Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • iPhones, umbrellas, shoes.

    iPhone、傘、靴。

  • These are just some of the common items that make up the $505 billion worth of goods that are made here in China.

    これらは、ここ中国で作られている5050億ドル相当の商品を構成している一般的なものばかりです。

  • And are imported here to the United States.

    そして、ここアメリカに輸入されています。

  • President Trump is unapologetically adding and increasing tariffs on many imports, prompting retaliation from China and others.

    トランプ大統領は露骨に多くの輸入品に関税を追加・増額しており、中国などからの報復を促している。

  • So how do tariffs work, and what do they mean for the economy?

    では、関税はどのように作用するのか、経済にはどのような意味があるのでしょうか。

  • A tariff is a tax on items entering or leaving a country.

    関税とは、その国に出入りする物品にかかる税金のことです。

  • The money collected under a tariff is called a duty or a customs duty.

    関税で徴収されたお金のことを関税や関税といいます。

  • And in the United States those duties are collected by the U.S. Customs and Border Protection.

    そして米国では、これらの関税は米国の税関・国境警備局によって徴収されています。

  • Last year, U.S. import duties totaled up to $33.1 billion.

    昨年、米国の輸入関税は合計で331億ドルに上った。

  • That's 1.4% of the total value of all imported goods.

    それが輸入品全体の1.

  • That makes U.S. tariffs among the lowest in the world.

    そのため、アメリカの関税は世界で最も低くなっています。

  • But that doesn't mean every item entering the U.S. is facing a 1.4% tariff.

    しかし、だからといって、アメリカに入るものすべてが1.4%の関税に直面しているわけではありません。

  • There's a huge range.

    幅が広いですね。

  • Some items aren't taxed at all, while others, like shoes, are taxed at around 11%.

    全く課税されないものもあれば、靴のように11%前後で課税されるものもあります。

  • And upping that 11% to something like 25% or 30

    その11%を25%か30%に引き上げて

  • Especially when you consider that 98% of shoes sold in the U.S. are made overseas.

    特にアメリカで売られている靴の98%が海外製であることを考えると。

  • Let's say I'm buying watches from China to sell at big-box retail stores here in the U.S.

    私が中国から時計を購入して、アメリカの大型小売店で販売しているとします。

  • Say each watch costs me $10.

    時計は1本10ドルだ

  • Add in a 20% tariff to that, and I now have to pay $12 per watch.

    20%の関税を追加して、今では時計1本につき12ドルを支払わなければならない。

  • $2 doesn't sound like much but if my order is 15,000 watches, my total cost has now gone from $150,000 to $180,000.

    2ドルは大したことないように聞こえますが、私の注文が15,000本の時計であれば、私の総コストは15万ドルから18万ドルになりました。

  • That 20% tariff on watches cost me an unexpected $30,000 on goods.

    時計の20%の関税は、私には予想外の商品の3万ドルのコストがかかりました。

  • So if tariffs cost businesses so much money, why have them in the first place?

    では、関税が企業に大きなコストをかけるのであれば、そもそもなぜ関税をかけるのでしょうか?

  • Well, there's two main reasons.

    まあ、理由は大きく分けて2つあります。

  • First they raise money.

    まずお金を集めます。

  • That revenue goes to the general fund of the U.S. Treasury, which helps pay for running the government.

    その収入は米国財務省の一般資金に回るので、政府の運営費を賄うのに役立っています。

  • Last year, the U.S. collected almost $35 billion in duties.

    昨年、米国は350億ドル近い関税を徴収した。

  • Number two, tariffs can help protect some domestic industries from competition abroad.

    その2 関税は一部の国内産業を海外との競争から守るのに役立つ

  • Think of it this way: if you're charging "Made in China" more money that makes "Made in America" suddenly seem more affordable.

    このように考えてみてください。"Made in China "を充電していると、"Made in America "が急にお得に見えるようになるお金が増えてきます。

  • Let's go back to our watch example.

    時計の例に戻りましょう。

  • If my manufacturer in China is sending over a batch of watches that cost me $12 instead of $10, I might find a cheaper way to make them here in the U.S. to avoid paying that 20% tariff.

    中国のメーカーが10ドルではなく12ドルの時計を一括で送ってくるのであれば、その20%の関税を払わずに済むように、アメリカで作る方が安いかもしれませんね。

  • But my supplies used to make the watch are likely going to need to be imported, likely, still from China.

    しかし、時計を作るために使用される私の供給は、おそらく、まだ中国から輸入する必要があるだろうと思っています。

  • And those supplies probably will have their own tariffs too.

    そして、それらの供給物もおそらく独自の関税を持つことになるでしょう。

  • You can see how this can get complicated.

    いかにややこしくなるかがわかりますね。

  • There's another option.

    他にも選択肢があります。

  • I could also potentially buy from another country that's not subject to the tariffs on products from China, like India or Vietnam.

    インドやベトナムのように、中国からの製品に関税がかからない他の国から買うことも可能ですね。

  • That's bad news for China.

    中国にとっては悪いニュースだな。

  • But it's not just China that Trump has been after.

    しかし、トランプが狙っているのは中国だけではない。

  • When the U.S. president introduced billions of dollars in new tariffs, countries like Canada and Mexico, as well as the European Union, were quick to react and retaliate.

    米国大統領が数十億ドルの新たな関税を導入したとき、カナダやメキシコ、EUなどの国々はすぐに反応して報復した。

  • So why is he kicking up the controversy with America's biggest allies?

    ではなぜ彼はアメリカの最大の同盟国との論争を蹴散らしているのでしょうか?

  • Trump says he wants to dramatically reduce the U.S.' trade deficit with other countries.

    トランプ氏は、米国の他国との貿易赤字を劇的に減らしたいと言っている。

  • A trade deficit is the amount by which a country's imports exceed the value of its exports.

    貿易赤字とは、その国の輸入額がその国の輸出額を上回る額のことである。

  • Trump is hoping that by introducing drastic tariffs it will reduce the size of the U.S.' trade deficit, and he's particularly focused on China.

    トランプ氏は、抜本的な関税を導入することで、米国の貿易赤字の規模を縮小することを期待しており、特に中国に注目している。

  • The U.S.-China trade deficit is estimated to be $370 billion.

    米中貿易赤字は3700億ドルとされている。

  • He hopes to reduce it to $200 billion by 2020.

    2020年までに2000億ドルに削減したいとしている。

  • So what does all this mean for consumers?

    では、これは消費者にとって何を意味するのでしょうか?

  • When tariffs are put into effect, the person likely paying for that increase in cost is you and I.

    関税が発動された時、そのコストアップ分を支払う可能性が高いのは、あなたと私です。

  • A number of American companies have said increased tariffs will hurt their businesses, and ultimately they'll have to increase prices for consumers.

    多くのアメリカ企業は、関税の増加は自社のビジネスに打撃を与え、最終的には消費者の価格を上げざるを得ないと述べている。

  • In the weeks following Trump's announcement, prices went up on items ranging from a can of Coke to toilet paper and kitchen towels.

    トランプ氏の発表後の数週間で、コーラの缶詰からトイレットペーパーやキッチンタオルに至るまで、価格が上昇しました。

  • And some companies like Kimberly-Clark, which makes Huggies and Kleenex, have even lowered their annual forecasts.

    また、ハギーズやクリネックスを製造しているキンバリー・クラークのように、年間の業績予想を引き下げている企業もある。

  • And the tariffs could badly hurt Chinese companies and their products too.

    そして、関税は中国企業とその製品にも大きなダメージを与える可能性があります。

  • Some of the largest items that the U.S. is shipping to China include things like soybeans, aircraft and electrical machinery.

    米国が中国に出荷している最大の品目には、大豆、航空機、電気機器などがあります。

  • So, when China retaliated by announcing a 25% tariff on U.S.-made airplanes, that was a direct hit to Boeing, and the company's stock price fell on the news.

    そのため、中国が米国製飛行機に25%の関税を課すと発表したことで報復され、ボーイング社に直撃し、同社の株価は下落した。

  • Boeing is selling planes to China Southern Airlines Group, which plans to buy more than 300 aircraft in the next three years.

    ボーイングは、今後3年間で300機以上の航空機購入を計画している中国南方航空グループに航空機を売却している。

  • So with higher tariffs on U.S. planes, it could buy a larger share of airplanes from say France's Airbus instead.

    だから、米国の飛行機の関税が高くなると、代わりにフランスのエアバスから飛行機のより大きなシェアを買うことができます。

  • The vast majority of economists surveyed by a Reuters poll said that import tariffs would do more harm to the U.S. economy than good.

    ロイターの世論調査では、大多数のエコノミストが、輸入関税は米国経済に良いことよりも害を与えるだろうと答えている。

  • Yet, like most things with President Trump, he's standing his ground, as governments, companies and consumers scramble to see what's next.

    しかし、政府、企業、消費者が次に何があるのかを見極めようと躍起になっている中、トランプ大統領は他の多くのことと同様に、自分の立場を貫いている。

  • Hey guys, it's Uptin.

    やあ みんな アプチンだ

  • Thanks for watching!

    ご覧いただきありがとうございます!

  • Check out more of our videos here and here.

    その他の動画はこちらとこちらでチェックしてみてください。

  • We're also taking suggestions for future CNBC Explains.

    今後のCNBC Explainsへの提案も受け付けています。

  • So leave your comments in the section below.

    だから、あなたのコメントを下のセクションに残してください。

  • And while you're at it, subscribe to our channel.

    そして、あなたがそれをしている間、私たちのチャンネルを購読してください。

iPhones, umbrellas, shoes.

iPhone、傘、靴。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 関税 米国 ドル 輸入 トランプ 赤字

関税の仕組みとは?| CNBCが解説します

  • 837 43
    Fibby に公開 2019 年 09 月 27 日
動画の中の単語