Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • I've always been told that there is a proper way to make a cup of tea, and it looks like this: loose leaf tea porcelain teapot, a tea strainer and some patience, but 96% of us make a brew using a tea bag.

    私はいつも、紅茶を淹れる正しい方法があると言ってきましたが、それは次のようなものです。ルーズリーフティー、磁器のティーポット、茶こし、そして少しの忍耐力ですが、私たちの 96% はティーバッグを使ってお茶をいれます。

  • So what are the golden rules when making a cuppa using a mug and a bag?

    マグカップとティーバッグを使って淹れるときの黄金律は何でしょうか?

  • An expert in the science of tea making, Dr. Stuart Farrimond has three top tips.

    紅茶の科学の専門家であるスチュアート・ファリモンド博士は、3 つのコツがあると言います。

  • We're starting with the takeaway tea we're all familiar with, brewed in a Styrofoam cup.

    まずは、おなじみの、発泡スチロールのカップで淹れた持ち帰りの紅茶から始めましょう。

  • Cheri, good to see you.

    シェリー、会えて嬉しいよ。

  • Nice to see you, Dr. Stu.

    はじめまして、スチュアート博士。

  • First off, I want you to make a cup of tea with a teabag as you would do normally.

    まず最初に、いつものようにティーバッグで紅茶を淹れてほしいのですが。

  • Okay.

    はい。

  • Boil some water.

    お湯を沸かします。

  • Teabag in.

    ティーバッグを入れて。

  • Lah lah lah lah.

    (歌声)

  • That looks good to me.

    良さそうですね。

  • Leaves a lot to be desired, Cheri.

    残念な点が多いね、シェリー

  • How could you say that?

    どういうこと?

  • What is wrong with this cup of tea?

    この紅茶のどこが悪いの?

  • You're using a Styrofoam cup, which is a particularly bad way of making tea.

    発泡スチロールのカップを使っていますが、これは紅茶を淹れるのには特に悪いです。

  • Styrofoam absorbs flavor molecules reducing the tastiness of the tea.

    発泡スチロールが香味成分を吸収して、紅茶のおいしさを損ないます。

  • So Stu's first tip is: choose what you drink from wisely.

    スチュアート博士の最初のコツは、飲む容器を賢く選ぶことです。

  • There's a lot of psychology behind when we taste things, so here we have a nice red mug.

    私たちが何かを味わうときには心理的な裏づけがあります。ここに素敵な赤いマグカップがあります。

  • I love that color.

    その色は大好きだわ。

  • That's actually the same color as my mug at home.

    それは実際に自宅のマグカップと同じ色ですね。

  • The same drink out of a red mug will taste sweeter than one out a white mug.

    赤いマグカップで飲んだ飲み物は、白いマグカップより甘みを感じます。

  • So our brain is a huge factor in how we taste.

    私たちの脳は、味覚の大きな要因です。

  • Huge.

    大きいです。

  • Research shows that we associate certain colors with certain tastes: red suggests ripeness and sweetness.

    研究によると、私たちは色を特定の味と関連付けます。赤は熟成と甘みを示します。

  • What else don't you like about my cup of tea?

    私が淹れた紅茶について他に何か気に入らない点がありますか?

  • Type of water that you using.

    使っている水の種類です。

  • That is hard water.

    それは硬水ですね。

  • Now what happens when you use hard water to make a cup of tea is sometimes you get that scum on the top.

    硬水を使って紅茶を淹れると、上にカスが出ることがあります。

  • Got the scum.

    それがカスです。

  • Lovely! So what's happening is some of the flavor compounds are reacting with the calcium and then they form this gummy layer.

    素敵ですね。何が起きているかというと、フレーバー化合物の一部がカルシウムと反応して粘着性の層を形成します。

  • So you're actually losing flavor.

    風味を実際に失っています。

  • What you're seeing on the top there is actually some of the flavor that's being lost in that scum.

    上に実際に見えるのはカスで失われている風味の一部です。

  • Tip 2: if you have hard water, filter it before boiling.

    2 つ目のコツは、硬水を使う場合は、沸騰させる前にフィルターで濾過してください。

  • This removes some of the calcium and magnesium residues, and you'll get a tastier, clearer cup.

    これでカルシウムとマグネシウムの残留物の一部が除去され、よりおいしく、よりクリアな紅茶を淹れることができます。

  • Now I've got my cup and my water right, Stu is ready with his most important top teabag tip.

    これでカップと水の準備が整いました。スチュアート博士は最重要のティーバッグのコツを準備しました。

  • I would like you now to make yourself a cup of tea, but we're gonna leave it longer.

    お茶を入れていただきたいのですが、もう少し時間をおきます。

  • Five minutes.

    5 分です。

  • Five minutes?

    5 分?

  • That's a long time.

    長い時間ですね。

  • The amount of time that we steep our tea bags for does make a difference.

    ティーバッグを浸す時間は違いを生み出すことができます。

  • Surely the tea will be ruined.

    確かに紅茶はダメになりますね。

  • Try and see what you think.

    考えたことをやってみてください。

  • Okay.

    わかりました。

  • Tea bag in.

    ティーバッグを入れます。

  • Here we go.

    いきますよ。

  • I mean I would never have the patience to brew my tea this long.

    こんなに長く紅茶を淹れるための忍耐力は私にはなかったわ。

  • It is a long time, but it's gonna be too hot to drink anyway, so you've got to leave it.

    時間が長いですが、とにかく飲むには熱すぎますので、置いておかなかければいけません。

  • There's more of the flavor coming out, and also the more caffeine comes out, the stronger the tea will be.

    風味が出てきて、カフェインが出れば出るほど、紅茶の風味が強くなります。

  • There's also more of the antioxidants coming out.

    より多くの抗酸化物質もまた出ています。

  • Tea is a great source of antioxidants, and these are natural substances that our body uses to help fight disease.

    紅茶は抗酸化物質のすばらしい源であり、私たちの体が病気と闘うのを助けてくれる天然物質です。

  • So it is important that you leave it to brew.

    そのため、ティーバッグからよく出すことが重要です。

  • Three, two, one, quick get it out!

    3、2、1、すぐに出します!

  • Okay, right.

    わかりました、いいでしょう。

  • Dr. Stu can show me the difference a five-minute brew makes to levels of caffeine and antioxidants in tea.

    5 分間、待つことが紅茶のカフェインと抗酸化物質のレベルに与える違いをスチュアート博士が見せてくれます。

  • A UV spectrometer measures the light the caffeine absorbs revealing its concentration.

    UV 分光計はカフェインが吸収する光を測定し、その濃度が明らかにします。

  • So we've analyzed that data and we found the amount of caffeine in the two cups of tea, so in your cuppa, just 30 seconds, there was 35 milligrams of caffeine in that cup, whereas in mine, we're coming up to 50 milligrams of caffeine.

    データを分析したところ、2 杯のお茶に含まれるカフェインの量がわかりました。 30 秒浸したカップには35ミリグラムのカフェインが入っていましたが、私のコップには 50 ミリグラムのカフェインが入っていました。

  • If you're a bit more patient, you get more bang for your buck.

    少し辛抱強い人は、見返りが大きいということですね。

  • You do indeed.

    そうですね。

  • And it's not only caffeine that increases with that longer brew.

    長く浸すことで増えるものはカフェインだけではありません。

  • Antioxidant levels more than double.

    抗酸化物質の量は 2 倍以上差があります。

  • Leaving it for that extra period of time, you're getting a lot more of the health benefits that are in the tea.

    ティーバッグを余分な時間、浸すことで、紅茶に含まれる健康効果が大幅に高まります。

  • But does any of this actually make any difference to taste?

    しかし、実際に味に変化があるのでしょうか?

  • You tell me if you think it was worth it.

    おいしいと思ったら教えて下さい。

  • This actually has flavor and tastes delicious, and it makes this taste like hot water.

    これは、実際に風味と味がおいしいです、そしてこれはお湯のように感じます。

  • So, the mug, the water, the color, the flavor.

    マグカップ、水、色、そして味。

  • It is without doubt the perfect cup of tea.

    これが間違いなく完璧な紅茶です。

I've always been told that there is a proper way to make a cup of tea, and it looks like this: loose leaf tea porcelain teapot, a tea strainer and some patience, but 96% of us make a brew using a tea bag.

私はいつも、紅茶を淹れる正しい方法があると言ってきましたが、それは次のようなものです。ルーズリーフティー、磁器のティーポット、茶こし、そして少しの忍耐力ですが、私たちの 96% はティーバッグを使ってお茶をいれます。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 BBC 紅茶 ティー バッグ マグカップ カフェイン

全然違う!紅茶の正しい入れ方 (How you've been making tea wrong your entire life - BBC)

  • 10305 419
    Winnie Liao に公開 2019 年 11 月 11 日
動画の中の単語