Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • This ad isn't what you think.

    この広告はあなたが思っているようなものではありません。

  • It's not promoting a sports team or a grill company.

    スポーツチームや焼き肉屋の会社の宣伝じゃないんだよ。

  • It's for an apple.

    りんごのためのものです。

  • And unlike those that have dominated the produce section when you were a kid, new breeds like this one have catchy names, logos, and slogans.

    そして、あなたが子供の頃に農産物のセクションを支配してきたものとは異なり、このような新しい品種は、キャッチーな名前、ロゴ、スローガンを持っています。

  • And are trying to generate buzz before you can buy them.

    そして、それらを買う前にバズを起こそうとしている。

  • Historically, our produce has gone unbranded.

    歴史的に、私たちの農産物はブランド化されていませんでした。

  • So how did we end up with all these apples?

    で、どうやってこの林檎を手に入れたんだ?

  • For most of the past century, America's iconic apple was that of Snow White.

    前世紀のほとんどの間、アメリカの象徴的なリンゴは白雪姫のリンゴでした。

  • Lipstick red, with shiny skin and a crisp white interior, a.k.a. "the Red Delicious."

    口紅の赤は 肌がツヤツヤしていて 内側はキリッとした白で 別名 "レッドデリシャス "と呼ばれています

  • First grown on an orchard in Iowa and originally named after its founder, when it came out in the late 1800s, it was dubbed "the best apple of any time."

    最初はアイオワの果樹園で栽培されていましたが、1800年代後半に出てきた時には、創業者の名前が付けられ、"時代を超えた最高のリンゴ "と呼ばれていました。

  • Growers and retail stores loved the Red delicious because it looked good.

    生産者や小売店では、赤が美味しそうで気に入っていました。

  • It was uniform in size and color, turned red before it was ripe, and wouldn't bruise easily.

    大きさも色も均一で、熟す前に赤くなり、簡単にはあざができませんでした。

  • And Americans loved the taste.

    そしてアメリカ人はその味が大好きでした。

  • By the 1980s, close to half of all apples grown in the US were Red Delicious.

    1980年代までには、アメリカで栽培されているリンゴの半分近くがレッドデリシャスでした。

  • The trouble is, when you bite into one now, it often doesn't taste great.

    困ったことに、今噛みしめてみると、美味しくないことが多いです。

  • People complain of mushy flesh and tough skin. Its defining characteristic can sometimes be that it has no flavor at all.

    肉質がムズムズしていて、皮が硬いと言われていますが、その特徴は、味がないこともあります。その特徴は、味が全くないということもあります。

  • It takes years and a lot of money to develop a good tasting apple, but growers were incentivized to cut costs at the expense of taste.

    美味しいりんごを開発するには年月とお金がかかりますが、生産者は味を犠牲にしてコストを削減するインセンティブを得ていました。

  • That is, until one apple proved them all wrong.

    それは、あるリンゴが全ての間違いを証明するまでのことだ。

  • The Honeycrisp.

    ハニークリスプ。

  • The honeycrisp is everything that the Red Delicious was not.

    ハニークリスプは、レッドデリシャスにはなかった全てのものです。

  • When it came out in 1991, after 30 years of development, it had a refreshing taste, a delicate skin, and a soft, juicy crunch.

    30年の歳月を経て1991年に登場したときは、さっぱりとした味わいと繊細な皮、やわらかくてジューシーな歯ごたえが特徴でした。

  • And even though it can cost more than two times the average price of apples, consumers then and now are willing to pay a premium price, so much so that it's now the fifth most produced apple in the US.

    そして、リンゴの平均価格の2倍以上のコストがかかることがあっても、当時も今も消費者はプレミアム価格を払いたいと思っているので、今ではアメリカで5番目に生産量の多いリンゴになっています。

  • So the honeycrisp started a sort of revolution in the apple industry: Now that people knew expensive, flavor-focused apples would sell, breeders experimented to create tastier, more inventive varieties.

    だからハニークリスプは、リンゴ業界の革命のようなものを始めました。今、人々は高価な、味に焦点を当てたリンゴが売れるだろうと知っていたことを、ブリーダーは、より美味しく、より独創的な品種を作成するために実験しました。

  • And they sought to protect their apples' good names, by patenting their trees and trademarking their brand names.

    そして、リンゴの木を特許化したり、ブランド名を商標化したりして、リンゴの良い名前を守ろうとしたのです。

  • This process picked up speed after a 1980 federal law allowed universities to own and patent their inventions, including apple trees.

    このプロセスは、1980年の連邦法により、大学がリンゴの木を含む発明を所有し、特許を取得することが認められてからスピードアップしました。

  • And research programs for apple breeding took advantage of the new rules.

    そして、リンゴの品種改良のための研究プログラムは、新しいルールを利用しました。

  • In order to plant these new patented varieties, growers had to pay up: usually about $1 per patented tree and a portion of sales for use of a trademarked name.

    これらの新しい特許品種を植えるためには、生産者は、通常、特許を取得した木1本につき約1ドル、商標名を使用するための売上の一部を支払わなければなりませんでした。

  • Plus, each trademarked apple had to pass muster on firmness, sugar content, blemishes and color.

    さらに、商標登録されたリンゴは、硬さ、糖度、傷み、色などの審査を通過しなければなりませんでした。

  • These quality checks mean that even though the trademarked Pink Lady and the generic Cripps Pink originate from the same type of tree, they look and taste different.

    これらの品質チェックは、トレードマークのピンクレディとジェネリックのクリップスピンクは、同じ種類の木に由来するものであっても、見た目も味も違うということを意味しています。

  • The Pink Lady is held to rigorous trademark standards and that is what, the company says, justifies their higher price.

    ピンクレディーは厳しい商標基準を設けており、それが高価格を正当化していると同社は言います。

  • Now, not all new apples get trademarked.

    新しいリンゴが全て商標になるわけではありません。

  • It is only those that experts believe can garner a premium price.

    それは、専門家がプレミアム価格を獲得することができると信じているものだけです。

  • And it can take up to 10 years after securing a patent and trademark to grow enough trees for commercial production.

    そして、商業生産に十分な木を育てるためには、特許と商標を確保してから10年かかることもあります。

  • So while they were waiting on the fruits of their labor, growers worked on marketing their apple in the hopes finding loyal consumers in a competitive market.

    だから、彼らは彼らの労働の果実を待っていた間、生産者は競争市場で忠実な消費者を見つけることを期待して彼らのリンゴのマーケティングに取り組んでいました。

  • And they're not alone.

    そして、彼らは一人ではありません。

  • Visit your grocery store and you will see a lot more name brands in the produce section.

    あなたの食料品店を訪問すると、あなたは青果物のセクションでより多くの名前のブランドを見ることができます。

  • Branded fruits and vegetables are a growing trend.

    ブランド化された果物や野菜がトレンドになっています。

  • While not all branded apples will see success on par with the honeycrisp, there is one that has high hopes.

    すべてのブランドのリンゴは、ハニークリスプと同等の成功を見ることはありませんが、高い期待を持っている1つがあります。

  • Washington State growers are ramping up production of their Cosmic Crisp, an apple that's both sweet and tart, firm and crisp, and much easier to grow than the honeycrisp.

    ワシントン州の生産者はコズミック・クリスプの生産を拡大しています。コズミック・クリスプは甘さと酸味の両方を持ち、しっかりとした歯ごたえがあり、ハニークリスプよりも栽培しやすいリンゴです。

  • They're trying to get people excited about tasting something new and that's not a bad thing.

    新しいものを試食して盛り上がろうとしているが、それは悪いことではない。

  • While we could see higher prices in the future, the fruits and veggies themselves will be objectively better.

    今後、価格が上がる可能性はあるが、果物や野菜自体は客観的に見ても良くなるだろう。

  • And consumers will have more options, just like we do with our phones, or our computers, or our cereal.

    そして消費者は、私たちが携帯電話やパソコン、シリアルを使うのと同じように、より多くの選択肢を持つようになるでしょう。

  • And now, our apples.

    そして今、私たちのリンゴ。

This ad isn't what you think.

この広告はあなたが思っているようなものではありません。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 Vox リンゴ 特許 ハニー 品種 ブランド

完璧なリンゴを求めて

  • 17095 530
    Julia Kuo に公開 2019 年 03 月 22 日
動画の中の単語