Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Hello, I am Gina.

    こんにちは、私はジーナです。

  • Do you think it's possible for a person to love you too much?

    皆さんは、自分が誰かに愛され過ぎるってことが起こりうると思いますか?

  • This is exactly what happened to me.

    私にはそれがまさに起きたんです。

  • I first saw Brad in school, and he was such a handsome boy, with the prettiest smile I'd ever seen.

    私が初めて学校で Brad に会った時は、とってもハンサムで今まで見た事の無い素敵な笑顔が魅力でした。

  • Every day I was hoping he would notice me.

    毎日彼に気付いてほしくてたまらなかったんですけど

  • And it finally happened.

    ついにその日が来たんです。

  • He came to me and asked if I was free that evening.

    私のところにきて、その日の午後空いてるかどうか聞いてきたんです。

  • And it was the happiest day of my life.

    その日は人生で最高に幸せな日でした。

  • That evening, we went to the movies and then for a walk in the park.

    その日の夜、2 人で映画を観に行ってから公園を散歩したんですけど

  • And it was super romantic.

    ホントにロマンチックな時間だったんです。

  • Not long after it, we started to date.

    その後すぐに私たちは付き合い始めました。

  • And first few weeks were perfect.

    最初の数週間は文句なしだったんです。

  • We were seeing each other every day, and he always told me how beautiful I was.

    毎日会っていたし、いつも彼は「可愛いよ」って言ってくれて。

  • And when we weren't together, he was texting to me how much he loved and missed me.

    一緒にいない時でも彼はテキストくれて、愛してるよとか早く会いたいとか言ってくれたんです。

  • It was sweet.

    すごく嬉しかったですね。

  • But sometimes I was busy with school or seeing my friends, and during that time, he was texting me non-stop.

    でも、学校の事や友だちと会ったりして忙しい時もあるわけで、

  • One day, I was doing homework, and when I finished, I looked at my phone, and there were hundreds of texts and missed calls!

    そんな時にも彼はひたすらテキストを送ってきたんです。ある日は宿題をやっていて、私は終わった後に携帯を見たらテキストや着信履歴がたくさんあったりして、

  • First ones were like, "I love you," "I miss you."

    最初のはまあ、「愛してるよ、早く会いたい」みたいな感じなんですけど

  • But then it was something like, "Are you alright?" "Where are you?" "Why don't you answer me?"

    それが次第に、「大丈夫?どこにいるの、何で返信くれないの?」って変わっていったから

  • I called Brad and said, "I'm sorry for not answering; I was busy with my homework."

    私は Brad に電話をかけて、「ゴメンね電話に出られなくて、宿題で忙しかったから」と言うと

  • He said, "OK, but call me next time, because I'm worried."

    「分かったよ、でも次からは電話返してよ、心配だから」と言うんです。

  • It was quite sweet the first time. But then it happened again and again.

    最初は結構そう言われるのが嬉しかったんだけど

  • Each time when I wasn't able to answer him right away, even if it was during a lesson, he started to panic.

    何回も何回も起こるようになってきたんです。

  • One time, he even knocked on a classroom door and asked the teacher for me to come out.

    その場で電話を取ることができない時なんかは、私が授業中であっても彼はパニックになるんです。

  • It was so embarrassing.

    ある時なんかは、教室のドアを叩いて先生に私に会いたいとお願いしたんです。

  • Brad always wanted to be with me, like, all the time.

    本当に恥ずかしかったですね。

  • He was visibly upset if I decided to spend some time with my friends instead of him.

    Brad はいつも、ホントにいっつも一緒に私といたがったんです。

  • Honestly, it was kind of a turn-off at this point.

    もし私が彼とではなくて友だちと会う時なんかは明らかに怒っていました。

  • It was hard to like a boy who didn't give you any space.

    正直言って、そこまでされると気持ちが冷めていきました。

  • I told my friends about it, and they thought I was selfish because he just loved me very much.

    自分の時間をくれない彼氏を好きで居続けるのは難しいものです。

  • So I kept going, thinking it would get better eventually.

    友だちにその事を話しても、彼にそんなに愛されているんだからむしろ私の方がわがままだという意見でした。

  • Of course, it didn't.

    だから、いずれは良くなるだろうと思いながら関係を続けました。

  • It only got worse.

    まぁ、もちろん良くなんかならなかったんですけど。

  • He was waiting for me to come out of class after each lesson and insisted on us always being together.

    逆に悪い方へと向かって行ったんです。

  • At this point, even my friends realized that something was wrong.

    授業が終わるたびに教室の外で私の事を待っていて、いつでも一緒に行動しようと言い張ったりしていました。

  • When I told him that I wanted to spend some time separately, he got mad, saying, "You don't love me anymore!"

    ここまでくると、私の友だちもこれは何かおかしいと気付き始めました。

  • I had to prove him wrong.

    私から時には別々に時間を過ごしたいと言うと、彼は怒りました。そして、「もう俺のことを愛してないのか」と言うんです。

  • So, the only time without him was at home. And even then, he was texting me constantly.

    そんなことはないんだと分かってもらうのが大変でした。

  • The last straw for me, was when I was talking to Johnny, my classmate, about the project we were doing together for school.

    こんな感じですから、自分一人になれるのは家だけでした。

  • And Brad came to us, faced Johnny, and said to him, "Stop talking to her; she's mine!"

    そんな時でも彼はいつもテキストを送ってきたんです。

  • I tried to explain to Brad that he should calm down, Johnny's just a classmate.

    最後の決定打となったのは私がクラスメートの Johnny と学校の授業で取り組んでいるプロジェクトについて話をしている時のことでした。

  • But he wouldn't listen, trying to act like a man and protect me.

    Brad がやってきて、Johnny に面と向かって「オレの彼女に気安く話しかけんな」と言い放ったんです。

  • Johnny got up and left, muttering, "Weirdo."

    私は Brad に説明して聞かせて、落ち着くように言いました。Johnny はただのクラスメートだから、

  • I was so embarrassed.

    と言っても聞く耳を持ってくれないんです。男っぽいフリをして私の事を守ろうとするんですね。

  • So I told Brad, "It's not okay! You act like a stalker! Can you stop?"

    Johnny は立ち上がって、「変な奴」とつぶやきながら立ち去っていきましたけど

  • And he answered, "I do it because I love you."

    私は本当に恥ずかしかったです。

  • I didn't know why Brad was acting like that.

    そこで、Brad にそれはダメだと言って「ストーカーみたいな事は止めて」とお願いしたんですけど

  • But I didn't see him as this cool, confident boy I had seen before.

    彼の答えは、「これは君を愛しているからこそのことなんだよ」というものでした。

  • So, of course, my feelings sort of changed.

    どうして Brad がそんな事するのか私には分かりませんでしたけど

  • So later that day, I said that I didn't want to date him anymore.

    以前に感じたカッコいい自信にあふれた彼の姿はどこにもありませんでした。

  • He begged me to reconsider. He said he was sorry, like a hundred times.

    ですから、私の気持ちも何となく変わってしまって

  • And when I said no, he got angry and implied that I liked Johnny, and that's why I was dumping him.

    その日の後になって彼にもう付き合うのはやめようと告げました。

  • He was texting me every day for two weeks.

    そうしたら頼むから考え直してくれと泣きつかれて

  • Saying how much he missed me.

    ゴメンのセリフを 100 回近く言ってきました。

  • And I explained over and over to him that I didn't want to date anymore.

    それに対して私が NO と言うと腹を立てて、私に対してお前はJohnnyが好きなんだろうと言ってくるんです。それに対して私がNOと言うと腹を立てて、私に対してお前はJohnnyが好きなんだろうと言ってくるんです。そんな事を言われたらもう振るしかありません。す。

  • For a few days, he was silent. And I thought he must have moved on.

    最初の 2 週間は毎日テキストを送り続けてきました。

  • But then, he called me and said, "Can you please look out your window?"

    会いたくてとっても寂しいとか言って。

  • I did, and there was a bunch of lit candles spelling "I love you."

    そこで、私は何回ももう私は付き合う気はないと説明したんです。

  • It was so awkward.

    何日間かは静かにしていましたから

  • I went outside and tried to explain to him that he was a great guy, but I didn't like this insane level of control.

    彼も諦めて前に進んだのかと思っていましたけど

  • He was so upset, like he was holding up tears, and I felt so sorry for him.

    いきなり電話をかけてきて、「窓の外を見てくれる?」と言ってくるんです。

  • He said that I was his first girlfriend and he felt scared of losing me, and that's why he acted like this.

    そこで外を見るとキャンドルが「I LOVE YOU」の形に並べてあったんです。

  • And he didn't see it until his older brother pointed it out to him.

    ホントにドン引きしました。

  • He asked if we could try again and promised that it would be better this time.

    外に出ていって、あなたは良い人だけどこんな感じでコントロールされたくないと伝えた時に

  • I wanted to say yes, but I couldn't.

    彼は本当に感情的になって泣くのをこらえていたので、可哀想になってきました。

  • So I politely declined.

    彼曰く、私が最初の彼女だったので失いたくないと怖れていたということで、こんな風な態度を取っていたんだというわけです。

  • And I felt so bad about it, like I was a bad person for doing this.

    お兄ちゃんに指摘されるまでその事に気付かなかったと言って

  • But something in me said that all of it would just happen again.

    もう1度よりを戻してくれと頼まれて、今度は絶対に改善するからと約束もしてくれたんですけど

  • After all, I think that a person shouldn't be in a relationship if he or she is not comfortable in it.

    分かったと言いたい気持ちはあったんですけど、言えませんでした。

  • Even if you feel sorry for someone.

    ですから丁重に断ったんです。

  • Brad is not a bad person.

    こんな事をして自分が悪い人間のように感じて気分が落ち込みました。

  • But he should have dealt with his insecurities before starting a relationship.

    心のどこかで、また同じようなことが起こるだろうという声がありました。

  • Share if you've had a similar experience and don't forget to share it in the comments.

    もしその人との居心地がよくないのなら、恋人関係の中にいるべきではないです。

Hello, I am Gina.

こんにちは、私はジーナです。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

A2 初級 日本語 テキスト 友だち 電話 ホント 愛し 授業

元カレに束縛されて暮らした日々の思い出 (My Boyfriend Is A Control Freak And He's Way Out Of Line)

  • 37721 1435
    Lian に公開 2019 年 09 月 06 日
動画の中の単語