Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • The chances are you don't have a ton of money.

    余るほどお金に余裕がある人なんてそんなにいないですよね。

  • And that's okay.

    でも大丈夫なんです。

  • So how do you compete with these multimillion, if not multibillion dollar companies out there?

    では、どうやって世の中にある超大手企業と張り合っていくことができるのでしょうか?

  • Hey everyone, I'm Neil Patel and today I'm going to teach you how bootstrap startup outmarketed a multimillion dollar company.

    皆さんこんにちは、ニール・パテルです。今日はどうやって自力で立ち上げたスタートアップ企業で大企業のマーケティングを上回ることができるかについてお話ししたいと思います。

  • One of the companies I created is called Kissmetrics.

    私が始めた会社の一つにKissmetricsというのがあります。

  • I no longer work there but you've probably heard of it.

    もうそこで働いてはいないんですけど、皆さんも名前は聞いたことあるかと思います。

  • If not, you can check it out.

    もし聞いたことなければチェックしてみてくださいね。

  • When I was there I raised millions of dollars.

    この会社にいた時には、私は何百万ドルも稼ぎ出しました。

  • That company raised anywhere between 15 and 20 million dollars.

    会社全体では1500~2000万ドルくらいですかね。

  • That's a lot of cash.

    かなりのお金ですよ。

  • We had a competitor called Mixpanel.

    ライバルはMixpanelという会社ですが

  • Do you know the difference between Mixpanel and us was?

    Mixpanelと私たちの会社の違いは何だったか分かりますか?

  • They raised a lot less money when they were starting off and their product didn't really have any innovation.

    向こうはスタートアップだった頃に私たち程収入を上げておらず、製品自体も目新しいところは無かったんです。

  • When we started off we created a new product for our market.

    私たちが始めた時には、マーケット内で新しい製品を作り出しました。

  • Mixpanel took our exact designs, they copied them, they released them, they outmarketed us, they raised very little to no money and they ended up becoming worth more money.

    Mixpanelは私たちのデザインを取り入れて、そのままコピーし、マーケティングで私たちを上回り、少ししか収入が無かったところから随分お金が入って来るようになったんです。

  • How much more?

    どれくらい入ってきたんでしょうか?

  • Well, at one point they were worth over $800 million dollars, according to TechCrunch.com and we weren't even worth $100 million dollars.

    まあ、TechCrunch.comによると、ある時点では8億ドルとも言われ、私たちの会社は1億にも満たなかったんです。

  • How can that be when we get way more traffic than them, right?

    こっちの方がよりトラフィックは確保できてるのになぜ、って感じですよね?

  • If you go to Alexa.com, our Alexa rank on Kissmetrics.com is way better than Mixpanel.

    Alexa.comを見てみると、Kissmetrics.comのランキングはMixpanelよりも随分上位ですし

  • And the blog on Kissmetrics.com gets over a million unique visitors a month.

    Kissmetrics.comのブログには毎月100万人以上のアクセスがあります。

  • So how is it?

    それなのになぜでしょう?

  • They decided to go the freemium route.

    彼らはフリーミアム戦略を取ったんです。

  • They took our product, copied the designs and be like, "You know what? It doesn't matter if our product is better or worse than yours, we're just going to take it and release a free version out to the market."

    私たちの製品を取り込んでデザインを真似して、「っていうかさ?そっちの製品の方が優れているかいないかなんて関係ないよ。うちはそっくりそのまま使ってマーケット内に無料で提供するんだ」って感じにしたんです。

  • Nothing beats cheaper price.

    安いことに勝るものは無いですから。

  • If someone's charging a lot of money and you can create the exact replica of that product or service and release a free version of it, even if it doesn't have all the features, you will crush your competitors.

    誰かが高額サービスを提供しているところに、こっちがその製品やサービスと全く同じ無料版レプリカを作り出せれば、それが例え全部の機能を揃えていなくてもライバルを圧倒することができます。

  • Why?

    なぜでしょうか?

  • Because people are price sensitive.

    人々は価格に敏感だからです。

  • And no one wants to pay thousands of dollars for something that they can get for free.

    無料で手に入るものに何千ドルと払う人なんていませんからね。

  • And when Mixpanel released that product for free they said, "Hey, if you're on the free plan, you need to put a Mixpanel badge on your website, showing that we provide you analytics."

    ですからMixpanelがうちの製品を無料で世に出して、「これは無料で使っていただけます、その代わりにMixpanelのバッジをサイトに貼り付けて私たちの分析サービスを使っている事を提示してくださいね」と言った時に

  • And a lot of startups were like, and companies even, they're like, "Okay, sure. We'll put your badge if you give us your product for free in a limited version."

    多くのスタートアップ企業、そして一般企業ですらも「全然問題ないですよ。限定版を無料で使わせてくれるならどうってことないから」という反応だったわけです。

  • That's how they grew.

    こうして成長を遂げていったんです。

  • So if you want to grow your company faster, you don't necessarily have to create a better product or service than these big, multimillion dollar companies.

    ですから、もし皆さんも自分の会社を素早く成長させたいならば、必ずしもライバルの大企業よりも優れた製品やサービスを生み出す必要はないんです。

  • Just figure out how you can offer more for less money or a portion of your product or service for free.

    要は、製品やサービスの一部をどうやって安くお得な形もしくは無料で提供できるか考えていけばいいんです。

  • If you do that you'll grow really fast and these big companies have no choice but to buy you.

    これが実践できれば一気に会社は成長していきますし、大手企業としてはこちらを買収せざるを得ません。

  • It's the same reason why Intuit bought Mint.com.

    IntuitがMint.comを買収したのもこれと全く同じ理由です。

  • It's not that Mint.com was the best service out there.

    Mint.comが最高のサービスを提供していたからではなくて

  • They just had a really good free service.

    とても優れた無料サービスを提供していたからなんです。

  • And Intuit, this multibillion dollar company was like, "Whoa, this startup is going to eat our lunch. We can't lose billions of dollars from this. Let's just buy them for a few hundred million dollars."

    だから大手企業であるIntuitとしては、「おっと、このスタートアップ企業はちょっと脅威になってきたな。ここにシェアを持って行かれるわけにはいかないから数百万ドルくらいで買収してしまおう」となったわけです。

  • That's how the world works.

    こんな感じで世の中が回っているんです。

  • So release something for free or cheaper than your competition and eventually you'll start gaining on their market share.

    ですからライバル企業と比べて安く、もしくは無料でサービスを提供できればマーケットシェアをこちらの方に持ってくることができるようになってくるというわけです。

The chances are you don't have a ton of money.

余るほどお金に余裕がある人なんてそんなにいないですよね。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 企業 無料 製品 サービス 会社 スタートアップ

[英語で聞いてみよう]スタートアップが大企業にマーケティングで対抗するには (How a Bootstrapped Startup Out Marketed My MultiMillion Dollar Company)

  • 4961 250
    Julia Kuo に公開 2019 年 09 月 17 日
動画の中の単語