Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Uber is going public at a valuation of over $75 billion dollars.

    Uberは750億ドル以上の評価額で株式を公開する。

  • The world's biggest ride-hailing business is hitting the market just weeks after smaller rival Lyft.

    世界最大のライド・ホーリング事業は、小さなライバルであるLyftのわずか数週間後に市場に登場しています。

  • When you think about the excitement surrounding Lyft, multiply that for Uber.

    Lyftを取り巻く盛り上がりを考えると、それをUberに掛け合わせてみてはいかがでしょうか。

  • This is more global.

    こちらの方がグローバルです。

  • It's diversified.

    多様化しています。

  • So there's certainly a lot of excitement from public market investors.

    だから、確かに公開市場の投資家からは盛り上がっていますね。

  • Uber is far from making money.

    Uberは儲かるとは程遠い。

  • It reported an operating loss of $3 billion dollars in 2018, after losing more than $4 billion in the prior year.

    前年に40億ドル以上の損失を出した後、2018年には30億ドルの営業損失を報告しています。

  • During its roadshow, Uber compared itself to Amazon as it explained its money-losing business to investors.

    ロードショーでは、Uberは、投資家にお金を落とすビジネスを説明しながら、自分自身をAmazonに例えました。

  • Why Amazon?

    なぜアマゾンなのか?

  • Because the now wildly successful company didn't make a profit for several years after it went public in 1997.

    今、大成功している会社は、1997年に公開してから数年間は利益を上げなかったからです。

  • But Uber isn't Amazon.

    でもUberはAmazonじゃないんだよね。

  • For one, Amazon had little competition in the e-commerce space when it IPO 'd.

    一つには、アマゾンがIPOしたとき、電子商取引の分野ではほとんど競争相手がいませんでした。

  • It also had a valuation of $438 million, compared to Uber's $75 billion.

    また、評価額は4億3800万ドルで、Uberの750億ドルと比較しても、その額は大きかった。

  • Still, some investors are far from being scared away from Uber's red ink.

    それでも、一部の投資家はUberの赤字に怯えているとは程遠い。

  • In the U.S. alone, Americans spend about $1.2 trillion dollars on personal transportation, and Uber really is at the forefront of this move from a personal car ownership model to more of transportation as a service.

    米国だけでも、アメリカ人は個人の交通機関に約1.2兆ドルを費やしており、Uberはこの個人の車の所有モデルからサービスとしての交通機関への移行の最前線にいます。

  • And I think investors really do believe that humans will one day forgo owning their physical cars in favor of an on-demand service, like, like Uber or Lyft.

    そして投資家は、人間がいつか現物の車を所有することを放棄して、UberやLyftのようなオンデマンドサービスを利用する日が来ると本気で信じていると思います。

  • Uber was founded as UberCab in 2009 by Garrick Camp and Travis Kalanick.

    Uberは2009年にGarrick CampとTravis KalanickによってUberCabとして設立されました。

  • The app launched in San Francisco in July 2010.

    このアプリは2010年7月にサンフランシスコで発売されました。

  • It allowed users to hail, via an app, black town cars but was still more expensive than taking a taxi.

    それは、ユーザーがアプリを介して、黒い町の車を、雹を送ることができましたが、タクシーを取るよりもまだ高価でした。

  • It then dropped cab from its name and launched in New York City and Paris.

    その後、名前からキャブを落とし、ニューヨークやパリで発売されました。

  • But in 2012, another ride-hailing company entered the market.

    しかし、2012年には別のライドハイリング会社が参入してきた。

  • You had Lyft come into the picture and they came around and said you know we're going to give Uber some competition on the lower priced end of things.

    Lyftが登場してきて、Uberに低価格帯の競争力を与えようとしていると言っていましたよね。

  • And from that came UberX, which is now sort of Uber as we know it, the cheap alternative to hailing a taxi.

    そこから来たのがUberXで、今ではUberのようなもので、タクシーを呼ぶための安価な代替手段となっています。

  • Uber now operates in 63 countries, 700 cities and has completed over five billion rides.

    Uberは現在、63カ国、700都市で事業を展開しており、50億回以上のライドを完了しています。

  • There are also more than three million Uber drivers worldwide.

    また、世界中で300万人以上のUberドライバーがいます。

  • Taxis accounted for 99 % of ride-sharing trips in the U.S. in 2012.

    2012年の米国におけるライドシェア旅行の99%はタクシーが占めています。

  • And now, with the rise of Lyft and Uber, taxis represent just 12.5%.

    そして現在、LyftやUberの台頭により、タクシーはわずか12.5%にとどまっています。

  • So why is Uber losing so much money?

    では、なぜUberは大損しているのでしょうか?

  • First, they have to pay drivers.

    まず、ドライバーにお金を払わないといけない。

  • And now drivers are asking for more.

    そして、今、ドライバーはもっと多くのことを求めています。

  • Drivers united will never be defeated.

    団結したドライバーは決して負けることはありません。

  • Increased competition with Lyft has created tensions with drivers who complain of low pay rates and unfair compensation.

    Lyftとの競争が激化したことで、低賃金率や不当な補償に不満を持つドライバーとの間に緊張感が生まれています。

  • It's expensive to navigate the regulatory environment in each city and to ensure the business.

    各都市の規制環境をナビゲートして事業を確保するにはお金がかかります。

  • Insurance costs for Uber ride-sharing products increased $1.3 billion from 2016 to 2017.

    Uberのライドシェア商品の保険料は2016年から2017年にかけて13億ドル増加した。

  • Credit card processing fees and driver incentives also drain the company of money.

    クレジットカードの処理手数料やドライバーのインセンティブも会社のお金を消耗します。

  • On the rider side, they also have to make it appealing.

    ライダー側としては、それをアピールすることも必要です。

  • Entice the rider to come to Uber and use its platform instead of going to Lyft.

    Lyftに行く代わりにUberに来てもらい、Uberのプラットフォームを利用してもらう。

  • So in this way, Uber and Lyft both spend millions and millions of dollars to attract and keep people on their platforms.

    このように、UberもLyftも数百万ドル、数百万ドルをかけて、プラットフォームに人を呼び込み、維持しているのです。

  • Uber's growth to number one has been riddled with controversy.

    Uberのナンバーワンへの成長は、論争を巻き起こしている。

  • In 2017, after multiple scandals, Uber founder Travis Kalanick stepped down.

    2017年、複数のスキャンダルを経て、Uber創業者のトラビス・カラニック氏は身を引いた。

  • Uber CEO Travis Kalanick is out, after shareholders staged a revolt.

    株主が反乱を起こした後 UberのCEOトラビス・カラニックが出てきました

  • Meanwhile, Lyft gained a reputation for being the friendlier of the two.

    一方、Lyftは2人の中でも特に親しみやすいという評判を得ていました。

  • Uber has certainly had a more troubled history than Lyft.

    Uberは確かにLyftよりも問題の多い歴史を持っています。

  • Lyft has had a better reputation with drivers, for instance they introduced tipping from the very beginning, Uber only introduced tipping a few years ago.

    例えば、Lyftは最初からチップを導入しており、Uberは数年前にチップを導入したばかりです。

  • At IPO, Lyft was valued at just over $20 billion dollars but its stock has had a rocky start.

    IPOでは、Lyftはちょうど200億ドル以上で評価されていましたが、その株式は不安定なスタートを切っています。

  • The Lyft IPO has been a bit challenging. And the revenue multiple that people are using to value Lyft, people, are, will sort of look to apply that to Uber, as, as a way to get a sense for valuation.

    LyftのIPOは少し挑戦的でした。人々がLyftを評価するために使用している収益倍率は、人々は、評価の感覚を得るための方法として、Uberに適用しようとしています。

  • Also, some of the trends that were outlined in Uber's S-1 filing can raise some questions.

    また、UberのS-1出願で概説された傾向の中には、いくつかの疑問を投げかけるものがあります。

  • Specifically, the fact that you've seen a pretty sharp slowdown in revenue growth at Uber over the last few quarters and significant declines in its take rate.

    具体的には、ここ数四半期の間にUberの収益成長がかなり急激に鈍化していることと、そのテイク率が大幅に低下していることですね。

  • Uber's total revenue for 2018 was $11.3 billion dollars, with ride-sharing bringing in over 80%.

    Uberの2018年の総収入は113億ドルで、ライドシェアが8割以上を占めた。

  • Uber Eats is the second biggest source of revenue for the company at $1.4 billion.

    Uber Eatsは14億ドルと、同社にとって2番目に大きな収入源となっている。

  • But Uber has put a lot of focus on diversifying into bike sharing, scooters, Uber Freight, air taxis and even its own autonomous driving technology.

    しかし、Uberはバイクシェアリング、スクーター、Uber Freight、エアタクシー、さらには独自の自律走行技術への多角化に力を入れている。

  • All of which require a lot of investment and has slowed growth towards profitability.

    いずれも多額の投資を必要とし、収益性に向けて成長が鈍化している。

  • If you believe that this industry and Uber and Lyft are going to be profitable, you believe that at some point in the future self-driving cars are going to help them get there.

    この業界とUberやLyftが利益を上げようとしていると信じるのであれば、将来のある時点で自己運転車がそこに到達するための手助けをしてくれると信じているのではないでしょうか。

  • Uber's Advanced Technologies Group or ATG, which works on self-driving vehicles, recently announced a $1 billion dollar investment from SoftBank, Denso and Toyota.

    自己運転車を手がけるUberのAdvanced Technologies Group、またはATGは先日、ソフトバンク、デンソー、トヨタから10億ドルの出資を受けたことを発表した。

  • A sign investors may see it's serious about long-term growth.

    長期的な成長を真剣に考えていることが投資家には見えているのかもしれません。

  • ATG took a hiatus after one of Uber's self-driving cars killed a woman in Arizona last year.

    ATGは昨年、Uberの自動運転車の1台がアリゾナ州で女性を殺害した後、活動を休止した。

  • Uber's rapid growth in many directions has meant a lot of spending.

    Uberが多方面で急成長したことは、多くの支出を意味しています。

  • However, some analysts predict Uber will become profitable eventually.

    しかし、アナリストの中には、Uberはいずれ黒字化すると予測している人もいる。

  • In terms of when Uber could achieve profitability, we're still several, several years away.

    Uberがいつ収益性を達成できるかという点では、まだ数年、数年先の話です。

  • I'd say four or five years away at least.

    最低でも4、5年は先の話だな。

  • Uber is part of a big wave of Silicon Valley companies rumored to go public in 2019.

    Uberは、2019年に株式を公開すると噂されるシリコンバレー企業の大きな波の一部です。

  • So will it be a smart investment?

    では、賢い投資になるのでしょうか?

  • Uber really is the number one player in virtually all of the markets where operates a ride-sharing business and an online food delivery business.

    仝それはそれでいいのですが、それはそれでいいのですか?

  • And over time that number one kind of leadership position in those respective markets should translate into a more resilient business, a more profitable business.

    そして、時間の経過とともに、それぞれの市場でナンバーワンのリーダーシップを発揮することで、より回復力のあるビジネス、より収益性の高いビジネスへと変化していくはずです。

  • I think the important thing for investors to know is that this is a bet on a company that aims to be the so-called Amazon of transportation.

    投資家が知っておくべき重要なことは、これがいわゆる「交通のアマゾン」を目指す企業への賭けであるということだと思います。

  • They have humungous aspirations.

    彼らは大きな志を持っています。

  • They don't want to focus on just the U.S. market.

    アメリカ市場だけに注目したくないらしい。

  • They want to be global.

    彼らはグローバルになりたがっている。

  • They want to be diversified.

    多様性を求めているのです。

  • They're looking at a $5.7 trillion dollar addressable market.

    彼らは5.7兆ドルのアドレス可能な市場を見ている。

  • So when you look at Uber, you're really betting on the future of transportation not just ride-sharing.

    だから、Uberを見ていると、ライドシェアだけではなく、交通機関の未来を本当に賭けているんですね。

Uber is going public at a valuation of over $75 billion dollars.

Uberは750億ドル以上の評価額で株式を公開する。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 uber ライド ドル 投資 ドライバー 収益

Uberが損をしている理由

  • 364 17
    Fibby に公開 2019 年 08 月 27 日
動画の中の単語