Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Before you head to Italy, these are ten important things that you should know.

    イタリアに出掛ける前に知っておきたいこと 10 個をご紹介します。

  • Italian food is so much more than just pizza and pasta.

    イタリアの食べ物と言えばピザとパスタだけではありません。

  • So if you plan on only eating those types of dishes when you go to Italy, you're going to miss out.

    ですから、イタリアに行ってもこの2つだけしか食べないのではもったいないです。

  • Each region of Italy has its own typical dishes.

    イタリア各地域にはその土地ならではの料理があります。

  • They vary from steak to soup to seafood.

    その種類もステーキからスープ、シーフードまで幅広く

  • For example when you're visiting Florence, where I lived, you have to try the Bistecca alla Fiorentina, which is Florentin steak.

    例えば私が暮らしていたフィレンツェに行くなら、フィレンツェ風ステーキのビステッカ・アッラ・フィオレンティーナを是非食べて欲しいです。

  • And Lombardy, where Milan is, they love Polenta and Ossobuco .

    ミラノにあるロンバルディア州ではポレンタとオッソ・ブーコが人気です。

  • So if you're visiting there you have to try those dishes.

    ここを訪れるならこの料理は外せません。

  • Branch out from the pizza and the pasta.

    ピザとパスタにこだわらないでくださいね。

  • You can still have that wine.

    ワインはどこでも飲めます。

  • They love wine in every single region.

    どの地域に行ってもワインは愛されていますから。

  • The train system in Italy can get you to most places, even though there's some time strikes and delays, the train system in Italy is pretty good.

    イタリアの鉄道網は、時々ストや遅延が出ますけどほぼどこにでも行けるようになっていますから、なかなか便利です。

  • So if you're thinking of traveling around the country, I recommend looking into taking the train.

    ですからイタリア国内を旅行して回る場合は鉄道を利用するのをお勧めします。

  • You can buy a ticket to the high-speed train, which is super nice, especially if you go first class.

    高速鉄道はとっても快適で、ファーストクラスなんか特に最高です。

  • It's really quick and it's really comfortable.

    あっという間に目的地に着きますし、乗り心地も満点です。

  • It's much easier than having to go to the airport and get on a plane.

    空港まで行って飛行機に乗るよりもずっと簡単です。

  • I'll leave a link down in the description to the site where you can buy yourself train tickets.

    説明の箇所にリンクを貼っておきますから、ここから鉄道の切符を購入できます。

  • When you use the train or the bus, make sure that you validate your ticket.

    鉄道やバスを利用する際には、切符を有効化するのを忘れないでくださいね。

  • So if you're taking one of the slower regional trains or if you're going on one of the local city buses, you have to do what's called validating your ticket.

    つまり、地方路線の鉄道やローカルバスに乗る時には、切符を有効化する必要があるんです。

  • You can do this by getting it stamped in one of the yellow or green boxes at a train station, or getting it stamped on the bus at one of the yellow boxes.

    これは駅にある黄色もしくは緑の機械、もしくはバス停にある黄色の機械でスタンプを押してもらう事を意味します。

  • If you don't get your ticket validated, you could get a fifty euro fine, and they're super strict about it.

    もし切符を有効化しなかった場合は、50 ユーロの罰金が科せられ、この法律は本当に厳しいものです。

  • So make sure you do it.

    ですから、必ず忘れずにやってください。

  • Know a couple of key phrases in Italian!

    それから、イタリア語のキーフレーズを知っておくのも大切ですね!

  • So I think that if you're in another country, it's polite to at least try to speak a little bit of the language.

    外国に行くのであれば、最低限の現地の言葉を話そうと努力するのは礼儀だと思います。

  • Especially things like "Please" and "Thank you", and in Italy they'll really appreciate it.

    特に「お願いします」とか「ありがとう」くらいはイタリア語で話せば、向こうも喜んでくれます。

  • And you might even get treated better.

    もしかしたらオマケしてくれるかもしれませんしね。

  • So three phrases that you should know before you go are:

    というわけで、イタリアに行く前に知っておきたいフレーズ3つは、

  • "Please", "Thank you" and "Do you speak English?"

    「お願いします」、「ありがとう」、そして「英語話せますか?」です。

  • You can say "Please" by saying "Per Favore."

    「お願いします」は「ポルファボーレ」で

  • "Grazie" is "Thank you."

    「グラッツィエ」は「ありがとう」。

  • And instead of going into some place and assuming that everybody speaks English, it's polite to say "Parla Inglese?", which means "Do you speak English?"

    そして、どこかに行って皆が英語を話せるだろうと勝手に推測しないで、「パルラ イングレーゼ?」と言って「英語話せますか?」と尋ねるのが礼儀でしょう。

  • Everything is much slower in Italy and you'll notice this mostly when you go out to eat.

    イタリアでは何でもゆっくりしていますし、特に食事に出かけるとこの事を実感すると思います。

  • So make sure you pack your patience in your luggage.

    ですから、あらかじめ我慢強く待ち続ける必要があると意識しておきましょう。

  • Unlike what we might be used to in America or in the UK, you're probably going to have to ask your server for everything.

    アメリカやイギリスではなかなかない事ですが、多分なんでもかんでもウェイターに頼まなくてはいけないでしょう。

  • Whether that be extra water or to find out why your food is taking so long.

    水をもう 1 杯欲しいときとか、何で料理がなかなか出てこないのか尋ねる時とか。

  • There is no such thing as a quick meal in Italy.

    イタリアにはさっと食事を済ませるという考えがないんです。

  • So make sure you give yourself plenty of time to eat, whether it be lunch or dinner.

    ですから、ランチ・ディナーに関わらず、十分に時間を取って食事をするようにしましょう。

  • And instead of getting frustrated with the slowness, just embrace it.

    出てくるのが遅い事に腹を立てるのではなくて、そういうものだと割り切りましょう。

  • You're in Italy on vacation.

    そもそ、ホリデーでイタリアに来ているわけですから。

  • So take a couple of hours to have lunch, enjoy your wine, and just have a good time.

    ランチには 2 時間ほどの余裕を見て、ワインを楽しみながら素敵な時間を過ごしてください。

  • Dinner is eaten pretty late in Italy, so don't expect to be showing up at a restaurant at 6:30 and eating a meal.

    イタリアではディナーの時間は結構遅いですから、レストランに 6 時 30 分に入って食事をしようなんて考えないでください。

  • Some places might not even be open until 7:30 or 8:00 o'clock.

    場所によっては、7 時 30 分とか 8 時にならないとオープンしない場合もありますし。

  • Italians will usually dinner seven o'clock on the earlier side or more likely nine or ten o'clock in the evening, so plan for later dinners.

    イタリア人のディナーの時間は、早くて7時くらい、普通は 9 時か 10 時頃ですから、ディナーの時間は遅いんだと思って計画を立てるようにしましょう。

  • So skip the lines and just go explore instead.

    それから並んで待ったりしないで、いろんな所を見て回るのが良いと思います。

  • Even if this trip to Italy is probably the last that you'll ever take, it doesn't mean that you should wait on line to go into all the popular galleries and museums all day.

    イタリアに来るのはもう金輪際ないというような場合でも、わざわざ列に並んで有名なギャラリーや美術館を 1 日中かけて見て回る必要はないんです。

  • You could spend your whole trip on line.

    せっかくの旅行が、そのほとんどを列に並んで過ごすなんてことにもなりかねません。

  • So why not get out of the touristy areas instead and just go wander around?

    ですから観光客が行くような所は避けて、周辺を散策してみたらどうですか?

  • You can find some really nice places to eat or beautiful gardens to explore.

    思いがけず素敵なレストランやガーデンに出くわすことだってありえます。

  • There's just so much to see and a lot of it will teach you about Italy's history anyway.

    見て回るところはたくさんありますし、その多くがイタリアの歴史を感じさせてくれるものですから。

  • Many shops and restaurants close between 1:00 and 4:00 p.m.

    お店やレストランの多くは午後 1 時から 4 時の間は閉まります。

  • So when around that, you're not really going to be able to have a later lunch.

    ですからその時間帯は遅めのランチを、というわけにもいきません。

  • And if you need to pop to the shop for something, it's getting to be closed to about four o'clock.

    何かを買いたいなと思ってもお店は 4 時まで閉まっています。

  • The reason is that the Italians actually let their staff to go home and have their lunch and enjoy it.

    その理由としては、イタリア人はスタッフを家に帰して、楽しくお昼を家で食べるようにするからなんです。

  • Also some places will be closed on Monday, since they're open on the weekend.

    さらには、週末に営業する分、月曜日は休みにするお店もあります。

  • So if you're going anyplace special, like a restaurant, make sure you check to see if they're going to be open.

    ですから、レストランのような場所に行くときにはあらかじめその日に開いているかどうか確かめると良いでしょう。

  • Italians dress for the season and not the weather.

    イタリア人は天気ではなく季節に合わせて服を着ます。

  • For some reason, even if it's 95 degrees outside in April, Italians will still be walking around with their down jackets on.

    何でか分からないんですけど、4 月に 35 度の日があったとしてもイタリア人はジャケットを着たまま外を歩いています。

  • Just because it's April, and it's not supposed to be warm.

    その理由は、今は 4 月だから暑いはずはないというものです。

  • So keep that in mind when you're planning to pack.

    この点も頭に入れてスーツケースに入れる服を決めましょう。

  • Even if it's meant to be unseasonably warm, you're gonna stand out if you walk around in shorts, or sundress and sandals.

    例え季節外れの暖かい気候の日でも、短パンや夏用ドレスにサンダルといった格好で歩くと浮いてしまいます。

  • You can't actually hail a taxi.

    タクシーを呼び止めることはできないんです。

  • So if you need to grab a taxi when you're in Italy, you probably won't be able to just put your hand out and hail one.

    もしイタリア国内でタクシーに乗りたいと思った時、ただ手を上げて止まってくれると思ったら間違いです。

  • You're going to either have to call the taxi company to request one, or you have to find a taxi stand where you can pick one up.

    タクシー会社に電話をしてタクシーを送ってもらうか、タクシースタンドを探してそこから乗るしかないんです。

  • So if you've had a late meal and you want to grab a taxi, just ask the hostess if there's a nearby taxi stand that you can go to.

    というわけですから、夜遅くまで食事をしてタクシーを捕まえる必要があったら、レストランのスタッフに近くにタクシースタンドがあるか確かめるといいでしょう。

  • If there isn't, they'll probably offer to call a taxi for you.

    もしなかったら、お店の方でタクシーを呼んでくれると思います。

  • But make sure you have cash, which leads me into that you should always have cash on you when in Italy.

    その時でも現金を持っているようにして下さいね。基本的にはイタリアではいつでも現金を持つように心掛けましょう。

  • Do not expect to pay by card for everything like we do in the US or in the UK.

    アメリカやイギリスの様に何でもカードで支払えるだろうなんて期待しないで下さいね。

  • Make sure you always have a good chunk of euros on you.

    いつでも十分な量のユーロを持ち歩くようにします。

  • Maybe like 40 or 50 just in case you pop into a shop or a restaurant that doesn't accept card.

    多分 40 か 50 ユーロもあれば、万が一カードを取り扱わないお店やレストランに入った時でも安心です。

  • And don't assume that any tours or excursions that you're gonna go on, will accept card too.

    そしてツアーやアクティビティに参加する際も、常にカード支払いに対応するだろうと決めつけない様にして下さい。

  • So, where are you going in italy?

    さて、皆さんはイタリアのどこに行かれますか?

  • Let me know down in the comments below.

    下のコメント欄で教えてください。

  • If you're visiting Florence, that's where I live, so I hope you enjoy it.

    フィレンツェに行く場合は、そこは私が住む都市ですので楽しんでくださいね。

  • For more stylish travel tips, make sure you subscribe to my channel, which you can click the button around here.

    もっとたくさんの旅行のヒントを得るには、この辺のボタンをクリックして私のチャンネル登録をして下さいね。

  • So that you don't miss any of my new videos, which I have new ones every single Thursday.

    そうすれば、毎週木曜日にアップする私の新しいビデオを見逃すことなくお楽しみいただけます。

  • See you guys in the next video.

    では、次回のビデオでお会いしましょう。

Before you head to Italy, these are ten important things that you should know.

イタリアに出掛ける前に知っておきたいこと 10 個をご紹介します。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 イタリア タクシー 鉄道 切符 レストラン フィレンツェ

イタリアを訪れる前に知っておくべきこと10 選 (10 Important Things to Know Before Visiting Italy)

  • 33442 1264
    Vivian Chen に公開 2019 年 05 月 14 日
動画の中の単語