Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • For 3 billion people around the world, seafood provides a significant source of protein and nutrition.

    世界中の 30 億の人にとっては、シーフードは重要なタンパク質と栄養素の源となっています。

  • But recent studies show that 33% of wild fisheries are overfished, while another 60% are fished at their maximum capacity.

    しかし、最近の調査では天然魚介類の 33 %が過剰捕獲、そして 60 %が許容範囲ギリギリの量まで捕獲されていることが分かっています。

  • In fact, over half the seafood we eatfrom finfish and shellfish to seaweed and algaeisn't caught in the wild.

    実は、私たちが食べるシーフードの半分以上は、魚、貝、海草・海藻も含めて天然ものではなく

  • It's grown through aquaculture, or aquatic farming.

    養殖によって育てられたものなのです。

  • Farmed seafood is one of the fastest-growing food industries, expanding in volume by 5.8 percent each year

    養殖もののシーフード業界は、毎年 5.8 %の成長高で現在急成長を遂げています。

  • But different methods of aquaculture come with different advantages and issuessome of which echo the serious problems we've seen in industrial agriculture.

    しかし様々な養殖スタイルにはそれなりの利点と問題点が付いてきます。そしてその中には農産業において見られる深刻な問題点に重なる物もあるのです。

  • So how can we avoid repeating the mistakes we've made on land, at sea?

    では、農業で犯した間違いを海産業で繰り返さないためにはどうすればいいのでしょうか?

  • What aquaculture approaches are we currently using, and what does a sustainable way to farm the ocean really look like?

    現在採用されている養殖方法、ならびにシーフードの持続可能な養殖方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

  • One of the most common aquaculture methods involves large pens made of nets, where fish are farmed offshore in floating cages roughly 1,000 square meters in size.

    最も一般的に採用されている養殖方法は、沖合におよそ 1000㎡ ほどの範囲に網で囲んだ海中カゴの中に魚を泳がせるものです。

  • Commonly employed off the coast of Chile and in the fjords of Norway, these fish, like many industrially farmed animals, occupy stressful, overcrowded pens.

    このスタイルはチリ沿岸やノルウェイのフィヨルドでよく見られ、酪農での養殖家畜のようにストレスのかかった混みあった環境で生活を余儀なくされます。

  • They produce massive amounts of waste, polluting the surrounding areas and potentially spreading diseases to wild species.

    フンもたくさん出ますので周辺地域の汚染につながりますし、野生生物に病気を感染させることにもなりかねません。

  • Worse still, since the antibiotics employed to fight disease aren't fully absorbed by the fish, they get excreted back into the environment.

    さらには、病原菌対策として投与される抗生物質が魚の体内でしっかりと吸入されないで、フンを通して周辺環境に戻ってくるのです。

  • Net pens are also susceptible to escapes, unleashing huge numbers of fish which compete for resources and weaken the local gene pool with genes adapted for captivity.

    また、網カゴが破れて中の魚が大量に逃げ出すこともあり、その結果天然生物の脅威となり、養殖に特化した遺伝子の魚の世代が増えていってしまうこともあり得ます。

  • Escaped fish can even disrupt local ecosystems as invasive species.

    逃げた魚は、侵略種として周辺地域のエコシステムを侵害することすらあります。

  • Other techniques, such as man-made coastal ponds commonly used for shrimp farming in Southeast Asia, create additional environmental problems.

    東南アジアなどにおいて、エビの養殖に使われている人口の湾岸生け簀などの他の養殖方法も、さらなる環境問題を生み出してしまいます。

  • Just like net pens, these ponds are prone to spreading pollution and disease.

    網カゴ同様に、生け簀も汚染や病気といった問題が付いて回ります。

  • Their construction also frequently destroys important ecosystems like mangroves and marshes, which protect coastal areas from storms, provide habitats, and absorb tons of greenhouse gases.

    建築過程において、マングローブや湿地帯といった湾岸地域を嵐から守り野生動物の生活環境を作り温暖化ガスを大量に浄化する機能を持つ、重要なエコシステムも破壊されてしまうのです。

  • One way to solve these problems is to farm fish on land in completely contained systems.

    こういった問題を解決する一つの方法としては、内陸において完全に独立したシステムで養殖を行うことが挙げられます。

  • Tanks and raceways can recirculate and filter water to prevent pollution.

    タンクや水路は、再循環させてフィルターを通すことで汚染を防止することができます。

  • But even fully contained facilities still contend with another major hurdle: fishmeal.

    それでも、完全独立養殖施設いおいてもさらなる問題が出てきます。それが魚粉です。

  • About 10% of the seafood caught globally is used to feed animals, including carnivorous farmed fish.

    世界で捕獲されるシーフードの約 10 %が動物のエサとして用いられ、その中には肉食の養殖魚も含まれます。

  • Researchers are working on fish feed made of insects and plant-based proteins, but for now many inland fish farms are connected to overfishing.

    研究者グループは虫や植物から摂れるタンパク質を使った魚粉の開発を進めていますが、今の時点では内陸の養殖施設は過剰捕獲につながっています。

  • All these obstacles can make sustainable aquaculture feel a long way off, but innovative farmers are finding new ways to responsibly farm the seas.

    これらの障害を考えると持続可能な養殖というのはなかなか難しいと思われがちですが、養殖業者の中には節度を持って海洋養殖を実践するための新しい方法を積極的に考え出している人たちもいます。

  • The most promising solution of all may be to look lower on the food chain.

    中でも最も現実的な方法は、植物連鎖の中でも下のカテゴリーに注目することです。

  • Instead of cramming large, carnivorous fish into pens, we can work with natural ocean systems to produce huge amounts of shellfish and seaweeds.

    つまり、巨大な肉食魚を網カゴの中に詰め込むのではなくて、天然海洋システムを効果的に活用して貝や海草を大量に生産していく事が可能なわけです。

  • These low-maintenance flora and fauna don't need to be fed at all.

    これらの動植物は繁殖に手がかかりませんし、エサが全く必要ないのです。

  • In fact, they naturally improve water quality, filtering it as they feed off sunlight and nutrients in the seawater.

    それどころか、自然と水質を向上させて太陽光を吸収して海水中の栄養素を取り込んでいきながらフィルターとしての役割を果たします。

  • By absorbing carbon through photosynthesis, these farms help battle climate change, and reduce local ocean acidification while creating habitats for other species to thrive.

    光合成によって二酸化炭素を吸収することで、気候変動にも効果を発揮して海中の酸性化速度を遅くする効果も期待でき、他の生物にとっての住環境を提供することにもつながります。

  • Shifting to restorative ocean farming could provide good jobs for coastal communities, and support healthy plant and shellfish-based diets that have an incredibly low carbon footprint.

    環境保全を念頭に置いた海洋養殖は地域コミュニティの雇用状況にも好影響を及ぼしますし、海洋植物や貝類主体の食生活は健康にもプラスである上、二酸化炭素排出量も大幅に減少します。

  • In just 5 months, 4,000 square meters of ocean can produce 25 tons of seaweed and 250,000 of shellfish.

    わずか 5 カ月間で、4000㎡ の海洋地域が 25 トンの海草類と 25 万個の貝を養殖することが可能ですから

  • With the right distribution network, a series of small farms, collectively the size of Washington State could feed the planet.

    流通ネットワークを整備することで、まとめるとワシントン州と同じサイズの養殖農家の生産量で地球全体の食料をまかなえる計算になります。

  • Farms like these are already popping up around the globe, and a new generation of farmers is stepping up to pursue a more sustainable future.

    このような養殖農家はすでに世界中で数を増やしており、次世代の養殖業者はより環境維持を踏まえた養殖方法の実践を目指しています。

  • Done properly, regenerative ocean farming could play a vital role in helping our oceans, our climate, and ourselves.

    正しく実践されることで、再生型海洋養殖は海だけでなく気候や人類の生活全般をより良いものにしていく上で大きな役割を果たすことになり得るのです。

  • If overfishing continues at its current rate will the ocean run out of fish?

  • Check out this video to learn more.

For 3 billion people around the world, seafood provides a significant source of protein and nutrition.

世界中の 30 億の人にとっては、シーフードは重要なタンパク質と栄養素の源となっています。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 養殖 海洋 シーフード 環境 天然

【TED-教育】水中農場は地球温暖化対策になるのか? (Could underwater farms help fight climate change? - Ayana Johnson and Megan Davis)

  • 16236 727
    Hon Man Fai に公開 2019 年 07 月 07 日
動画の中の単語