Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Agriculture is responsible for about one quarter of all greenhouse gas emissions.

    温室効果ガスの排出量の約4分の1を農業が占めています。

  • So, to stop the planet from getting substantially warmer, we need breakthroughs in many sectors of our economy, including how we grow food.

    だから、地球の大幅な温暖化を止めるためには、食料の育て方を含め、経済の多くの分野でのブレークスルーが必要なのです。

  • Pivot Bio has a clean alternative to chemical fertilizer that could help transform farming and reduce climate change.

    ピボットバイオには、化学肥料に代わるクリーンな代替肥料があり、農業を変革し、気候変動を軽減するのに役立つ可能性があります。

  • It takes four things to grow a plant: sun, water, carbon dioxide, and nitrogen.

    植物を育てるには、太陽、水、二酸化炭素、窒素の4つが必要です。

  • A plant is really good at getting the first three of those.

    植物は最初の3つを手に入れるのが本当に上手いです。

  • But it can't make its own nitrogen.

    しかし、自分で窒素を作ることはできません。

  • Fertilizer is primarily nitrogen.

    肥料は主に窒素です。

  • And it's really what fuels and makes our food system possible.

    そして、それが私たちの食糧システムの燃料となり、可能にしているのです。

  • It's because nitrogen is ultimately a building block of life.

    それは、窒素が究極的には生命の構成要素だからです。

  • Fertilizer's done all these great things, but it also has a lot of negative side effects.

    肥料は素晴らしいことをしてくれたがマイナスの副作用も多い。

  • Making fertilizer creates a lot of pollution and using fertilizer creates a lot of pollution as well.

    肥料を作れば多くの汚染が発生し、肥料を使えば同様に多くの汚染が発生します。

  • One of those forms of pollution is nitrous oxide, a gas that's 300 times more potent as a greenhouse gas than carbon dioxide.

    温室効果ガスとしては二酸化炭素の300倍の威力を持つ亜酸化窒素も汚染の一つです。

  • If we stopped using fertilizer tomorrow, we wouldn't be able to produce half of the world's food supply.

    明日から肥料を使わなくなったら、世界の食糧の半分も生産できなくなってしまう。

  • But there's a possible replacement and it lies in the soil beneath our feet.

    しかし、交換の可能性があり、それは足元の土の中にあります。

  • Microbes in the soil can also produce nitrogen for the crop.

    土壌中の微生物は、作物のために窒素を生産することもできます。

  • Before we had fertilizer, microbes played that role.

    肥料がある前は、微生物がその役割を果たしていました。

  • So when we started breeding plants so that every harvest would produce more yield, we needed more nitrogen than the microbe in the soil could provide.

    だから、すべての収穫がより多くの収穫量を生み出すように植物を繁殖させ始めたとき、私たちは土壌中の微生物が提供できる以上の窒素を必要としていました。

  • And so we invented fertilizer and we've caused those microbes in the soil to go into hibernation.

    それで肥料を発明して、土の中の微生物を冬眠させてしまった。

  • We founded Pivot Bio with one mission in mind: How do we reinvent what it means to provide nitrogen to our crops?

    私たちは、一つのミッションを念頭に置いてピボットバイオを設立しました。窒素を作物に供給するということをどうやって再発明するのか?

  • So, if you pull a seedling out of the ground, attached to the roots are thousands and thousands of microbes.

    だから、苗を地面から引き抜くと、根っこには何千、何千もの微生物がくっついています。

  • We can extract the microbes off the roots, sequence their DNA and understand which ones have baked into their genome this ability to produce nitrogen for the plant.

    私たちは、根から微生物を抽出し、そのDNAを配列化し、どの微生物が植物のために窒素を生産する能力をゲノムに焼き付けているかを理解することができます。

  • We know how to turn those genes back on and these microbes can start making nitrogen again.

    遺伝子をオンにする方法を知っていて、微生物が再び窒素を作り始めることができます。

  • If we can start drawing down fertilizer use, little by little we'll make an entire switch away from fertilizer.

    肥料の使用量を減らしていくことができれば、少しずつ肥料からの切り替えができるようになります。

  • That's just the kind of new solution we need in the face of a changing climate.

    それは、気候の変化に直面している我々に必要な新しい解決策のようなものです。

Agriculture is responsible for about one quarter of all greenhouse gas emissions.

温室効果ガスの排出量の約4分の1を農業が占めています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 肥料 窒素 生物 植物 バイオ 土壌

肥料を与えるためのより良い方法

  • 4882 230
    Julia Kuo に公開 2019 年 06 月 03 日
動画の中の単語