Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Prince Harry and Meghan Markle have said that they will work to become financially independent from the royal family as they step back from their roles in the British monarchy.

    ハリー王子とメーガン・マークルは、イギリスの君主制における役割から退くにあたり、王室からの経済的な自立を目指すと述べました。

  • That has raised a potentially awkward question.

    これにより、ひょっとすると厄介になりかねない問題が浮上しました。

  • How does the royal family fund itself in the 21st century?

    王室は 21 世紀、どうやって資金を調達するのでしょうか?

  • It's not something the royal family like to publicize, but here's what we know about their main sources of income.

    王室が宣伝活動を好んでいる、と言いたいわけではありませんが、王室の主な収入源について、分かっていることがこちらです。

  • There's something called the Duchy of Lancaster, almost 45,000 acres of commercial, agricultural, and residential properties in England and Wales owned on behalf of the Queen.

    ランカスター公領と呼ばれる土地があり、これはイングランドとウェールズにおいて、女王の名の下に管理されている、約 45000 エーカーの商用、農業用、住宅用の土地です。

  • The Duchy comprises around US$710 million in net assets, which is mostly held in trusts.

    公領の純資産は約 7 億 1000 万米ドルで、その大半は信託という形で保有されています。

  • The profit made by these sites, castles, historical land, and property at the heart of the capital goes directly to the Queen and no other member of the royal family.

    こういった、首都の中心地における土地、城、史跡、不動産から得られた利益は、直接女王のものとなり、他の王室メンバーには割り当てられません。

  • Last year, it netted her 20.7 million pounds or US$ 26.7 million.

    昨年の純益は 2070 万ポンド、つまり 2670 万米ドルでした。

  • Next up, there's the Duchy of Cornwall.

    次は、コーンウォール公領です。

  • Like the Duchy of Lancaster, the Duchy of Cornwall is a private estate, except this one is owned on behalf of Prince Charles.

    ランカスター公領のように、コーンウォール公領も私有地で、チャールズ皇太子の名の下に管理されています。

  • In 2019, the Duchy of Cornwall paid Charles over US$28 million on almost US$1.2 billion of net assets.

    2019 年、コーンウォール公領からチャールズ皇太子が得た収益は、2800 万米ドル超で、純資産は約 12 億米ドルでした。

  • Though the profit goes directly to Charles, both Prince William and Prince Harry receive money from the Duchy through their father.

    利益は直接チャールズ皇太子に渡りますが、ウィリアム王子とハリー王子も、父親のチャールズ皇太子を通し、金銭を受け取ります。

  • Last year, they got around five million pounds in total from Prince Charles' fund.

    昨年、ウィリアム王子とハリー王子は、チャールズ皇太子の基金から合計約 500 万ポンドを受け取りました。

  • There are questions whether Harry will have to give up this source of funding if he is to become financially independent.

    ハリー王子が経済的に自立するとなると、この資金源も手放すことになるのか、疑問です。

  • Then there's the family's personal wealth.

    それから、王室メンバーの個人的な財産もあります。

  • That's the investments, companies, and private estates that various royals hold.

    様々な王室メンバーが、投資や企業、私有地を保有しています。

  • The value of this and what they yield in income is undisclosed.

    こういった個人的財産や、そこから得られる収入については、非公開です。

  • For instance, the Queen privately owns the Sandringham Estate.

    例えば、女王は個人的に、サンドリンガム・エステートを所有しています。

  • How much the royal family gains from this income is unknown, but royal biographers estimate the royal family's wealth is in the millions, not the billions.

    王室が、ここからどれほどの収入を得ているのかは不明ですが、王室伝記執筆家らは、王室の財産は何十億とまでは行かなくとも、何百万はあると見積もっています。

  • That means royals in the 21st century might be rich, but they're not super-rich.

    つまり、21 世紀の王室は富裕ではあるかもしれないが、超富裕ではないということです。

  • In a move to keep this revenue stream going, the Duke and Duchess of Sussex, Harry and Meghan, have applied to trademark Sussex Royal, a brand which will cover a whole host of items ranging from socks to greeting cards.

    この収入源を継続させるべく、サセックス公爵および公爵夫人のハリーとメーガンは、サセックスロイヤルの商標登録を申請しました。このブランドは、靴下からグリーティングカードまで、多くの商品をカバーするブランドとなるものです。

  • The largest source of income for the royals is government money through a thing called the Sovereign Grant.

    王室の最大の収入源は、王室助成金と呼ばれる政府資金です。

  • In the 1700s, the monarchy handed over revenues from swathes of land to the government known as the Crown Estate.

    1700 年代の君主制では、クラウン・エステートと呼ばれる土地一帯から得られた収入を、政府に渡していました。

  • Each year, the government pays a percentage of the profits made on those assets back to the monarchy.

    毎年、政府は君主に対して、これらの資産から得られた利益の歩合を支払います。

  • That annual income is known as the Sovereign Grant.

    そこから得られる年間収益が、王室助成金なのです。

  • Last year, it amounted to almost US$ 107 million and it paid for royal duties and the maintenance of palaces including Buckingham Palace.

    昨年の王室助成金は約 1 億 700 万米ドルにのぼり、そこから王室の義務関連費や、バッキンガム宮殿などの宮殿の維持費が支払われました。

  • Meghan and Harry don't appear to be ready to give up all of those funds.

    メーガンとハリーに、これらの資金を手放す準備はできていないように思えます。

  • The couple's website, sussexroyal.com, said that they expect to keep state-funded security.

    2人のウェブサイト、sussexroyal.com では、国費による警備を継続させる意向が示されました。

  • And they want to continue to live in a cottage owned by the Queen and refurbished at a cost of US$3.1 million to the taxpayer.

    また、女王が所有する別荘に居住し続け、310 万米ドルの税金を使い、別荘の改修を希望しています。

  • The fact that such a large proportion of the royal income effectively comes from taxpayers is part of the reason why there is such public interest in this decoupling.

    王室の収入の大部分が、実質的に税金から賄われているため、2 人の王室離脱には、公からの大きな関心が集まっているのです。

  • The monarchy has spent years trying to rise above such earthly matters as how they are actually paid for.

    君主制においては何年もの間、王室メンバーたちの実際の資金源のような、世俗的な話題からは脱却しようと努めてきています。

  • And that's one of the reasons why the Meghan and Harry debacle is leaving the monarch feeling uncomfortable.

    メーガンとハリーがもたらす混乱によって、君主が不快な思いをしている理由の 1 つが、ここにあるのです。

Prince Harry and Meghan Markle have said that they will work to become financially independent from the royal family as they step back from their roles in the British monarchy.

ハリー王子とメーガン・マークルは、イギリスの君主制における役割から退くにあたり、王室からの経済的な自立を目指すと述べました。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 WSJ 王室 ハリー 王子 収入 チャールズ

王室離脱と資金事情 (The British Monarchy's Money, Explained | WSJ)

  • 6902 245
    Nina に公開 2020 年 03 月 02 日
動画の中の単語