Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • When my 91-year-old mother, Elia, moved in with me,

    翻訳: Shoko Takaki 校正: Yuko Yoshida

  • I thought I was doing her a service.

    91歳の母 エリアが 我が家に引っ越して来た時

  • In fact, it was the other way around.

    私は 母のお世話をするのだと 思っていました

  • You see, Mom was having issues with memory loss and accepting her age.

    しかし実際はその逆でした

  • She looked defeated.

    母には記憶障害があり 自分の年齢を受け入れていませんでした

  • I tried to make her as comfortable as possible,

    母は打ちひしがれているようでした

  • but when I was at my easel, painting,

    私は母を出来るだけ居心地良く してあげようとしました

  • I would peek over and see her just ... there.

    でも 画架で絵を描いている時

  • She'd be staring at nothing in particular.

    目を向けると ただ「そこ」に 居るだけの母の姿があったものです

  • I'd watch her slowly climb the stairs,

    母は特に何を見ている訳でも ありませんでした

  • and she wasn't the mom I grew up with.

    母がゆっくりと階段を昇って行くのを 見ていましたが

  • I saw, instead, a frail,

    それは私を育ててくれた母では ありませんでした

  • tiny, old woman.

    そうではなく そこに見えたのは

  • A few weeks went by, and I needed a break from my painting.

    弱々しく小さくなった お婆さんでした

  • I wanted to play with the new camera I had just bought.

    数週間が過ぎた頃 少し筆を置くことになりました

  • I was excited -- it had all sorts of dials,

    買ったばかりの新しいカメラを 扱ってみたくなったのです

  • buttons and settings I wanted to learn,

    色々な種類のダイアル、ボタン 設定を知りたくてワクワクし

  • so I set up my tripod facing this large mirror,

    これくらいの大きな鏡に向けて 三脚を立てると

  • blocking the doorway to the only bathroom in the house.

    家で唯一のトイレへの出入り口を 塞ぐ事になってしまいました

  • (Laughter)

    (笑)

  • After a while, I hear,

    しばらくすると こんな声が聞こえてきました

  • (Imitating Italian accent) "I need to use the washroom."

    (イタリア語訛りを真似て) 「トイレに行きたいよ」

  • (Laughter)

    (笑)

  • "Five minutes, Mom. I need to do this."

    「 母さん 5分待って これをしなきゃいけないんだ」

  • 15 minutes later, and I hear, again,

    15分後 また声が聞こえてきました

  • "I need to use the washroom."

    「トイレに行きたいんだよ」

  • "Five more minutes."

    「もうあと5分待って」

  • Then this happened.

    そうやって撮れたのが これです

  • (Laughter)

    (笑)

  • (Applause)

    (拍手)

  • And this.

    そしてこれです

  • (Laughter)

    (笑)

  • And then, this.

    その後が これです

  • (Laughter)

    (笑)

  • I had my "aha!" moment.

    その時 ハッと気づきました

  • We connected.

    私達は繋がったのです

  • We had something tangible we could do together.

    私達には 一緒に出来る 確実な何かがあったのです

  • My mom was born in a small mountain village in central Italy,

    母は 中央イタリアの 小さな山村で生まれました

  • where her parents had land and sheep.

    そこで 母の両親は 農地と羊を所有していました

  • At a young age, her father died of pneumonia,

    母の父親は若くして 肺炎で亡くなり

  • leaving his wife and two daughters alone with all the heavy chores.

    妻と2人の娘達に残されたのは 農場での重労働だけでした

  • They found that they couldn't cope.

    3人では生活が成り立たないと

  • So a very hard decision was made.

    非常に厳しい決断をしました

  • Mom, the oldest, at 13,

    長子だった13歳の母が

  • was married off to a complete stranger twice her age.

    自分の2倍の年齢の 全く見知らぬ人に嫁ぎ 家を出る事になったのです

  • She went from being just a kid and was pushed into adulthood.

    幼い子供だった母は 無理やり大人にさせられたのです

  • Mom had her first child when she was only 16.

    わずか16歳で 1人目の子供を産みました

  • Years later, and now living in Toronto,

    数年後 現在住んでいる トロントに移り

  • Mom got work in a clothing factory

    母は紡績工場で職を得て

  • and soon became manager of a very large sewing department.

    すぐに非常に大規模な縫製部門の 管理職となりました

  • And because it was full of immigrant workers,

    そこは 移民労働者達で 溢れていたので

  • Mom taught herself words from translation books.

    母は 翻訳本で独学し 言葉を覚えました

  • She then practiced them in French, Greek, Spanish, Portuguese, Danish,

    フランス語、ギリシャ語、スペイン語 ポルトガル語、デンマーク語、ポーランド語

  • Polish, Russian, Romanian, Hungarian, all around the house.

    ロシア語、ルーマニア語 、ハンガリー語を 家のあちこちで練習していました

  • I was in awe of her focus and determination to succeed

    私は母の集中力と 好きな事は何でも成功させるという

  • at whatever she loved to do.

    決意に圧倒されました

  • After that bathroom "aha!" moment,

    トイレでの気づきの後

  • I practiced my newfound camera skills with Mom as portrait model.

    母を肖像写真のモデルとして 身につけたばかりのカメラ技術を実践しました

  • Through all of this, she talked, and I listened.

    その間 ずっと母は話をし 私は聞き役となりました

  • She'd tell me about her early childhood and how she was feeling now.

    母は 幼い子供の頃の事や その時感じていた事を話してくれました

  • We had each other's attention.

    お互いに関心を持って 接していたのです

  • Mom was losing her short-term memory,

    母は最近の記憶が 曖昧になっていますが

  • but was better recalling her younger years.

    若い頃の事は よく覚えていました

  • I'd ask, and she would tell me stories.

    私が求めると語ってくれました

  • I listened, and I was her audience.

    私は傾聴し 母の聴衆となりました

  • I got ideas.

    私は色々な着想を得て

  • I wrote them down, and I sketched them out.

    それを書き留めると スケッチにしました

  • I showed her what to do by acting out the scenarios myself.

    考えたシナリオを自分で実演して 母に 何をするか示し

  • We would then stage them.

    その後 一緒にやってみたのです

  • So she posed, and I learned more about photography.

    母はポーズをとり 私は写真についての 理解が深まりました

  • Mom loved the process, the acting.

    母は演じるという過程が 大好きでした

  • She felt worthy again, she felt wanted and needed.

    母は再び自分の価値を感じ 求められ 必要とされていると感じていました

  • And she certainly wasn't camera-shy.

    カメラの前で 照れる事も 決してありませんでした

  • (Laughter)

    (笑)

  • (Applause)

    (拍手)

  • Mom laughed hysterically at this one.

    母が大笑いしたのが これです

  • (Laughter)

    (笑)

  • The idea for this image came from an old German film I'd seen,

    この画像は 昔観た事のある 潜水艦についての古いドイツ映画

  • about a submarine, called "Das Boot."

    『U・ボート』から着想を得ました

  • As you can see, what I got instead looked more like "E.T."

    ご覧の通り これでは むしろ 「E.T.」という感じですね

  • (Laughter)

    (笑)

  • So I put this image aside, thinking it was a total failure,

    全くの失敗だったと思い 私はこの画像を無視しました

  • because it didn't reach my particular vision.

    自分の思い描いていた理想像とは 違っていたからです

  • But Mom laughed so hard,

    しかし母が 大笑いをしていたので

  • I eventually, for fun, decided to post it online anyway.

    結局 ふざけて 取り敢えず これをネットに投稿してみました

  • It got an incredible amount of attention.

    すると 信じられない程の 注目を浴びたのです

  • Now, with any Alzheimer's, dementia,

    さて アルツハイマー型認知症では

  • there's a certain amount of frustration and sadness

    誰もが ある程度の 失望や悲しみを抱えます

  • for everyone involved.

    これは母の沈黙の叫びです

  • This is Mom's silent scream.

    母はある日 こんな事を言いました

  • Her words to me one day were,

    「私の頭の中は 言わなくちゃならない事だらけなのに

  • "Why is my head so full of things to say,

    どうして 口に出そうとすると それが何だか忘れちゃうのかしら?」

  • but before they reach my mouth, I forget what they are?"

    「私の頭の中は 言わなくちゃならない事だらけなのに

  • "Why is my head so full of things to say,

    どうして 口に出そうとすると それが何だか忘れちゃうのかしら?」

  • but before they reach my mouth, I forget what they are?"

    (拍手)

  • (Applause)

    さて フルタイムで 介護と絵描きをしている私にも

  • Now, as full-time care partner and full-time painter,

    自分なりの もどかしさはありました

  • I had my frustrations too.

    (笑)

  • (Laughter)

    しかし全ての困難を帳消しにしようと 私達は撮りました

  • But to balance off all the difficulties, we played.

    ここは母の 至福の場所だったのです

  • That was Mom's happy place.

    それに 私も母に そこにいて欲しかった

  • And I needed her to be there, too.

    (笑)

  • (Laughter)

    (笑)

  • (Laughter)

    (笑)

  • (Laughter)

    母は 老いてしまった事を 気にしてばかりいました

  • Now, Mom was also preoccupied with aging.

    よくこう言っていました「どうして こんなに早く年を取ったのかしら?」

  • She would say, "How did I get so old, so fast?"

    (観衆 溜息)

  • (Audience sighs)

    「とても年を取ったわ」

  • "So old."

    「本当に早かった」

  • "So fast."

    母には 油絵のモデルにも なってもらいました

  • I also got Mom to model for my oil paintings.

    この絵は「裁縫職人」といいます

  • This painting is called "The Dressmaker."

    子供の頃 地下室の床に ボルトで括り付けられた

  • I remember, as a kid,

    この大きくて重いミシンで

  • Mom sewing clothes for the whole family

    母が家族全員分の服を 縫ってくれたのを覚えています

  • on this massive, heavy sewing machine

    幾晩も 私は学校の勉強道具を持って 階下へ降りて行ったものです

  • that was bolted to the floor in the basement.

    母の後ろで 肘掛けソファーに 腰かけていました

  • Many nights, I would go downstairs and bring my schoolwork with me.

    大きなモーターの低く唸る音と 布を縫う反復音とが

  • I would sit behind her in this overstuffed chair.

    私には 心地良く感じました

  • The low hum of the huge motor and the repetitive stitching sounds

    母が引っ越してきた時

  • were comforting to me.

    私はこのミシンを引っぱり出し 自分のスタジオに大事に置いておいたのです

  • When Mom moved into my house,

    この絵を見ていると 子供の頃を思い出します

  • I saved this machine and stored it in my studio for safekeeping.

    面白い事に

  • This painting brought me back to my childhood.

    50年前 私は母の後ろに腰をかけ

  • The interesting part

    母がミシンで裁縫するのを 見ていましたが

  • was that it was now Mom, sitting behind me,

    今は 母が私の後ろに腰かけ

  • watching me paint her

    私が まさにそのミシンで裁縫する母を 描くのを見ているのです

  • working on that very same machine she sewed at

    私はまた 母に仕事を与え 忙しくして頭を使わせるようにしました

  • when I sat behind her, watching her sew,

    小さなカメラを渡し

  • 50 years earlier.

    毎日少なくとも10枚 撮りたい物を 何でも写すようにと言いました

  • I also gave Mom a project to do, to keep her busy and thinking.

    これが母の撮った写真です

  • I provided her with a small camera

    それまでの人生で 母は カメラを持った事は一度もありませんでした

  • and asked her to take at least 10 pictures a day of anything she wanted.

    当時 93歳でした

  • These are Mom's photographs.

    私達は一緒に座って 自分達の作品について語りました

  • She's never held a camera in her life before this.

    説明しようとしたものです

  • She was 93.

    (笑)

  • We would sit down together and talk about our work.

    何故どうやって この作業をするのか

  • I would try to explain

    写真の意味、感情 何故 写真が大事なのかを―

  • (Laughter)

    でも母は ただぶっきらぼうに こう言うだけでした

  • how and why I did them,

    「うん」

  • the meaning, the feeling, why they were relevant.

    「いや」

  • Mom, on the other hand, would just bluntly say,

    「素敵」とか「ダメ」とか

  • "sì,"

    (笑)

  • "no,"

    私は母の表情を じっと見つめました

  • "bella" or "bruta."

    言葉があってもなくても 最終決定権を持つのは いつも母でした

  • (Laughter)

    この発見の旅は 母と共に 終わりを迎える事はありませんでした

  • I watched her facial expressions.

    母は今 我が家から 歩いて10分にある

  • She always had the last say, with words or without.

    老人介護施設に住んでいます

  • This voyage of discovery hasn't ended with Mom.

    私は母を一日おきに 訪ねています

  • She is now in an assisted living residence,

    母の認知症が進んで

  • a 10-minute walk away from my home.

    我が家で安全に 過ごせなくなってしまったのです

  • I visit her every other day.

    階段が沢山あるからです

  • Her dementia had gotten to the point

    もう 母は私の名前も分かりません

  • where it was unsafe for her to be in my house.

    (声がうわずる) でも ほら大丈夫です

  • It has a lot of stairs.

    母はまだ 私の顔が分かり

  • She doesn't know my name anymore.

    私を見ると いつも にっこりと笑ってくれます

  • (Voice breaking) But you know what? That's OK.

    (拍手)

  • She still recognizes my face

    (拍手終了)

  • and always has a big smile when she sees me.

    もう母の写真は撮りません

  • (Applause)

    そんなことをしたら 礼にも道義にもかないませんし

  • (Applause ends)

    母には写真を撮る理由が 分からないでしょうから

  • I don't take pictures of her anymore.

  • That wouldn't be fair or ethical on my part.

    兄弟

  • And she wouldn't understand the reasons for doing them.

    (声がうわずる)甥

  • My father,

    パートナー、親友

  • my brother,

    皆 突然亡くなりました

  • (Voice breaking) my nephew,

    私には どれだけ 彼らに感謝していたか

  • my partner and my best friend,

    どんなに愛していたかを 告げる機会はありませんでした

  • all passed away suddenly.

    だから母とは すぐそばに居て

  • And I didn't have the chance

    ゆっくりと お別れをしたいのです

  • to tell them how much I appreciated and loved them.

    (拍手)

  • With Mom, I need to be there

    (拍手終了)

  • and make it a very long goodbye.

    私にとって それは一緒に居て 母の言葉を傾聴する事なのです

  • (Applause)

    誰かを頼らざるを得ない時 人は 自分も何かの一部だと感じたいものです

  • (Applause ends)

    特別 大そうな何かを 分かち合う必要はありません

  • For me, it's about being present and really listening.

    散歩くらいシンプルな事で良いのです

  • Dependents want to feel a part of something, anything.

    人と触れ合い

  • It doesn't need to be something exceptionally profound that's shared --

    何かに関わる機会を作り

  • it could be as simple as walks together.

    絆を感じさせてあげて下さい

  • Give them a voice

    時間を意義あるものにして下さい

  • of interaction, participation,

    人生とは 生きる事を望むものであり

  • and a feeling of belonging.

    死を待つ事ではないのです

  • Make the time meaningful.

    (拍手)

  • Life, it's about wanting to live

    (拍手終了)

  • and not waiting to die.

    皆さん どうか手を振って 笑って頂けますか?

  • (Applause)

    (笑)

  • (Applause ends)

    これは母さんへの贈り物だよ

  • Can I get a wave and a smile from everyone, please?

    (カメラのシャッター音)

  • (Laughter)

    (拍手)

  • This is for you, Mom.

  • (Camera clicks)

  • (Applause)

When my 91-year-old mother, Elia, moved in with me,

翻訳: Shoko Takaki 校正: Yuko Yoshida

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED 拍手 ミシン 写真 カメラ 我が家

認知症を通した母と息子の写真の旅 (認知症を通した母と息子の写真の旅|トニー・ルチアーニ) (【TED】Tony Luciani: A mother and son's photographic journey through dementia (A mother and son's photographic journey through dementia | Tony Luciani))

  • 153 16
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語