Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • Humans might have built civilizations, but insects own the world.

    人間は文明を築いたかもしれないが、昆虫は世界を所有している。

  • After all, over half of all known species are insects.

    結局、知られている種の半分以上は昆虫です。

  • So if they all suddenly vanished, you'd notice.

    だから、急に全員消えたら気がつくだろう。

  • No more summers of singing cicadas and flickering fireflies.

    蝉の鳴き声や蛍のゆらゆらする夏はもうない。

  • No bees to pollinate apple, cherry, peach, or almond trees.

    りんご、さくらんぼ、桃、アーモンドの木を受粉するためのミツバチはいません。

  • No one to make honey.

    蜂蜜を作る人はいない。

  • A world without insects means a world with empty grocery-store shelves.

    虫のいない世界とは、食料品店の棚が空っぽの世界を意味します。

  • But that would be just the beginning of our problems.

    しかし、それは我々の問題の始まりに過ぎない。

  • Now, it's impossible to say exactly what would go down, but here's a worst-case scenario of what could happen if all the insects disappeared.

    さて、何が起こるかは正確には言えませんが、ここでは、すべての昆虫が消えた場合の最悪のシナリオを示しています。

  • There are a few insects most people would be happy to see vanish.

    ほとんどの人が消えてくれたら嬉しいと思う昆虫がいくつかあります。

  • Like mosquitoes.

    蚊のように。

  • They kill hundreds of thousands of people every year by transmitting malaria, West Nile virus, and other diseases.

    マラリアや西ナイルウイルスなどを媒介して毎年何十万人もの人を殺しています。

  • But if they disappeared tomorrow, we might actually miss them.

    でも、明日になって消えてしまったら、実は寂しいかもしれません。

  • There are over 3,000 species of mosquitoes on Earth, all of which are food to birds, bats, frogs, and other animals.

    地球上には3,000種以上の蚊が生息しており、そのすべてが鳥やコウモリ、カエルなどの動物の餌となっています。

  • No more mosquitoes means these creatures and the animals that eat them could go hungry.

    蚊がいなくなるということは、これらの生き物やそれを食べる動物が空腹になる可能性があるということです。

  • The same goes for the dreaded cockroach, a protein-packed meal for birds, rodents, and even humans in some parts of the world.

    鳥やげっ歯類、そして世界の一部の地域では人間にとってもたんぱく質で満たされた食事である、恐ろしいゴキブリも同じことが言えます。

  • If we lost all 4,400 species of roach, entire ecosystems would struggle to survive.

    もし4,400種のゴキブリをすべて失ったら、生態系全体が生き残るのに苦労することになるだろう。

  • Believe it or not, we'd have even worse troubles ahead since we'd face a serious poop problem without one of the world's greatest recyclers, the dung beetle.

    信じられないかもしれませんが、私たちは世界最大のリサイクル業者の一つである糞虫なしで深刻なウンチの問題に直面しているので、私たちは先にさらに悪いトラブルを持っているでしょう。

  • You see, history has taught us exactly what happens when these critters can't do their job.

    歴史が教えてくれたのは、これらの生き物が仕事をできないとどうなるかだ。

  • Back in 1788, the British introduced cattle to Australia, and these cows pooped a lot.

    1788年にイギリスはオーストラリアに牛を導入しましたが、この牛たちはたくさんウンチをしていました。

  • Each one poops enough to fill five tennis courts every year.

    一人一人が毎年5面のテニスコートを埋め尽くすほどのウンチをしています。

  • But while the dung beetles back in Britain would eat and break down cow poo, the native Australian beetles wouldn't touch the stuff because they evolved to munch only on dry, fibrous marsupial dung.

    しかし、イギリスに戻ってきた糞虫は牛のフンを食べて分解していたが、オーストラリア原産のカブトムシは、乾燥した繊維質の有袋類の糞だけをむさぼるように進化したので、そのようなものには触れなかった。

  • So the cow poop piled up.

    牛のウンチが積み重なったんですね。

  • By 1960, the cattle had carpeted 500,000 acres of pasture in dung.

    1960年までに、牛は糞の中に50万エーカーの牧草地の絨毯を敷いていました。

  • That's enough to cover over half of Rhode Island, and while a little bit of poop is great for fertilizer, this ocean of dung would flood plants with nitrogen, making it impossible for anything to grow.

    ロードアイランド州の半分以上を覆うには十分な量で、少しのウンチは肥料には最適ですが、この糞の海は植物に窒素があふれ、何も成長できなくなります。

  • So, imagine if all 8,000 species of dung beetle, plus other doo-dining insects, like flies, vanished worldwide.

    だから、8,000種の糞虫に加えて、ハエのような他の糞食い虫が世界的に消滅した場合を想像してみてください。

  • The land would be knee-deep in...you know.

    土地は膝まで埋まっているだろう...と。

  • Farmland, forest, and desert would all collapse, and floating throughout would be loads of corpses.

    農地も森も砂漠もすべてが崩壊して、死体の塊になってしまう。

  • You see, most animals won't eat dead bodies.

    ほとんどの動物は死体を食べません。

  • That's where flesh-eating beetles, aka dermestids, and other corpse-munching insects come in.

    そこで肉を食べるカブトムシ、別名ダーメスティッドや他の死体を食べる昆虫の出番です。

  • Over 500 species of these grisly undertakers live worldwide, devouring dead flesh until nothing but bone remains.

    500種以上のこの卑劣な葬儀屋は世界中で生きていて、骨だけが残るまで死んだ肉を貪り食っています。

  • Without them, there would be fewer custodians around to clean up the mess.

    彼らがいなければ、後始末をするための親権者も少なくなるだろう。

  • Sure, there would still be hungry vultures and bacteria around to help, but it wouldn't be enough.

    確かに、飢えたハゲタカやバクテリアがいても、それだけでは十分ではありません。

  • So, that's where we could end up in an insect-less world.

    そこで虫のいない世界になってしまう可能性があるということですね。

  • Starving to death while drowning in a sea of poop and corpses.

    ウンコと死体の海に溺れながら餓死。

Humans might have built civilizations, but insects own the world.

人間は文明を築いたかもしれないが、昆虫は世界を所有している。

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B2 中上級 日本語 昆虫 ウンチ 死体 消え 世界 カブトムシ

すべての昆虫が消えたら?

  • 9034 371
    Mackenzie に公開 2019 年 09 月 05 日
動画の中の単語