Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • This is Anna, she just graduated from college in the United States.

    こちらはアナ。アメリカの大学を卒業したばかりです。

  • And this is Sophia.

    そしてこちらがソフィア。

  • She also just graduated from college, in Finland.

    彼女も大学を卒業したばかりです。フィンランドにいます。

  • Anna and Sophia both want to be middle school teachers.

    アナもソフィアも中学校の教師になることを望んでいます。

  • But it turns out, there's a good chance their experiences will be very different.

    ですが、2 人はこれからまったく違う道を歩むことになりそうです。

  • So different that Anna is twice as likely as Sophia to leave teaching for good.

    あまりにも違い過ぎて、アナの方は教師の道を断念する可能性がかなり高いです。

  • That's causing a problem.

    このことが今、問題になっています。

  • The supply of new certified teachers in the United States is shrinking, but the number of public school students keeps growing.

    アメリカで教員免許を持つ新卒教員の数が減少する中、公立学校の生徒数は増加する一方です。

  • Massive teacher shortages.

    圧倒的な教員不足。

  • Warnings about teacher turnover.

    教師の離職問題。

  • Educators call Colorado's teacher shortage a crisis.

    教育者は、コロラドの教員不足が危機的状況にあるとしています。

  • So what makes Sophia stay and Anna leave?

    では、どうしてソフィアは教師を続け、アナはやめるのでしょう?

  • And how can the United States keep more of its teachers in the classroom?

    そして、どうすればアメリカはもっと多くの教師たちに職場に残ってもらえるのでしょうか?

  • In the US, teachers work about nine and a quarter hours a day.

    アメリカの教師の労働時間は 1 日あたりおよそ 9 時間 15 分。

  • That's an hour and a half longer than the average for teachers in other countries in the Organization for Economic Development or OECD for short.

    他の経済開発機構加盟国(OECD)の教師の平均労働時間と比べて 1.5 時間長いのです。

  • That's a group of mostly wealthy countries that economists often compare to one another.

    OECD の加盟国はほとんどが裕福で、経済学者たちがよく比較の対象とする国々です。

  • Teachers in the U.S. work more than two and a half hours longer than their colleagues in South Korea, Finland, and Israel.

    アメリカの教師は、韓国・フィンランド・イスラエルの教師と比べると 2.5 時間以上長く勤務しています。

  • There are some countries with similar teacher work hours to the United States, like New Zealand, Singapore, and the U.K.

    教師の労働時間がアメリカと同様の国は他にもあります。ニュージーランドや、シンガポール、イギリスなどです。

  • Teachers in Japan, for example, work nearly two hours more per day than teachers in the U.S., but in all of these countries teaching hours are much lower.

    日本の教師の 1 日当たりの労働時間はアメリカよりも 2 時間弱長いのですが、授業時間に関して言うと、どの国もアメリカよりもずっと短いのが現状です。

  • Of the nine and a quarter hours that American teachers work every day, they spend about five and a half of those hours actually teaching.

    アメリカの教師は日々の 9 時間 15 分の労働時間のうち、およそ 5.5 時間ほどを授業時間に費やしています。

  • That's more than the OECD average and significantly more than teachers in New Zealand, the U.K., South Korea, Japan, and Singapore.

    これは、 OECD の平均を上回っており、ニュージーランドやイギリス、韓国、日本、シンガポールと比べると相当の差になります。

  • Teachers in these countries get more time for planning, grading, and collaborating with each other.

    そういった国々の教師たちには、授業計画や成績評価、他の教師たちとの連携のために費やす時間が多くあるのです。

  • So do all those extra teaching hours translate to better results?

    では、授業時間が長いことは良い結果につながっているのでしょうか ?

  • Students in the U.S. score slightly above the OECD average on the PISA exam, which tests 15 year-olds all over the world in reading, science, and math.

    アメリカの生徒の PISA テストの平均は、OECD の平均をわずかに上回るくらい。PISA は世界各国の 15 歳が受ける、読解力・科学・数学のテストなのですが、

  • But they score lower than students in countries like Finland, South Korea, Japan, and Singapore, where teaching hours are much lower.

    アメリカの生徒は、アメリカよりも授業時間が少ないフィンランドや韓国、日本、シンガポールの生徒よりも低い点数を取っています。

  • If we look inside Anna and Sofia's classrooms in the U.S. and Finland, we'd see Anna teaching an hour and a half more per day than Sofia.

    アメリカのアナとフィンランドのソフィアの教室を見てみたら、アナが毎日ソフィアより 1.5 時間長く教えている様子を目にすることができるでしょう。

  • Anna also spends more time planning lessons, grading student work, and leading extracurricular activities.

    またアナは授業内容を計画したり、生徒の宿題を見たり、また部活も指導したりしています。

  • But those extra hours aren't necessarily reflected in Anna's paycheck.

    しかし、こういった授業以外の時間が必ずしもアナの賃金に反映されるわけではありません。

  • If you compare Sofia to other people in Finland with college degrees, she makes about 98 cents for every dollar that they make.

    ソフィアとフィンランドの大卒者を比較すると、ソフィアの稼ぎはフィンランドの大卒者の収入の 98 % ほど。

  • That's on par with the pay ratio between teachers and college graduates in similar countries.

    その他同様の国々の教師や、大卒者の給与比率と同等です。

  • But Anna and other American middle school teachers only make about 65 cents for every dollar that their college-educated peers make.

    ですが、アナを含めアメリカの中学校教師は、大卒者の収入の 65 % ほどしか稼ぎがありません。

  • Still, as politicians in the U.S. never tire of pointing out, we spend more per student than almost any country I think than nearly every other country in the developed world.

    それでも、アメリカの政治家が指摘し続けているように、アメリカはほかのどの先進国よりも 1 人 1 人の生徒にお金を費やしていると思います。

  • But that figure varies a lot by state.

    ただしそれも州によって異なります。

  • New York spends twice as much as California on each student.

    ニューヨークでは 1 人 1 人の生徒に費やす費用はカリフォルニアの 2 倍。

  • Mississippi spends less than half as much as Alaska.

    ミシシッピはアラスカの半分以下。

  • And American schools generally spend a lot more on security and other non-instructional costs than schools in other countries.

    そして、アメリカの学校は通常、他の国と比べて安全面や教育とは無関係のものに多くお金が使われているのです。

  • Plus, if you look at the share of its national wealth or GDP that each country spends on education, you can see there are plenty of countries spending a bigger share than the U.S.

    さらに、各国が教育に費やす経済力や GDP を見てみると、アメリカよりも多くの金額を投じている国がたくさんあることが分かると思います。

  • There's one other difference between Anna and Sofia.

    アナとソフィアにはもう 1 つの違いがあります。

  • When they're asked whether people in their country value teachers, two out of three Finnish teachers say yes.

    教師たちに自分たちが大切にされているかと聞けば、フィンランドなら 3 人に 2 人は「はい」と答えます。

  • But just one in three American teachers agree.

    でも、アメリカの教師が同意するのは 3 人に 1 人だけ。

  • There are a lot of reasons why teachers like Anna leaves a classroom,

    アナが教師の仕事をやめていくように、アメリカの教師が辞めていく理由は数多くあります。

  • but if the U.S. wants to keep more of them around, we might want to take a few pages from Finland's book.

    ですが、アメリカが教師に職場にとどまってほしいと思う気持ちがあるなら、いくらかフィンランドを見習うと良いでしょう。

This is Anna, she just graduated from college in the United States.

こちらはアナ。アメリカの大学を卒業したばかりです。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 Vox 教師 アナ アメリカ ソフィア フィンランド

アメリカ教育と他の国のと比較したら? (Teaching in the US vs. the rest of the world)

  • 6591 268
    Mackenzie に公開 2020 年 04 月 06 日
動画の中の単語