Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • A lot of discomfort about going to social engagements is rooted in what can sound like a rather high-minded concern: a hatred of small talk.

    社交界に行くことへの不快感の多くは、世間話を嫌うという、かなり高邁な懸念のように聞こえることに根ざしています。

  • We can develop a dread of parties because we know how likely we are to end up wedged into conversations about the weather, parking, traffic or the way we plan to spend the forthcoming holidays.

    私たちは、私たちは天気、駐車場、トラフィックや今後の休日を過ごすために計画している方法についての会話に挟まれて終了する可能性がどのくらいあるか知っているので、私たちは、パーティーの恐怖を開発することができます。

  • When there would be so many deeper and more dignified topics to address.

    これだけ深くて威厳のある話題がたくさん出てくると

  • The future of humanity, the fate of the nation, or the melancholy state of our hearts.

    人類の未来、国の運命、あるいは心の憂鬱な状態。

  • We resent parties for holding up an ideal of community and dialogue while trapping us in unproductive and insincere banter.

    私たちは、非生産的で不誠実な雑談に私たちを閉じ込めている間、コミュニティと対話の理想を保持するために当事者に憤慨しています。

  • For making us more lonely than we ever would be in our own homes.

    自分の家にいる以上に孤独にさせるために

  • But we are perhaps misunderstanding what small talk is for, what it could be in our hands and how we might gently find an exit from its more airless corners.

    しかし、私たちは、世間話が何のためにあるのか、それが私たちの手の中にあるかもしれないものは何なのか、そして、そのより空気のない角からそっと出口を見つけるかもしれないという誤解をしているのかもしれません。

  • Small talk exists for a noble reason: it is designed to prevent hurt.

    世間話は、傷つかないようにするためのものであるという崇高な理由で存在しています。

  • It provides us with a rich source of information so that we can safely ascertain the frame of mind of our interlocutorand therefore gauge what more in-depth topics of conversation might safely be broached.

    それは私たちが安全に私たちの対談相手の心のフレームを確認することができるように、豊富な情報源を提供し、したがって、安全に話しかけられるかもしれない会話のより詳細なトピックをゲージします。

  • The German philosopher Arthur Schopenhauer once darkly reminded us that we should always remember, when meeting new people, that they might be only be a few steps away from wanting to grab the nearest weapon and end their own lives.

    ドイツの哲学者アーサー・ショーペンハウアーは、かつて暗に私たちに、新しい人に会うときは、常に覚えておくべきだということを思い出させてくれた。

  • A few moments of small talk give us the signals we need to find out who we have on our hands.

    ちょっとした世間話の時間は、私たちが手にしている人を見つけるために必要なシグナルを与えてくれます。

  • It lends us time to circle intimacy from on high before determining where we might wish to land.

    どこに着地したいかを決める前に、高いところから親密さを丸め込む時間を与えてくれます。

  • Furthermore, a rigid hatred of small talk overlooks that it isn't ever the subject matter per se that determines the profundity of a conversation.

    さらに、世間話への固い憎しみは、会話の深さを決めるのは、それ自体が主語ではないことを見落としています。

  • There are ways of talking about death that are trivial and ways of addressing the weather that feel significant.

    些細な死についての話し方や、意義を感じる天気への対処法があります。

  • A truly deep mind can exercise itself as much on the game of a child as on the puzzles of philosophy.

    本当に深い心は、哲学のパズルと同じように、子供のゲームの上で自分自身を行使することができます。

  • And it is unfortunate snobbery to discount a topic merely because it has never featured in erudite academic curricula.

    そして、そのトピックが博学な学術カリキュラムで取り上げられたことがないという理由だけで、そのトピックをディスカウントするのは不幸な俗物扱いです。

  • We should take inspiration from how many great artists have based their work around what were, at heart, versions of "small talk".

    私たちは、多くの偉大な芸術家たちが「世間話」のバージョンを中心に作品を制作してきたことからインスピレーションを得るべきです。

  • In the early 1820s, the English artist John Constable painted fifty studies of the clouds above Hampstead Heath in London.

    1820年代初頭、イギリス人アーティストのジョン・コンスタブルは、ロンドンのハムステッド・ヒースの上の雲の50の研究を描きました。

  • Finding extraordinary beauty and complexity in the ever-changing quiet aerial drama above him.

    彼の頭上で刻々と変化する静かな空中劇の中に、並外れた美しさと複雑さを見出す。

  • With no less open-mindedness, at the end of the nineteenth century, the French artist Paulzanne paid close attention to the varied beauty of apples.

    19世紀末、フランスの画家ポール・セザンヌは、その開放的な態度で、リンゴの変化に富んだ美しさに注目しました。

  • Painting dozens of studies of these modest snacks laid out in bowls and on sideboards.

    ボウルやサイドボードに並べられたこれらのささやかなスナックの研究の数十を描く。

  • Buddhism teaches us that, to those gifted enough to see properly, the whole world can be found in a single grain of sand.

    仏教では、正しく見ることのできる十分な才能のある人には、世界のすべてが一粒の砂の中にあることを教えています。

  • We should perceive no insult in a call to glimpse the grandest themes through the lens of small talk.

    私たちは、世間話のレンズを通して壮大なテーマを垣間見ようとする呼びかけに、侮辱を感じてはいけません。

  • The skilled conversationalist doesn't insist that atmospheric or traffic conditions or where a person has been at the seaside are inherently unworthy of discussion.

    熟練した会話家は、大気や交通状況、海辺に行ったことのある場所などは、本質的に議論に値しないと主張しません。

  • They know that what a person feels about a cloudy afternoon might be a highway to their soul.

    曇りの午後に人が感じることが、魂への王道かもしれないことを、彼らは知っている。

  • Or that their experiences around parking might provide clues as to their attitudes to authority or their relations with their parents.

    あるいは、駐車場周辺での経験が、彼らの権威に対する態度や親との関係についての手がかりになるかもしれません。

  • They are not put off by having to work with humble matter.

    彼らは謙虚に仕事をしなければならないことを後回しにしていません。

  • They are deft enough to use whatever is to hand.

    手元にあるものは何でも器用に使いこなす。

  • The fear of small talk reflects a worry, hugely understandable and with roots in childhood experience.

    世間話の恐怖は、幼少期の経験に根ざした、非常に理解しやすい心配を反映しています。

  • That we will be unable to influence the flow of a conversation by ourselves.

    自分の力では会話の流れに影響を与えることができなくなること。

  • That we will become the victims of the obsessions or pettiness of others.

    他人の執着や情けなさの犠牲者になってしまうこと。

  • And that conversation is fundamentally a natural, organic occurrence which happens to us but cannot be created or shaped by us.

    そして、その会話は、基本的には私たちに起こるが、私たちによって創造されたり、形作られたりすることはできない自然で有機的な出来事である。

  • It may at points be very engaging, at others hugely frustrating, but the outcome is not ours to determine.

    それはある時点では非常に魅力的であるかもしれませんが、他の人は非常に不満を感じているかもしれませんが、結果は我々が決めるものではありません。

  • We can feel that when a person says something, we must invariably respond in a similar way.

    人が何かを言うとき、私たちは必ず同じような反応をしなければならないと感じることができます。

  • An anecdote about a golf tournament needs to be followed by another.

    ゴルフトーナメントの逸話の後には、別の逸話が必要です。

  • If someone has a story about a booking confusion at a hotel, the other must chip in with a corollary.

    誰かがホテルでの予約の混乱についての話を持っている場合は、他の人は、corollaryでチップインする必要があります。

  • But in truth, we have far more conversational agency than this implies.

    しかし、実際には、これが暗示している以上に、私たちははるかに多くの会話をしています。

  • It's almost always in our power to raise more intimate or profound follow-up questions.

    より親密な、あるいは深遠なフォローアップ質問をすることは、ほとんどの場合、私たちの力でできることです。

  • And we can do so with the confidence that few of us are ever committed to remaining on the surface.

    そして、表面上に留まることを約束している人はほとんどいないという自信を持ってそうすることができます。

  • We just don't know how to descend to the depths.

    深みに降りる方法を知らないだけです。

  • An individual who is currently talking at puzzling length about an airline meal has also inevitably been disappointed in love ;

  • Had bouts of despair ;

    絶望の連続だった

  • Tried to make sense of a difficult parent ;

    難しい親の意味を理解しようとした。

  • Felt confused about their direction.

    方向性に戸惑いを感じた。

  • And will be longing, at some level, therefore to stop talking about cheese crackers and share the contents of their heart.

    そして、いくつかのレベルで、したがって、チーズせんべいの話を停止し、彼らの心の内容を共有するために、憧れになります。

  • The confident conversationalist does not take fright at small talk and others' occasionally, apparently firm attachment to it.

    自信に満ちた会話家は、世間話や他人の時折の話には怯まず、一見しっかりとした愛着を持っています。

  • They know that the small themes need only ever be the first, understandable and never insulting steps towards the sincerity and intimacy all of us crave at heart.

    彼らは、小さなテーマは、私たちのすべてが心の中で切望する誠実さと親密さに向けて、理解しやすく、決して侮辱的ではない最初の一歩である必要があることを知っています。

A lot of discomfort about going to social engagements is rooted in what can sound like a rather high-minded concern: a hatred of small talk.

社交界に行くことへの不快感の多くは、世間話を嫌うという、かなり高邁な懸念のように聞こえることに根ざしています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 会話 親密 しれ 決める トピック 侮辱

世間話が嫌いな場合の対処法

  • 32369 1136
    Celeste に公開 2019 年 04 月 03 日
動画の中の単語