Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Billy Pilgrim can't sleep

    翻訳: Misaki Sato 校正: Tomoyuki Suzuki

  • because he knows aliens will arrive to abduct him in one hour.

    ビリー・ピルグリムは 眠れませんでした

  • He knows the aliens are coming because he has becomeunstuckin time,

    それは 1時間以内に宇宙人に 誘拐されると分かっているからです

  • causing him to experience events out of chronological order.

    彼が宇宙人の到来を知っているのは 時間の中に「解き放たれた」ため

  • Over the course of Kurt Vonnegut's Slaughterhouse-five,

    タイムトラベルをするように なっていたからです

  • he hops back and forth between a childhood trip to the Grand Canyon,

    カート・ヴォネガットの作品 『スローターハウス5』の中で

  • his life as a middle-aged optometrist,

    ビリーは 少年期に旅したグランドキャニオンや

  • his captivity in an intergalactic zoo,

    検眼士となった中年期

  • the humiliations he endured as a war prisoner, and more.

    銀河間空間にある 動物園に囚われた時

  • The title of Slaughterhouse-five and much of its source material

    戦争捕虜として耐えた屈辱の時などを 行き来することになります

  • came from Vonnegut's own experiences in World War II.

    『スローターハウス5』という表題や内容は

  • As a prisoner of war, he lived in a former slaughterhouse in Dresden,

    第二次世界大戦時の ヴォネガット自身の経験に基づくものです

  • where he took refuge in an underground meat locker

    ドレスデンの屠畜場(スローターハウス)跡に 捕虜として収容された彼は

  • while Allied forces bombed the city.

    (自軍である)連合国軍が 街を爆撃した時に

  • When he and the other prisoners finally emerged,

    地下の貯蔵庫に避難していました

  • they found Dresden utterly demolished.

    仲間の捕虜たちと共に ようやく地上に出られた時

  • After the war, Vonnegut tried to make sense of human behavior

    ドレスデンの街は 壊滅していました

  • by studying an unusual aspect of anthropology:

    戦後 ヴォネガットは人の行動を

  • the shapes of stories,

    文化人類学の風変わりな側面を研究することで 解明しようとしました

  • which he insisted were just as interesting as the shapes of pots or spearheads.

    彼がこだわった物語の形は

  • To find the shape, he graphed the main character's fortune

    つぼや矢じりの形のような 面白さがあるべきというものでした

  • from the beginning to the end of a story.

    その形を見つけるために 物語の最初から最後までにわたる

  • The zany curves he generated revealed common types of fairy tales and myths

    主人公の運命をグラフで表現しました

  • that echo through many cultures.

    彼が作成したこの奇妙な波は 多くの文化で普遍的な

  • But this shape can be the most interesting of all.

    おとぎ話や神話を表しています

  • In a story like this,

    しかし これが 最も興味深い形かもしれません

  • it's impossible to distinguish the character's good fortune from the bad.

    このような物語では

  • Vonnegut thought this kind of story was the truest to real life,

    登場人物が 幸運なのか不運なのか 見分けることは 不可能です

  • in which we are all the victims of a series of accidents,

    ヴォネガットは このような物語が 現実の人生を最も忠実に表していると考えました

  • unable to predict how events will impact us long term.

    人生においては誰もが ひとつながりの偶然の犠牲者であり

  • He found the tidy, satisfying arcs of many stories at odds with this reality,

    偶然の出来事が長期的に及ぼす影響を 予想するのは不可能です

  • and he set out to explore the ambiguity

    彼は 現実離れした数多くの物語が 整然と並べられた満足のゆく弧を見出し

  • between good and bad fortune in his own work.

    自作の中で幸運と不運の間にある

  • When Vonnegut ditched clear-cut fortunes,

    曖昧さを追求することにしたのです

  • he also abandoned straightforward chronology.

    ヴォネガットは 明快に展開する運命を投げ捨てて

  • Instead of proceeding tidily from beginning to end, in his stories

    単純な時系列的記述すら 放棄してしまいました

  • All moments, past, present and future always have existed, always will exist.”

    物語を最初から最後へと 順序通りに進めることなく

  • Tralfamadorians, the aliens who crop up in many of his books,

    「どの時間― 過去も 現在も 未来も 常に存在し 存在し続ける」ことにしたのです

  • see all moments at once.

    彼の作品の多くに登場する トラルファマドール星人は

  • Theycan see where each star has been and where it is going,

    あらゆる瞬間をいっぺんに見られます

  • so that the heavens are filled with rarefied, luminous spaghetti.”

    彼らにとっては「どの星のあった場所も 行先も分かるため

  • But although they can see all of time,

    天空は か細い光るスパゲッティで 満ちている」のです

  • they don't try to change the course of events.

    しかし 彼らは全ての時間を 見ることができても

  • While the Trafalmadorians may be at peace with their lack of agency,

    未来を変えようとはしません

  • Vonnegut's human characters are still getting used to it.

    トラルファマドール星人は 物事を変える力に欠け 平静ですが

  • In The Sirens of Titan,

    人間たちは 何とかしようとあがくのです

  • when they seek the meaning of life in the vastness of the universe,

    『タイタンの妖女』では

  • they find nothing butempty heroics, low comedy, and pointless death.”

    彼らは 広大な宇宙で 人生の意義を探し求めますが

  • Then, from their vantage point within a “chrono-synclastic infundibulum,”

    「空虚な英雄気取り 低俗な茶番 無意味な死」を見つけただけでした

  • a man and his dog see devastating futures for their earthly counterparts,

    「時間等曲率漏斗」内の 見晴らしの良い場所から

  • but can't change the course of events.

    男と飼い犬は 自分達の母星がたどる 悲惨な運命を知るものの

  • Though there aren't easy answers available, they eventually conclude

    その行く末を変えることはできません

  • that the purpose of life isto love whoever is around to be loved.”

    簡単な答えは見つからないものの 次第に人生の目的は

  • In Cat's Cradle, Vonnegut's characters turn to a different source of meaning:

    「愛されるためには 誰でも愛すること」 だと考えるようになります

  • Bokonism,

    『猫のゆりかご』では 登場人物が 別の意義に目を向けます

  • a religion based on harmless lies that all its adherents recognize as lies.

    無害なウソを教義とし

  • Though they're aware of Bokonism's lies,

    信者全員が ウソだと認識している ボコノン教という宗教です

  • they live their lives by these tenets anyway,

    信者は ボコノン教のウソを 気づきながらも

  • and in so doing develop some genuine hope.

    これらの教義に基づく生活を送ることで

  • They join together in groups called Karasses, which consist of people we

    わずかながらも真の望みへと つないでいくのです

  • find by accident but […] stick with by choice”—

    彼らは カラースと呼ばれる

  • cosmically linked around a shared purpose.

    「偶然に見えるが 実は選ばれた」 人々で構成される

  • These are not to be confused with Granfalloons,

    共通の目的をもち 果てしない 結びつきを持ったグループに加わります

  • groups of people who appoint significance to actually meaningless associations,

    これは グランファルーンという

  • like where you grew up, political parties, and even entire nations.

    同じ故郷や支持政党や国籍などの 本当は無意味な繋がりで

  • Though he held a bleak view of the human condition, Vonnegut believed strongly that

    結び付いた人々とは 明らかに一線を画しています

  • we are all here to help each other get through this thing, whatever it is."

    ヴォネガットは 人間の置かれた状況に 絶望していたものの

  • We might get pooped and demoralized,

    「人は 何であれ 助け合って 成し遂げる」と固く信じていました

  • but Vonnegut interspersed his grim assessments

    うんざりして 落ち込んでしまうかもしれませんが

  • with more than a few morsels of hope.

    ヴォネガットは 厳しい見立てだけでなく

  • His fictional alter ego, Kilgore Trout, supplied this parable:

    一縷の望み以上のものも 残しています

  • two yeast satdiscussing the possible purposes of life

    彼が生み出した別人格 キルゴア・トラウトは

  • as they ate sugar and suffocated in their own excrement.

    2つの酵母が「糖を消費し 自分の出すガスに窒息しながら

  • Because of their limited intelligence,

    人生の意義を討論している

  • they never came close to guessing that they were making champagne.”

    酵母の知恵には 限りがあるため

  • In spite of his insistence that we're all here to fart around,

    自分たちがシャンパンを作っているとは 想像もできない」ありさまに例えています

  • in spite of his deep concerns about the course of human existence,

    人は誰もが無為に過ごす存在だとし

  • Vonnegut also advanced the possibility, however slim,

    人間の存在の行く末を 憂慮しますが

  • that we might end up making something good.

    ヴォネガットは かすかながらも

  • And if that isn't nice, what is?

    人は 結局良いものを生み出すという 望みも捨ててはいませんでした

Billy Pilgrim can't sleep

翻訳: Misaki Sato 校正: Tomoyuki Suzuki

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed 捕虜 ウソ 意義 望み 酵母

なぜカート・ヴォネガットを読むべきなのか? (Why should you read Kurt Vonnegut?)

  • 319 22
    Raven Lin に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語