Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Hi, this is Julián from MinuteEarth.

    どうも、MinuetEarth (ミネットアース)のフリアンです。

  • Millions of people are diagnosed with concussions each year.

    毎年、何百万という人が「脳震とう」の診断を受けています。

  • In addition to immediate concerns like headaches, dizziness, and fatigue, concussions have been linked with long-term health issues, like depression, chronic traumatic encephalopathy, and even Alzheimer's and Parkinson's disease.

    差し迫った症状として頭痛やめまい、倦怠感がありますが、脳震とうは長期的な健康問題とも関係があります。うつ病、慢性外傷性脳症、アルツハイマー、パーキンソン病などです。

  • But progress in treatment has been hampered by a small problem: No one can seem to agree on what exactly a concussion is.

    ですが、ある問題が治療法の発展を妨げています。実は、脳震とうが実際にどんなものなのか、意見が一致していないようなのです。

  • Many neuroscience researchers define a concussion as a specific minor brain injury.

    神経学者の多くは、脳震とうの定義を明らかな軽度脳損傷としています。

  • But the fancy equipment necessary to detect minor brain injuries is mostly confined to specialty research labs.

    ただ、軽度脳損傷を見つけるために必要となる高価な設備は、ほとんどの場合、専門の研究施設にしかありません。

  • So instead, when doctors evaluate patients who've recently knocked their noggins, they diagnose based on symptoms like: their short-term memory, their vision, and their coordination.

    その代わり、医師たちは最近頭部をぶつけたという患者を診察する際、次のような症状に基づいて判断します。短期記憶障害、視覚障害、筋肉の協調運動障害などです。

  • If you have too many of those symptoms, they'll diagnose you with a concussion and send you home with the advice to rest, avoid bright lights, and essentially wait to recover.

    そういった症状が多く見られる場合、医師は脳震とうだという診断を下します。そしてしっかり休息を取り、明るい光を避け、基本的には回復までじっくり待つようアドバイスして家に帰します。

  • But many concussion-related symptoms aren't necessarily the result of a brain injury.

    ですが、脳震とうに関連した症状の多くは、必ずしも脳の損傷が原因ではないのです。

  • A headache could actually be the result of a neck injury; dizziness a consequence of an inner-ear problem; and unexpected fatigue could be due to emotional trauma, or even a symptom of preexisting depression rather than recent injury.

    頭痛の原因が実は頸部の外傷だということもあります。また、めまいが内耳の問題から起こっていたり、突然の倦怠感が心の傷が原因だったり、最近のケガではなく、もともとのうつの症状が原因ということも。

  • All of these issues have their own separate treatments that are overshadowed when the diagnosis is "concussion."

    これらの症状には、それぞれ治療法があるのですが、「脳震とう」という診断のせいで分かりにくくなってしまうのです。

  • It's kind of like if a doctor were to diagnose you with "chest pain" and prescribe a generic treatment without determining if the pain is coming from your heart, your lungs, or your ribs.

    これは、「胸の痛み」という症状に対して、その痛みが心臓からなのか、肺からなのか、肋骨からなのかの判断をせずに、ジェネリック医薬品を処方するようなもの。

  • And even when the symptoms are caused by a brain injury, there's a small chance the injury could be more severe than a concussion diagnosis implies.

    また、たとえそういった症状が脳の損傷が原因で起こっていたとしても、「脳震とう」という診断が示す状態より深刻な損傷である可能性も。

  • Some dangerous injuries, like subdural hematomas, can present the same symptoms as concussions, and may thus be missed by routine testsespecially when they don't include brain scans.

    硬膜下血腫などの危険な疾患では、脳震とうと同様の症状が出るため、通常の検査では見逃されることもあるのです。特に脳スキャンが含まれていない場合です。

  • So if the diagnosis of "concussion" isn't really workingand may even be putting people at riskwhy do we still use it?

    では、「脳震とう」という診断がうまく機能していない、さらに患者を危険にさらしているというなら、なぜそれを続けるのでしょうか?

  • It's partly because a concussion is simplerdoctors can ask a few questions, diagnose the patient with a concussion, send them home, and move on, and in lots of cases, the patient will be fine.

    その理由の一つに「脳震とうだと簡単だから」というのがあげられます。医師たちは、質問をいくつかして、脳震とうだという診断を下し、家に帰して、次に進んでいくのですが、多くの場合、患者は元気になるのです。

  • It's partly because a simple diagnosis benefits influential sports organizations, who like that athletes with concussions can be cleared to return to play much sooner than if they were diagnosed with a more severe injury.

    他にも、人気スポーツ団体にとって都合がいいという理由もあるでしょう。脳震とうなら、より深刻な診断を受けた場合よりも早く試合に戻れるからです。

  • And, it's partly because the confusion around the term "concussion" mucks up the available data, so we don't exactly know how big of a problem it is.

    さらに、「脳震とう」の定義が曖昧なせいで、有効なデータへの手がかりをつかめていないというのもあるでしょう。そのため、脳震とうがどれくらい大きな問題なのか把握することができていないのです。

  • If doctors had to make more specific diagnoses, and potentially even ditched the term "concussion" altogether, then researchers would have better data to work with.

    医師たちがより詳細な診断をしなければならなくなったら、そして同時に「脳震とう」という表現を排除することができたら、研究者たちはより良いデータを取ることができるはず。

  • And patients could potentially get better treatmentall of which would help us deal with one of our literal biggest headaches.

    そして、患者側もより良い治療を受けることができるはずです。そうなれば、文字通り、最大の頭痛の種の一つを対処できるようになるでしょう。

  • Hey!

    やあ!

  • We just made a new show!

    僕たち、新しい番組を作りました!

  • It's about the human body, and it's called MinuteBody.

    テーマは人体について。 MinuteBody (ミネットボディ)といいます。

  • I mean, what else would we call it?

    何て言うか、他に名前のつけようがあるかな?

  • Each episode takes you on a minute-long tour of a different body part.

    毎回 1 分間、身体の各パーツの旅にお連れします。

  • There's one about muscles, one about kidneys and one about poop.

    筋肉についてのエピソードや、腎臓、うんちについてのエピソードなどをお届けしています。

  • Ok, poop's not a body part, but, you know us, we made a video about it anyway.

    そうですね、うんちは身体の一部ではありません。でも、まあ僕たちなんで、作っちゃいました。

  • The show is primarily for kids, but adults seem to like it too.

    基本的には子供向けなんですが、大人の方にも楽しんでいただけているようです。

  • We're launching it on Nebula, a new streaming platform built by and for independent educational creators so we can try out new ideas that might not work on YouTube.

    Nebula(ネビュラ)という新しい動画配信プラットフォームからお届けしています。Nebulaは、様々な教育動画クリエイターたちが、YouTubeではうまくいくか微妙な新たなアイディアに取り組むことを目的として、同胞たちのために立ち上げました。

  • Nebula is usually three bucks a month [3 USD], but now Nebula has partnered with CuriosityStream.

    通常、月々3米ドルなのですが、CuriosityStream (キュリオシティストリーム)という企業と提携していて、

  • If you sign up for a free one-month trial with CuriosityStream at curiositystream.com/minute, you get a Nebula subscription bundled in for free!

    CuriosityStream の curiositystream.com/minute で 1 か月の無料トライアルにサインアップしていただくと、Nebulaのサブスクリプションも無料となるんです!

  • That means that you'll not only get to watch MinuteBody, along with all of our friends' Nebula shows, you'll also get access to thousands of CuriosityStream documentaries, like Whale Wisdom and Small Cats Unknown.

    つまり、MinuteBody だけでなく、僕たちの友人である Nebula の番組もお楽しみいただけるんです。また、「クジラの知恵」や「知られざる小型猫」など、CuriosityStreamの豊富なドキュメンタリーも見放題ですよ。

  • So go to curiositystream.com/minuteearth and get watching!

    ということで、ぜひ curiositystream.com/minuteearth をチェックしてみてください!

Hi, this is Julián from MinuteEarth.

どうも、MinuetEarth (ミネットアース)のフリアンです。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 診断 症状 損傷 医師 患者 原因

みんな知らない脳震盪のコト (Nobody Really Knows What A Concussion Is)

  • 3540 203
    Mackenzie に公開 2020 年 04 月 14 日
動画の中の単語