Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • On Wednesday, January 8th, a Ukraine international airline's jetliner crashed shortly after takeoff from Tehran, killing all 176 passengers and crew members on board.

    1月8日水曜日、ウクライナ国際航空のジェット旅客機がテヘランから離陸した直後に墜落し、176人の乗客と乗組員全員が死亡しました。

  • The crash occurred hours after Iran fired a missile strike at US forces in Iraq, in retaliation for the killing of a top Iranian general.

    イランのトップ将軍を殺害したことに対する報復として、イランがイラクの駐留米軍にミサイル攻撃を行った数時間後に墜落事故が発生しました。

  • According to US officials and others, the early evidence suggest the flight, a Boeing 737-800 was shot down by Iranian missiles.

    米国当局者などによると、初期の証拠は飛行物と示唆しており、ボーイング737-800はイランのミサイルによって撃墜されました。

  • We have intelligence from multiple sources including our allies and our own intelligence.

    私たちは、同盟国や独自の経路を含む複数の情報源からの情報を持っています。

  • The evidence indicates that the plane was shot down by an Iranian surface to air missile.

    証拠は、飛行機がイランの地対空ミサイルによって撃墜されたことを示しています。

  • This may well have been unintentional.

    これは、意図的でないかもしれない可能性もあります。

  • This new information reinforces the need for a thorough investigation into this matter.

    この新しい情報は、この問題に対する徹底的な調査の必要性を強く示しています。

  • The process for determining the cause of a plane crash can take months or even years, and often involves coordination between different countries.

    飛行機墜落事故の原因を特定するプロセスには、数ヶ月から数年かかる場合があり、多くの場合では異なる国間での調整が必要になります。

  • But this time with heightened tensions between the US and Iran, the process is facing complications.

    しかし、今回は米国とイランの間の緊張が高まっており、そのプロセスは困難に直面しています。

  • Iranian officials had earlier said the plane suffered a technical fault.

    イランの当局者は当初、飛行機に技術的な欠陥があると述べていました。

  • A spokeswoman for the Ukrainian president Volodymyr Zelensky said, "Ukraine is interested in finding the truth."

    ウクライナのヴォロディミール・ゼレンスキー大統領の広報担当者は、「ウクライナは真実を見つけることに関心がある」と述べています。

  • "Therefore, I ask all international partners: If you have any evidence to assist the investigation, please provide it."

    「したがって、すべての国際的なパートナーにお願いします。調査の助けになる証拠があれば、それを提供していただきたい。」

  • International protocol lays down specific guidelines for conducting post-crash investigations.

    国際的な慣習では、墜落後の調査を実施するための特別なガイドラインを設定しています。

  • It's a very fluid process.

    非常に流動的なプロセスです。

  • It's concurrent actions.

    これは並行作業です。

  • A lot of things are taking place at the same time.

    多くのことが同時に行われています。

  • Dr. Daniel Kwasi Adjekum is a former investigator with more than two decades of experience in aviation.

    ダニエル・クワシ・アドジェクム博士は、航空分野で20年以上の経験を持つ元調査員です。

  • Investigations are usually conducted under the auspices of the government of the country where the crash takes place.

    調査は通常、事故が発生した国の政府の支援の下で実施されます。

  • When the country of occurrence is taking the lead of the accident, the country of registry and operator of the aircraft will be notified so that they can send in what we call an accredited representative to be part of the investigation.

    発生国が事故を主導している場合、登録国と航空機の運行会社に通知され、調査の一部として認定代表者と呼ばれるものを送ることができます。

  • The country of design and manufacture of the aircraft is going to part of it, okay?

    航空機の設計と製造を行なった国がその一部になりますよね?

  • So these are the major stakeholders.

    そうです、これらは主要な利害関係者です。

  • In a more typical accident probe involving a US-manufactured plane at least some US safety experts would be on their way to the site within a day or two.

    米国で製造された飛行機を含むより典型的な事故調査では、少なくとも一部の米国の安全専門家が1日か2日以内に現場に向かっています。

  • But given the diplomatic and security issues clouding this accident, decisions about US participation are in limbo.

    しかし、この事故を巡る外交と安全保障上の問題を考えると、米国の参加に関する決定は定かではありません。

  • Dr. Adjekum said that countries with a high portion of citizens aboard the flight may also become involved in the investigation.

    アドジェクム博士は、飛行機に搭乗をしていた乗客の割合が高い国も、調査に関与する可能性があると述べています。

  • Even under less fraught circumstances, collaboration between multiple countries can be difficult.

    それほど困難ではない状況下であっても、複数国間の協力は容易ではありません。

  • Dr. Adjekum said that in previous crashes like Ethiopia Airlines flight 302, healthy diplomatic relations made it safe for the two countries to collaborate.

    アドジェクム博士は、以前起きたエチオピア航空302便のような墜落事故では、健全な外交関係と両国の協力によって無事行われたと述べています。

  • But even then, investigators tussled over where to send the plane's black boxes.

    しかし、それでも捜査官達は飛行機のブラックボックスをどこに送るかに、争いました。

  • But in this case because of the particular situation where the two of them cannot reconcile, a third party entity might suffice.

    ただし、この場合のように2人で調整できないという特定の状況なら、第三者でも十分な場合があります。

  • So what could happen is that in such a situation ICAO might broker a third party.

    そのため、そのような状況ではICAOが第三者として仲介する可能性があります。

  • Most likely the French or the Germans might be brought in by the Iranians to do the read out.

    ほとんどの場合、フランス人またはドイツ人が連れてこられ、イラン人による読み取りが行なわれます。

  • Once an investigation shifts into national security or military issues, civil investigators generally are relegated to a marginal role.

    調査が国家安全保障または軍事問題に移行すると、民間調査員は通常あまり重要ではない役割に追いやられます。

  • If they have hard evidences based on maybe satellite photography which sort of irrefutable, then the dynamics change, it becomes a criminal investigation.

    おそらく衛星写真に基づいた確固たる証拠があり、反論の余地がない場合には、力関係が変化し犯罪捜査になります。

  • When that happens, international treaties about data sharing and broad participation no longer apply.

    その場合、データの共有や幅広い参加に関する国際条約は適用されなくなってしまいます。

  • And participants tend to be focused on protecting intelligence sources.

    そして、参加者は情報源の保護に集中して行く傾向があります。

  • Despite the hurdles, Iranian authorities have indicated through intermediaries, including the Civil Aviation arm of the United Nations, they want the US National Transportation Safety Board to provide technical assistance.

    障害があるにもかかわらず、イラン当局は国連の民間航空部門を含む仲介者を通じて、米国運輸安全委員会に技術支援を提供することを望んでいることを示しています。

  • In the normal course, this also would mean some level of participation from the Federal Aviation Administration, Boeing and General Electric company, which made the plane's jets with a French joint venture partner.

    通常の場合では、連邦航空局やフランスの合弁パートナーと飛行機のジェット機を作るボーイング社、さらにゼネラルエレクトリックなどの会社の参加を意味しています。

On Wednesday, January 8th, a Ukraine international airline's jetliner crashed shortly after takeoff from Tehran, killing all 176 passengers and crew members on board.

1月8日水曜日、ウクライナ国際航空のジェット旅客機がテヘランから離陸した直後に墜落し、176人の乗客と乗組員全員が死亡しました。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TOEIC WSJ イラン 調査 航空 事故

中東の緊張が与える影響は (How Middle East Tensions Could Complicate Iran Crash Investigation | WSJ)

  • 3953 138
    Estelle に公開 2020 年 02 月 09 日
動画の中の単語