Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • This is what a macaque monkey would sound like if it suddenly proposed.

    マカクザルが突然プロポーズしたら、こんな風に聞こえます。

  • Uh, yeah, I hate it too. Let's play it again.

    そう、私も嫌いです。もう一回聞いてみよう。

  • Now, of course, that's not a real monkey; it's a computer simulation that was part of a study on monkey vocal tracts.

    もちろん、これは本物のサルではなく、サルの声道に関する研究の一環として行われたコンピュータ・シミュレーションです。

  • And what it shows is that monkeys have a strikingly similar vocal structure to humans.

    サルの声の構造が人間と驚くほど似ていることを示します。

  • But despite all these similarities, they can't speak.

    しかし、これだけの共通点がありながら、彼らは実は話すことができません。

  • So, here's a question.

    さて、ここで質問です。

  • Compared to monkeys, birds are nothing like us.

    猿に比べれば、鳥は我々とは似ても似つかないです。

  • Yet this bird's talking to me right now.

    しかし、この鳥は今、私に語りかけています。

  • How?

    どうやってできるの?

  • Birds don't have lips, they don't have teeth, their nose is totally different from ours, but they do have something we don't.

    鳥には唇がない、歯がない、鼻も私たちとは全然違いますが、私たちにないものを持っています。

  • They actually have a different kind of voice box than we do that's called a syrinx.

    彼らは私たちとは異なる種類の声帯を持っています。それは、シリンクスと呼ばれるものです。

  • This is Mya Thompson, she studies birds at Cornell University.

    こちらはコーネル大学で鳥類を研究しているマイヤ・トンプソンさんです。

  • They actually have two independent voice boxes.

    実は、この2つのボイスボックスは独立しているんです。

  • In birds, and in humans, the lower respiratory system is shaped sort of like an upside-down slingshot.

    鳥類や人間の下気道は、パチンコを逆さにしたような形をしています。

  • The top part is the trachea, or windpipe, and the bottom part is the lungs; these two pieces move air in and out.

    上部が気管、下部が肺で、この2つの部分で空気の出入りを行っています。

  • In humans, the voice box is called the larynx, and it's located above the trachea.

    人間の場合、声帯は喉頭と呼ばれ、気管の上に位置しています。

  • It contains vocal folds that vibrate when air flows through to produce sound, and humans primarily shape that sound with their mouths.

    声帯で空気が流れると振動して音を出します。人間は主に口でその音を形づくります。

  • But in birds, the voice box is called the "syrinx", and it's at the bottom of the trachea.

    しかし、鳥類の声帯は「シリンクス」と呼ばれ、気管の底にあります。

  • Instead of just sending air through vocal folds like we do, birds actually control muscles on the walls of the syrinx to shape and produce sound.

    鳥は人間のように声帯に空気を送り込むだけでなく、実際に声帯の壁にある筋肉をコントロールして形を整え、音を出しているのです。

  • Take a look at this cardinal as it sings.

    このカージナルの歌声に注目してみてください。

  • You can actually see the noise coming directly from the chest.

    実際に音を聞いてみると、胸から直接音がしているのがわかります。

  • The bird extends and shortens its neck and opens or closes its beak to refine the noise, but most of the control is actually happening in the syrinx.

    鳥は首を伸ばしたり縮めたり、くちばしを開けたり閉じたりして音を洗練させるが、実はその制御のほとんどはシリンクスで行われています。

  • It's a powerful sound for such a small animal, but that's not even the most impressive part.

    小さな動物なのに迫力のある音ですが、それ以上に印象的なのが、この音です。

  • Cardinals tend to make these "whoop" notes and they go by very, very quickly.

    枢機卿はこの「フーッ」という音を出すことが多く、あっという間に時間が経ってしまうんです。

  • They're able to produce more pitches than a piano in less than a tenth of a second.

    ピアノよりも多くの音程を10分の1秒以下で出すことができるんです。

  • They're actually switching from one side of the syrinx to another seamlessly to make this very, very incredible span of pitches.

    このように、実際にはシリンジの片側からもう片側へシームレスに切り替えて、信じられないようなピッチのスパンを作っているのです。

  • The syrinx also lets some birds replicate sounds with astonishing accuracy.

    また、鳥の中には、音を驚くほど正確に再現することができるものもあります。

  • For example, BBC Wildlife caught a lyrebird perfectly imitating a camera in the wild.

    例えば、BBCワイルドライフでは、野生のコトドリがカメラの真似を完璧にこなしているところを捉えました。

  • And then, of course, some of them imitate us.

    そして、もちろん、私たちの真似をする人もいます。

  • Parrots are born communicators.

    インコは生まれながらのコミュニケーターです。

  • From the start, their brains are wired for speech.

    彼らの脳は、最初から言葉を話すようにできているのです。

  • So, when they're first hatched, they're learning right away, um, and they're learning from everything around them.

    だから、孵化したばかりのころは、すぐに周りのものすべてから学んでいます。

  • But speaking human is no easy feat.

    しかし、人間みたいに話すのは簡単なことではありません。

  • We've got our vowels: A, E, I, O, U.

    人間の言葉はA, E, I, O, U.という母音が揃っています。

  • Our plosives: Pocket.

    破裂音の Pocket。

  • And a variety of consonants that we even struggle to enunciate clearly: Rural.

    そしてさまざまなで、はっきりと発音するのにさえ苦労します。例えば:Rural。

  • So, to pull off such clarity in human speech, parrots really need to show off their ability to manipulate their vocal tract.

    だから、オウムが人間のような明瞭な話し方をするためには、声道操作の能力を発揮する必要があります。

  • Plosives, for example, require our lips.

    例えば、撥音は唇を使う必要があります。

  • To make up for the lack of lips, parrots use something called esophageal speech; it's almost like burping that comes from within the trachea.

    唇がない分、オウムは食道発声といって、気管の中から出るゲップのようなものを使っています。

  • The force of air replicates the plosive.

    空気の力で plosive を再現します。

  • As for vowels, where we use our lips, tongue, and jaw, researchers have actually found that parrots move their tongues forward and backward, and adjust their beak opening to alter the sound.

    唇や舌、あごを使う母音については、実はオウムは舌を前後させたり、くちばしの開きを調節して音を変えていることが研究者によってわかっています。

  • And it seems like they are the only birds that are actually, um, using their tongue like humans do to shape the sound that's coming out.

    そして、実際に、人間のように舌を使って、出てくる音を形作っているのは、この鳥だけであるようです。

  • Parrots have a natural desire to communicate.

    インコは本来、コミュニケーションをとりたいという欲求を持っています。

  • In the wild, they form strong bonds with their flocks, but in captivity...

    野生では群れと強い絆で結ばれていますが、飼育下では違う状況となります。

  • The parrot forms a social bond with you, and they want to communicate with you, and they have the vocal anatomy to start, uh, mimicking you.

    インコはあなたと社会的な絆を結び、あなたとコミュニケーションをとりたいと思うようになり、あなたの真似をするようになるのです。

  • When parrots live with us, we're their flock, and they're determined to sing our song.

    インコが一緒に暮らすと、私たちは彼らの群れであり、私たちの歌を歌うことを決意するのです。

  • So, in this video, I showed you some of the physiology that lets birds produce sounds.

    この動画で、鳥が音を出すための生理機能の一部を紹介しました。

  • But I wanted a quick and easy way to show you some of the interesting background research on the neurology that allows some of them to speak.

    しかし、いくつかの神経学に関する興味深い背景研究を、手早く簡単にお見せしたかったのです。

  • So, I created a website with Wix, where I've compiled a bunch of extras, including research and related content that gets you inside the brains of these animals.

    Wix でウェブサイトを作り、動物たちの脳の中に入り込むような研究や関連コンテンツなど、たくさんのおまけをまとめました。

  • It's a super easy way to make a website, so click on the link below to make your own.

    超簡単にホームページを作ることができますので、下のリンクをクリックして作ってみてください。

  • Wix doesn't directly impact editorial, but their support does make videos like this one possible, so go check them out.

    Wix は編集に直接影響を与えるものではありませんが、彼らのサポートによってこのような動画が可能になるので、ぜひチェックしてみてください。

This is what a macaque monkey would sound like if it suddenly proposed.

マカクザルが突然プロポーズしたら、こんな風に聞こえます。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 Vox 気管 オウム 鳥類 サル 真似

オウムはなぜ人間のように喋ることができるのか?

  • 2524 105
    April Lu に公開 2022 年 02 月 23 日
動画の中の単語