り気ではありませんでした。

  • I thought they were for people with serious issues, real problems, but then when I started seeing one I basically bounced off the walls feeling great after each session.

    そういうのはもっと深刻な問題を抱えている人たちのためのものだと思っていたんです。本当の問題ね。でも、始めてみたら、毎回の面談のあとはたいてい気分も良くなり元気になったんです。

  • Why?

    どうしてか?

  • Well, therapy helped because it allowed me to spill my thoughtsmy anxious thoughts, my bizarre thoughts, my wild thoughts whether they made sense or not.

    それは、心理療法では自分の思いを吐き出すことができるから。不安な気持ちや、奇妙な発想や、極端な考え方など、それが支離滅裂だったとしてもです。

  • And my body felt the high of that crystallization and elation, that mental orgasm.

    身体が、経験値や高揚感が高まっていくのを感じしました。メンタルオルガズムというものです。

  • The process helped me sort, clarify, and confirm my feelings and that ultimately helped me get tougher and move forward.

    心理療法の手法は、自分の感情を整理・明確化して確認するのに役立ちました。そのおかげで最終的に強くなり、前に進むことができたんです。

  • I gained confidence to move out on my own, eventually begin dating again and slowly after working through a ton of confidence and comparison issues meet someone new who I fell in love with.

    独りでやっていく自信がつき、そのうち、女性ともまた付き合う気持ちにもなれました。ゆっくりとですが、自信や他人と比較してしまうというような問題に繰り返し取り組んで、心から好きだと思える人と再び出会う自信がつきました。

  • Very few of us have any kind of practice, where we speak to a pro about her thoughts or where we do something really proactive to help ourselves process them.

    こういったことを実践している人はほとんどいないでしょう。自分の思っていることを専門家に話したり、自分の考えをうまく処理するために色々と前向きに取り組んだりするんです。

  • Therapy is great, but it is very hard to access, I mean it's expensive and there are often cultural or social stigmas.

    ただ、セラピーは素晴らしいものですが、敷居の高いものでもあります。費用は高いし、文化的にも社会的にもマイナスのイメージが付きまとう場合が多いですから。

  • So, I developed a simple science-backed tool so that you can get many of the same benefits without having to go to therapy.

    そこで、シンプルかつ科学的な裏付けのある

  • It's a two-minute morning practice that help stuff in your mind each day.

    2分間の朝のルーティンで、日々の心に引っかかっている色々を解決するのに役に立ちますよ。

  • How does it work?

    どうすればいいのか?

  • Every morning you grab an index card and write three prompts: "I will let go of...", "I am grateful for..." and "I will focus on...".

    毎朝、インデックスカードに3つの文を書くんです。「私は…はもう(気に)しない」、「私は…に感謝する/を心地よいと感じている」、「私は…に集中する」と。

  • I do this every morning now.

    僕は毎朝これを実践しています。

  • So, for example, in a recent entry I wrote: I will let go of comparing myself to Tim Ferriss, I am grateful for the smell of wet leaves on my driveway, I will focus on writing a new chapter of my next book.

    例えば僕が最近書いたものだと、「ティム・フェリスと自分を比べることはもうしない」、「自宅の道にある濡れた葉の香りを心地よいと感じている」、「次回作の新章の執筆に集中する」です。

  • It takes only two minutes to do and it will help your mind toughen and ready itself up for the day.

    たった2分で完了です。気持ちを強くしてくれるし、その日1日の心の準備もできます。

  • Why does it work?

    どうしてそれでうまくいくのか?

  • Well, for the first prompt "I will let go of...".

    そうですね、まずは1つ目の文の「…はもう(気に)しない」について。

  • Research published in Science magazine, by neuroscientist Stephanie Bryson and her colleagues, called Don't Look Back in Anger: Responsiveness to Missed Chances in Successful and non-Successful Aging, show that minimizing regrets as we age creates greater contentment and happiness.

    科学誌で発表された研究に、神経科学研究者のステファニー・ブライソン氏と彼女の同僚たちによって行われた、「ドント・ルック・バック・イン・アンガー(怒りをもって振り返るな)」というものがあります。これは、良きにしろ悪しきにしろ、年齢を重ねる過程で失ったチャンスにいかに反応するかについての研究で、人生の中での後悔を最小限に抑えることで、充足感や幸福感が大きくなるとされています。

  • The research also shows that holding on to regrets causes us to take more aggressive and risky actions in the future.

    また、後悔の念に囚われ続けることで、その後、行動の攻撃性が増したり、危険な行動をとるようになるとされています。

  • So, the strongest and happiest people are aware of regrets they harbor and then choose to let them go.

    つまり、精神的にも強く、満ち足りている人たちは、かつて抱いた後悔を認識し、水に流すという選択をしているのです。

  • What does that mean?

    それはどういうことか?

  • Well, it means, crazy as it sounds, whenever we write out our little anxieties they disappear.

    つまり、お聞きの通りありえないと思うかもしれませんが、心の中の細かな不安を書き出せば、その不安は消えていくということです。

  • I have five pounds of blubber on my stomach, I'm worried about what school my kid will go to next year, I think I said the wrong thing in an important email yesterday.

    僕のお腹の周りには贅肉が2キロくらいついていて、自分の子の来年の進学先のことも心配です。それに昨日、重要なメールで失言をしたような気もしています。

  • Want to know what happens when I flip back in my journal weeks later?

    数週間後に日記を振り返ってどうなったか知りたいですか?

  • Oh, I think to myself, what email was I worried about again?

    あれっと思うんです。いったいどのメールのことが心配だったんだっけ?って。

  • I often can't even remember what the cause for concern was.

    どうして不安を感じていたのか思い出せないことがしょっちゅうです。

  • What about the big anxieties?

    じゃあ、大きな心配事だったら?

  • Say your mom is sick, gravely ill these may be her final days, will the two minute morning practice still help?

    自分の母親が病気だとしましょう。かなりの重病でもう長くはないという時に、この2分間の朝のルーティンがまだ役に立つでしょうか?

  • Yes, it will because you're saying it, you're moving it, you're processing it.

    答えはイエスです。どうしてかというと、その状況を言葉にするからです。そしてそれに変化を与え、処理するからです。

  • You're admitting how you feel about it, so the heaviness can be examined and acknowledged.

    言葉にすることで、自分の感情を受け入れているのです。そして、その重さを深く知り、認識するのです。

  • For the second prompt "I am grateful for..."

    次は2つ目の文、「私は…に感謝する/を心地よいと感じている」です。

  • Research by professors Robert Emmons and Michael McCullough show that if you write down five gratitudes a week you'll be measurably happier and even physically healthier over a 10-week period.

    ロバート・エモンズ、マイケル・マカラウ両教授の研究では、1週間に感謝していることを5つ書き出すだけで、如実に幸福感が増し、身体的にも健康になるとされています。期間としては10週間以上続けます。

  • You are really helping your brain build stronger neural pathways towards the positive rather than the negative places our minds naturally want to go.

    感謝を書き出すことで、実際に脳のポジティブ思考への神経経路の強化を促しているのです。私たちの心が自然と向いてしまうネガティブな思考ではなく。

  • And the more specific, the better.

    そして、詳しく書き出すほど良い結果につながります。

  • Writing down family, food, and job or something similarly vague over and over doesn't actually cause any spike in happiness.

    「家族」、「食事」、「仕事」など、ざっくりとした書き方を繰り返しても、幸福感に大きな変化は起こせません。

  • Take the example I just mentioned about your mom being gravely ill even, writing down gratitudes will force your brain to find little positives even amidst a bigger negative situation.

    先ほどの母親が重病だという例で考えてみましょう。感謝の気持ちを具体的に書き出すことで、ささやかながらもポジティブな点を脳に見つけさせることができるんです。ものすごくネガティブな状況にあったとしてもです。

  • I got to read my mom the book she read to me when I was a kid, nurse Jasmine brought me a coffee, my kids all came home for the weekend for the first time this year.

    母親に僕が子供の頃に読み聞かせてくれた本を読むことにしたこと。看護師のジャスミンさんがコーヒーを持ってきてくれたこと。週末には子供たちが今年初めて全員家に来てくれたこと。

  • It's a simple practice that allows for a quick therapeutic strengthening and little moment of presence from our future focused minds.

    この実践術はシンプルでありながら、セラピーのように即座に心を強くしてくれるんです。そして、先のことばかり考えてしまいがちな心を、少しの間でも現在に引き戻してくれるのです。

  • And now, finally, the last prompt, what does "I will focus on..." help us do?

    では、いよいよ最後の文です。「私は…に集中する」は、どのような効果があるのでしょうか?

  • Well, one thing that causes anxiety is your gigantic could do or should do list that you face every morning.

    不安を引き起こすものの1つに、毎朝みんなの心の中を大きく支配する「できるかもしれない」、「すべき」リストがあります。

  • The last prompt helps you strip away the endless lists of things you could do and focus instead on the thing you actually will do.

    最後の文は、永遠になくならない、できるかもしれない事を取り除き、実際に取り組む事にのみ集中するのに役立ちます。

  • Why?

    なぜか?

  • Because if you don't, you will mentally revisit your could-do list all day and that will only cause decision fatigue.

    そうしなければ、1日中できるかもしれない事リストのことばかり考え続けてしまうからです。そして、「決断疲れ」という現象に陥ることとなってしまうしかないのです。

  • Decision-making uses a particularly complex part of the brain and we are wasting energy anytime we're unfocused.

    決断をつかさどる脳の部位は特に複雑なため、集中していない状態の時はいつでもエネルギーを無駄にしていることになるんです。

  • As Florida State professor of psychology Roy Baumeister and New York Times journalist John Tierney said in the book "Willpower, Rediscovering the Greatest Human Strength..."

    フロリダ州立大学心理学教授のロイ・バウマイスター氏と、ニューヨークタイムズ紙記者のジョン・ティアニー氏は、彼らの著作、『WILLPOWER 意志力の科学』で次のように述べています。

  • Decision fatigue helps explain why ordinarily sensible people get angry at colleagues and families, splurge on clothes buy junk food at the supermarket and can't resist the dealer's offer to rust-proof their new car.

    決断疲れは、一般的な分別のある人たちが、同僚や家族に腹を立てたり、衣服に散財したりする訳を説明してくれます。ジャンクフードを買ったり、ピカピカの新車を勧めてくるディーラーに押し切られてしまう理由もです。

  • No matter how rational and high-minded you try to be you can't make decision after decision without paying a biological price.

    どんなに理性的に、品行方正であろうとしても、生物学的な犠牲を払うことなく、次々と決断を下すことはできないのです。

  • it's different from ordinary physical fatigue you're not consciously aware of being tired, but you're low on mental energy.

    普通一般の身体的な疲労とは違い、自分が疲れていることにも気付かず、精神エネルギーが低下していくのです。

  • The simple two-minute warning practice helps develop mental toughness right before you get out of bed.

    2分間のメッセージ実践術は、シンプルだし、朝ベッドから出る前に精神的な強さを作り出す手助けとなります。

  • "I will let go of..." helps avoid revisiting a worry throughout the day.

    「私は…はもう(気に)しない」は、1日を通して不安に襲われないようにしてくれます。

  • "I am grateful for..." helps be more positive every day.

    「私は…に感謝する/を心地よいと感じている」は、日々いっそうポジティブでいられるようにしてくれます。

  • "I will focus on..." keeps your attention on a big goal.

    「私は…に集中する」は、大きな目標に向かって集中を切らさないようにしてくれます。

  • Do this every day and I guarantee that you'll find that less things bother you.

    毎日これを実践してみてください。心配事が以前よりも少なくなったと感じられるようになるはずです。

  • Your mood becomes improved overall and you become tougher.

    心の状態が良くなり、精神的に強くなることができるでしょう。

  • I hope you guys learned a lot today from Neal.

    皆さん、今日はニールさんからたくさんのことを学べたと感じてくれたら嬉しいです。

  • The strategy he just shared is only one of nine powerful different concepts that he talks about in detail in his latest book "You are Awesome: How to Navigate Change Wrestle With Failure and Live an Intentional Life", which just came out.

    実は、今日ここで紹介してもらった実践術は、ニールさんの最新作で紹介されている9つの力強いコンセプトの1つなんです。「ユー・アー・オーサム(あなたは素晴らしい):失敗から舵を切り、変化を起こし、立ち向かい、そして外国で暮らす方法」という作品で、発売されたばかりです。

  • I highly recommend you guys to check it out by clicking on the link in the description box below. Besides that guys, stay tuned.

    この作品は本当におススメです。ディスクリプション欄のURLリンクをクリックしてご確認ください。それ以外の皆さんは、チャンネルをそのままで!

Improvement Pill here.

精神向上のための特効薬をご紹介します。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 実践 集中 不安 書き 強く ニール

メンタルを強くする鍵とは何か?(The Key To Becoming Mentally Tougher)

  • 19612 1117
    doris.lai に公開 2020 年 05 月 04 日
動画の中の単語