Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In 1956, architect Frank Lloyd Wright proposed a mile-high skyscraper.

    1956年、建築家のフランク・ロイド・ライトは、1マイルの高さの超高層ビルを提案しました。

  • It was going to be the world's tallest building, by a lot, five times as high as the Eiffel Tower.

    エッフェル塔の5倍の高さの世界一のビルになる予定でした。

  • But many critics laughed at the architect, arguing that people would have to wait hours for an elevator, or worse, that the tower would collapse under its own weight.

    しかし、多くの批評家は、人々はエレベーターまで何時間も待たなければならないだろう、あるいはもっと悪いことに、タワーは自重で崩壊するだろうと主張して、建築家を笑った。

  • Most engineers agreed, and despite the publicity around the proposal, the titanic tower was never built.

    ほとんどの技術者が同意し、その提案が世間を騒がせたにもかかわらず、タイタニックタワーは建設されることはありませんでした。

  • But today, bigger and bigger buildings are going up around the world.

    しかし、今日では世界各地にどんどん大きなビルが建っています。

  • Firms are even planning skyscrapers more than a kilometer tall, like the Jeddah Tower in Saudi Arabia, three times the size of the Eiffel Tower.

    企業は、サウジアラビアのジェッダタワーのように、エッフェル塔の3倍の高さを誇る1キロ以上の超高層ビルを計画していることさえある。

  • Very soon, Wright's mile-high miracle may be a reality.

    もうすぐ、ライトのマイルハイの奇跡が現実になるかもしれません。

  • So what exactly was stopping us from building these megastructures 70 years ago, and how do we build something a mile high today?

    では、70年前の巨大建造物の建設を阻んでいたものは何だったのでしょうか?そして、今日はどうやって1マイルの高さのものを建設しているのでしょうか?

  • In any construction project, each story of the structure needs to be able to support the stories on top of it.

    どのような工事でも、構造物の各話は、その上の話を支えられるようにする必要があります。

  • The higher we build, the higher the gravitational pressure from the upper stories on the lower ones.

    上に建てれば建つほど、上の階から下の階への重力の圧力が高くなる。

  • This principle has long dictated the shape of our buildings, leading ancient architects to favor pyramids with wide foundations that support lighter upper levels.

    この原則は、長い間、私たちの建物の形状を決定してきたため、古代の建築家たちは、より軽量な上層階を支える広い基礎を持つピラミッドを好むようになりました。

  • But this solution doesn't quite translate to a city skyline–a pyramid that tall would be roughly one-and-a-half miles wide, tough to squeeze into a city center.

    しかし、この解決策は都市のスカイラインには当てはまらない。これだけの高さのピラミッドは、幅が約1.5マイル(約1.5マイル)もあり、都心部に押し込むのは難しい。

  • Fortunately, strong materials like concrete can avoid this impractical shape.

    幸いなことに、コンクリートのような強力な材料は、この非現実的な形状を回避することができます。

  • And modern concrete blends are reinforced with steel-fibers for strength and water-reducing polymers to prevent cracking.

    そして、現代のコンクリートブレンドは、強度のためにスチールファイバーで補強され、ひび割れを防ぐために減水ポリマーで補強されています。

  • The concrete in the world's tallest tower, Dubai's Burj Khalifa, can withstand about 8,000 tons of pressure per square meterthe weight of over 1,200 African elephants!

    世界一高いタワー、ドバイのブルジュ・ハリファのコンクリートは、1平方メートルあたり約8,000トンの圧力に耐えることができ、これは1,200頭以上のアフリカゾウの重さに相当します。

  • Of course, even if a building supports itself, it still needs support from the ground.

    もちろん、建物が自力で支えていても、地面からの支えが必要です。

  • Without a foundation, buildings this heavy would sink, fall, or lean over.

    基礎がなければ、このように重い建物は、沈んだり、倒れたり、傾いたりしてしまいます。

  • To prevent the roughly half a million ton tower from sinking, 192 concrete and steel supports called piles were buried over 50 meters deep.

    約50万トンのタワーの沈下を防ぐために、杭と呼ばれるコンクリートと鋼の支柱192本を50メートル以上の深さに埋めた。

  • The friction between the piles and the ground keeps this sizable structure standing.

    杭と地面の摩擦により、この大きさの構造物が立ったままになっています。

  • Besides defeating gravity, which pushes the building down, a skyscraper also needs to overcome the blowing wind, which pushes from the side.

    高層ビルは、建物を押し下げる重力に対抗するだけでなく、横から押し寄せる風にも対抗しなければなりません。

  • On average days, wind can exert up to 17 pounds of force per square meter on a high-rise buildingas heavy as a gust of bowling balls.

    平均的な日には、高層ビルには1平方メートルあたり最大17ポンドの風が吹きますが、これはボーリングのボールの突風と同じくらいの重さです。

  • Designing structures to be aerodynamic, like China's sleek Shanghai Tower, can reduce that force by up to a quarter.

    中国の洗練された上海タワーのように、空気力学的な構造物を設計することで、その力を最大で4分の1に減らすことができます。

  • And wind-bearing frames inside or outside the building can absorb the remaining wind force, such as in Seoul's Lotte Tower.

    また、ソウルのロッテタワーのように、建物の内側や外側に風を受けるフレームが、残りの風の力を吸収することができます。

  • But even after all these measures, you could still find yourself swaying back and forth more than a meter on top floors during a hurricane.

    しかし、これだけの対策をしても、ハリケーンの時には最上階で1メートル以上も前後に揺れてしまうこともあります。

  • To prevent the wind from rocking tower tops, many skyscrapers employ a counterweight weighing hundreds of tons called a "tuned mass damper."

    タワートップの揺れを防ぐために、多くの超高層ビルでは "同調マスダンパー "と呼ばれる数百トンの重さのカウンターウェイトが採用されています。

  • The Taipei 101, for instance, has suspended a giant metal orb above the 87th floor.

    例えば、台北101は87階の上に巨大な金属製のオーブを吊り下げています。

  • When wind moves the building, this orb sways into action, absorbing the building's kinetic energy.

    風が建物を動かすと、このオーブが動き出し、建物の運動エネルギーを吸収します。

  • As its movements trail the tower's, hydraulic cylinders between the ball and the building convert that kinetic energy into heat, and stabilize the swaying structure.

    その動きがタワーの動きに追従するように、ボールと建物の間にある油圧シリンダーがその運動エネルギーを熱に変換し、揺れる構造物を安定させます。

  • With all these technologies in place, our mega-structures can stay standing and stable.

    これらの技術を駆使することで、メガストラクチャーは安定した状態を保つことができます。

  • But quickly traveling through buildings this large is a challenge in itself.

    しかし、これだけの大きさの建物を素早く移動するのは、それ自体が難しいことです。

  • In Wright's age, the fastest elevators moved a mere 22 kilometers per hour.

    ライトの時代には、最速のエレベーターは時速22キロしか動いていませんでした。

  • Thankfully, today's elevators are much faster, traveling over 70 km per hour with future cabins potentially using frictionless magnetic rails for even higher speeds.

    ありがたいことに、現在のエレベーターは時速70km以上の高速走行を実現しており、将来のキャビンでは摩擦のない磁気レールを使用してさらに高速化する可能性があります。

  • And traffic management algorithms group riders by destination to get passengers and empty cabins where they need to be.

    また、交通管理アルゴリズムは、目的地ごとにライダーをグループ化し、乗客と空のキャビンを必要な場所に移動させます。

  • Skyscrapers have come a long way since Wright proposed his mile-high tower.

    高層ビルは、ライトが彼の1マイルの高さの塔を提案して以来、長い道のりを歩んできました。

  • What were once considered impossible ideas have become architectural opportunities.

    かつては不可能とされていたアイデアが、建築のチャンスとなった。

  • Today it may just be a matter of time until one building goes the extra mile.

    今日は、1つの建物が余分なマイルを行くまで、それはちょうど時間の問題かもしれません。

In 1956, architect Frank Lloyd Wright proposed a mile-high skyscraper.

1956年、建築家のフランク・ロイド・ライトは、1マイルの高さの超高層ビルを提案しました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed タワー 建物 ビル マイル コンクリート

マイルの高さの超高層ビルは存在するのか?- ステファン・アル

  • 14972 468
    shuting1215 に公開 2019 年 02 月 17 日
動画の中の単語