Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • If you haven't gotten to your midlife crisis yet, you're probably not looking forward to it.

    まだ中年期の危機を迎えていない人は、楽しみにしていないのかもしれません。

  • According to pop culture, people hit their forties and suddenly become miserable.

    ポップカルチャーによると、人は40代になって突然惨めになる。

  • And to deal with it, they quit their jobs, buy sports cars they can't afford, and have affairs with much younger people.

    そしてそれに対処するために仕事を辞め、買えないスポーツカーを購入し、はるかに若い人たちと不倫をする。

  • Still, if you think about it, it's pretty weird to think that turning a specific age would be enough to make us upend our lives.

    それでも考えてみれば、特定の年齢になったら人生をひっくり返るくらいのことを考えるのはかなり変な話だと思います。

  • So is the midlife crisis really a thing?

    では、中途半端な危機は本当にあるのでしょうか?

  • Well, it's kind of complicated, but there's probably less to worry about than you think.

    まあ、なんだか複雑だけど、思ったよりも心配することは少ないかもしれない。

  • The term "midlife crisis" was coined by psychoanalyst Elliott Jaques in 1965.

    中年期の危機」という言葉は、1965年に精神分析学者のエリオット・ジャックスが造語したものです。

  • He believed that you had your crisis when you realized that you'd already lived more than half your life.

    すでに人生の半分以上を生きてきたことに気付いた時、自分の危機があると信じていた。

  • He studied quote-unquote geniuses, like Bach, Shakespeare, and Mozart, most of whom either died tragically, or became much more prolific after their late 30s.

    彼は、バッハ、シェイクスピア、モーツァルトのような引用符の天才を研究し、そのほとんどはどちらかが悲劇的に死んだか、または30代後半の後にはるかに多作になった。

  • He thought that the fear of not accomplishing everything they wanted to either killed them or lit a fire under them.

    自分たちが望んでいたことをすべて達成できないことへの恐怖は、自分たちを殺すか、自分たちの下に火を灯すかのどちらかだと思っていた。

  • Admittedly, he also thought that this didn't really apply to women because they went through menopause instead.

    認めた上で、代わりに更年期を迎えたので、これは女性には当てはまらないと思ったそうです。

  • That's clearly not accurate.

    それは明らかに正確ではありません。

  • But because of it, most midlife crisis stereotypes today are still about men.

    しかし、そのせいで、今日でも中年期の危機のステレオタイプの多くは男性についてのものです。

  • Of course, other thinkers at that time were also talking about developmental crises.

    もちろん、当時の他の思想家も発達の危機について語っていました。

  • And the one who really popularized the idea of the midlife crisis was researcher Daniel Levinson.

    そして、中年期の危機という考えを本当に広めたのは、研究者のダニエル・レビンソンでした。

  • In 1975, he proposed that life was made up of a series of stable periods interspersed with crises known as transitional periods.

    1975年、彼は、生命は過渡期と呼ばれる危機を挟んで安定した期間の連続で構成されていることを提案した。

  • He based his stages on work from previous psychologists and on his own study of 40 American men aged 35 to 45.

    彼は、以前の心理学者の仕事をベースに、35歳から45歳までの40人のアメリカ人男性を対象にした独自の研究を行っています。

  • Levinson thought that the biggest transition, which happened in middle age, had to do with a sense of not accomplishing enough.

    レヴィンソンは、中年期に起こった最大の転換は、十分に達成できていないという感覚と関係があると考えていました。

  • He believed it could be dealt with by learning to set more reasonable goals.

    彼は、より合理的な目標を設定することを学ぶことで対処できると考えていました。

  • Still, tiny sample sizes of one group aren't always reliable.

    それでも、1つのグループの小さなサンプルサイズは必ずしも信頼できるものではありません。

  • so more recently, researchers have tried looking for the midlife crisis in bigger, more diverse samples.

    そのため、最近では、研究者たちは、より大きく、より多様なサンプルで中年期の危機を探そうとしています。

  • And they seem to have found it.

    そして、それを見つけたようです。

  • One trend that has emerged is a U-curve in reported happiness levels.

    出てきた傾向としては、報告された幸福度のU字カーブがあります。

  • People seem to be happy early in life and at the end of it, but they slump in the middle.

    人は人生の早い段階で幸せになっているように見えて、最後は途中でスランプになってしまう。

  • This trend has been found in multiple studies, looking at over a million people in more than 50 countries.

    この傾向は、50カ国以上の100万人以上を対象にした複数の研究で明らかになっています。

  • In 2013, one researcher proposed a possible explanation for the U-curve pattern, after analyzing a 13-year-long German study of 23,000 people.

    2013年、ある研究者は、2万3000人を対象とした13年間のドイツの研究を分析した結果、U字カーブパターンの可能性がある説明を提案した。

  • He said it had to do with expectations.

    期待と関係があると言っていました。

  • According to his hypothesis, young people expect to beat the average when it comes to careers and happy relationships.

    彼の仮説によると、若者はキャリアや幸せな人間関係になると平均を上回ることを期待しているという。

  • And when things don't quite work out that way, they're disappointed.

    物事がうまくいかない時はがっかりします。

  • They do eventually adjust their expectations, but not always fast enough to prevent that disappointment.

    彼らは最終的には期待値を調整しますが、必ずしもその失望を防ぐために十分な速さではありません。

  • The result is pessimism and dissatisfaction, a double whammy of misery.

    その結果、悲観論と不満、不幸のダブル・ホムミーとなる。

  • But at some point, as they get older, those expectations do align with reality, possibly because, according to some research, the aging brain is less prone to regret.

    しかし、いくつかの時点で、彼らが年を取るにつれて、それらの期待は、おそらくいくつかの研究によると、老化した脳は後悔する傾向が少ないため、現実と一致しています。

  • Life starts getting better.

    人生が好転し始める。

  • And because expectations are lower, it's a pleasant surprise that brings people back up the curve.

    そして、期待値が低いからこそ、人を巻き込んでくれる嬉しいサプライズです。

  • Now, if this all sounds pretty depressing, it is worth mentioning that the U-curve isn't set in stone.

    さて、もしこれがすべてかなり憂鬱に聞こえるならば、U字カーブは定まったものではないと言っておく価値があります。

  • It's still pretty hotly debated for a number of reasons.

    いろいろな理由で今でもかなり話題になっています。

  • For one, several recent studies have found that well-being simply increases as we age, without the middle-age dip.

    一つには、最近のいくつかの研究では、中年期のディップがなくても、年齢を重ねるごとに幸福度が上昇することがわかっている。

  • And there are some issues with the studies that showed the U-curve, too.

    そして、U字カーブを示した研究にも問題があります。

  • Many of them are cross-sectional studies, meaning that they look at lots of different-aged people and use them to estimate trends over the lifespan.

    その多くは横断的な研究であり、多くの異なる年齢の人々を見て、生涯の傾向を推定するために利用していることを意味している。

  • This is different from a longitudinal study, which follows the same subjects over a long period of time.

    これは、同じ被験者を長期間にわたって追跡する縦断的研究とは異なります。

  • Longitudinal studies can be more accurate for long-term research, but not many have been done about midlife crises.

    長期的な研究のためには縦断的な研究の方がより正確な研究ができるが、中年期の危機についてはあまり多くの研究が行われていない。

  • Until recently, old age, childhood, and adolescence were studied much more often than middle age.

    つい最近までは、中年期よりも老年期、幼年期、青年期の方がよく研究されていましたが、最近では、老年期、幼年期、青年期の方が研究されています。

  • Still, the longitudinal studies that have been done tend to show that steady increase in well-being.

    それでも、縦断的に行われてきた研究では、幸福度が着実に上昇していることが示される傾向にある。

  • That could mean cross-sectional studies aren't entirely accurate, but we'll need to do more research to know for sure.

    それは横断的な研究が完全に正確ではないことを意味しているかもしれませんが、確かなことを知るためにはもっと調査が必要です。

  • There's also an issue of definitions.

    定義の問題もあります。

  • You might call a midlife crisis a difficult transition that occurs around age 40.

    40歳前後に起こる困難な移行をミッドライフ・クライシスと呼ぶかもしれません。

  • But different researchers have different criteria.

    しかし、研究者によって基準が違う。

  • Is it stressful?

    ストレスになっていませんか?

  • Is it eventful?

    イベント性があるのかな?

  • Is it internally or externally-driven?

    内部主導なのか、外部主導なのか。

  • Even when researchers do agree, the public's definition tends to be much broader.

    研究者が同意していても、一般の人の定義はもっと広くなる傾向がある。

  • A 1992 study found that just 10% of people had had midlife crises when the researcher determined whether they met the right criteria.

    1992年の研究では、研究者が適切な基準を満たしているかどうかを判断したときに、中年期の危機に陥った人はわずか10%だったという結果が出ています。

  • But, in a 2000 study, when people were directly asked if they'd had a midlife crisis, 26% of them said yes.

    しかし、2000年の研究では、中年期の危機を経験したかどうかを直接尋ねたところ、26%の人が「はい」と答えたそうです。

  • The public's definition of this is similar to researchers', but tends to include any stress or turmoil encountered between 30 and 65.

    一般の人の定義は研究者と似ていますが、30歳から65歳までの間に遭遇したストレスや混乱も含まれる傾向にあります。

  • So the idea of the midlife crisis may prevail in pop culture partly because we take any stressful event in the middle of our lives and slap that label on it.

    だから、中年期の危機という考えは、私たちが生活の真ん中でストレスの多いイベントを取り、そのラベルを平手打ちするので、ポップカルチャーの中では一部で優勢になるかもしれません。

  • One way or another, this is definitely a topic that needs more investigation.

    いずれにしても、これは間違いなくもっと調査が必要なテーマです。

  • But the good news is that even if the U-curve does exist, it doesn't mean that middle-aged people are all miserable.

    しかし、U字カーブがあったとしても、中年が全員惨めになるわけではないというのが朗報です。

  • On average, studies so far have shown it's actually a pretty small decrease in happiness.

    これまでの研究では、平均的に見ると、実際には幸福度の低下はかなり小さいことがわかっています。

  • Not the life-altering angst we associate with the stereotype.

    私たちがステレオタイプから連想する人生を変えるような怒りではありません。

  • So don't worry about it too much.

    だからあまり気にしないでください。

  • Your job-quitting, Ferrari-buying phase might never arrive.

    仕事を辞めてフェラーリを買う段階には 到達しないかもしれない

  • Thanks for watching this episode of SciShow Psych.

    SciShow Psychのエピソードをご覧いただきありがとうございます。

  • If you'd like to keep learning about the human mind with us, you can go to youtube.com/scishowpsych and subscribe.

    私たちと一緒に人間の心について学び続けたい方は、youtube.com/scishowpsychにアクセスして購読することができます。

If you haven't gotten to your midlife crisis yet, you're probably not looking forward to it.

まだ中年期の危機を迎えていない人は、楽しみにしていないのかもしれません。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 研究 危機 カーブ 傾向 幸福 期待

誰もが「ミッドライフ・クライシス」を抱えている?

  • 9482 383
    Lian に公開 2019 年 07 月 23 日
動画の中の単語